あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第378夜~ ヘビーユニット

ヘビーユニット タイトル

第378夜。
今回はカネコ/タイトーの「ヘビーユニット」をご紹介。

割とオーソドックスな形式のSTGですね。


****************************

ヘビーユニット ゲーム画面その1

ヘビーユニット ゲーム画面その2

植民惑星ル・タウを救うべく、1機の戦闘機「HEAVY UNIT」が単独で敵の中枢目指して進撃する・・・といったストーリーで始まる本作。

1レバー2ボタンで操作する、オーソドックスタイプのシューティング。
レバーで自機を8方向に操作。2つのボタンでショットを発射します。

ボタンはショットボムの発射に使用します。
ショットはメインショットで、ボムはサブショットの扱い。自機の変形状況によって、発射されるものが違ってきます。


ヘビーユニット ゲーム画面その3

ヘビーユニット ゲーム画面その4

自機はアイテムを取得することでパワーアップ。アイテムはアイテムキャリアー、または特定の敵機を破壊することで出現します。

アイテムの種類は以下の通り。

・Pマーク(赤)
取得すると、ショットの威力が上がる。
最大3段階まで上昇。

・Sマーク(黄)
取得すると、スピードアップ。

・Tマーク(緑)
取得すると、自機が変形する。
自機は戦闘機とロボの2種類の形態あり。

・Bマーク(青)
取得すると、バリアを張ることができる。
アイテム1つにつき、敵弾を3発まで耐えられる。
バリアの耐久力は青天井。耐久力のある敵の体当たりや地形には効果無し。

・Eマーク(桃)
特定の箇所を撃ち込むことで出現する。
取得するとエクステンド。


ヘビーユニット ゲーム画面その5

ヘビーユニット ゲーム画面その6

本作では、Tマークを取得することにより、自機が変形。自機の形態によって攻撃が変化します。形態は、戦闘機とロボットの2種類。

・戦闘機
初期状態の形態。横に判定が広い。
ショットは前方に分散するショット。ボムは上下に投下できるボムを発射。
攻撃範囲が広いものの、威力が低い傾向がある。

・ロボット
縦に判定の広い形態。
ショットは範囲の狭い貫通ショット。ボムはホーミングショットを発射。
攻撃力が高く、範囲もそこそこカバーできるため、強力な形態。


ヘビーユニット ゲーム画面その7

ヘビーユニット ゲーム画面その8

アイテムを駆使しつつ、ステージ最後にいるボスを撃破すると1面クリア。
バリアが無い状態で被弾すると残機が1つ減り、残機が0になるとゲーム終了。

全6面構成。本作はループゲームです。
周回すると、敵が撃ち返しを放ったり、トラップが一部変化します。


****************************

ヘビーユニット ゲーム画面その9

ヘビーユニット ゲーム画面その10

ヘビーユニット ゲーム画面その11

発売はタイトーと銘打たれていますが、開発はカネコの作品。
見た目からして、何とも独特な雰囲気が漂う作品になっています。

システムは非常にオーソドックスなタイプなのですが、出てくるキャラクターのデザインが変わってたり、毒々しい色合いの場面が多かったりと、他のゲームではそうそう見られない妙なインパクトを醸し出しています。まるで色々詰め込んだごった煮みたいな感じ。


ヘビーユニット ゲーム画面その12

ヘビーユニット ゲーム画面その13

ゲームを遊んでみるとわかるのですが、とにかくキャラクターの出方に一貫性がなく、テーマがバラバラな印象を受けます。ゲームを構成する上で、一つのステージ毎に何かしらのテーマが設けられるようなものですが、このゲームにはそういう印象を受けません。

例えば1面を例に取ると、生物のうごめくような背景からスタートし、しばらく進むと、何故か中世っぽい背景になって、銅像やモンスターみたいな敵と戦い、さらに進むと背景が機械仕掛けのものになっていたり・・・・

ファンタジーの世界にメカメカしい敵がいるとか、沙羅曼蛇1面のような背景を進んでいたら、突然機械化されてる場所に辿り着いたりとか、テーマを色々と詰め合わせてから繋ぎあわせている様でもあります。


