あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第100夜~ グラディウス

グラディウス タイトル


3ケタ台突入~ ついに100話行きました!
ものすごくめでたい。
うぉー

キリのいい数字という事で
今回はシューティング界の歴史的大作と名高い
「グラディウス」を紹介したいと思います。

****************************

グラディウス ゲーム画面その1


グラディウス ゲーム画面その2


バクテリアン軍団を撃破するべく、主人公であるビックバイパーが敵要塞ゼロスに飛び立つというストーリーを持つ本作。
今や、数多くの続編が存在するほどの大作になっております。

1レバー3ボタンで「ビックバイパー」を操作。
ボタンは左からパワーアップ、ショット、ミサイルになっています。

このボタン形態で特殊なのがパワーアップシステム。

赤い敵や敵編隊を破壊すると出てくるパワーカプセルを取りながらパワーアップを行うのですが、パワーカプセルを取る度に画面下のゲージが右へ移動していき、ゲージの光った部分でパワーアップボタンを押すと、光った位置に対応したパワーアップを取得する事ができます。

ショットとボム系がメインだった当時としては、パワーアップボタンを分けた事は非常に画期的な事で、今までに類を見ないシステムでした。
このシステムは後々の様々なシューティングにも引き継がれていく事になります。


パワーアップに関しては次の通り。

 ・スピードアップ
  自機のスピードが上がる。最大5段階。
  スピードダウンは不可能なので、2~3段階で止めた方がいい。
 ・ミサイル
  右斜め方向に地形を這うミサイルを撃ち出す。
  威力があるため、ハッチ系には有効。
 ・ダブル
  正面と右上30度角方向の2方向にショットを撃ちだす。
  単発になるので、オプションが無いうちは装備しない方がいい。
 ・レーザー
  貫通力のあるレーザーを放つ。押しっぱなしで長く伸びる。
  当たり判定が大きく、グラディウスでは間違いなく最強の武器。
 ・オプション
  自機の後方をトレースするオプションを装備。最大4個まで。
  オプションは自機と同じ攻撃をするのが最大の特徴。
  まさにグラディウスを象徴する武器。
 ・?
  自機の前方に、水晶みたいなシールドを展開する。
  かなりの耐久力があるが、地形に触れても消耗する。


以上6つの武器を装備しながら、全7ステージを戦い抜きます。

なお、ミスすると一度装備した武器は全て外されてしまいます。
そのため、ミスすると極端に展開が辛くなる箇所もあります。

また、ダブルとレーザーの併用は不可能です。


****************************

グラディウス ゲーム画面その3


このゲームを初めて見た時の衝撃というのは、計り知れないものがありました。

自分はこのゲームを初めて見たのは小学生の頃なのですが、当時からすると非常に細かく描かれた背景・自機が印象的で、とても綺麗な画面だったように覚えています。

デモ画面で流れる「みーん」って言うレーザーの音は、今でも忘れられないですね。


グラディウス ゲーム画面その4


特に目を引いたのが「オプション」の存在。

自機をトレースする光り輝くオレンジの物体を見て、最初は「なんだこれ?」と不思議な思いで見ていた事を思い出します。

驚いたのが、自機と全く同じ攻撃をしていた事です。
確かデモ画面で見たのが最初だったと思うのですが、パワーアップする自機の中でもこれまでに見たことの無かった攻撃体系だったので、ひどく興味をそそられた思いがあります。

「オプション」は同社の「ツインビー」にも同じ攻撃があるのですが、それまで自分は全くツインビーを見た事も無かったために、そのオプションの動きに目を白黒させていました。


グラディウス ゲーム画面その5


「オプション」は非常に戦略的な兵器として、今後のシューティングに大きな革命をもたらした存在だといえるのではないでしょうか。

その最たる特徴は「無敵」であるという事。
敵弾に当たっても消えて無くならないために、オプションを効果的に置いておき、壁の向こうにいる敵を倒す芸当ができるのが目新しい点です。

ツインビーにも同じようなオプションはありましたが、ツインビーは単純に攻撃力増加が目的であるのに対し、グラディウスではオプションを「置く」事ができるために、無敵であるオプションの存在がより強調されており、戦略的な使い方が可能になっています。

地形が複雑な箇所にオプションを置いておく戦法は、今後のグラディウスシリーズでも使われていますし、他のゲームにおいても応用的に使われているのではないかと思われます(オプションパーツをめり込ませて敵を倒す…など)。


グラディウス ゲーム画面その6


オプションを戦略的に扱うという、今までに見た事の無いシステムのおかげで、グラディウスは他に類を見ない戦略的シューティングとしての地位を確固たる物にしたと言えるでしょう。


****************************

グラディウス ゲーム画面その7


「グラディウス」は、面構成においても卓越したセンスを持っています。

1面~7面までのステージ変化は、同時期の他のシューティングとは違って明確化しており、しかもそれぞれに独特の世界が展開されているのが特徴。

その中でも一番目を引いたのが「モアイ」「細胞」ではないかと思うのです。


↓グラディウスといえばモアイ
モアイラッシュ


特に「モアイ」はグラディウスにおいては代名詞ともいえる存在でしょう。

正統なシリーズでは、家庭用のVを除く全シリーズに登場し、シリーズを追う毎に、飛んでみたり、トーテムポールみたいになったり、戦艦になったりと(笑)、あらゆるモアイが手を変え品を変え登場してきました。

初めて見た時はやはりびっくりしましたね。

画面中に漂うモアイが浮いていて、それが先に行くごとにびっしりと詰まっているものだから、妙な圧迫感を感じました。

そしてそのモアイが口からイオンリングを大量に吐くものだから、なおさらの狭さを演出しています(上下からの攻撃が激しいという事が、これまでのゲームでは考えられなかったせいもあるかもしれませんが)。

このステージ、当時は本当に苦戦しました。
小学生の頃は確実にキラーポイントでありましたよ。マジで。


↓細胞&触手もお馴染み
触手もうねる


細胞系の敵も今までのゲームに比べるとあまりにも異質な存在。
触手ステージでの触手の妙な動きや、6面でのアメーバとビッグコアで無い青いボスはかなりのインパクトがあったように思いました。

