あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第138夜~ ワルキューレの伝説

ワルキューレの伝説 タイトル


第138夜。
今回はナムコの「ワルキューレの伝説」を紹介します。

新声社発行「ザ・ベストゲーム」で
1位を飾った作品ですね。

****************************

女神様に依頼され地上へ


有名な「強情なガキだ」


「黄金の種」を利用して地球を支配せんとする、悪の化身「カムーズ」を倒すべく、ワルキューレとサンドラが地上に降り立つストーリーで進行する本作。

1Pでワルキューレ、2Pでサンドラを操作。
1レバー2ボタンを使用して操作します。

ボタンはショットとジャンプに振り分けられています。

ショットボタンを押すと、ワルキューレがショットを放ちます。
基本的に、ワルキューレの向いている方向にショットが放たれます。
ショットを撃つと同時に剣(サンドラは矛)を振りますが、これには攻撃判定があり、一部の敵の攻撃を弾き返す効力があります。

ショットボタンを押しっ放しにすると、魔法の玉を持っている場合は魔法セレクトができます。
吹き出しに表示された魔法をレバー左右で選択し、ボタンを放す事で魔法を使用する事が可能です。

魔法は以下の種類があります。


 ・分身の魔法
  ステージ1で取得できる。消費魔法玉は0.5。
  ワルキューレと同じ攻撃をする分身を召還する。
  分身は一定時間で消滅。
  ワルキューレの攻撃に依存するものの、使い勝手は良い。

 ・サイクロンの魔法
  ステージ2で取得できる。消費魔法玉は0.5。
  黄色い光の渦を作り出し画面全体の敵にダメージを与える。
  使用魔力の割には非常に強力な魔法。
  メインで使うべき。

 ・ビッグの魔法
  ステージ3で取得できる。消費魔法玉は2。
  ワルキューレが巨大化し、ジャンプで地響きを起こす。
  地響きがおきている間は、画面全体の敵にダメージ。
  強力な敵が大挙している箇所ではかなり使える。

 ・竜巻の魔法
  ステージ4で取得できる。消費魔法玉は2。
  竜巻をまといながら、不規則な動きで動き回る。
  効力は体当たりで敵にダメージを与える事。
  全体的に扱い辛い部類の魔法。

 ・カメレオンの魔法
  ステージ5で取得できる。消費魔法玉は1。
  画面上にいる敵をザコキャラに変化させる。
  体力の試練、最終面などピンポイントで使える魔法。

 ・空飛ぶ魔法
  ステージ7で取得できる。消費魔法玉は2。
  一定時間空を飛ぶことが可能で、足場を無視できる。
  ただし1回しか使用する事ができない。
  魔法の中では非常に取得が困難。


なお、魔法の吹き出しが出ている間は無敵になれます。
色々な場所で使うテクニックですので、覚えておいて損はありません。
ただし、吹き出しは一定時間で消えてしまいますので注意(この時は魔法玉も半分失う)。


ワルキューレの伝説 ゲーム画面その1


ワルキューレの伝説 ゲーム画面その2


ズールのお店


ショットはアイテムでパワーアップさせることが可能。
アイテムは宝箱の中に入っている物の他、ステージ上で物売りをしている「ズール」からゴールドを消費して買い取る事ができます。

ワルキューレはアイテムを6個までストックできます。
しかし手持ちのアイテムが限界の状態で落ちているアイテムを取ると、その取ったアイテムは無効になってしまいますので、注意が必要です。

ゲーム終了まで効果が続くライフパックや魔法の本などもアイテムに含まれますので、これらを取ってクリアする場合はアイテム取得状況も考えて行動する必要があります。

ジャンプは、ふわりと緩やかな軌道を描くタイプで、ジャンプ後は一定方向に軌道を修正することができます。
後半面など、斜めジャンプや軌道修正したジャンプを駆使する箇所も多いため、あらゆる方向に飛べるようにクセをつけておく事が大事です。

以上のようにアイテムや魔法を駆使し、悪の化身「カムーズ」を撃破するのが最終目標です。
全8ステージ構成。


****************************

前作にも出てきたシーザス


分身と誘導弾の組み合わせは強力


「ワルキューレの伝説」は、ファミコン版「ワルキューレの冒険」の続編という位置付けとして登場しました。

ファミコン版の「冒険」はロールプレイングゲームという位置付けだったのですが、「伝説」では装いもあらたにシステムIIの基盤を使ったアクションゲームとして生まれ変わっております。

