あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

今日も今日とてサルベージ

このところ更新が滞りがちの拙者でございます。
twitterばかりは、やっぱあかんかな。

ネタ文章は明日までには仕上がるかな?そうじゃないかな??といった具合で、現実はそう甘くなかったり。うーむ、忙しいことはいい事なのか悪い事なのか。

それより何より、4月以降の動向が非常に気になって仕方がない今日この頃。場合によっては、今年4月以降はマジで更新どころではない事態に追い込まれているので、3月中には出せるものを出していきたいかな、と考えています。


昔は忙しいながらも、まだ余裕があった方だったのかな?と過去を振り返りつつ思う次第。
コメントも満足に返せないと思うので、ご了承いただければ。



****************************


★サルベージしたもの

そんなこんなで、先週の戦利品でも。



ゲームサイドは東亜プラン特集ですよ


買ったよ、東亜プラン特集のGAMESIDEをさ!
東亜プランと聞いて黙ってるほど、ボクは甘くないッス

まだ半分ぐらいしか見てませんが、東亜特集に関しては、歴代のシューティングを時系列で見つつ、東亜プランが歩んだ歴史が解説されてありました。ボンバーやユーモア、ピピル人の行方だとか。

他にも、東亜に所属してたクリエイターでもある、上村建也氏、弓削雅稔氏のインタビューもあり。上村氏といえば、以前同人誌のインタビューでお会いした事があるのですが、当時の会社のスタンスが色々と聞けて面白かったのが印象的でした。ドギューン!については、以前伺った事と同じ事を言ってますねw そういった確認も込めて、お話が興味深かったです。

東亜プラン以外の話題だったら、ここ最近リリースされたシューティングの話や、家庭用STG作品の話題も充実。最近のSTGでは箱でリリースされた「アンダーディフィート」や3DSの「哭牙」など。家庭用では「鋼鉄帝国」や「クライシスフォース」が取り上げられていました。


それにしても、STG一本のジャンルで雑誌を継続して綴れるというのは、素直に素晴らしい事だと思いますね。昔の勢いこそないSTGというジャンルではありますが、ここまでの熱意を感じられるのは、ひとえにまだまだSTGに秘めたるパワーが宿っている証左でもありましょう。今後の展開も楽しみですね。

あと、東亜プラン特集に即して、次回の千夜一夜も東亜作品を取り扱おうかと考えてますが、幾分、残ってる弾が難しいものばかりでにんともかんとも。候補は一つ、既に決めてるんですけどね。




できる!ゲームセンター!


ソフトで買ったものといえばこれ、「できる!ゲームセンター」
小倉のまんだらけでサルベージ。妖夢コスの店員にちょっとビビったのは内緒。

本当はカオスなゲームに飢えていて、「新宿の狼」みたいなもん買いたいなーと思ってたのですが、何気なく気になってた作品がこれだったもので、反射的に手に取ってしまったという。ゲーセン経営が主軸のSLGらしく、80年代からのゲーセンの歴史をなぞれる教科書みたいな作品なんだそうで。


まだ全然プレイしてませんが、いずれ本作のレビューを行いたいかな、と思ってます。他サイトのレビューからすると、SLGとしては非常に微妙なラインで、思い出補正があってこそ楽しめるゲーム、みたいなニュアンスで書かれてたのが気になるのですが・・・
| 日常 | Comments(4) | Trackback(0) |

コメント

2012年03月03日(土)16:38 名無しデルタトライ #- URL 編集
できる!ゲームセンターはとにかくゲームの種類の豊富さがとても印象的でした
ただ・・・ゲームセンターの経営がどういうものかを割とリアルに再現しているところがあってちょっと切なくなりました。
あと、いろいろ操作の部分で面倒だった記憶もあります。

まだ触ってないですが

2012年03月07日(水)00:49 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>名無しデルタトライさん
リアルタイムでゲーセンに触れてる人にしてみると、ノスタルジックに浸れるゲームみたいで。ゲーム性は抜きにしても、当時のゲーセンを紐解く資料みたいなものだと思えばいいのかもしれないです。

ああ我青春の東亜プラン。

2012年04月17日(火)17:01 げーむにん #- URL 編集
 ゲーメストで特集された号のやつ未だに
あります。

 究極タイガーをよくプレイしたあの頃が一番幸せでしたね。

ありましたね

2012年04月19日(木)21:44 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>げーむにんさん
究極タイガーの頃の東亜は、実に派手なシューティングを頻発してただけに、インパクトがデカいという向きもありましたよね。飛翔鮫やTATSUJINも最高でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/1017-35c54383

| HOME |

Calender

<< 2017年11月 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。