あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第386夜~ ガンブレードNY

ガンブレードNY タイトル

386夜。400夜は近い・・・・・
というわけで、今回紹介するのはセガの3Dシューティング「ガンブレードNY」。

またしてもセガ作品ですね。
10夜のうちにセガ作品が4つも入ってるのは、決して狙ってるわけじゃないのことよ。

多分。

****************************

ガンブレードNY ゲーム画面その1

ガンブレードNY ゲーム画面その2

2005年のニューヨークを舞台に、国連総会を襲うアンドロイド兵士で構成されたテロリストを壊滅すべく、ガンシップタイプの武装強襲ヘリ「GUN BLADE」が出動する、というストーリーで始まる本作。

本作はヘリコプターに搭載された機銃を、巨大な機銃式のデバイスを使用して操作します。乗っているヘリコプターは自動操縦になっており、プレイヤーが操作するのは機銃のカーソルと発射ボタンのみ。


ガンブレードNY ゲーム画面その3

ガンブレードNY ゲーム画面その4

ガンブレードNY ゲーム画面その5

デバイスを上下左右に振って、カーソルを操作。トリガーを引くことで、機銃からショットを発射。機銃からの銃は、やや緩めの連射式で、引きっぱなしで連射可能になっています。

敵は全てアンドロイドで構成されていて、ショットを撃つことでひるませたり、武器を落とさせる事もできます。また、敵兵士は頭部が弱点になっており、命中させることで一撃で破壊することもできます。

サイトが見えて収束した瞬間に敵が攻撃を仕掛けてきます。敵の攻撃は全て自機のショットで相殺可能。ミサイルが自機に直撃するとダメージを受け、ライフを1つ失います。


ガンブレードNY ゲーム画面その6

ガンブレードNY ゲーム画面その7

ゲーム進行としては、スタート時に3つのコースから選択できるよいうになっています。コースはEASYコース(国連ビル解放ステージ)、HARDコース(マンハッタン解放ステージ)、タイムアタックのいずれかから選択。

EASYもしくはHARDコースは、ライフが全部無くなるまで先へ進み続けるステージ。全4エリアを走破し、最後まで進めればゲームクリアになります。

タイムアタックは、限られた時間を使ってEASY・HARDで選ばれたステージを走破するモード。敵を撃つと得点が加算、ステージをクリアするとボーナスが加算されます。自機の取った行動により、次のステージが変化する仕組みになっています。


ガンブレードNY ゲーム画面その8

ガンブレードNY ゲーム画面その9

ガンブレードNY ゲーム画面その10

本作はライフ制で、敵の攻撃をもらうとライフが減少します。
ライフが0になるとゲーム終了。

EASY・HARDモードはコンティニューで継続できますが、タイムアタックではそのままゲームオーバーになってしまいます。


****************************

ガンブレードNY ゲーム画面その11

ガンブレードNY ゲーム画面その12

大型筐体なら俺に任せろ!と言わんばかりのセガの新機軸3Dシューティング。固定された機銃を操作するという、一昔前のガンシューティングを思わせるような形になっています。

これまで、変わった操作方法やデバイスで魅了してきたのがセガ大型筐体作品の特徴なのですが、今回の「ガンブレードNY」は、見た感じだけだとややオーソドックスな感があるようにも感じられます。

既存の固定銃デバイスを大きくしたような感じになっていて、やや力を入れて操作する仕様。機銃故に重々しさがあるデザインではあるのですが、見てくれだけだと、固定式の銃をやや大きくしたような感じで、目新しさがさほど無いようにも見えます。


ガンブレードNY ゲーム画面その13

ガンブレードNY ゲーム画面その14

しかしながら、デバイスはオーソドックスなのですが、画面の迫力に関しては他のゲームに負けないほどのインパクトを持っています。

本作の最大の魅力は、敵が常に視界に見えるように、自動的に画面が移動するところにあるでしょう。本作の敵キャラは、重装備をまとってるとは思えないほど縦横無尽に動きまわるため、敵の動きに合わせて視点がコロコロと入れ替わる仕様。