ヘビーユニット ゲーム画面その14

ヘビーユニット ゲーム画面その15

敵のデザインが非常に変わっており、そこら辺のシューティングには見られない雰囲気を感じ取ることができます。戦闘機が所々見られる中で、いびつな形をした巨大生物も多く配備されていて、一貫性の無い展開に拍車をかけているようでもあります。

巨大なパックマンみたいな敵とか、メカとも生物とも言いがたいような敵キャラとか、人参みたいなミサイルだとか、細かい所で妙なインパクトを与えてくれる場面が多いような気がしますね。狙ったデザインなのか、はたまた天然なのか。

影響としては、生物とメカが混在している「R-TYPE」「沙羅曼蛇」の影響が大きいと思われます。ただ、安定したデザインを誇る前述の2作に比べると、珍妙なデザインのものが多いためか、サイケデリックな雰囲気が強め。


ヘビーユニット ゲーム画面その16

ヘビーユニット ゲーム画面その17

ただ、全体的に小ぢんまりとまとまっていることもあって、特にうるさい所もなく遊べるのがまた不思議なものです。変わったデザインが好きであれば、結構気に入るのではなかろうかと。サイケデリックなデザインが好きな自分だからこそ、そう感じられるのかもしれませんが。

また、特定のポイントに差し掛かるとBGMが変化するギミックにも注目。1ステージ中に複数のBGMを使う仕様はさほど見られないので、注目すべき点の一つだと言えるでしょう。


ヘビーユニット ゲーム画面その18


あと、デザインの観点で見ると、同じカネコ開発の作品「エアバスター」との共通点が僅かながらに見て取れますね。



↓この斜めの傾き

斜めに傾いた文字の並び



↓ザブもどきの登場の仕方が、まんまエアバスター

ザブもどき


スコアフォントの方も、エアバスターとほぼ一緒。
自機の色合いが、何となくエアバスターに見えなくもない?

そういえば、場面が変化する毎にBGMが変化するギミックも、ヘビーユニットならではの仕様というわけでなく、エアバスターでもしっかり組み込まれている辺り、多少のノウハウを引き継いでいるようではありますね。


****************************

ヘビーユニット ゲーム画面その19

ヘビーユニット ゲーム画面その20

ヘビーユニット ゲーム画面その21

ゲーム性の方はというと、オーソドックスな横スクロールシューティングになるでしょうか。うるさい部分が無くやりやすい反面、凝った所も少ないため、プレイする人によっては、平坦な印象も受けます。

やり立ての頃だと、いきなり初っ端の上下プレス機とメカ蛇のコンボで自機を失う、ということをやらかしがちなのですが(自分はやらかしました・・・あれこそ最強の初見殺しだと思う)、ステージ全体を見ると、極端に難しいポイントはそれほど多くなく感じます。

中にはビックリするようなトラップ(5面の青い玉で作られる地形とか)もありますが、全体的に見るとかなり落ち着いた印象さえあります。


ヘビーユニット ゲーム画面その22

ヘビーユニット ゲーム画面その23

ヘビーユニット ゲーム画面その24

難易度を見ると、パワーアップした状態は非常に強力、しかし一度ミスするとパワーが初期状態に戻ってしまい、復活が非常に不利になる・・・といったもの。最強と最弱状態の差が非常に激しいゲームなのです(特にスピードが少ないのが痛い)。

まさに「グラディウス」「R-TYPE」に代表される、当時の横スクロールシューティングのテンプレートに倣った出来。場所によっては復活できずにゲームオーバーになってしまうポイントもあるため、出来る限り最強状態を保つのが長く遊ぶためのポイントになります。

攻略の上で必要不可欠なのが、敵弾を防いでくれる「バリア」アイテム。ステージの数カ所に落ちており、さらに耐久力が青天井に上がっていくため、装備するだけでもかなりの安心感があります。

攻略の上では、3面に登場するヘリみたいな中型機が落とす、バリアアイテムを幾つ取れるかが鍵になるでしょう。このポイントでバリアを張らずに中型機を撃破するとバリアアイテムが出現するため、幾つ取れるかがポイントになってきます。


↓この敵をバリア無しで倒すべし

バリアを落とす敵

ここで5~6個バリアアイテムを取ることができれば、耐久力が大幅に上がるため、敵弾がほとんど怖くなくなります。バリアでも防げない敵キャラの体当たり(4面の肉塊とか)に気をつけていれば、すんなりと先のポイントまで進むことができることでしょう。

安定して破壊するのは難しいですが、成功すればちょっとしたカタルシスを感じるはず?


