あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第130夜~ P-47

P47タイトル


今回はジャレコ/NMKの「P-47」をレビューします。
案外オーソドックスなシューティングです。

****************************

P47ゲーム画面その1


P47ゲーム画面その2


米国のレシプロ機である「P-47サンダーボルト」を操り、世界大戦時の各地を転戦するというシューティングゲームです。
全8面のループ構成。

レバーと2ボタンで自機を操作します。
ボタンは1つがショット、もう1つはサブショットになっており、併用して撃つ事ができます。

ショットは正面しか飛びません。
ある程度の連射性能はあるものの、威力はそれほど強くなく、しかもパワーアップしません。
必然的にサブショットの力を借りる事になると思います。

サブショットは全部で4種類あります。

B(ボム)
 斜め下方向にゆったりと落下するボムを投下。
 地上に落ちると爆発する。
 地形のあるステージでは役に立つ武器。
E(エクスプロード)
 正面に炸裂する弾を放射する。
 炸裂前に敵に直撃させると威力大。
 大型機、小型機に対してコンスタントな強さを発揮する。
T(タレット)
 レバーを入れた方向に2WAY砲を発射。
 レバーニュートラルで斜め下方向に弾を撃ち出す。
 威力もあるので、なかなか使い勝手がいい。
M(ミサイル)
 前方に広範囲に高速のミサイルを発射する。
 最大で8本のミサイルが発射される。
 1発の威力は無いものの、ザコ系の敵には有効。



使い勝手はステージによって変わってくるので、適宜使い分けが必要になってくると思います。

これとは別にSマークのスピードアップ、あとは特定の場所を撃つと出現するエクステンドの十字架マーク(1UP)があります。
ただしスピードダウンアイテムといった類は無いので、スピードアップは取り過ぎに注意しましょう。


****************************

P47ゲーム画面その3


P47ゲーム画面その4


単純に撃って避けるだけの構成でできている「P-47」。
シューティングとしてはすごくシンプルな構成で、かなりすんなりとゲームに溶け込めるのではないかと思います。

敵のグラフィックも相当シンプルで、灰色の飛行機や戦車がメイン。
余計な色もあまり使わずに、すっきりまとまっています。

背景も余計な色を使わず、シンプルにまとめています。
空のグラデーションの使い方もそこまでしつこくなくて、ややベタ塗りに近い感じです。

見た感じだと派手さは無いものの、逆にシンプルにまとまっているおかげか、弾が見やすくなるなどのメリットも感じられます。
全体的にうるさくない印象を受けます。

独特の「渋さ」が垣間見られるシューティングといえるでしょう。


P47ゲーム画面その5


自機も敵も取り立てて派手というわけではありません。

自機に関しては、メインショットがたったの1種類でパワーアップ無し。
4種類のサブショットに関してもそれほど派手派手な攻撃でなく、申し訳程度の強さを発揮するような形です。

かといって敵の方もそこまで派手な攻撃はせず、それなりにパターンを覚えてしまえば対処できるほどのバランスに調整されています。

まぁ4ボスの戦艦ビスマルクはかなりの威圧感があるわけなのですが、それでも今のゲームに慣れていると、そこまで大した演出に見えない向きがあるかもしれないです。


P47ゲーム画面その6


敵味方共に派手派手な攻撃が無い分、地味にも見えがちなシューティングです。
ですが、そのストイックな世界観と程よいゲームバランスも相俟って、意外と長らく愛され続けたシューティングでもあるのです。

事実、自分の近くのゲーセンでも、当時は結構プレイしている人が多かったように思いました。


****************************

P47ゲーム画面その7


P47ゲーム画面その8


難易度は、前半は簡単で、後半に行くほど敵の猛攻が激しくなり、絶妙な難しさを演出しています。

決してヌルいともいえるゲームではありません。

弾は速いものと遅いものの複合、時折出現するミサイルやら中型機やら覚えないと難しい箇所は何箇所かありますが、総じてバランスとしては悪くない程度に抑えられているゲームです。

6面から先は敵の量がかなり多くなり、敵も上方や後方から容赦無く飛び交ってきて辛いです。

しかし、それでも難しさとしてはさすが後半面とも思える出来で、それなりに残機を揃えてパターンが完成されていれば抜けられるようにできています。
前半戦にエクステンドが出やすいので、余計なミスさえ無ければ後半は何とか凌げるでしょう。

敵弾はそこまで多くなくとも、徐々に難易度を高めていくゲームとしてはなかなかの優秀作ともいえます。


****************************

P47ゲーム画面その9


こうして見ていると、今現在の弾幕シューティングに代表されるような、力同士がぶつかりあうシューティングとは、また全然違う趣が見られます。

難易度的に見ても卑怯なまでに高くなくて、気楽にできるシューティングです。
味わい的には、刺激的なコーラみたいなゲームというよりは、少しずつ飲むようなお茶のようなシューティングというか(笑)