そして、敵の動きは毎回変化するために、カメラワークもプレイ毎に違ってきます。つまりパターン通りにならないので、プレイする度に違うパターンが楽しめるという、これまでのガンシューティングでは見られない形式になっています。

例え同じポイントでも、動き方が毎回違うものだから、違うステージを遊んでいる気分になれるのが最大の利点だと思いますね。これまでのガンシューティングには無かったような、新鮮な感覚を提供できている点は評価に値すると思います。


ガンブレードNY ゲーム画面その15

ガンブレードNY ゲーム画面その16

さらに、カメラワークの豪快さも本作の魅力の一つになるでしょう。敵が激しく動き回ることもあるため、カメラも必然的に動きが激しくなります。敵を一つ破壊して、別の敵を捕捉しようと、カメラが急激に大きく反転するようなケースも沢山出てきます。

地上の敵を多く破壊する関係上、カメラが床すれすれの場所を映し出す事があり、プレイしている際に敵を捕捉しようと、思わず斜めに身体を傾けてしまいがち。それだけ、本作はカメラワークによる効果が高いということになります。

独特の視点変更とカメラワークが織り成す臨場感は、まさに「ガンブレードNY」の売りでしょう。今まで固定で視点変更が進みがちだったガンシューティング界においては、個人的には革新的なシステムとして目に焼き付いています。


ガンブレードNY ゲーム画面その17

ガンブレードNY ゲーム画面その18

派手さを追求する点では、カメラワークに留まらず、演出面にも伺えると思います。大きな機銃から撃ち出される弾丸は着弾すると爆発を起こし、そこら中を穴だらけにします。車などのオブジェクトを破壊すると大爆発するので、爆発の派手さは否が応にも目立ちまくり。

敵も生身の人間でなく、全部アンドロイドなので、撃ちまくるとパーツが剥がれて大爆発を起こしたりと、派手派手に休みなく爆発が起こってる状態。大胆なカメラワークに加えて、本作の演出の一端を担っていると言えます。


ガンブレードNY ゲーム画面その19

ガンブレードNY ゲーム画面その20

アンドロイドの動きも非常に細かく、ショットを直撃させると悶えたり、足を撃つと膝まづいて攻撃を中断したり、妙な人間臭さがあります。敵は重装備にもかかわらず、走る動きから身軽にバク宙をかます動きまで、とにかく動作が非常に細かく、見て楽しむ部分に関しても気を抜いていません。

場面展開も、空中から敵を高い所から捕捉する場面や、高速でヘリを飛ばしてチェイスする場面など、見せ方の工夫も多く見受けられます。高いクオリティを誇る演出は、これまでのセガの体験ゲーム制作によるノウハウが生きているということになるでしょう。

細かい所まで気を抜かない造りは、まさにセガ体感ゲームにおける真骨頂。クオリティの高さは、多くの3Dシューティングをリリースし続けた経験によって裏付けされているかのようでもあります。


****************************

ガンブレードNY ゲーム画面その21

ガンブレードNY ゲーム画面その22

ゲーム性の方は、そのまま演出にも起因している内容。敵の動きが毎回違い、画面の動き方も毎回違っているため、敵の動きを見切りながら、そこに機銃をガンガン撃ち込んでいくというものになっています。パターンに依らない動き故に、機敏な対応が求められます。

それに加えて、敵が頑丈で一発程度ではビクともしない代物。機銃もお世辞にも連射性が高いとはいえないものがあり、狙った敵をしっかり捕捉してノックバックさせないと、すぐに弾を撃たれてしまいます。

幸いにも、敵は連射式のショットではなく、ミサイルをメインに撃ち出してくるため(一部例外あり)、撃たれたのを確認しても、きっちり相殺できるのが救い。サイトが現れてもすぐに撃たれることはないため、連射性が遅い機銃とはいえ、その辺りのバランスは取れています。