これもまたシリーズ化しているために、切っても切れない関係といえるのではないでしょうか。


****************************

ビッグコアはお馴染み


そして敵の特徴もなかなか素晴らしく、前衛から砲台、ハッチからハッチザコに至るまでのアルゴリズムの細かさは他に例を見ないほどです。

中でも「ダッカー」「ジャンパー」はこれまでの敵の常識を覆しています。

「ダッカー」はしっかり自機のいる方向に狙いを定める動きが特徴で、しかもわざわざ狙いやすい位置に移動しながら弾を撃ってくる点が細かい。

当時のゲームではなかなか見られない動きだけに、復活の時はこの敵1体を破壊するだけでもかなり苦戦した覚えがあります。

個人的にそれ以上に驚いたのが「ジャンパー」という敵で、可愛らしい?外形とは裏腹に、飛び跳ねながら大量の弾幕を撒き散らすのが圧巻でした。
4面以降の放射状ばらまきには、ザコにこんなん撃たすなよ!って思いでいっぱいでありましたよ。


ダブルでフォーメーション稼ぎ


他にも、ボス格のビックコア、中型機のマザー、アイアンメイデン、ザコであるファン、ルグル、ラッシュといった面々に特徴的なアルゴリズムを持たせたのが、グラディウスの個性でもあるといえます。

ザコの名前は当時出たファミコン版の攻略本で全て覚えてましたよ(笑)


あ、ラスボスが何もしないというのもまた恒例ですね。


↓何もしません
定番。



****************************

ザブよけてます


そんな個性的なギミック満載な「グラディウス」ですが、難易度は結構高いです。
今プレイしても、なかなか1周クリアできないっていう人もいるのではないでしょうか。

個人的には3つボタンというのが難しさの一因にあると思っていますが(単純に2つ以上のボタンのシューティングが苦手な部類だから)、しかし本当の難易度の高さの原因は、やはり「復活」の異常なまでの難しさによるものだと思います。

前述のように、一度ミスしてしまうと装備を全て剥がされる仕様。
そして一定区間まで戻される、いわゆる「戻り復活」が採用されています。

しかし装備をそれなりに整えるためには、パワーカプセルを数多く取らないといけない為に、復活の場合は必然的に薄い装備で挑まないといけません。

当時のゲーマーは、グラディウスの復活に多大なエネルギーを費やしたのではないでしょうか。
最初のうちはカプセルのあまり多く出ない3面、敵の動きと敵弾の量が全般的に半端でない4面の復活が難しいかと思われます。


復活できました(4面)


ちなみに自分は4面の復活に多大な時間を要しました。
嫌らしい動きのダッカーとジャンパーの連携、あまり出てこないパワーカプセルに加え、さらにラストにはアイアンメイデン+ラッシュ地帯。

特にアイアンメイデンでの復活は連射が必要だったために、ひたすら高橋名人ばりの痙攣打ちを要した記憶があります(当時はピアノ打ちなんてできなかった)。


また、それ以外のステージでも軒並み復活は難しく、最終面の要塞内前半でミスしようものなら、残機がいくらあっても足りないほどのレベル。

カプセルも無い中でダッカーを処理していかなければならないため、ミスするとどんずべりでゲームオーバーまで持っていかれる恐ろしいポイントでした。


****************************

アイアンメイデン+ラッシュ地帯


復活の恐ろしさをまざまざと見せ付けてくれるのは、多分グラディウスの最たる特徴の一つに数えられるでしょう。
「グラディウス」を楽しむには、その独特の難しさを楽しむか否かにかかっていると思います。

つまり復活が苦痛にしかならない人にとっては、このシューティングはまず楽しめないものとしか見られないかもしれません。
まぁ、ある意味、マニアックな側面も垣間見えるので、やや敬遠されるきらいがあるのも事実でしょう。

事実、当時の近所のゲーセンではやや人付きが悪いレベルでした(近所にシューターがあまりいなかったのが大きいかも)。

名作と謳われつつも、相当やり込んだプレイヤーだという人は実はそれほどいないのではないかと思うのです。
難易度の高さがネックになっているのではないかと。


マザー母艦で稼ぎ


しかし、逆にパターン構築ができる人にとっては
「これほどすごいゲームは無い!」
と感じた方が多いのではないかと思います。

名作になった所以は、そういったパターン構築のできる人による支え、つまりグラディウスをやり込んだゲーマーの支持が多かった事に起因しているのではないかと思うわけです。

現にその当時、アーケードゲームを扱っていたゲーム雑誌の「グラディウス」の推し具合が尋常ではなかったように記憶しています(主にベーマガなど)。
他の雑誌でも、当時不良の溜り場と揶揄され続けたゲーセンのゲームの中で、「グラディウス」は事あるごとに取り上げられていたような感じでした。


それだけグラディウスはセンセーショナルな作品だったのでしょう。

ステージ構成の多彩さ、独特な敵の動き、オプションという他に例を見ない武器、復活のパターンに代表されるマニアックな要素など、そのほとんどが噛み合ったのが「グラディウス」であった、と言えるのではないかと推測されます。

今見ても、類稀なるゲーム性は見劣りがしないほど。

シリーズの大半が伝説級になれる資質というものは、初代あってのものなのでしょう。


****************************

グラディウスを一般的に広めた要因になったのは、実はアーケードよりもむしろ、家庭用のファミコン版「グラディウス」の影響があったのではないかと思うのです。

↓レッツ家庭用
ファミコン版でもザブはいまするよ


ファミコン版のアーケード版との相違点といえば


 ・レーザーの形が明らかに違う
 ・1UPや連射装備などに代表される隠し要素がある
 ・オプションが2つまでしか付かない
 ・一定条件下で発動するワープ技がある
 ・シールドが耐久力が下がった代わりに全体防御に
 ・エンディングがやや違う etc...


アーケード版グラディウスとは全然違うゲームではあったのですが、それでもアーケード版よりはプレイしやすく(シールド・ワープの存在が大きい)、当時のファミコンとしては異例のロングセラーになった記憶があります。

全然アーケードとは違うという印象があったので、ゲーマーとしての評価は分かれるかもしれませんが、それでもファミコン版グラディウスは一般のゲーマーに大きな存在感を与えた存在になり得たのではないでしょうか。


山をくぐって5000点


1面の1UPはここにありますよ



何しろ、気軽に名作が遊べるのが大きい!