ヘビーユニット ゲーム画面その25

ヘビーユニット ゲーム画面その26

実は自分も、初めてゲーセンで見かけた時に、バリアアイテムのラッシュに遭遇して、その日のうちに1周クリアした経験があります。こんなに簡単でいいのだろうか?とプレイした頃は思っていたものでしたね。丁度その頃は全ステージクリアしたゲームが少なかったもので。

ただ、その当時はバリアアイテムの法則が分かっていなかったので、その後のプレイではバリアアイテムを出すことができず、初回1周クリアの後は、暫くの間1周クリアできないという憂き目に遭っていたりするのですが(笑)


ヘビーユニット ゲーム画面その27

ヘビーユニット ゲーム画面その28

ただ惜しいのは、「変形」というギミックがあまり生きていない点。

戦闘機はピンポイントで使える箇所があるぐらいで、それに比べると、メインショットの威力が高く、さらにサブショットの誘導弾の威力も高いロボット形態は非常に強力。使い分けで有利不利がはっきりし過ぎる場面が少なく、戦闘機を使うと大抵はショットの威力の低さのせいで、不利な展開になりがち。

ロボット形態が戦闘機形態に比べてかなり強力なため、慣れてしまうとあまり変形の意義が見出せないのが惜しいところ。もう少し戦闘機形態にも見所があれば良かったかな?というのが正直なところですね。


****************************

ヘビーユニット ゲーム画面その29

ヘビーユニット ゲーム画面その30

シューティングとしてはひねった所もなく、ただただ平坦な印象のあるゲームになりますが、独特の濃い色使いが実にカネコらしい味を出しているなー、とは思いました。妙なカラーリングは癖になりそうな。

エアバスターの前身みたいなものではあるものの、グロテスクで奇妙な雰囲気が所々に出てる辺り、今後のカネコ作品にも多少たりとも影響しているのかもしれません。この独特のキレ具合がさらにエスカレートして「爆烈ブレイカー」とか「富士山バスター」といった傑物を生み出したかと思うと、妙にテンションが上がろうというもの(笑)


ヘビーユニット ゲーム画面その31

ヘビーユニット ゲーム画面その32

家庭用移植には恵まれていて、メガドライブ版PCエンジン版が存在しています。どちらも特色があり、メガドラ版はタイトルが若干違っていて(ヘビーユニットメガドライブスペシャルという名前)、カネコではなく東宝が移植を担当しています。

PCエンジン版の方はアーケードベースでの移植。従来のアーケード版が平坦なだけあり、この作品も、当時のレベルとしては、ほどほどの移植に収まっているようです。

メガドライブ版の方はやや劣化気味の移植で、移植メーカーの努力不足なのか、あまりアーケード版には似てません。毛羽立ってた色使いが印象深いですね。



<動画>

★アーケード版 ヘビーユニット 1クレジットクリア動画



テキストリンク
その1 その2 その3

攻略解説付きの動画。エクステンドはあまり知られてないかも。
シールドをしっかり補充しておけば、そこまで苦労することなくクリアできますが、耐久力の高い敵の体当たりには、くれぐれも注意、といったところでしょうか。



★PCエンジン版 ヘビーユニット動画



テキストリンク
その1 その2

敵弾が多いのは、難易度が高いからだそうで。
難しい場面と簡単な場面のギャップが結構見受けられますね。



★メガドライブ版 ヘビーユニット動画



テキストリンク

今までとは色合いが全然違うヘビーユニットMD版。
敵のパターンがかなり違っていて、ぬるいゲームになってる印象。
| シューティング千夜一夜 | Comments(13) | Trackback(0) |

