あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第120夜~ スカイランサー

スカイランサー タイトル


今回はやや古めの作品。
オルカのスカイランサーを紹介します。

かなりマイナー級の作品かも。

****************************

スカイランサー ゲーム画面その1


スカイランサー ゲーム画面その2


スカイランサーはロボットを操るスペースシューティングゲームです。
1レバーと1ボタンで主人公のロボットを操ります。

操作体系が少々変わっており、自機は中央のラインを上下にしか移動できないという、変わった仕様になっています。
その中を敵がグリグリと動き回るので、レバー左右で振り向きながら光線銃で撃ちぬくといった感じです。

ショットでもある「光線銃」は単発ではあるものの、貫通能力があり判定も結構大きめ。

ゲームは下に下にスクロールしながら、敵軍団を撃ち払うというシステムです。
敵は基本的に編隊を組んで出現しますが、その動きの中で1度だけ中央のラインを通過する時があり、この通過したところを自機であるロボットが触れたらミスになります。

敵の動きのほとんどは相当トリッキーな動きで、後半ステージにもなるとフェイントを絡めた動きまで展開してくれます。
変な意味で緊張感のあるシューティングだと言えるでしょう。

さらに高次面に進むと、複数の種別の敵が一度に登場し、通過するポイントが多くなって一気に難易度が上がります。


ステージをしばらく進むとミサイル砲台とかが出現、さらに最下層まで辿り着くとピンク色の敵ロボットが出現します。


スカイランサーボスっぽいの


このピンク色ロボットを撃ち抜けば1ステージクリアとなります。


また、3・7・11ステージと、4ステージおきにボーナスステージが発生します。
この時自機は基地の上に居座って上下の移動ができなくなりますが、敵は絶対に自機に触れる事はないので、ヒヤヒヤながらも安心設計。

左右を振り向きながら、全ての敵を光線銃で破壊できれば、パーフェクトボーナスがもらえます。

なお、本ゲームはループゲーム(だったはず)。


****************************

スカイランサー ゲーム画面その3


随分と昔のシューティング故に、記憶が曖昧な点もありますが、このゲームは自分が小学3年ぐらいの頃に良く見かけたシューティングです。

その時の印象としては、やはり敵の動きがすごかった事でしょうか。
すごく酔いそうな動きで翻弄してくれるので、こんなものが撃ち切れるのか?という思いでいっぱいでした。

少なくとも、デモ画面を見た限りではあの動きが異常に見えましたもの。

当時、最初に見た実際のプレイ画像はボーナスステージだったのですが、感想としては、敵があれだけ動いているにもかかわらず、全く当たらない事に凄さを感じたりしてました。
ボーナスステージなので当たらないのは当然なのですが、動きが相当早くて、ある種の目まぐるしさまで感じたほど。

まぁシューティングをほとんど知らない当時だったから、というのもあるかもしれません。

でも、敵の動きがダイナミックなのは事実です。


****************************

ボーナスゲームは超怖い


自機には当たりません


ゲームとしては、敵の動きは全部パターンになっているために、完全に覚えて対処型ということになります。

いわゆる「覚えゲー」にあたるのですが、このゲームに至ってはその傾向が極端で、中央のラインを敵が触れるパターンが毎回一緒なので、その通過するタイミングを全部覚えられれば、長い時間遊ぶ事ができるでしょう。

動きが嫌らしく、時折フェイント気味な動きを見せるものの、中央ラインを通過するタイミングは毎回同じ。このタイミングを全部覚えるのが、スカイランサーの攻略体系といえます。

唯一パターンになりにくいといえば、ラストのピンク色のロボットなのですが、これもある程度動き方を決めてしまってから対処できれば、楽に潰せると思います。
この敵も動きはトリッキーなので、最初はちょっと手こずるかもしれませんが。


****************************

スカイランサー ゲーム画面その4


「オルカ」といえば、東亜プランの前身として有名です。

当時、オルカはシューティング以外にも色々なゲームを出した事で有名ですが、その中には以前紹介した亜流ゼビウスと言われて久しい「イスパイアル」の他、ボートを操って渦などを避けながら人を助ける「リバーパトロール」もリリースしています(リバーパトロールの方が有名なのかも)。