自分もどちらかというと、アーケードよりも家庭用をひたすらやり込んだクチです。
当時、中古のファミコン屋さんで、2980円で置いておりました。
友人の家でやったのを皮切りにすごくやりたいと思うようになり、買った時はもうサルのように遊びほうけていましたね。

1~6周目までのエンディングの頭文字がコナミになるメッセージも見ましたし、やめられずに延々と20周ぐらい遊んだ記憶もあります。
ワープ技を使わずに4面ルートをわざとやってみたりとか(実はモアイ面は慣れるとワープしない方が難しく感じる)。

子供の頃、夜中にこっそりとやっていた中学時代の俺(笑)
当時からシューターですよ、わたし。 ワォ。

今見ると面白く感じないかもしれないけど、当時はよくやってたなぁ…


ワープしてます


メッセージの頭文字、6周分揃えると「KONAMI」


で、家庭用グラディウスが世に広めた功績といえばやはり
「コナミコマンド」
ではないでしょうか。


「上上下下左右左右BA」と入力する事で、ステージクリア回数分だけフル装備になれる隠しコマンドは、本作が初だったような気がします。

あらゆるコナミゲーム(DDRとか)に採用された他に、他社のゲームでも「メタルブラック」や「バトルガレッガ」などオマージュとして採用されるケースもあったりと、このコマンドの与えた影響は計り知れないと言えます。



そして相変わらずラスボスは何もしません(笑)


↓やっぱり何もしないよ
ちょっとは動け



****************************

グラディウスといって、さらに思い浮かべるものといえば
もちろん音楽ですね。

今やコナミの音ゲーでも、事ある毎に「グラディウス」シリーズの作品が取り上げられるほど、グラディウスと音楽は切っても切り離せない関係と言えるでしょう(最近では「麻雀格闘倶楽部」でも使われているほど…)。

初代グラディウスといえば、1面、4面の曲は特に有名な部類にあたりますが(自分の携帯も3年以上もグラ4面の曲使ってるほどだし)、アーケード版においてそれ以上に有名な曲といえば、やはり基盤から立ち上げる時に流れる曲
「Morning Music」ではないかと思うのです。


↓この画面はよく見てました
ウォーミングアップ起動音「Morning Music」



コナミのキーボードマニアにも収録されていた音楽で、もしかしたら知っている方も多いかもしれません。
当時からこの曲が非常に美しいと大絶賛で、実はグラディウス本編の曲以上に知名度が高いのではないかと推測されます。

当時、本屋兼ゲーセンに行くと、電源が立ち上がっていない筐体が何台も並んでいて、その中にあるグラディウス筐体のスイッチを自分で立ち上げて、よくこの音楽を聞いておりました。

ゲームを待ち遠しく思いながらも、99秒間1ループ半流れる音楽にやや心癒される思いに浸れる仕掛けを作るとは、グラディウスに込められた気合をより深々と感じる事ができますよ、ええ(これについては意図的ではないかもしれませんが…)。

ちなみにキーボードマニア版はラストのフェードアウトなど、ややアレンジされて収録されており、ビジュアルがアーケード基盤立ち上げのカウントダウンにノイズをかけたオマージュ嗜好。
そしてコンポーザー名が「バブルシステム」。
素晴らしい(笑)

さらに、アナザー曲としてチェンバロ風の曲も収録されているという芸の細かさ。
何でもチェンバロバージョンはX68K版の収録バージョンだとか。

自分は原曲に近いアナザー版の方が、実は好みだったりします。


****************************

2周目以降は撃ち返し必至


何はともあれ、「グラディウス」は伝説級だけに自分もすさまじいほど入れ込んだ時期がありました。

故にレビューがこれほどまでに長くなってしまったという。


アーケード版は最高で2周目7面というヘタレっぷりですが(笑)、このゲームに傾けた情熱は計り知れません。

シリーズを経るにつれて進化(時に退化)し続けるグラディウスシリーズは、続編になってもガンガン遊び続けていた作品でもあります。
続編が出る毎に特別なギミックやハイクオリティな音楽を心待ちにできるというのは、実に貴重な存在だと思いました。


そういった意味では、大いなる伝統をぶち壊してくれた「グラV」をリリースしてくれたトレジャーには多大なる期待がかかりそうですね(笑)

「VI」もハイクオリティを希望します
うん、PS3…。


****************************


<余談とか>
基盤といえば、当時のグラディウス筐体はよく
「故障中」の張り紙がしてあったのが印象深いです。

当時知っていたゲーセンの3箇所にグラディウスが置いてあったのを記憶していますが、全てのゲーセンの筐体が「故障中」だったという、笑えない事だってありました。
「故障中」になると、半月から1ヶ月は遊べなくなってしまうので、当時のガキンチョな自分はやきもきした思いがあります。

それくらいこのゲームの筐体って壊れやすいんですね。

インターネットで調べて知ったのですが、バブルシステムはバブルメモリと呼ばれてる今では考えられないほどのデリケートなメモリを搭載していて、それでよく故障が頻発していたとか。

なるほど、それで「故障中」が多かったのね、と納得したのでありました。
そう思うと、今では考えられにくいような基盤事情を思いつつ。




まだ色々言いたい事あるけど、とりあえず100夜終わり。

お疲れ様でしたー  次回は通常営業(笑)
| シューティング千夜一夜 | Comments(41) | Trackback(0) |

コメント

ゴーファーの野望

2006年11月24日(金)06:15 GALLOP! #- URL 編集
このシリーズはまさに私の青春ですw
初代を始めてプレイしたのはFC版だったのですが、その後近所のゲーセンでアーケード版が大型筐体に入っているのを見かけました。
しかし当時は小学生低学年でゲーセンへの立ち入りを禁止されていたため、ずっと外からデモ画面(珍妙なプレイ内容はいつ見ても飽きないw)や他の人のプレイを眺めているだけでしたw

ちなみにアーケード版に限りなく近い物をプレイしたのはPSのグラディウスDXパックでした。

因みに現在はPSのグラディウス外伝をやりこみ中だったりします。

今でもアーケード版が無性にやりたくなってくる・・・

2006年11月24日(金)14:38 しろっち #nmxoCd6A URL 編集
このゲーム、復活パターンがかなり熱かったからねぇ・・・

初代を小学生のころにプレイして初めて一周クリアしたときの感動は忘れられ無い思い出だったし、これがもとでグラディウスシリーズを続けてプレイすることになるし何しろ今のゲーム好き人生の元になった一つだと(もう一つはゼビウス)今でも思っています
ちなみに、過去の戦績をみると・・・・・

グラディウス(初代):2周目4面のラスト
(ここさえ抜ければ最終面まですぐだったんだが・・・)

グラディウスⅡ:2周目最終面クラブ地帯・・・
(ちなみに、4番フォースフィールトでの記録・・・・あとちょっとだったのに・・・・)