コメント

2012年02月04日(土)10:20 タンバリン #- URL 編集
ヘビーユニットキタ!このゲーム大好きです!昔デパートの屋上ゲーセンで1000万点目指して毎日遊んでいました。
1000万点が目前に迫ったある日、興奮したゲーセン仲間の一人が耳元で大騒ぎしてくれたお陰で集中力がプツリと切れてタコミス。そしてあと僅か300~400点のところでゲームオーバーになったのも今となっては良い思い出です。
永久パターン有りという事でハイスコア集計は打ち切られていたようですが、難易度が二週目以降変化しないので、永パなんぞ使うより周回重ねた方が1000万点達成は早いし容易だと思います。それでも12周、6時間はかかりますがw 敵撃破「後」の撃ちこみ点命。
エアバスターとの類似点が記事に書かれていますが、基盤のサウンドテストモードを実行すると…そのものズバリ、エアバスターのBGM(の未完成版)が入っていたりするので、ちょっと得した気分になれます

2012年02月04日(土)15:41 ペイン #7JJSYrWQ URL 編集
ゲーセンだと余りやらなかったんですが知り合いがもってたPCエンジンGTを借りてやりまくった記憶が・・・

2012年02月04日(土)18:29 壁に耳ありジョージにメアリー #- URL 編集
あっ……ヘビユニって、まだ取り上げられてなかったっけ。
冷静に見れば、バタ臭いグラフィックに、いきなり序盤でボコボコ撃墜されるバランスなど悪い面が多く見受けられる。
けど、昔、会社の慰安旅行で滞在したホテルのゲームコーナーにコレがあり、妙にやりこんだ記憶がある。なので思い出修正で、気になる存在だったりする。

ライブで演奏しました

2012年02月04日(土)22:29 萌尽狼 #3u3hZqeI URL 編集
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11053728
40分くらいから。
MP3ダウンロードはこちら。
http://soundcloud.com/moetsukiro/heavy-unit-scene-1-1-scene-1-2

中学生の頃中古でPCエンジン版を買ってあっさりクリアしたら友達からAC版で苦労した話を聞かされてなんだよーという顔をされたゲームです。
微妙にX68000シューティングの香りのするグラフィックですよね(特にファランクスあたり)。
PCエンジン版の1面ボスがなぜ風林火山なのかいまだに謎。
あとPCエンジン版はプログラムノイズの乗ったBGMがクセモノですねー。

エアバスターのエンディングが劇場版パトレイバーのエンディングとクリソツという話をよく聞きますが、ヘビーユニットのステージクリアBGMにその片鱗をみることができますので、作曲者の渡辺達也氏の曲調がたまたまパトレイバーと似ていたっていうのが事の真相なんでしょうね。

さて、ヘビーユニットについてはアレンジの際にいろいろ調べたのですが、なんとJASRAC登録されています。
メガドライブ版のキャンペーンで「ヘビーユニットサウンド・チャージャー」という非売品のシングルCDがありまして、これで東宝がJASRAC登録しています。
カネコが登録したものじゃないので微妙なのですが…
ちなみにCDの方は相当なレア物らしく聴いたことがありません。なんでもゲームをやりながらCDを再生するとドルビーサラウンドになるというシロモノだそうで…メガCD前夜の珍事ですねぇ…

2012年02月05日(日)12:08 ナ #- URL 編集
あの人参みたいなミサイル
名前はなんと「キャロットミサイル」と言います
PC-E版の説明書に明記してあります

自機のパイロット

2012年02月05日(日)18:54 天体観測 #DhbrllUw URL 編集
ヘビーユニット…
インストに載ってる自機のパイロットがZZのエル・ビアンノ似の女性だったのが驚きでした。
「みんな待ってて…今助けに行くから…」
と言わんばかりの雰囲気です。
機会があったらもう一度プレイしたい作品です。
ザ・ゲーメストに収録されてないのが痛い限りです。

パイロットの子は可愛い

2012年02月05日(日)22:43 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>タンバリンさん
おお、ヘビーユニットカンスト目前まで行くとは!2周目以降は本当に難易度が変わらないので、パターンと根気さえあれば1000万は容易に思えるゲームになるかもしれないですね。ラス面の永パは本当に残念ですが・・・