「冒険」のワルキューレはスペックの関係上、黒い髪のドット絵で描かれた物ですが、「伝説」に生まれ変わって、キャラクターがパッケージの「ワルキューレ」に近くなり、グラフィックの向上を肌で感じる事ができました。


オババに魔法をもらう


本を落とす緑の2ボス


この「ワルキューレの伝説」には、「冒険」のキャラクターがそこかしこに点在しており、前作へのファンサービスが散りばめられています。

「良いサンドラ」として登場したサンドラもプレイヤーキャラとして参戦。
ズールはアイテムを盗むキャラクターから、商人にクラスアップ。

「冒険」ではすごく厄介な敵キャラクター「コアクマン」も、青い髪の少女という意外な形になって登場しています(エンディングでボツイラストも表示される)。

敵キャラクターも「伝説」ではかなり具体化した形になっています。
最初に登場するタッタとフライドリルなんかがその代表。
攻撃方法が大幅に強化されたシーザス、ツインギラスも健在。

城内のロボディアン・ダダッタ・カオックの猛攻は前作ファンの大いなるアピールになってプラスに働いたのではないでしょうか(前作のダダッタはドット絵だと格好悪かった覚えが…)

そこにオリジナル要素も数多く盛り込まれ、個性豊かなアクションシューティングとして成り立っています。
キャラゲーとして、当時は引き立っていた存在になるのではないでしょうか。


****************************

ここだけ縮小する3ボスのマグマドクサス


ロボディアンのレーザーが意外に手強い


グラフィックの美しさというのは、何もキャラクターに限ったことではありません。
システムII基盤の拡大縮小機能を利用した演出がそこかしこに目立っています。

特に1・4面の「高低差の表現」がそれはそれは半端でありません。

1面の山道を登っていくところで、山の脇道から見える景色が徐々に小さくなっていって、頂上まで登ると、眼下に見えるはすさまじいほどに広がる地上の景色。

縦スクロールアクションで落下のギミックがあるゲームはそれほど多くは無いのですが、横スクロールのアクションゲームで落下してミスするよりも遥かに恐怖感を煽ってくれますね。
4面城内のスプーンで空を飛ぶシーン、滑り台から城内の入り口に降り立つシーンもまた高低差を表現した場面として印象的なシーンだと思います。

高所が苦手な人にはたまらないシューティングになるかもしれません。


↓高低差の激しい1面
高度の表現がすごい



↓スプーンで空を飛ぶ4面
スプーンで空を飛んだところ



また、グラフィックだけでなくサウンドも良質な部類にあたります。

全体的に見ると壮大な音楽がメインで、神秘的な雰囲気が漂っている出来です。
道中で流れるメインテーマから、洞窟のテーマ、黄金の種の城のテーマなど、個性的な音楽は背景に合う様に綺麗に作られていると思います。

個人的には、5面のメインテーマから夜になるにつれて音楽が変わっていく演出にシビれそうになりました。
演出としても抜群で、音楽にやられちゃいましたね(笑)

全ステージクリアの音楽も、前作「ワルキューレの冒険」のアレンジになっており、鳥肌が立つ出来です。


なお、この作品がビクターから発売されることになるゲーム音楽CD「ナムコゲームサウンドエクスプレス」の第1弾となります。
GMに影響を受けた方なら、このシリーズはもちろんご存知かと思われます。

音楽的にも評判が相当高い仕上がりになっていますね。
この高い評価のおかげで、今後も安定してサウンドエクスプレスシリーズをリリースできたと言っても過言ではないでしょう。


****************************

エレキマンの電撃を無敵技で回避


5ボスはビッグの魔法で


難易度も結構程よく、それなりの腕前があれば全面クリアも可能なレベルであります。

ただし、それができるようになるには色々とマップ・アイテムの効能などをしっかり覚える必要があり、さらに宝箱のパターンもしっかりと把握する必要があります。
これらのパターンの構築ができるようになると、ゲームとしては非常に面白くなってくるはずです。