グラディウスⅢ:1周目9面キューブ100連打地帯
(唯一グラディウスシリーズで1周出来なかった汚点・・・・キューブの当たり判定と自機のやられ判定が詐欺過ぎる・・・・_/ ̄|○・・・・・ちなみに2番と4番装備(ともにフォースフィールド) )

グラディウスⅣ:2周目3面(5面の復活モアイに6面の細胞面の詐欺ギミックとボスには何度泣かされたか・・・・・ちなみに、4番フォースフィールドと6番フォースフィールド装備にて達成)

グラディウスⅤ:2周目5面(自機のやられ判定が弾幕シューの自機なみに小さくなったがブラスターキャノンコアとビーコンに何度泣かされたか・・・・2番装備(ディレクション)とエディット(2ウェイ・ティルガン・リップルレーザー・ディレクション・フォースフィールド)にて(なぜかエディット装備で結構先に進めたのは意外だった))

サラマンダ・ライフフォース:ともに3周目5面(サブⅡの撃ち返しに泣く泣く断念した記憶が・・・・)

外伝:2周目最終面(二周目に出てくるアウターリミッツが強すぎ・・・・ロードブリティッシュにて)

今サターン版のグラディウスデラックスパックとⅤを所持しているが、サラマンダもやりてぇなぁ・・・・外伝も・・・・

以上、長文失礼いたしました・・・・ペコリ

人生の伴侶です

2006年11月24日(金)22:07 SRC #POQ5NLzM URL 編集
↑自我芽生えてやり始めたゲームが
『※グラに』だった訳ではないですよw

※MSXの名作『グラディウス2』の事。
アーケードの『Ⅱ』とは全くの別物で
この数字を使ったのもこっちが先。

ちなみにこれの7面BGMは神がかってます。
(GBのネメシスの最終面でも流用)

実は基盤仕様と逢えたのはつい最近。

それでも、そこからグラ熱が再発火して
次々とコンシューマグラをかき集めてましたよ。
(その最後の収穫品が沙羅曼蛇DXパック+)

流石は名作

2006年11月25日(土)00:33 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>GALLOP!さん
そうでしたねー、ちょうどグラディウスが広まり始めていた頃のゲーセンは、混沌としていた場所だったんですよねー。

うちの場合は先生が多くない代わりに、不良がやたら多かった。
自分はカモですよ、カモ。
でも今となっては、その不良もまんまるくなっちゃうものなんですよw

デモ画面は、確かにブサイクなプレイでした。
スピード無しで火山まで行っておいて、ダブルで窮地を凌ぐも、最後はビッグコアの体当たりでズドン。
ってコントみたいなw

グラディウス外伝、PS2でやるとブラックホール面が悲惨な事になってますね。
プレステ1でやりましょうー


>しろっちさん
シリーズ通しでの戦績はボクも残していますが…

グラI…2周目7面の前半。無理。
グラII…2周目4面の火山。多分7つぐらい抜けたと思う。
グラIII…キューブ後のリザード。当時、倒し方知らなかったからなー
グラIV…6面。実はあんまりやってない。プレステ版買う予定。
グラV…ノーマルで7面のキーパーズコアが最高。まだやり込んでない。
マンダ…2周目4面あたり。やろうと思えばまだいけるかな
マンダ2…2周目2ボス。
外伝…2周目のブースト吹く奴で死亡。

かな?こんなとこ。まだ伸びる価値ありそうやね。

外伝のアウターリミッツって、もしかしてヘブンズゲートのことかしらん?


>SRCさん
グラ2とグラII。 同じようで全然違うグラディウスの常識。
MSXはあまり見てないんですが、当たり判定とかがありえないらしいですね。

基盤仕様だったら、トラタワにまだあったかな?
IとIIとIIIが横一線で並ぶ様は圧巻でした。
先週出向いたHeyも、IIIとIVが並んでましたし。

家庭用は色々やってますね。
ファミコンはIもマンダもIIもやってるし、デラパもやりました(サターン版)。

それだっ!!

2006年11月25日(土)00:55 しろっち #nmxoCd6A URL 編集
グラ外伝の2周目以降限定ボスは確かそんな名前だったな・・・・アウターリミッツってなんかボスにいたような気がしたが・・・
(なんか19XXのボスと混同しているような気がしてならないな・・・・)
ひさしぶりにデラパとサターンをひっぱってプレイしたが・・・・

グラⅠ→2周目2面のサブ地帯

グラⅡ→2周目7面ボスラッシュ手前のサブの撃ち返しを喰らい昇天
(しかし、2周目4面のパターンがうまく行ったのは久しぶりだったな・・・)

ちなみに、
グラ2(MSX版)→グェノム鑑まで行った記憶があるが・・・・はっきり覚えてない

サラマンダ(MSX版)→最終面(当然グラ2をさして行きましたが)

エピ2→これは4番装備でクリアーいたしました・・・・・しかし、難度が高かった・・・

しかし、psアンティークコレクション版のほうは難度が高かったな・・・・

そういえば、数ヶ月前に・・・

2006年11月25日(土)01:07 しろっち #nmxoCd6A URL 編集
うる星あんず氏がグラディウスのプレイをビデオに残したのがあったな・・・何処かのサイトに落ちていたのを見たが・・・

あのプレイは神だったな・・・復活パターンも芸術的だな。2周目以降の4面0速復活パターンは驚愕の一言・・・実際やってみたら残0にて抜けましたがその後の猛攻で死亡・・・

とりあえずこの映像を見て復活パターンを練習してみるか・・・・

MSX版

2006年11月25日(土)04:45 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>しろっちさん
MSX版は全くもってやった事ないですが、沙羅曼蛇とかの酷さは色々な記事見て思い知りました…
MSXまで含めると、色んな戦艦が出てきてるなーと実感。
ヴェノム艦とかアドバン艦とか…

アウターリミッツはMSX沙羅曼蛇のヴァーな奴ですね。
何で改名したんだヴァー
確かに19XXと被りそうですな。

グラのビデオは見た記憶があったけど、ヘタレな人間にはマネできませんよ。

グラVの31周ってのもすごかったなー。
ブラスターキャノンコアがひどすぎ。
なのに避けてる。 ひいぃ

2006年11月25日(土)08:56 清老頭 #HCI4rwHI URL 編集
何度かやったことあるけどね、……拙者、横シューは異常に苦手です。
よくて2週目いけるかどうかぐらい。
ファミコン版も持ってないです……。

