あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

e-Taxやってみました(覚え書きもあるぜよ)

去年のポスター

2月~3月は確定申告の季節。
というわけで、今年は新しい事をチャレンジしたく「e-Tax」なるものに挑戦。

駅前のポスターなどにも書いてある、Web版確定申告ですね。


※上のポスターは去年何気なく撮ったものです

確定申告は去年、確定申告会場でもある小倉のAIMビルという場所で、担当さんのサポートを経て行った経験があり、そこである程度のノウハウを学びました。

小倉税務署に直接行ったら、門前払いされつつも「確定申告はAIMビルでやっている。分かったか?分かったらさっさと行け!!(誇張あり)」と言われ、ビルに行ったら行ったで必要な書類が揃ってなくて、2度も行く羽目になったりと大変だったのを思い出します。まぁでも、申告税についてのノウハウも多少学べたので、良い経験になりましたが。


今年は折角オンラインという環境が整っているから(ついでにパソコンも新調したのも兼ねて)、確定申告は国税庁オススメの「e-Tax」を使ったる!と踏み切りました。新しいものにはどうしても食らいついておきたいものでして。


あ、e-Taxはこちらでできますよ。
e-Tax公式サイト


金額の計算も、去年の資料と領収書などを照らし合わせつつ計算済み、色々用紙も揃えたところだし、いざ!と行きたかったところなのですが、オンラインで確定申告するには計算以外にも前準備が必要だったために、一筋縄ではいかなかったですね。


↓必要なカードリーダ(SONYのPasori)

SONYのカードリーダ「Pasori」

こいつはEdyとかnimocaとかも読み取ってくれるスグレモノだぜ!


前段階で必要な物は調べておいたつもりだったのですが、住民基本台帳カードとカードリーダがあるだけではダメというのを知って、ちょっとビックリ。住基カードには、カード自体の有効期間(10年)だけでなく、電子証明書の発行による有効期間(3年)も定められていて、それらは別々に管理。

最初に住基カードを作ってくれた時は、そういった説明も何もなかったため、いざ計算しよう!と洒落こんだ日に「何だよー」って言っちゃう羽目に。結局もう一度市役所に行ってきて、電子証明書を発行してもらいました。自分の不注意・・・ってことになっちゃうのかな てへぺろ(・ω<)

でもカードに2種類もパスワードが設定されるというのは、個人の管理が大変になるんじゃないかなー?とも思ったり。これに今後施行されるとか話のあるマイナンバーまで加わっちゃうと、一体どうなることやら・・・。



e-Tax画面

で、前準備も整い、カードリーダの読み込みも正常、事前準備セットアップも完了して、あとは指定されたように数値ははめ込んでいけば・・・と思ったのもつかの間。

とある操作の絡みで、途中でブラウザを閉じてしまい、中断データの保存も忘れて、操作が全てパー!!また打ち直すという事態発生!!うぉう。もうてへぺろはせんぞ。

途中入力はこまめにセーブできるので(専用ファイルが作られる)、次からは気をつけようと思う次第で、今度は慎重にセーブを繰り返しつつ、数値を入力。なんだかFC時代のドラクエ3のセーブをしている気分に浸れますな。同じ数値を入れるのも、なかなか面倒なもので。でも時折登場するセーブデータというものも、拡張子が特殊で色々分かりづらいところがあったり、もうね・・・。


んでもって、必要な書類がオンラインで完成し、ではいざ送信!という時に、またしてもトラブル発生。必要な書類のプレビューを確認した後の次の画面がどうやっても出てこない。これはどういうことなの・・・

画面が出てこない時は「エラーコードを確認してください」と書いてあったので、所定の検索窓にエラーコードを入力し(これがまためんどい)、その回答を辿っていくと、ポップアップブロックの解除設定を行いなさい、だとか・・・

で、言われた通りにポップアップブロックの解除設定を行って、画面を見ようとしても、次の画面が一向に出てこない・・・どうなっとるんじゃ~


プラグインが悪いのか、ブラウザの設定が悪いのか。
それとも、何かの常駐ソフトの絡み??