へたれ君


氷の洞窟はなかなか難しい


当時のゲーセンを見ると「ワルキューレの伝説」はそれなりにプレイしている人は多くても、深くまでプレイしている人はそんなにいなかったような気がしています。

リリース当時を思い出すと、ノーコンティニューで7面の北の大地まで行けてた人は自分は1人しか見た事がありません。
それ以外は大概は2~3面止まりで、連コインでそこそこのステージまで進んでいるのを見たぐらいでしょうか。

自分自身、その7面まで行けてた人のプレイを見て「このゲームはちゃんと考えて進めば先のステージを見られるんだな」と感じた物ですが、これを見なかったら多分ワルキューレの世界を深く知る事も無かったと思います。


スノーバードはサイクロン連発が有効


このゲームにおいてちょっとまずかったのは「とっつき」という点においてでしょうか。

当時は情報が本当に少なかったんですよね。
自分が攻略を始めた時も、とにかく何もかもが手探り状態で、ステージのマップ構成からアイテムの効能などに関しても、色々と試してみてやっとわかるといった感じで。

ワルキューレの性能を覚えるところからが始まりですよ。
ショットはともかく、槍などを剣で弾き返せるのを知ったのは、プレイしてかなり経ってからだったのを記憶しています。

取っても有効でないアイテムがあったりとか、アイテムが一定個数以上ストックできない事とか、あと魔法吹き出しの無敵技とか、ジャンプの制御ができないとクリアできないポイントとか。

楽しむ上で、覚える事は結構あります。


7面ではジャンプテクが試される


体力の試練でカメレオンの術


こうやって徐々に覚えていく事で全ステージクリアへの道が開けていくのですが、いかんせん情報量の少なさには泣かされた覚えがあります。

インストカードを見ても、書いてあるのは一部の魔法の種類と操作体系ぐらい。
最低限のアイテムの効能とか魔法の効能とかは全然書いていないんですよね。
剣で一部の攻撃を弾く事も全く書いていないですし。

これが逆に初心者の敷居を高めてしまっている遠因になっているような気がしています。

やり込まないとわからない当ゲームですが、まともにプレイしてる人がステージ2~3まで行っておいてやり込まないあたり、訳が分からずに序盤で諦めている人が多かったのではないかと。

それを考えると何か勿体無い部分があったような気がしています。
逆に北の大地(7面)まで安定して行けるようになると、急激に面白くなるのですが。


****************************

なぞなぞは落ち着けば簡単


最終面の猛攻


色々と覚える事は多いのですが、戦略的に遊ぶアクションシューティングとしては比較的良質な部類です。

根気強くプレイすれば必ず1コインクリアできますので、頑張ってみましょう。


****************************

黄金の種を手に取るワルキューレ


ワルキューレシリーズは様々なハードでシリーズ展開の著しかった作品という事で、印象に残っている方もいるのではないかと思います。

考えてみればその当時は「ナムコギャル」が流行った時期で、ゲーメストの増刊号である「ギャルズアイランド2」では人気投票でワルキューレが1位を獲得していたりします。

キャラクターとしてもとても立っていますので、人気も比較的頷ける話です。

最初にも言ってますが、同新声社の増刊「ザ・ベストゲーム」でも1位を獲得しているところを見ると、ゲーメストの読者内におけるワルキューレの人気っぷりが伺えると思います。

また2P側のサンドラもその恩恵に乗っかっており、SFCの「サンドラの冒険」という単独主役のゲームになったりもしています(激ムズらしいですが)。


砕け散る黄金の鎧


他にも、作画を担当した冨士宏さんの功績も比較的大きい気がしますね。
ゲームでは同じナムコの「トイポップ」「バベルの塔」のキャラデザも行っていた方です。

氏の描くキャラクターや世界観は不思議な世界のものが多く、個人的にはNGに連載されていた「迷廊館のチャナ」には強烈な印象が残った記憶があります。
コミックゲーメストにも「城物語」を連載していたりしていました。


オーロラのベール


また、ワルキューレ関係の物が別の作品で登場していたりもします。

ナムコのオンラインゲーム「ドルアーガオンライン」の主人公の一人として登場したのが比較的最近の話になります。
あと、ナムコの「アイドルマスター」なんかではワルキューレのコスチュームとかも選べたりしていますね。