前にも書いたが、やはり某ゲーセンの常連で、グラディウス腕クロス4時間1コインプレイのおっさんの印象が非常に強いです、これ。
とてもマネできぬ。

2006年11月25日(土)10:17 ケンソン #- URL 編集
とりあえず、100回、おめでとうございます。 グラディウス自体は、あまりプレーしなかったんですが、あのレーザーは、子供心に美しいなーって思ってましたね。
あの、世界観も美しいと思ったなー。

近所の肉屋のお兄さんが、仕事サボってずーっとプレーしていた記憶があります。

ブラスターキャノンコアは・・・・・

2006年11月25日(土)16:26 しろっち #nmxoCd6A URL 編集
まさに、岩が「降っても降ってもズンズン増える♪」ってな感じで増えていくから怖い・・・
だが高次周のブラスターキャノンコアは岩を盾にしても「焼け石に水」状態だし(機雷を大量にばらまいて破裂した敵弾にて岩を破壊してほとんど盾の意味をなさない)

まぁ、E・レーザーだとほぼ一撃で倒せるんだが避けに集中しないとほぼ岩に激突死だし(ファイアーブラスターは接近戦で勝負を付けなければならないのが玉にきず)

とりあえずはおとなしくレーザー吐いてきた所を撃ち込み撃ち込みするしか勝つ方法はない(装備と撃ち込み度によってはもう1ターン地獄を見なければならない)のでがんばってくれ・・・

2006年11月26日(日)01:25 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>清老頭さん
横スクロールは実は自分も苦手な部類ではありますね。

これって、障害物のあるゲームが多いせいなのかも。
ギリギリ寄せてミスすることが非常に多いんですねー。

しかしまぁ、クロスハンドでコンパネ扱うってのは本当にすごい。
彼にとっては、それが普段通りのスタイルだったりしてw


>ケンソンさん
賛辞のお言葉、ありがとうございます(^^;
これからもどんどん突っ走っていきますので、よろしうに。

グラはあの長く伸びるレーザーも印象的ですね。
きれいでなおかつ強い。
シリーズ経て、段々と弱くなっていくのが悲しいところではあります。

しかし肉屋の兄さんが、仕事サボってグラディウス。
兄さん、肉の塊をさばくのはそっちじゃないよw


>しろっちさん
ブラスターキャノンは、やはり隕石が全くパターンにならないので、ある意味運に任せるしかない点も結構多いですね。

2ターン目まで回ると、流石に滅入りますけれど、ボス的にはよくできていると思いますよ。
あんな弾幕の交わし方、考え付かないですから。
素直に褒めてます。 強いですが。

Eレーザー使うと
「ごおぉぉぉっつい、タイガーバズーカーじゃ!!」
って言ってしまう悲しい自分がいる。

次世代機でも

2006年11月29日(水)09:52 プッチ #tcAQ9bh6 URL 編集
アマゾンのサイトでPS3でグラディウス(仮称) が出ることが分かりました。
PS3初のシューティングとなるのでしょうか?

PS3でグラVI

2006年11月29日(水)23:16 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>プッチさん
グラVIですね。
確かに、PS3でリリース予定だったはずです。
色々なメーカーにリリース予定がなされていますが、果たして…

スクウェアだけは自重してほしいw

2006年11月30日(木)18:14 メガ炉どん #EbJqK/rI URL 編集
失礼いたします。私もグラディウスがでた当時魅了されましたが当時の自分のプレイは猿以下だったので満足に遊べずにすぐ他のゲーセンに移動された記憶があります。東京の町田に引っ越して驚異の復活をみたときは鳥肌がたちました。しかし巣鴨にもっとすごいプレイヤーがいると聞き見学にいくと…神がいました。今では懐かしい思い出です。ただグラディウスの功罪としてまともに戦えない装備で戦場に送り込まれるという最悪なシューティングの常識がついてしまったのがあると思えます。せめて最初からスピード1とミサイルぐらいはあってもよかったのでは。

神っているんだなー

2006年12月02日(土)07:06 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>メガ炉どんさん
東京に来てびっくりしたことですが、やはりシューティングの神ってのはいるものだなぁと。
しかもその神の多いこと、多いこと。
グラディウスはIIで500万行ってた人を見た時は鳥肌が立ちました。
あれはすごい。

当時は戻り復活が当たり前でしたが、今はそれを見直す向きが出ているのか、装備のある状態での復活が主流になってきていますね。

グラディウスは確かに不親切な点もあるということで、人によっては楽しめないゲームになっている点も否めない事実です。
現に途中で投げている人も自分の周りに結構いましたから。

ミサイルが初期装備にあったら、もうちょっと評価が変わっていたかもしれないですね。
僕もその辺は気になっている点ではあります(そうでないと、最終面の復活は厳しい…)

2006年12月03日(日)12:36 メガ炉どん #/rItj/Do URL 編集
K-HEXさんこんにちわです。神はいましたね。当時町田はハイスコアラーがいましたからかなり勉強になりました。しかし悪魔もいましたね。初めて二周目の逆火山までいった時の話ですが、なんとかデスまで辿り着いて戦っていると…嫌な音が…ヤツは背後からやってきて全部掻っ払っていきました。その直後デスにやられました。隙をみてやってくるヤツは悪魔です。「オプションハンター」

オプションハンター

2006年12月03日(日)16:55 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>メガ炉どんさん
どうも、こんにちわですー。
東京近辺のスコアラーには、ホントに驚かされました。グラディウス延々と続けてる人を見ると、どうしてそんなに出来るのかなーと、頭をかしげたくなる思いでいっぱいにw

先々週行った秋葉では、グラディウスIIIの2周目やってる人を見かけましたよ。
しかも7面でミスしてるにもかかわらず、復活してキューブ面やってましたから。
すごいなぁ、って。

オプションハンターだったら、先週プレイしたグラVでオプション全部取られました。
すごく狭い位置に出てこられたので、避けられない!
もちろん復活できませんでした(涙

2006年12月03日(日)21:17 メガ炉どん #/rItj/Do URL 編集
エラーになっちまった。このクソ\寒い中六時まで釣りしてました。その帰りにグラディウスをプレイしてきました。百円二プレイだったのでたっぷり遊んできましたが、ひどい有様でした。青カプセルを引き付けてとって弾は消えないのを忘れて殺されたり、ザブを左一番下でやっていれば安地だったよな気がしたんですが…あれはグラディウスⅡでしたね。しかし初代のビッグコアって威厳ありましたね。今みてもかっこいいです。