ガンブレードNY ゲーム画面その23

ガンブレードNY ゲーム画面その24

ただしカメラワークがあまりに豪快過ぎるためか、突然敵が目の前に現れてミサイルを撃たれることもよくあります。動き方が毎回一定していないので、不意に視点変更されるとなると、予期せぬダメージをもらう事もしばしば。

パターンが毎回違うのも面白さの一つではありますが、逆に言うと予期せぬ動きも多々あるということで、常に緊張感のあるプレイが求められます。少しの油断でダメージをもらう事が多く、プレイする側は割と気が抜けません。

後半辺りは、いきなり目の前に敵が出現して攻撃をもらうという理不尽なケースもあり、豪快な動き方が逆に仇になっているようにも見えてしまいます。不意にどこから来るかもわからない攻撃なんて避けようが無いですし。


ガンブレードNY ゲーム画面その25

ガンブレードNY ゲーム画面その26

本作はライフ回復が一切無いため、1コインで最後の方まで進もうと試みるのは、かなり難しい部類にあたります。カメラの動きが簡単に読めず、実質パターンなんてものは毎回変わるため、画面外の敵の動きに気を配るぐらいしか攻略の術はありません。

まぁそれでも、こういった難しさはセガ大型筐体作品ならではのものであり、1コインで攻略し辛い難易度を見るにつけ、ガンブレードNYも実にセガ作品らしい特徴があるなぁ、と思ってしまいます。

大型筐体作品というものは、演出で楽しませる代わりに高い難易度が基本になっている感があり、連コイン前提で遊ばせるのが前提の感があります。1コインで攻略できるものもありますが、展開が長いガンシューティングだと、できるだけインカムを上げられるよう、難易度を高めにするのが基本、という構成が目立つような気がするのです。


ガンブレードNY ゲーム画面その27

ガンブレードNY ゲーム画面その28

ガンブレードNYも、豪快な演出と引き換えに難易度を高めている辺り、アトラクション的な楽しみ方をさせようとする意図があったのではないかと思います。

以前紹介した「レールチェイス」と似たような感じになるのですが、理屈抜きで楽しむにあたっては、本作も高いポテンシャルを持っているゲームです。カメラワークはものすごく豪快ですし、機銃で撃ちまくってる感が本当に高いため、連コインでも割と充足感が強く感じられる類のゲームだと思います。

攻略は簡単では無いゲームなのですが、細かい事を考えずにプレイするには本当に素晴らしいゲームです。本作の持つ豪快さとトリッキーさは、他のゲームではあまり見られないだけあり、やっているだけでも楽しめるという素質は十分にあるでしょう。


****************************

ガンブレードNY ゲーム画面その29

ガンブレードNY ゲーム画面その30

固定銃シューティングの中では、豪快な演出が主軸になるゲームであり、また、ゲーム性に関しても毎回パターンにならないカメラワークのおかげで、プレイする度に違った形が楽しめるという、本作ならではの面白さが前面に出ているゲームだと思います。割と記憶に残りやすい作品です。

自分としては、難易度は高いものの、理屈抜きで遊ぶ上では非常に良質な作品という評価になりますね。テクスチャが充実していない時期の作品のため、現在のポリゴンに比べるとカクカクこそ目立ちますが、細かいフレームで動く敵のおかげでインパクトはそれなりに残せているのではないかな、と思います。

ガンブレードNYの筐体については、ある所にはあるといった具合に落ち着いていますが、最近のゲームセンターで見掛けるのは、かなり稀なレベルかもしれません。機銃掃射の爽快感を味わうべく、一度は触れてみた方がいいゲームになるでしょうか。