こうしたキャラゲーという側面と、攻略ゲーという側面を兼ね備えている結果が名作の一つとして語り継がれている所以だと思うのですが、どうでしょう。


ラスボスの「カムーズ」


ちなみに「ワルキューレの伝説」自体は「ナムコミュージアムVol.5」にも収録されています(微妙に違いがあるようですが、普通に遊ぶ分には完璧)。


↓最後はコアクマンで締め。
3面で助けるコアクマン



エンディングで見られるボツデモ




★参考リンク
「ワルキューレの伝説」精霊フルコンプALLの動画


(以上、厚木のとあるSTG好き日記より)



※エンディングの精霊出現(一つにつき10万点ボーナス)の条件

光の精霊・・・スコアが22万点以上
 普通にノーコンティニュー達成できれば余裕で可能。

地の精霊・・・ライフを4つ残す
 かなり厳しい条件。最終面の余計なダメージが命取り。

光の精霊・・・ゴールドが7000以上
 6面の手持ちが少なくても最終面で買い物しなければ行ける筈。

水の精霊・・・空飛ぶ魔法以外の全ての魔法の取得
 魔法の取れる場所さえわかればいいので、比較的簡単。



ノーコンティニューだと地の精霊が鬼門。
最終面がかなり厳しいですね。


↓惜しいところで10万落ち。
精霊3つ出し

| シューティング千夜一夜 | Comments(41) | Trackback(1) |

コメント

画像は綺麗でしたが……

2007年05月05日(土)21:11 キツネ #JEuQDqWI URL 編集
上手い人がプレイしているのを後ろから見ると、綺麗なグラフィックだなぁ、面白そうなストーリーだなぁ~と実感してはいたものの、やはり攻略情報が無いので避けていた記憶があります。剣で弾き返すっていうのは今初めて知りました(笑)。

あと「メルヘンメイズ」が落ちそうで怖くて集中出来なかった性分なので、もう足場が狭くなってくると冷静さを失ってしまうのも……

確かにとっつき悪し

2007年05月05日(土)21:57 SG-TOM #mQop/nM. URL 編集
リアルタイムでとっつけなかったクチです。爽快感に乏しいもっさりした操作感覚が、天然系の僕にはつらかったですねー。音楽は良かったんだけど。体じゃなくて頭で覚えないと楽しくならないゲームも、当時のナムコには伝統的に多かったですよね。

情報が少ないですから

2007年05月05日(土)21:58 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>キツネさん
攻略情報がほとんど無い状態のプレイだと、先に進む事すらままなりませんでしたよね。
最低限の情報でもあれば、もう少しインカムを伸ばせたかもしれません。

メルヘンメイズも高所が舞台になってるから、高所が苦手な方にはたまらない作品になるかもしれないですね。
足場に乗り移るのがすごく怖いのはわかります。


>SG-TOMさん 
素材はすごくいいんですが、やはりプレイするにあたっての情報不足は痛かったと感じます。
自分が攻略した際も完全に手探り状態で、クリアまでにはかなりの時間を要した覚えがあります。

アクションシューティングとしては、もっさり感があるのは概ね同意です。
全体的にゆらっとしていますよね。

魔法セレクト中の無敵にはかなり助けられたなぁ・・・・

2007年05月06日(日)00:23 しろっち #nmxoCd6A URL 編集
一応1コインクリアーしたことはありますが、たったの1度しかないんだよなぁ・・・・とりあえずは永遠の剣は取らないとかなりキツイ場合もあるが、爆弾にはラスボスのカームズを倒すのに一役買ったからなぁ・・・(逃げ回りながら爆弾を置いていく感じで当てると意外と何とかなった記憶があるが(誘導弾のほうが楽な場合があるけどね))ゲーメストでさえかなり最初の号(34号と35号)で攻略記事があったなぁ・・・・

永遠は無くてもいいですが

2007年05月06日(日)00:46 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>しろっちさん
永遠の剣は保険、というわけでは無いけど必ず取ってたりします。
アイテムのパターンさえ確立できれば特にいらないんですけどね。
要は無駄弾さえ抑えればいいわけで。

爆弾は数が少ない分、あらゆる場所で役に立つ武器ですね。
多分誘導弾以上に使える武器ではないかと。
ロボディアンを全滅させるにはかなり役に立ちます。

参考になったでしょうか?