釣りはいいね

2006年12月04日(月)00:51 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>メガ炉どんさん
磯釣り行きたいなぁ。 ホント今日は寒かった。

グラIでは左下がザブ安地ではないですね。
久々に遊んで左下に潜ってアッパーくらったのは、ボクもやりました(笑)

ビッグコアは当時は格好良く見えたものです。
あのクリスタルのようなコアの質感がなんとも。

ビッグコア、今やVでザコと一緒に出て来て、クルクル回るなんて誰も思ってもみなかったでしょうなぁ。
嗚呼。

2006年12月04日(月)15:11 メガ炉どん #/rItj/Do URL 編集
K-HEXさんこんにちわです。磯釣りですか!するとチヌ、グレ、石物のどれかですか?私は鯉釣りですが、今年はまるで釣れませんでした。昨日は鮭が見られたのでまあよしとします。
しかしグラディウスⅢは恨み言を書いたら長くなりますのでこれはまた…グラディウスⅣはせめてあと五年早くリリースしてほしかったですね。正直かなりシューティングは厳しくなり始めてましたので。現在は達人をプレイすると弾を見切れないし、安地にうまくあわせられないし…正直今はかなり厳しいお年頃です。じつは春麗さんと同い年なんですよ

IIIとIVは…

2006年12月05日(火)00:20 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>メガ炉どんさん
釣りは実は2回しか行ってなかったりw
専門用語は知らなかったけど、あえて言うならチヌかなぁ。
海は寒そうだ。

グラIIIとIVはどうしても初心者殺し、というか上級者でも知らないとミスするようなトラップが多いから嫌ですよね。
そしてあのステージの長さもまた敬遠される原因なのが残念。

自分も弾を見切れなかったりすると、歳かなぁ?と思うときはありますよ。

というか、つんりーさんと同じ!
水野美紀が懐かしい今日この頃。

2006年12月05日(火)14:49 メガ炉どん #/rItj/Do URL 編集
K-HEXさんこんにちわです。昨日の夜はグラディウスⅢ・Ⅳプレイしましたが、やはり難しかったですね。しかしⅢは無駄に長い部分が多すぎです。グラⅡでは七万エブリーを十\五万エブリーに変更したりできたのだから、なんとかバージョン変更できなかったんですかね。正直三面、四面、クリスタル99地獄、ボス集合面、ラスボスのグラ、沙羅曼陀面はまったく不要です。ビギナーモードも不要だったと思いますが、たとえば砂漠→触手→植物→クリスタル→要塞前半ぐらいだったら楽しめたかも…と考えたりしました。
水野美紀さん!綺麗でしたね。あの春麗さんはよかったなぁ。

その点家庭用が親切だったり

2006年12月05日(火)21:16 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>メガ炉どんさん
どうも、こんにちわです。

IIIは、明らかに上級者の視点からでしか物を見ていなかった故に、駄作の烙印を押された感があります。
特に装備がことごとく使えない様は、見ていても酷い有様ですね(スネークオプションとか…)

3面の長さは同感。
あれがもう少し練られたポイントであったのなら、評価は変わってきたのかもしれません。

水野美紀が大女優になるなんて、今となっては思いもしないような出来事でしょう。
スピニングバードキック用のテーブルに足を乗せる様が雑誌に載ってたのを思い出します。

↓バードじゃないけど懐かしいー 美紀つんりー
http://www.youtube.com/watch?v=SeA6ytRU-Uc

遅れましたが。

2006年12月15日(金)19:24 雨門太郎 #zVpgn9mk URL 編集
少し遅れましたが、百夜突破おめでとうございます。

百夜記念でマリオンを描いてみたので、よろしければお持ち帰り下さい。

http://amakadotarou.blog54.fc2.com/blog-entry-704.html


グラディウスはFCをやっていましたが、クリアはできませんでした。
今やるとどうなるかわかりませんね。

それでは失礼します。

100やりましたよ

2006年12月16日(土)05:19 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>雨門太郎さん
ありがとうございます!
これからも頑張って良質な物からコアな物までシューティングを紹介する所存です。
早速マリオンありがとうございます(^^;
大事にお持ち帰り致しますね。

昔はクリアできなくても、何年も経つと上達してていつの間にかクリアできるゲームってのは、自分も結構多いですね。
要は経験ということで。

今更ですが・・・・・

2007年03月12日(月)01:46 しろっち #nmxoCd6A URL 編集
生まれて初めて2周目を越えることに成功いたしました・・・・(ただし、サターン版ですが)ぐらにどっとこむの攻略動画も見ましたがやはり「ザ・ベストゲーム」(新声社刊(しかし、今ではその出版社も消え失せている))を穴が開くほど見た影響だろうか・・・・・

ちなみに記録は3周目2面(3周目1面最後の復活の練習もかねて残機のほとんどを使って抜けた影響)だったが、この経験は後々思い出になるだろうな・・・・・

ここ数日ルービックキューブの6面全て揃うまで動かしていたから集中できたからなぁ・・・・さて、次は3周目を越えればエンドレスプレイヤーまであとわずかか・・・・

とりあえず疲れた・・・・・・ガクリ

おめでとうございます!

2007年03月12日(月)02:05 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>しろっちさん
素晴らしい、ようやっと2周目超えましたか!
お疲れ様でした。

2周目の撃ち返しがきっちり乗り切れれば、あとは3周目に向けて精進あるのみでございますね。

ザブ避けとかはマスターするのが結構大変なので、繰り返しプレイするのが基本になりそうですな。
3周目以降も頑張ってください。

久しぶりにグラディウス関連で・・・

2007年11月24日(土)10:38 しろっち #nmxoCd6A URL 編集
最近某ネット経由でアニメを見ているが、「スカイガールズ」という作品にグラディウスのビックバイパーが出ているのをご存じだろうか・・・・・・カラーリングはほぼ同じだしオプションまで再現・・・・さすがにタイムワープとか宇宙空間での使用不可というあたりが納得できる所。

とりあえず詳細
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA
Wikiでの詳細

http://www.konami.jp/visual/skygirls/
公式(ただしビックバイパー自体は載っていないがパイロットスーツがまんまアヌビスにでてくるランナースーツそのもの)

まぁ、見れる地域になら見る事をオススメします。

うちはどうでしょう

2007年11月25日(日)16:02 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>しろっちさん
それ以前にアニメを見ないので、何ともいえないですが(電脳コイル除く)、バイパーはたしかZOEってゲームにもいたような。

ビックバイパーはいろんな所に出張しているようですね。

横STGの模範ともいうべき存在

2009年03月15日(日)21:45 智・Ⅱ #- URL 編集
 もはや説明不要、STGの流れを作った作品だと言えるでしょうね!