ガンブレードNY ゲーム画面その31

ガンブレードNY ゲーム画面その32

なお、本作には続編として「L.A.マシンガンズ」が存在しています。ステージが4つに増えていて、敵が以前に比べると随分と様変わりしているのが特徴的。コンボスコアなどのギミックこそありますが、演出面やカメラワークは前作譲りで、ゲーム性はさほど変わっていません。

本作の家庭用移植については、北米Wiiにて「L.A.マシンガンズ」と共にカップリング移植されています。移植版はゲーム性がそのままらしいですが、一部ステージの構成に修正が施されている模様(センタービルの有無など)。



<動画>

★ガンブレードNY プレイ動画



テキストリンク


敵の動きが毎回違うので、毎回パターン化した動きができないのが難しい点。しかし、敵を撃ち込む感覚が直に伝わるかの如く演出が凝らされているのは良いところ。ここは是非とも、大型筐体で味わってもらいたいところではありますね。
| シューティング千夜一夜 | Comments(22) | Trackback(0) |

コメント

2012年05月07日(月)23:20 わっきー #- URL 編集
おお!ガンブレードNY!
これ最高ですよねえ…。豪快かつ爽快!
攻略と言う感じでは遊びませんでしたが、大好きなゲームです。

残弾気にせず撃ちまくれるのがいいですよね。小山さんの音楽もカッコイイ。

Wiiで出ると聞いたときは喜んだものですが、ご無体にも海外のみの配信なんですよね…なんとか国内でも配信して欲しいのですが。

2012年05月07日(月)23:31 名無しデルタトライ #.vjKhiP6 URL 編集
このゲームが出た頃はちょうどゲーセンから足が遠のいていた時期なのですが、これだけはプレイしていました。しかし射撃時の震動がすごくて、手の皮がズルむけになったのも良く覚えています。

豪快さが売りでした

2012年05月07日(月)23:42 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>わっきーさん
自分も攻略というよりは、豪快さに惹かれて遊んだ感じになりますね。重々しいながらも、ド派手なカメラワークや演出がたまりませんでしたよ。敵を撃ってると実感できるゲームでした。

移植が海外のみ、というのは惜しいところですよね。国内でも何らかの形で発売してもらいたいところではあるのですが…


>名無しデルタトライさん
振動設定がONになっているゲーセンも往々にしてあったようですね。あれだけの大型の銃口ゆえに、振動が加わるとなると、手への負担は相当なものがありそうです。ちなみに、うちの近所は軒並み振動OFFでしたねー。

ソフト連射が遅ければ手連射すれば良いじゃない。

2012年05月08日(火)01:40 Aunnoiki #depbjF66 URL 編集
……などという事を知ったのは遊んだ数年後の事なんですが。
当時知ってれば……当時知ってれば!!

画面にサイトの付いてるタイプのガンシューだったのでこのジャンルでは割合遊んだタイトルでした(イージークリア直前辺りまでで頓挫しましたが
設定が振動ONだった事もあり、その”只打つだけでも充足感”故にウサ晴らしにやったりしたものです。
派手爆裂とか敵顛末やらランダム挙動とか色々楽しめはしたけれども、終盤の敵の画面ギリ入り攻撃でダメージというのはどうにかならなかったのか、、あれだけは本当に参った。

サントラは続編の『LAマシンガンズ』とカップリングされて先日出てましたね。
『バーチャロンフォース』に流用された曲があったり興味深い……

2012年05月08日(火)08:51 kitaros #- URL 編集
敵の近くに撃ち込むと敵が隠れるように回避行動を取ったり
カメラがその逃げた敵を回り込むように追ったり
そうしたこまやかな部分が光るゲームでした
でもプレイ感覚はセガらしい豪快さで
特にひとりでマシンガン二丁を握ってのダブルプレイが熱かったですね
腕が鍛えられます

2012年05月08日(火)18:09 みなもりゅうぞう #- URL 編集
ガンブレードきましたねー。もう筐体見かけるたびに遊んでました。おかげで(ライフ設定にもよりますが)イージー最終面まではいけるようになりました(そのあとに関してはお察しくださいw;