2007年05月06日(日)02:26 K.H #FoGoijMs URL 編集
思えばタイムリーな動画アップでしたね。
ライフ4残しは自分でも初めてだったかもしれません。
ビッグ爆弾ゴブリンをスルーできたのが大きかったです。
被弾でライフ1削られますから。
地球内部はとにかくスルーゼモー。


3Wayと爆弾さえあれば他はいらない、っていうのは自分だけでしょうか?
3Wayは序盤の主力で、判定・弾数ともに優秀。
爆弾は弾数が少ないとはいえ、丸太も一発で纏めて壊せる威力と判定を持ってるし、雷雲も唯一倒せますし。
逆に誘導弾と貫通弾は使いません。
威力に信頼性が持てないので、体当たりの原因になってしまいます。


まぁ、概論はこれくらいにして、
敷居に関しては見た目に反して確かに高いですね。

宝箱3個出し、エレキマンは画面上部に隠れてビッグの術、スノーバードは台座に立って竜巻の術、256発使用の3Way、体力の試練でカメレオンの術、カムーズは竜巻のままデモに入れば無敵(AC限定)などなど、
知ってると知らないでは難易度に雲泥の差が出ますからねぇ。

そうであっても、
これだけ多くの人に愛されているということが、作品自体の完成度の高さを物語ってます。
最終面の地球内部は酷い有様ですがねw

ナムコクロスカプコンにも登場していました。

2007年05月06日(日)09:30 妙島浩文 #gS/xbSlc URL 編集
おはようございます、妙島浩文です。
私もこのゲームをやった事があるんですが、
動く台に飛び移れなくて、一面すらクリアできなかったのでした。
本当に高所恐怖症お断りって感じでしたねえ・・・。
といったとこで、当の彼女をはじめ、
クリノ、サビーヌ、カムーズなんかといったこのゲームのシリーズの重要な面々は、
ナムコクロスカプコンに登場していたりします。

自分も

2007年05月06日(日)10:51 marukomu #- URL 編集
ゲーセンで2,3面の口で・・・・
たまに今もMAMEでプレイしますよ。
あとMSX2にてワルキューレの
冒険2が発売予定でいつのまにか
発売中止になった経緯をよく知らないので
知っていたらゼヒ。

慣れてしまうとパターンが作れるのが最大の利点

2007年05月06日(日)12:41 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>K.Hさん
先週リアルで会った時に言ってたやつですよw
というか、構想は2週間以上前からあったんですけどね。

動画のライフ4つ残しは、本当に際どい中での達成でありますね。
最終面はホノーリアンの体当たりや爆風でライフ1個失うから、かなり慎重にならざるを得ないのが辛いところです。
あとはカムーズで強力な武器を使えればなおよしといったところでしょうか。

全般を通してみると、パターンが自分とは違うところがなかなか面白かったです。
確かに3WAYをメインにしていましたよね。
自分の場合だと、その場その場にあった武器にしながらプレイしています。
ステージによっては誘導弾やワイドショットもまんべんなく使いますね。
ワイドショットだと立ったままでロボディアンの頭を壊せますし。
ただ貫通弾はアンチアイテムになりますかw

あと6ボスは自分はサイクロン連発の無敵技利用で倒してます。
こっちの方が空飛ぶ魔法を取って魔法を回復させる必要が無いのでw
まぁ千差万別なプレイができるのが利点なのは間違いないようでありますよ。


>妙島浩文さん
おはようございます。K-HEXです。
このゲームは1面からジャンプアクションを要求してきますから、そのあたりの感覚が難しいとなかなかとっつけないゲームではありますね。
あの高度差表現はすごいと思います。

最初「クリノ」って誰かと思いましたが、サンドラが「クリノ・サンドラ」ってフルネームになっていたんですね。
コアクマンも本名に「サビーヌ」って付いてたのがなかなか面白いです。
クロスカプコンではサビーヌはCVが川澄綾子でしたねw


>marukomuさん
何故かこのゲームにいたってはゲーセンでの遭遇率が高いと思ってるのは自分だけでしょうか。
ちょっと前に秋葉原のレジャランに行った時も置いてありましたし(ライフ5設定だった)