色々試行錯誤しながらも、全然進展がないために、何やっても次の画面が開けなかったら、もう税務署の担当さんに連絡しよう、と思った矢先、一度電源を落としてから、特定の画面を出すと、次の画面に行けるようになってました。

次の画面が出力されて安心した反面、なんでこういう現象が起こるんやろなー?と半ば不安になってしまったぜよ。中途セーブファイルがあるから良かったものの、こちらでは意識しないブラックボックス面で挙動が違ってくるとなると、少々不安が募りそうなシステムやなー、って感じざるを得ませんです。ハイ。



どこでもできるのは売りであるものの・・・


そういった紆余曲折ありつつも、e-Taxによる確定申告は一応終了しました。

感想はというと「すげーややこしい!!」に尽きますね。午後10時スタートだったのが、気が付いたら午前4時ぐらいまでかかってたという。カードの電子証明書の発行も加えると、日数的にはかなりかかってる計算。なんなんですかこれは。

しかも時間を食ったのは計算ではなく、パソコンの内部設定だったという始末。計算は本当にスムーズに進んでいただけに、パソコンの環境によって割を食う可能性があるというのは、どうにも納得しづらいものがあります。

何というか、e-Taxは「ラクラク確定申告」を標榜してたと思ってたのですが、これだったら係員さんのサポート受けながらやってた方が、遥かに楽じゃないか?という思いにさせられます。入力した値に対して、PDFファイルができていく課程を見てると感動するものなのですが・・・

考えてみれば、前準備の段階から変なんですよね。一つの住基カードに2つのパスワードって。「それだったら、最初に説明してくださいよ~」とか言っても、絶対「聞かれなかったから~」で返されるのが目に見えてるのが余計に悔しいというか。自分の不注意が悪いんですよーだーいじいじ


パソコンに長年触れてきた自分が散々だったので、パソコンを普段から扱わない人にとっては「e-Tax」は魔界レベルになるのではないかと。ハイテク機器を扱い慣れないと思われる高年齢者にもなるとなおのこと。パソコン経験が数週間とかのたまう、うちの母親にe-Taxを教えようとしたら、これ絶対3日はかかるぞwww

折角未来に向けた確定申告のシステムなんだから、もう少し分かりやすさを求めて欲しいのが正直なところです。「誰にでもできる」を標榜しておいて、知識があるものすら跳ね除けるなんて本末転倒にも程があるというか・・・


っつーことで、確定申告やる時は、パソコンが駄目なら素直に税務署行け!!
と訳もなく結論づけてみる。



★覚え書き

↓e-Taxを行う覚悟ができた方はこちらから
e-Tax公式サイト


<e-Taxのメリット・デメリット>

メリット
 ○時間を気にしなくていい。深夜だろうが土日だろうが作成できる。
 ○税務署に行かなくていい。必要機材が揃えばお家でもできる。
 ○数値入力が主体で、自力での面倒な計算が緩和される。
 ○初めてe-Taxを使う年のみ、控除が受けられる(2011年は4000円)。

デメリット
 ×カードリーダが必要。とりあえず分からない場合はPasoriを勧めとく。
 ×住基カードが必要だが、電子証明書が発行されてない事もあるので、そこは要確認。
 ×途中段階のファイルを保存しないとやり直しが効かない。
 ×肝心のエラーサポートで、たまに意味不明な文章があったりする。
 ×パソコン・ブラウザの内部環境によって挙動が変化する可能性大。
 ×中途ファイルの拡張子がちょっとわかりにくい(.xtxと.dataができてた)。
 ×場合によっては郵送するファイルもあり。プリンタ出力も視野に。
 ×というか、ある程度パソコンの知識が備わってないと、理解しづらい。