思うにガンブレードの根幹って「破壊しまくりの快感」が大きいのかなと思ってます。敵がすべてアンドロイドなのも、ペナルティターゲットがないのも(これはLAマシンガンズで復活しますけど、ミスではなく点数減点だけなのでそんなに気にしてなかったですがw)、とにかく撃ちまくって敵を殲滅する快感を大事にしたかったのではないかなーと思う次第です。ダイナミックな視点切替に加えて、ほぼランダムな敵の挙動とランダム要素てんこ盛りですが、その緊張感と破壊の快感が加わって、ガンブレードならではの爽快感が生まれるのではないかと思います。
でもあんまり弾痕残しすぎて「どっちがテロリストだよ!」と突っ込みたくもありますがw

でもラスボスの「迎撃が間に合わず、まず確実に当たる攻撃」だけは勘弁してくださいマジでorz

2012年05月08日(火)18:41 AB-SEIYA #- URL 編集
やったことがないけど…。ガンブレード&L.A.マシンガンズの2つは海外家庭版しかないから、プレイステーション3で配信してくれないかな…。PSMoveの対応があったら割と面白くなりそう。

2012年05月08日(火)20:55 LOV #o.bpE3eE URL 編集
Wiiへの移植が決まったときは小躍りして喜んだんですが
海外でしか出ないと聞いてぐんにょりした記憶が…w
今からでもリリースしてくれませんかねぇ

ゲームセンターで友人とバカ騒ぎしながら遊ぶタイプのゲームかなって気はしますね
もちろんちゃんとやり込むのもそれはそれで別の面白さがあるんですが

国内移植はないものか・・・

2012年05月08日(火)22:46 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>Aunnoikiさん
スターブレードのように、連射付きだと世界が変わるぐらいやり易くなるようですね。連射装置付けてくれてたゲーセンって、どれぐらいあったことやら・・・

振動があると、ただ撃ってるだけでも撃ちまくっている感覚があるんですよね。派手な演出があるおかげで、さらに敵を撃つ感覚も強いという。楽しめる作品ではあるのですが、攻略となると理不尽なミスも多かったのが残念なところではありますが。


>kitarosさん
敵を追従するカメラの動きというのは、当時としては非常に画期的でしたねー。敵を撃ち込もうとするとしっかり逃げるあたり、人間臭さが感じられたものでした。

>マシンガン二丁
マジですか・・・あの大きなデバイスで。
腕力があると実に楽しそうなプレイになりそうですねー。


>みなもりゅうぞうさん
ド派手さがあるので、リピート感の強い作品になりますね。
セガはこういう造りが非常に上手い印象を受けます。

>破壊しまくりの快感
この辺り、スティールガンナーと似たような作風を感じます。ほぼフルブレイク系なので、躊躇なく撃っても構わないのが気持ちいいですよね。敵を殲滅する気持ち良さも倍増されようというものです。

>点数減点
LAマシンガンズのラスベガスステージは、減点対象が目一杯動きまわるから、スコアが全然取れないという。1回撃つと-5000点というのが、またエグイ。個人的にはいらないギミックになりますね。


>AB-SEIYAさん
良い作品なのですが、国内配信が無いのは惜しいところですね。
PSでもWiiでもXbox360でも何でもいいから、どこかやってくれないものかと。


>LOVさん
確かに海外のみというのは勿体無い話です。
国内で移植作品を配信しているのであれば、この作品も是非・・・と言いたい所なんですが、どうなんでしょうねー。個人的にはKinectでやってみたかったり。

>ゲームセンターで友人とバカ騒ぎしながら遊ぶタイプ
大半のガンシューはそういった性質がある傾向にあると思います。難易度は高いけど、演出による充足感の高いゲームは、大型筐体(主にガンシュー)の特権みたいなところがありそうな気がしてます。

2012年05月08日(火)23:34 SABA #- URL 編集
Wii版って日本でも出す予定あったみたいですね 
海外版の中に日本語版のデータも入ってるそうです