「ワルキューレの冒険2」はコンパイルのディスクステーションか何かで宣伝していたような気がします。
ただ、発売中止の経緯まではわかりません。
申し訳ないです。

2007年05月06日(日)13:05 rarabo #- URL 編集
最大の謎・・結局パンツは、はいていたのでしょうか?「黄金の種」を求めるプレーヤーよりも、こっちの方が気になるプレーヤーが多かったのでは?(笑)

NGとの遭遇

2007年05月06日(日)17:31 白の字 #- URL 編集
そのきっかけになったゲームにして
私のゲーマー人生の原点となった
ゲームであります。
今でも見かけたら必ずやるゲームです。

精霊4人+全ラウンドクリアパターンを
覚えてますが
そこからワンポイント的に。

・5面ボスの氷壁は
 ビッグの術で瞬殺できます。
 (リセットに注意)

・2面のサイクロンの術をもらったら
 左上ジャンプで近道できます。
 (ライフ減りますけど)
 
・最終面のデーモンは
 画面下を迂回する感じで移動すると
 出さずに通過できます
(タロスに注意)

・エレキマンの地を這う電撃は
 カーペットの上には届きません。


音楽は千住明さんの
アレンジ版CD持ってます。
画集付きで。
(もちろんオリジナル版もですけど)

ワルキューレは
ミクシィの日記でも描いたのですが
おそらくアナログで
一番描いたキャラです。

もう今はナムコに
バンダイというパイプ役ができたので
東映さんに映像作品化希望なのです。
おそらくは実写なら『仮面ライダー』
アニメなら『プリキュア』みたいに
なりそうだなぁ。

2007年05月06日(日)20:07 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>raraboさん
いやー、冒険のパッケージのスリットには子供心に刺激の強かったアレで…
黄金の種よりも黄金のおみ足を求める、エロクオリティ。
多分「はいてない」と思いますよw


>白の字さん
色々と攻略書いて下さってありがとうございます(^^;

2ボスのショートカットはK.Hさんのプレイでも実践されていますね。
アレ見るまで自分は知らなかったんですよ。
火の玉の転がる場所は、正攻法で誘導弾+分身を使ってましたね。

ワルキューレは今後あらゆる場所で展開するかもしれないですが、映像(アニメ)化されるとどうなるでしょう。
案外期待しちゃいますよね。

2007年05月07日(月)08:03 138ねこ #- URL 編集
武器を跳ね返す事ができることを書いてない・・
自分はそれでもいいと思います
偶然それを見つけたりするのもゲーム楽しむ上で必要かと・・
特にドルアーガなんてそれの極点的ゲームですしねw

今ではインターネットがあるからこういうのもすぐ分かるけど
当時は電話や伝言しかなくしかも結構内密的だったりして・・
ハイスコアーに関連してきますからねー

アルゴスの戦士やスターフォースは予言書という謎解きで100万点ボーナスがありましたね
最近はそういうのがなくて別の意味で面白くないです
撃って避けるだけよりもなにか一つでも謎めいた物があれば・・

よく見かけるワルキューレ?

2007年05月07日(月)09:57 プッチ #tcAQ9bh6 URL 編集
私はワルキューレを(ゲームでは)
「なりきりダンジョン2」と「なりきりダンジョン3」でしか見たことがありません・・・。本人が出演するのはもちろんキャロのなりきり衣装にも出てきます。

2007年05月07日(月)19:52 * #2x.LPFvg URL 編集
ゲーム自体は2面止まりでしたが、初めて買ったサントラがワル伝でした。

なので、初期ロットは後期ロットより定価が100円安い(1400円)とか、アイテムをもらえるイベントでの効果音
「ぴかーん てーてれれれってれー」が収録されてないとか、どーでも良いチョイネタばかり覚えてます。

他にはオーケストラ版買って激しくガッカリしたとか、結局PC版「ローザの冒険」買ってないとか、やっぱりどーでも良い話になっちゃいますねw

謎が多いからこそいいゲームもありますね

2007年05月08日(火)00:23 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>138ねこさん
確かに自分がやった時も、槍を剣で弾く事が出来て急に楽しくなった事を思い出しましたよ。
3面の狭いスペースの中で槍を投げられてどうやって避けるんだと思ったら、剣で弾いてる人を見てから、それからですね。4面まで安定して行けるようになったのは。