また、オルカ倒産後は、セサミジャパン名義で「バスター」もリリースしています。

そういえば、「バスター」「スカイランサー」は、光線銃を発射するロボット繋がりで似通っている点もありますよね。

もしかして、スカイランサーってバスターの前作?
| シューティング千夜一夜 | Comments(8) | Trackback(0) |

コメント

そうだったのか

2007年02月22日(木)15:52 メガ炉どん #- URL 編集
オルカは東亜の前進でしたか。リバーパトロールは有名でしたがこれもオルカでしたか。
東亜のマイナー作品で「ゴークス」がありましたね。今でもたまにデモ画面の曲が蘇ります。

私も前作と睨んでいます

2007年02月22日(木)20:39 rep #S90rSSAo URL 編集
はじめまして。最近、こちらのブログを発見しました。

スカイランサーについては私もバスターの前作だと思ってます。ショットの貫通性辺りがその面影として残っていますよね。

盾の発想がどこからきたのか、バリアの発展形なのか、ライフゲージの発展形なのかというところが非常に気になっています。

これが

2007年02月22日(木)20:44 XVI #LkZag.iM URL 編集
初めてはまったゲームだったかもしれない・・・

小学生だった当時、えらくかっこいいロボットに見えて(苦笑
あの頃の脳内変換スキルはすごかったんだなぁ。

イルカ

2007年02月23日(金)00:19 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>メガ炉どんさん
そうなんですよー、東亜の前身がこのオルカなんです。
詳しくは「バスター」の紹介のところに上村さんのリンク貼ってますので、見てみましょう。

ゴークスも懐かしいですな。
特殊なコンパネが輝かしい東亜のブロック崩しでしたね。
いかにも東亜節。2Pがモンゴリアン。


>repさん
はじめまして。
当サイトはご参考になりますでしょうか。

スカイランサーのレーザーとかは確かにバスターと相通ずるところがあって興味深いところですね。
バスターになって、よりメタリックな進化を遂げてるような気がします。

盾のシステムってのはちょっと地味に見えますが、なかなか面白い点でもありますよね。
バリアとしてはちょっと頼りないところもありますけど、それでも防ぐ手段として採用したところはなかなか良い試みだと思いました。

多分バリアの発展系みたいなものでしょうか(バリアといえばフェニックスを思い出しますが)


>XVIさん
小学生の頃にハマってましたかー。
自分は同じオルカのイスパイアルの方に御執心でしたねー。

確かにあの頃のクオリティでもすごいと思ったゲームが多かった気がします。
今ではダサっぽいロボも、昔はすごいなーと思うことは、当時としては必然だったのかも。

2007年02月23日(金)10:26 138ねこ #- URL 編集
オルカが東亜の前身なのは結構マイナーな話ですね(^^)

バスターウハッ懐かしいww

その昔ベーマガでオルカ紹介された事もありましたね

バスターはよく見てました

2007年02月24日(土)02:30 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>138ねこさん
あ、マイナーでしたか、やっぱりw
バスターは小学生の頃、デイリーストアのゲーム置場でよくプレイしてました。
あの頃は全然進めなかった物ですが。

ほー、ベーマガにもオルカ紹介されてたんですね。

オルカ

2007年02月26日(月)17:23 rep #- URL 編集
まだちょっとしか見てませんけれど、かなり記事の内容が濃いので楽しませてもらっています。

余談ですがオルカは倒産後にサンダーボルト名義で「イスパイアル」なども出しています。

是非隅から隅まで見てください

2007年02月27日(火)00:03 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>repさん
お楽しみ頂いて、ありがとうございます。
結構経験論とかに基づきながら記事を書いていますので、シューティングを深く知りたい人にとって魅力的な記事にしていこうと励んでおりますゆえ。

rep様のブログもまた興味深い歴史をまとめているみたいで、こちらも結構参考にさせていただいております(機会がありましたらリンクいたします)。

そういえば、イスパイアルのタイトルの社名の箇所に「サンダーボルト」ってありましたね。
これもある意味セサミジャパンと同じような内部事情によるものでしょうか。
興味深いところですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/362-72f37285

| HOME |

Calender

<< 2017年08月 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。