ドコドコドコ!と、のめり込み

2012年05月08日(火)23:41 kuma #- URL 編集
 レールチェイスもそうでしたが、視点がコロコロ変わるのは、難易度的にはあがるのでしょうけど、入れ込み具合が半端なくて好きでした。
 また、アーマー持ちのキャラに弾を命中させて吹っ飛ばしても猿みたいに飛び上がって持ち直そうとするので「しつけぇ!」とか、なりきって打ち込みまくってました。
 皆さんも言ってますが、固定銃座+震動有りがまたその気にさせますね。
 つい最近、熱海の何やら城という観光施設にフリープレイが置いてあったので、大喜びでやりました、が、LAマシンガンズだったかも知れません・・・

何も考えず、ただひたすらに撃ちまくれる爽快さ

2012年05月09日(水)08:57 GALLOP #- URL 編集
これとL.Aマシンガンズにはお世話になりました。
特にガンブレは画面内に存在するものなら何を打ってもOKだったので、2人プレイでこちらの銃撃を避ける敵兵の周囲を撃ちまくりつつ退路を断って追い詰めたり、そこらへんにある自動車を破壊しまくったりとやりたい放題やってましたw
例え難易度が高くても今の多くのゲームではあまり感じられない『簡単な操作と純粋に楽しいと思える』要素が多く含まれていた良作だと思います。

酔ってきた・・・

2012年05月10日(木)15:58 MURASAKI #- URL 編集
動画を見始めて、3分ぐらいで限界が・・・。
個人的には、視点がグリグリ動き回る系はムリみたいです。(FPSとか、TVの「逃走中」もキツイ)

連付きの爽快感は異常

2012年05月11日(金)22:33 おくてい #lbBpiOx2 URL 編集
ゲーセンで仕事してた時、連射装置付けて稼動させてたものです。連射が早いと、とあるボス戦で弾が届かなくなったりして調整に苦労した思い出が…

2012年05月14日(月)16:11 disaray #- URL 編集
去年?一昨年かな?東京ドームシティのゲームコーナーで遊んだ記憶が・・・(笑)

派手な中にも細かい部分が光る

2012年05月19日(土)14:10 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>SABAさん
日本で出ていないことは非常に惜しいと思うんですよね。
何か出せない事情でもあったのかな、とも考えてしまいます。


>kumaさん
あのぐるぐる廻る視点は、結構病みつきになりますよね。非常に臨場感が高いから、思わず身体を仰け反らせたくなるという。

>アーマー持ちのキャラ
アンドロイドゆえに、撃っても撃っても跳ね上がる程度で、なかなか破壊できないところは、面白くはあるのですが、どこかしらもどかしい所もありましたね。強力な紫スーツの敵だったりしたら、さらに厄介だという。


>GALLOPさん
ゲームとしては爽快感に勝るものなし!ということで、難易度など考えず、ただひたすらに撃ちまくってるだけでも楽しい、という印象の強い作品でした。そこら中に置いてある車が破壊できる点も気持ちよかったですね。

理屈抜きで楽しめるという、まさに純粋に楽しいゲームですので、その辺りは特にアピールしておかなきゃ、と思っていましたよ。


>MURASAKIさん
カメラがフリーダムに振り回されるから、辛い人にとっては結構辛いのかもしれませんねー。リアルにぐるぐる回る系に酔う人だと、なおのこと。


>おくていさん
おー、連射装置付けてましたか!連射が早すぎても駄目っていうのは、何だかスターラスターを思わせる仕様でございますね。


>disarayさん
東京ドームにこのゲームがあったとは・・・!
QMAやってて、ビッグエッグにゲーセンがあった事を知りましたよ。


>SHIGEさん
巨大なデバイスだけあって、振動があると迫力満点ですねー。
臨場感のあるシーンは、セガの十八番とも言うべきでしょう。レールチェイスなども、セガだからこそ作れた大型筐体作品だと思います。

