あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第43夜~ タイガーヘリ

タイガーヘリ タイトル


43夜は、東亜プランのシューティング処女作ともいうべき作品。
「タイガーヘリ」をご紹介したいと思います。

****************************


タイガーヘリ ゲーム画面その1


1レバー2ボタンで、ヘリを操り、並み居る戦車軍団を撃破していくという、単純明快なシューティングです。

ボタンはショットとボンバーなのですが、ボンバーは自機の左右脇に装備されていて、装備した分だけ発射可能です。

このゲームのボンバーはそれほど強力なものではないですが、弾消し能力があって広範囲に攻撃するために、自機後方から来た敵や、中ボス戦で絶大な威力を発揮します。危機回避というよりは、ピンポイント的に撃っていくのが普通です。

ボンバーの装備されている位置に被弾すると、自動的に投下してくれる親切仕様。ただし、自機の中央に敵弾が被弾するとボンバーを持っていても撃破されてしまいます。

ちなみに、デフォルトではボンバーとショットのボタン位置が逆。
初めてプレイするときは気をつけられたし(笑)


****************************

タイガーヘリ ゲーム画面その2


タイガーヘリ ゲーム画面その3


タイトル画面には「タイトー」の文字が浮かんでいますが、実際は東亜プランの作品として語り継がれているシューティングで、このゲームはボンバー製縦シューティングの始祖だとも言われております。

もはやシューティングにおいては市民権を得たと言っても過言ではない、危機回避のボムが(恐らく)初めて登場しているのもこのゲームです。
ただ、このゲームのボンバーは使用有効時間が非常に短い上に、爆風と爆風の間に隙間があるために、あまり危機回避には向いてはいません。
先程書いたようにピンポイント的な使い方が主となります。


タイガーヘリ ゲーム画面その4


このゲームの特殊な点といえば、攻撃する敵が「戦車」しかいない事でしょう。
しかし、その割には難易度は非常に高め。何故かといえば、自機のショットの射程が非常に短い割に、パワーアップも大したことがないほど貧弱だからに他なりません。

パワーアップとしては、十字のターゲットを破壊することにより得られる小型ヘリがありますが、あっさりと被弾してしまうために、パワーアップしたという実感が無いのが現状です。

さらにこのゲームの戦車には「弾封じ」という戦車自体に重なると弾を撃ってこなくなるテクニックが使えないので、何気なく後ろや横から登場する戦車が相当脅威となっています。
それを射程が短く、動きも遅い自機が交わすのは実に大変。
前半面から戦車のラッシュが続くので、最初からゲームの難易度は高いのです。

今のプレイヤーなら、前半でいきなり後ろから登場する戦車にやられてしまうのではないでしょうか。
このゲームにはこういった「昔のゲームならでは」の理不尽さがあります。

結局は敵のいる位置をあらかじめ知っておいて、前もって叩くのがこのゲームにおける攻略法。
いわゆる「覚えゲー」というやつです。

難易度は高めなのですが、敵の場所を覚えるに従ってプレイ時間が長くなっていきます。長生きしたければ学習能力が必要になるゲームです。


****************************

タイガーヘリ ゲーム画面その5


当たり判定も非常に厳しいものがあり、上の中型戦車がひっきりなしに放つ2WAYの弾なんか、角度が甘く見えても、間に入ろうとすると確実に死ねます。

中型戦車は結構硬いので、ある程度のショット連射能力も要します。
この地点はボムを放って1台を速攻撃破できないと無理です。


まさに「初心者お断りゲーム」というべきでしょうか。


※追伸
東亜シューを紹介したということで、飛翔鮫のレビューをちょっと改訂しました。
| シューティング千夜一夜 | Comments(4) | Trackback(0) |

コメント

ファミコンではすごく好きだったけど…

2006年12月02日(土)18:11 XDR好き #4rYnTNYo URL 編集
タイガーヘリはよくファミコンで
幼稚園のころと小学5年のときに
とてもやり込みました。(ポニーより発売)
ファミコンでは現在でもプレイしてます。

ファミコンでは弾は速いけど、8方向しか飛ばないので、うまくパターンを作り、
なんとか1周できましたが、ACではすぐに殺されました。
ファミコンは、戦車が出てしばらくしてから弾を撃つので、
出現パターンを覚えて、発射する前に倒すのがコツです。
しかし、ACでは、それが通用しないので、
ヒドス…な思いをしました。

リトルヘリ(味方機)は
横方向に撃てる赤ヘリを2機つけて戦うのが
自分的なセオリーなんですけどねぇ…
ACではリトルヘリをつけると、
プレイヤーが端まで行けなくなるので、
それが原因で殺されるのもヒドス…

リトルヘリは1942の味方機のように
弾が当たると消えるので、
着陸まで持って行くのがいつもハラハラしてました。
ACの音楽がファミコンの音楽よりチープに
きこえるのは、自分だけでしょうか?

ちなみに隠し要素のレーシングカーは、
例で1面の線路を通過するときに、
ショット回数が16の倍数の時に出現します。

シューティングの常識がなかなか通用しない

2006年12月03日(日)00:00 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>XDR好きさん
そういえばタイガーヘリってファミコンでも出てたんですよね。
敵弾が8方向にしか撃たないのだったら、それなりにパターン化はしやすそう。

対するAC版はというと、対戦車ではもはや常套手段といわれる重なり撃ちも無効、撃ち落とすには一定の距離まで近寄る必要があるなど、キツいファクターが多くて、それが難易度を高くしちゃっている原因になっていますね(まぁ昔のゲームならでは、と言ってしまえばそれまでなのですが)。
だから地上物しか敵がいなくても、十二分に難しい。
大旋風とはえらい違いw

リトルヘリを付けると、ついつい基地まで持って帰りたい、って思うときがあります。
なかなかうまくいかないですが、ボーナスをゲットできた時のちょっとした喜びといったらもう。

レーシングカーは雷電シリーズにも出てきますね。
雷電はタイガーヘリを参考にしたのかしら。

変化したプレイスタイル

2010年10月20日(水)10:05 satokin #YWDZHhTQ URL 編集
この作品は、まだ今のシューティングの方程式ができる前のゲームですね。
この頃のシューティングはまったりしているのが良点だと思います。
ゲーム喫茶で何か飲みながらプレイするようなデザインになっているのではないでしょうか。
覚えゲー的な性か、シューティングが下手でもずーっとやっているとそのうち一周できるようになるんですよ。
ゲームに合わせて気長にならなければならないゲーム(笑

重なってもやられちゃう

2010年10月28日(木)00:38 K-HEX(in 福岡) #MItfUjoc URL 編集
>satokinさん
東亜式のゲームのお約束ができないため、後ろから来る敵の対処に難儀するのが特徴的ですね。ただゆっくりとまったりと遊ぶにはとても丁度よいゲームになっているとは感じます。

お約束が無い分難しいですが、固い敵の対処さえわかれば1周クリアもできる難易度は見事です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/146-5156d514

| HOME |

Calender

<< 2017年10月 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。