<2012/03/08 追記>
http://www.sony.co.jp/Products/felica/consumer/products/list.html

匿名希望さんの指摘より。
カードリーダを購入する時は、型番によって使える使えないというものもあるようです。
Pasoriの場合も、上記リンクでe-taxが使用可能かどうかを確かめましょう。

他、電器店で購入する場合は、箱に「e-Tax対応」が書かれているものを購入してください。
何も記入がない時、通販・ジャンク屋で購入する場合などは要確認。

ちなみに、市役所でも読み込みに使用できるカードリーダの対応表をもらえる事があります。
思えば自分も、電子証明書の発行の時に対応表をもらっていました。


<参考サイト>

個人事業主の確定申告 e-Taxで白色申告 その1:事前準備編
個人事業主の確定申告 e-Taxで白色申告 その2:収支特定編
個人事業主の確定申告 e-Taxで白色申告 その3:本番入力編

e-Tax始めたい猛者は上記サイトを参考に。

自分は白色申告だったので、上記サイトの手順が半分テンプレート代わりでした。
操作画面は若干違うようですが、指針にはなると思います。
青色申告でも多分参考になるかも?



e-Taxを利用した確定申告に挑戦。見事成功しました

コメント欄にも注目。
ぐぬぬ、使い辛さは前々から言われてたのか・・・・

| 日常 | Comments(5) | Trackback(0) |

コメント

2012年03月08日(木)12:40 れい #V5TnqLKM URL 編集
税務署へ行ったらPCがたくさん並んでいて、署員の方に教えてもらいながらe-Tax入力講座みたいになってました。あれは自宅で使うものではなく税務署でやるものだと思ってました(笑)

2012年03月08日(木)16:14 匿名希望 #klg2sN3M URL 編集
細かい事ですが、Pasoriはバージョンがいくつもあって、e-taxについては古いのやPC内蔵型では使えないという仕様なので、

http://www.sony.co.jp/Products/felica/consumer/products/list.html

注意は必要だと思います。

うちには古いEDY用のRC-S320とRC-S310がありますが、勿論使えません。

パソコンずらっと並んでますね

2012年03月08日(木)18:04 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>れいさん
去年、確定申告会場に行った時は、確か計算は係員さんのサポート込みで、その後のパスワード入力になるとパソコンを使ってましたね。あの時は、確かに大量のパソコンがずらっと並んでいたのを思い出します。

e-Tax入力講座というのは、言い得て妙ではありますね。


>匿名希望さん
確かに型番によって使える使えないの違いがあると、知らずに購入する時にリスクが生まれそうですね。自分がビックカメラで購入した時は、箱にe-Tax対応と書かれていましたけど、通販で購入するとなると確認せずに購入して、e-Taxができずに頭を抱える事態が生まれそうな気がします。

ひとまず、リンクを記事に挿入しておきます。
ご報告ありがとうございました。

青色申告の説明会に以前参加した感想。

2012年04月12日(木)20:40 げーむにん #- URL 編集
 複式簿記はマジで死ねます。
合わない人にとっては・・・・。

個人事業主の場合だと店主か社長の住基カードが必要なので申告できなかった・・・。

というのでシバリが多いシステムだと感じましたね。

 会計ソフトの代名詞だと弥生シリーズが
有名だったなぁ・・・。

弥生会計は有名ですね

2012年04月14日(土)17:22 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>げーむにんさん
青色申告は、簿記検定が取れてないと、相当キツそうですね。1年分の領収書とかも参考にしなければいけない分、細かなお金にもしつこくなければやっていけそうにない気がします(その分見返りは大きいのですが)。

会計ソフトは弥生がスタンダードですね。最近では松岡修造が宣伝マンになってる「みんなの青色申告」が電気屋でプッシュされてたりしますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/1018-8b2f45b6

| HOME |

Calender

<< 2017年05月 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。