今昔問わず難しいゲームが多い中、こうしたどっしりと構えてプレイできるようなゲームは稀有な存在ではないかと思ったりします。


P47ゲーム画面その10


悪く言うと、特に目を引くような演出は無いゲームです。

それでもゲーム性さえしっかりしていればプレイしてもらえる見本のようなものだと言えるでしょう。

密かに熱い、それがP-47の最たる特徴だと思います。
下手にうるさいところがありませんから。

派手さが無いので、弾幕に慣れていると面白さを感じられないかもしれないですが…。

しかしシューターとしての血が騒ぐなら、触れても決して悪くない作品でしょう。
見かけたら、是非とも遊んでみてください。
| シューティング千夜一夜 | Comments(8) | Trackback(0) |

コメント

2007年04月06日(金)00:07 K.H #- URL 編集
うおわ、懐かしい!
かなり昔に(旧)厚木シルクでプレイしたっきりなので、内容等は覚えてないですが、
4方向レバーなのに漠然とやり込んでた記憶があります。
夕日がとても綺麗ですね。

確かに落ち着いた雰囲気のSTGってココ最近は無いですね~
システム重視や弾幕重視ばかりで、
雰囲気やストーリーを楽しめる内容のものはグレフのタイトル位です。

タターン!タタターン!と

2007年04月06日(金)05:37 XVI #LkZag.iM URL 編集
>下手にうるさいところがありませんから。
ボムの落下音はうるさかったですが(違w

画面もシステムも地味なのに、うちのほうでも割とプレイヤーが多かったですね。
丁寧にしっかり作ってある感じが好きでした。

どっしりじっくり系

2007年04月06日(金)07:00 AEG #INPDMQYs URL 編集
をゲーセンで見かけなくなってゲーセンから足が遠のいた人です。
このゲームはおっしゃるとおり地味目でしたけど、それゆえにがんばってプレーしてました。(^^;
もううろ覚えですがボスのBGMとか好きだったなあ。

地味ゆえの良さ

2007年04月06日(金)12:29 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>K.Hさん
カラーも派手目のものではなく、あえて落ち着いた色合いにしているところに好感が持てる、という人が多いみたいですね。
弾幕とか使わなくとも、シューティングとしては骨のあるゲームでした。


>XVIさん
>ボム
あ、それは確かにうるさいですがw

決して見た目が良いゲームではないですが、それでもプレイヤーが付くのはやはり根底にある熱さからなんでしょう。
個人的には5面の空中戦(特にボス前のラッシュとか)が音楽も含め好きでした。


>AEGさん
ここ最近はさらっと終わる感じのシューティングが多く、じっくり構えるタイプのゲームが少なくなってきたのは悲しい限りではあります。
逆にオペレータさんから見るとありがたい傾向にあるのですが、それでも何か寂しさを感じたりはしますよね。

音楽も密かに評価高いですね。
5面が一番好きで、あとはビスマルクのテーマも重厚でよかったです。

PCエンジン版は良くやりこみました。

2007年04月07日(土)22:30 芸夢人 #- URL 編集
 弾が見やすいし、何つっても2Dグラフィック
が懐かしい。
 なんか年代的に好感が持てるっつーか。
 弾幕系よりもこっちの方が俺は好きですね。
2はパステルカラーが目立っちゃいましたね。
 BGMは通常は伸びやか、ボス戦はあせりを
感じさせるものが多かったような・・。
 うろ覚えですが。

>どっしりじっくり系

 といえば雷電とか後は究極タイガーあたり?

Acesの弾幕を忘れない

2007年04月08日(日)03:37 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>芸夢人さん
最近の弾幕ゲーなどに代表されるシューティングに疲れた際はもってこいのゲームですね。
本当にしつこくなく、正統派の香りがするという点では賞賛に値します。

その分Acesは、色合いがカラフルになって全くの別ゲーになってしまいましたね。
というかあの鬼畜難易度の印象が強すぎてもうw

じっくりの定義は人によって違うものかもしれないですね。
人によっては弾幕ゲーがじっくりに感じるのかも。

スーチーパイは・・・

2007年08月07日(火)23:15 智・Ⅱ #- URL 編集
この作品のタイトル、P-47を中国語読みした説が有力という話を聞いたことがありますが。

にしても、渋ッ!まさしく正統派STGといえるのでしょうね。単純ながら熱くなって遊んでいた私がいました。1面からボスBGMがなかなかノリのある、それでいて面ごとに違うボスBGMが用意されているのも細かい仕事だねぇ、と感心しましたし。

そんなことが・・・

2007年08月08日(水)16:11 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>智・Ⅱさん

>P-47を中国語読みした説が有力

なんかMMRみたいな。
な、なんだってー!!!

てな

意外とオーソドックスにまとまっていて、余計な機能を排している分、今時のシューティングに対するアンチテーゼみたいなものを感じるかも。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/387-d181bf63

| HOME |

Calender

<< 2017年03月 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。