>エアバスター
なんと。サウンドにエアバスターの名残が残っていたとは。ますますエアバスターの前哨だったことが伺えます。


>ペインさん
PCエンジン版もそれなりに遊べるところがありそうですね。
だらだらと遊ぶにはいいのかも。


>壁に耳ありジョージにメアリーさん
序盤はキツいですね。特に初っ端の攻撃。
最初の蛇抜けられなくて挫折した人も居そう。


>萌尽狼さん
ノリノリの曲になってますねー。
ヘビーユニットの曲の良さが、そのままエアバスターにも継がれているのも納得だと、改めて実感させられそうであります。

>微妙にX68000シューティングの香りのするグラフィック
これまでのシューティングを顧みると、何となくわかる気が。
ファランクス辺りの質感ではありますね。

>東宝がJASRAC登録しています
音楽方面でも手回しされているんですねー。
何かに活かそうと考えての事だろうと思いますが、微妙な作品が多い東宝だけに、きちんと活かされる事もなく、お蔵入り?になってしまっているのが残念というか。


>ナさん
何と。にんじんミサイルは公式だったのですか・・・
そういえば、家庭用の取説の敵イラストが滅法酷い絵だったのは思えているのですが、あれはMDだったか、PCEだったか・・・


>天体観測さん
インストカードのパイロットの絵は、一時期友人と男か女かで軽く揉めてたことを思い出しますね。ちなみに、自分は男だろ!って言ってた派なのですが、結局性別は女の子ということで落ち着きそうな感じですね(PCEのEDを見る限りでは)。

2012年02月08日(水)16:15 わっきー #- URL 編集
スーパーの屋上に30円で置いてあったので結構やりましたねえ…。
自機がロボットっていうだけで結構やる気がでてしまうお子様だったもので(笑)。

最近あらためて音楽を聴いたのですが、ノリノリのいい音楽でアラびっくり。
エアバスターの人だったのですね、納得です。

2012年02月08日(水)21:48 JOKR #3/2tU3w2 URL 編集
古代遺跡のような敵あり
生命体のような敵あり
機械のような敵あり
と ゴッタ煮感覚というか、なんとも泥臭くて垢抜けない印象のゲームでした

片や よく比較されるエアバスターの方は
これはもう洗練され過ぎてるようなSTGですが

似てるようでもあり 正反対のようでもあり
この妙な対比が興味深いところです

2012年02月09日(木)22:23 とむ #- URL 編集
青玉地帯には安地がありましたね。

ロボ好きにはたまらないかも

2012年02月09日(木)23:57 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>みうたろさん
変形はロマン!って人も多そうですね。
そういう方々は例外なく70~80年代のロボアニメ世代だったり。


>わっきーさん
ロボットに惹かれましたか。ヘビーユニットのロボットは非常に強力ですから、強くなった感じがしますね。

ヘビーユニットの音楽は出来がいいですね。場面に沿って変化させるあたり、ゲームBGMをわかってるな、と思わずにはいられません。


>JOKRさん
ごった煮感漂うヘビーユニットは、味が独特なため、相当好みが分かれそうなゲームになりそうです。忘れられない人には忘れられない、といったような。

>エアバスター
こちらはより洗練されていて、多くの人に知られるゲームになりましたよね。プレイのしやすさや、特殊なギミック(無重力とか)がしっかりとゲームとして噛み合ってるのが名作たる所以でしょう。


>とむさん
5面終盤のあの青玉・・・
あるラインで前に出てれば安全地帯ってやつでしょうか。

PCエンジン版やったなぁ。

2012年03月08日(木)14:08 げーむにん #- URL 編集
 AC版は知りませんが、PCエンジン版は
プレイした記憶がかすかにあります。
 ロボット形態が使いやすかったような。

家庭用でもロボ強い?

2012年03月08日(木)18:25 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>げーむにんさん
AC版は明らかにロボの強さが際立ってましたが、家庭用でもロボは使いやすいようですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/1014-387748ff

| HOME |

Calender

<< 2017年08月 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。