 子供の頃オプションを4つ付けて、長く綺麗なレーザーを撃っていた場面を見て、「うおーーーッ、僕もやってみたいッッ!!」と思って遊んでみたものの・・・ガキの頃の能力はたかが知れていたので、オプション4つ付けることすらままならずいつしか放り投げていた記憶が・・・。結局、かなり後になってセレブ気分が味わえました・・・でも、その時の記憶があまり無い・・・。

 そんな反動からかFC版は買ってもらってからずーーーーっと遊んでいましたね。レーザーの長さはかなり違いましたが、「敵を貫通するショットが連射できる」という部分が子供心に堪らなかったようです。ワープや1UPポイントなどの要素もやってて楽しかった。6周クリアもしましたね。間違いなくSTGマニアになるのに一役買ったゲームでございます。

 3面の中型機の名前が「マザー」だったのはFC版だけでAC版は「ファランクス」だったように思うのは、私の勘違いでしょうか?

 グラV・・・まず自分で「戻り復活あり、難易度ノーマル、コナミコマンドなし、残機数デフォルトでノーコン1周する」という制約をかけてしまったが為に、とても難儀する羽目に・・・。4面で消え、5面の芋に潰され、ブラスターキャノンコアに幾度となく塵にされ、6面のバスクリンに飲み込まれ、7面はもうパズル面で発狂し・・・見事にスピンアウト。1年後、改めて制約は変えずにやり直し必死でやり込み続け、ついにノーコン1周クリア達成した時の喜びは今でも覚えていますよ!そして、「ああ、制約を変えなくて良かったなぁ」と思いましたとも。同じ条件で挑戦し続けたからこそ、味わえた達成感だと確信できますので。

 初登場からビックバイパーやビッグコア、ビッグコア戦のテーマ(アメーバ面ボスやラストにも使われているけど)は後のシリーズにも常連になり、それから色々な作品に出張していくのが感慨深いです。ゴエモンシリーズにビッグコアがボスとして出てきたのは、正直驚きましたよ。グラシリーズをやってた手前、嬉しくなりました。あ、あと甲冑姿のモアイやイオンリングを投げつけてくるラスボスもいたんですよね。

 ビックバイパーはやはりPS2の「アヌビス -ゾーン オブ ジ エンダースー」のものは外せないでしょう!戦闘機から人間形態に交互に変わることができる「変形ロボ」という設定と、前作の主人公が乗り込んでいるというなんと出来過ぎで惚れそうな設定なのか!ロボ形態の方は素直に「カッコいいな」と思えるものではありませんでしたが、それでも戦闘機形態でしっかりオプションやバリアを展開し、レーザーやリップルで猛攻を仕掛けてくるヤツを見て「あのビックバイパーと戦わなきゃダメなのか!??」といった、自分が扱っていた強力な戦闘機を相手にするプレッシャーみたいなのはありましたね(またビックバイパー戦に流れるBGMが例のビッグコアのテーマのアレンジなのも心躍るポイントです)。他にもソーラーアサルト風の3Dグラディウス(ちゃんとモアイも出てくる)が遊べたりと、グラシリーズ好きには堪らん一品でした。

 そんな事を抜きにしてもアヌビスは普通にゲームとして面白い作品ですよ。「ん?君、どこのメガテン出身??」と言いたくなるキャラまで居ますし(それのキャラデザが金子一馬氏だからねー)。

説明不要のインパクト

2009年03月17日(火)23:53 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>智・Ⅱさん
グラディウスの名作性につきましては、説明不要のインパクトですね。
小学生の頃はなけなしの金を使ってAC版を遊んでいた思い出があります。
1周クリアは感動しましたね。
その後のFC版は死ぬほど遊び倒しました。何周ぐらいしたかなー。

>ビッグコア
これもグラディウスに欠かせない一つのインパクトですね。
もうほとんどのシリーズに顔出ししていますし。
進化もまた、本機体の魅力でございますよ。

>アヌビス
この3D版は、いかにもグラって雰囲気ですね。
どちらかというとソーラーアサルトに近いものがありますか。
ソーラーアサルトは難しかったなぁ。

スクランブル以前に・・・

2010年09月22日(水)02:25 通りすがりの・・・ #- URL 編集
通りすがりにミッソ投下。

グラディウスといえばスクランブルでしょうけど、実はディフェンダーという横スクロールシューティングがあったのを知ってますか?
内容はずいぶん違うけど、影響を受けてる気がします。
実機は現存するのかな?

ディフェンダー知ってますよ

2010年09月22日(水)16:00 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>通りすがりの・・・さん
「ディフェンダー」は、ファンタジーゾーンの項でも一応取り上げていますね。
http://khex.blog42.fc2.com/blog-entry-672.html

実機は松戸のメクマンに筐体ごと置かれているのを見たことがあります。
今はどうかな?

何でもアリで、身近にあるものをキャラクターとして使ったのが良かったのかも

2011年12月05日(月)22:41 ZAKI #UpgqH2Dw URL 編集
私はFC版で1度、MSX版で1度見た程度でした・・
ただ、雑誌とかでよく出ていたなあという印象はありましたね。
(ベーマガはよく読んでましたから)
まだガキの頃でしかも、プレイはしたことが無かったので、
単純にグラフィックの綺麗さ(ビックコアとか)と
身近さ(モアイとか)に私は惹かれました。
何でシューティングにモアイが出てきて、しかも攻撃をかますんだと・・
そんなのアリかと・・

この「グラディウス」というゲーム、私の意見としては
何でもありというのがこれまでにも多くの続編や派生種の
グラディウスを生み出せたのであり、
身近にあるものをキャラとして採用したからこそ名前も覚えやすく
親しみやすく、憎悪の対象にもなりえたのでしょう。
「玉置」、「チャンチャン避け」、「ドガスの後ろ」、
「キューブラッシュ」などの安全地帯、避け技術、インチキくさい当たり判定、
難関地帯でそんな名称がつけられるのもやはりグラディウスだけ
だったかなと・・