>敵の攻撃がミサイル
着弾までが早い銃器系に比べると、ミサイルは着弾までが遅めなので、被弾でも何か納得できる点はありますよね。

>BGMがとってもセガしてるのがいい
大型筐体の中ではBGMがしっかりしていたのが印象的でしたよね。
ステージクリアの音楽は確かに印象に残りやすいです。

ビバ連射装置

2012年05月25日(金)15:08 KRTさん(三十路) #D5O/1XSs URL 編集
どうもです。

連射装置つきだとマジ別ゲーなのがなんともw
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12923337
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12923383

ガンブレードは、カメラワークや敵の移動のランダム性が強いのがウリではあるのですが、そのせいで、どのミサイルが命中弾で、どのミサイルが画面外行きなのかの判別がつきにくいのがなんともキツい感じでした…。

それにしても、アーケードガンシューはここ最近は移植率が減ってる(正直バンナムとセガぐらい。他のメーカーのガンシュー移植がほぼ皆無)のがなんとも残念というか、他のメーカーやる気ねえだろというか…。

斜陽とか衰退とかいうレベルじゃねーぞ的な状況が激しすぎて涙目でございます…。

ガンシューは少ないっすね

2012年05月26日(土)20:40 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>KRTさん(三十路)さん
どうもです。動画拝見しました。
連射付きだとほとんど別ゲーというぐらい、楽になりますね。敵ヘリ撃破できますし。

ガンシューの移植が減っているのは、ちょっと寂しい限りですね。アーケードはまぁそれなりに出てたりはしてますが、長く同じ機種が置いてあるのを見てると、ちょっとした寂しさを感じたりします。

2012年05月29日(火)22:59 JOKR #fB6nagsg URL 編集
ガンシューティング形式のゲームも昔から有りますが
これはポリゴンでスムース&ダイナミックな視点変更に面白味が有りました

同社のポリゴンガンシューといえばハウスオブデッドも有名ですが、
弾丸1発、1発、を良く狙い定めて撃つそれとは正反対に
8月のホース散水のごとく、弾で盛大にナギハラウようなゲームでした

コントローラも大掛かりで、消火器のように大きくて(そこそこ)重く
なにやらスカスカッと揺動するのも印象的でした

力強さが売りですねー

2012年06月07日(木)21:14 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>JOKRさん
ガンブレードNYは、視点が目まぐるしく変化するのが、ゲームとしての体裁を整えてくれた作品になりますね。神経を使う狙い撃ちでなくても、ガンガン狙撃しまくれるのが面白かったですよ。大きな銃をダイナミックに動かせる点も、なかなかいいものです。

懐かしい名作

2012年09月09日(日)15:24 ふぁるこん #i1mP3KrM URL 編集
ガンブレードNYは小さい頃何度もやってましたね~。

難易度が高く、初めはコンティニューを繰り返すことが多かったのですがあの固定式のガンコントローラーが印象深く何度もトライしてましたね。激しい震動にとにかく撃つと言った爽快さがウリですね。

ただ何度もやり過ぎて、手が大変なことにもなったのですが...(笑)

海外で移植版がWiiにあるみたいですが日本でも移植してほしいですね。あったらWiiの購入でもしようかなと..。

コントローラの印象も高いですね

2012年09月22日(土)18:01 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>ふぁるこんさん
子供の頃触れた作品って、ゲーマーにとってはインパクトの高いものに映るかもしれないですね。思い出補正がかかるほど、強い印象で語りたくなるという。

ガンブレードNYは独特の撃ち込み感と相俟って、他にない操作デバイスもまた、印象に残りやすく映りますね。巨大な操縦桿を左右にガンガン動かせるのは、ガンブレード最大の魅力の一つかもしれないです。重量は結構ありますけどね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/1028-a2a12673

| HOME |

Calender

<< 2017年03月 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。