その点で「R-TYPE」シリーズは少し劣っていたのかなと・・
特に「グラディウスⅢ」と同じ時期に発表された「R-TYPEⅡ」
はグラフィックは決して劣ってなく、難易度も互角で、
インチキくさい当たり判定はなかったのにもかかわらず、
グラディウスⅢみたいに、一般プレイヤーから非難轟々を浴びながらも、
一部のマニアには絶賛され、愛され続けるような伝説にはなれなかった
印象がありました。

コナミの中でも「グラディウスⅢ」が一番いいって人いますからね。

当時としてはオリジナリティが抜群でした

2011年12月11日(日)01:54 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>ZAKIさん
確かに何でもありでしたね。当時からすると、細胞やモアイなど、普通のシューティングには無いような異型の物体が出るだけでも奇抜に思えたものです。それらをうまくセンス良くまとめたのがグラディウスの凄み。シリーズ通じて、そのセンスを維持できているのは、賞賛に値するでしょう。

そして、攻略を見てもセンスが光っていますよね。特にIIは前作以上に奇抜なトラップ、スケールアップした仕掛け、攻略方法など、ありとあらゆる面で最先端を言っていたものになるでしょうか。IIIは難易度は爆発的に高かったですが、音楽や背景面でのクオリティや仕掛けの多彩さで評価の高さを伺える作品だと思います。

>「R-TYPE」シリーズは少し劣っていたのかなと・・

レビューを本格的にやる前までは自分もRの系譜を甘く見ていた質なのですが、R-TYPE FINAL系の動画のコメントを見るに、独自の層のニーズにはしっかりと応じている節がある印象ですね。低いのかどうかは定かではありませんが、グラディウス同様、一定の評価は確実にあると思います。あくまでIIだけでなく、家庭用ΔやFINALに目を向けてみると面白いかもしれません。

R-TYPE IIの難易度は異常ですね。赤以外はアンチアイテム扱いと言っても過言でないためか、攻略的に面白みが無いのがちょっと残念だと思います。異様に強いボスもマイナス評価の一因になるでしょう。出た当時にメーカー側が攻略雑誌掲載を拒んだ事も影響の一つと考えてもいいかもしれません。

2011年12月30日(金)00:19 MKMIM #- URL 編集
最初FC版で知ってからゲーセンで見たのですが、FC版と全然違うのに驚きましたね
当時は一周クリアまでしか出来ませんでした。2週目以降の打ち返しがキツイ
あと自機の当り判定が大きいので、弾数の割に難しいゲームだと思います
私は高次周4面の最難関地帯の復活が出来ないんですよね
レバーを左に入れて弾を避けるタイミングが掴めないです
ザブ避けと復活が安定しないので最高は4-4
私もサターン版のデラパ持ってます。初代で高次周復活の練習(周回セレクト)が出来無かったのが残念

BGMもいいですよね。空中戦のイントロ部分・4面・7面の曲がお気に入りです
朝一からゲーセンには行かなかったので、モーニングミュージックの存在は当時知りませんでした

個人的にはⅤ→Ⅲ→初代→Ⅳ=Ⅱの順番で難しいと思います
Ⅴはボスが硬すぎるんですよね……もうちょっと柔らかくても良かったのではと思います

>コナミコマンド
コレが最初でしたね。ゲームによっては自爆コマンドだったりもしますが(笑)

初代もそれなりに難しかったです

2012年01月17日(火)20:36 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>MKMKMさん
自分は逆にアケ版を知ってたクチだったので、FC版の違いには色々とうなづいた経験があります。隠し1UPや連射装備がいかにも家庭用らしいというか。

>個人的にはⅤ→Ⅲ→初代→Ⅳ=Ⅱの順番で難しいと思います
個人的に見て、IVが初代よりも難しくないというのが意外ですね。慣れるとIVも1周が狙いやすくなりますが、アドリブもそれなりに必要なため、思ってるほど簡単じゃないと思うんですね。個人的にはIIIとほぼ同等じゃないかと感じるほどでして。

地形ゲーの難しさをこれで知りました。でも面白い

2012年01月21日(土)14:23 MKMKM #SGkcU7uI URL 編集
>個人的にはIIIとほぼ同等じゃないかと感じるほどでして。
1ヶ月でクリアできたので、個人的にはですがⅢよりは簡単だと思いました
Ⅳは3番のフォトンで一気に泡を小さくできるのが分かってから、結構ラクに進めましたね
なので、当たり判定が大きい初代の方が難しいかなぁと(Ⅳは6面を抜ければさほど辛くはなかったので)
ウッカリすると自機の後ろから打たれた弾にやられてしまうんですよね

1ヶ月とはまたすごい

2012年01月22日(日)04:22 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>MKMKMさん
3ヶ月経ってもクリアに届かなかった自分としては、その腕前が素晴らしく思いますよ。流石です。3面以降でも自機を散らすポイントがかなり多めに仕込まれているので、やはりこの辺りは個人差で難しさを感じやすいのかな、とも思います。

初代はレーザーの判定の大きさに救われる形になりますね。周回はそうそうできる代物ではないですが。

メガ炉ドンへ

2012年05月08日(火)21:16 すぽんじぼぶ #Y2n9T2rA URL 編集
あなた、グラとグラⅢの違いも分からないんですか?分かってませんね、ここはグラの記事じゃないです、グラⅢの文句はグラⅢの記事だけに書いてほしいです。

それと、グラⅡにもグラⅢの文句ありますね。あれいらね。駄作でもあり蛇足でもあるのはグラⅢじゃなくてあなたのコメントですよ。小学校がらやり直してきた方がいいかもしれませんね。

不適切な書き込みはこちらから注意しますゆえ

2012年05月08日(火)21:33 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>すぽんじぼぶさん
不適切かそうでないかは管理人である私が決めることですので、いかにも管理人のように振る舞う発言はあまり好ましくないですね。メガ炉どんさんには過去に何度か諫めておりますので、コメントに関して分別はついてると思います。好みというものは人それぞれなので、こういう方もいるのか、という「心のゆとり」ぐらいは持って頂きたいです。

それよりも「小学校からやり直してきた方が~」というくだりは、赤の他人に言うにしても忌むべき言葉だと認識しておりますので、正直な話、自分はこうした言葉を平気で使っている方の感性を疑います。というわけで、今後コメント欄に書き込むことを禁止いたします。


※余りに不適切な発言だと認識しましたので、こちらのコメントは削除対象にいたします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/280-421c8d55

| HOME |

Calender

<< 2017年08月 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。