謎の部分があるゲームも近年は少なくなってくる傾向にありますね。
時代に即していないのだと思いますが、これはこれで寂しかったりするのもまた事実。

シューティングで謎要素を存分に盛り込んだゲームといえば「バトルガレッガ」でしょう。
様々な謎要素を盛り込む事で成功した一つのゲームだと思っています。
ゲーメスト見ながら、あの時は必死だった思い出が。


>プッチさん
アイマスだけでなく、なりきりダンジョンのコスプレにもワルキューレがあるんですね。
ワルキューレはゲームが出た当時はナムコギャルの最先端的存在だったのですよ。

だからこそギャルアイでも強かったんですねー。


>*さん
はじめまして(かな?)

ワルキューレの伝説は音楽の側面からしても、ハイクオリティな作品でございました。
効果音一つとっても印象的な音が実にいい感じで。

ワルキューレはあらゆるメディアに展開されていますね。
ローザの冒険もある意味ワルキューレスピンオフ企画だったような。

ブラックワルキューレの存在もまた、際立っておりました。

ワルキ

2007年05月11日(金)00:02 Lib #mQop/nM. URL 編集
遅いGWを少し過ごしていました~取り貯めていた
金田一や0080、08MS小隊、らき☆すた等を見て過ごしたりしてました…

 …普段と代りばえしねぇ!!こんばんわ。

ワルキューレは当時やっている人が多く、いやでも人のプレイを見る状況でした。結構、苦労せずクリアーしたような気が。…美化されてる可能性もありますが(w

ちなみにサンドラの~は非常に厳しく、むしろこっちのが大変だった気がします。
 そういえばキャリバーのキャラもワルキューレコスがあった気がします。家庭用のみだっけ?

こんばんわ

2007年05月12日(土)11:11 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>Libさん
まだ朝ですがw

当時うちの近くのワルキューレは、ほとんど自分の専用台になっているといった感じでした。
場所によっては盛り上がってる所もあるやもしれませんね。

サンドラの難易度の高さは聞いています。
ナムコは何を思ったか、時々家庭用で激ムズゲーを出す事があるから油断なりませんでしたね。

サンドラは緑色で武闘派な神の信者が特徴なんだそうな

2007年05月12日(土)22:44 清老頭 #HCI4rwHI URL 編集
PCE版持ってますが、クリアしてません。
……難しいです、これ。
アーケード版もやる人は多かったですが、クリアした人は見たことない。
むー、久しぶりにやってみるかな。

プッチさんはワルキューレをなりきりダンジョン2と3で見たとありますが、1にもあります。
ワルキューレの衣装とサンドラの衣装。
着た時に使える技が分身の術(2回攻撃)、ハートの器(HP回復)、サイクロン(風魔法)……そのまんま。
なりきりダンジョン1はかなりマニアックな衣装が多くて面白いです。
アチャとピノ、クロービズ、平景清、平八、ワンダーモモ、ギルとカイ、パックマンなど。
わけわからんのがグロブダーとバキュラ……かなり無理な格好になります。
ちなみになりきりダンジョン1も相当難しいです。
正攻法だとレベル80(限界レベルは99)あってもクリアできるかどうか謎なくらい……。

なかなかクリア画面を見ませんね

2007年05月12日(土)23:44 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>清老頭さん
PCE版とアーケード版とはちょっと違うのでしょうか。
アーケード版をクリアできる人って、こちらでも見た事ありませんね。
全部自力でプレイしてエンディング見た頃が懐かしいっすよ。

なりきりダンジョンのコスプレはすごいですねー。
グロブダーとバキュラて。

グロブダーだとやわらか戦車みたいに地を這いつくばっている衣装みたいなんでしょうけど、バキュラだとぬりかべみたいになっちゃいますねw

カムーズ強いよエンジン版

2007年05月17日(木)00:16 なっつん #RYZxFTU. URL 編集
基板の入れ替えを防ぐ為、行きつけのゲーセンで毎日貢いでた頃が懐かしい……
にしても、この記事読むまでワルQがシューティングの範疇に入るとは認識してませんでした(汗

PCエンジン版は、KLAXと一緒に発売日買いしたのを今でも覚えてます。
出来の方は「遊べないほどではない」んですが、アーケード版より難しく、テンポも悪いんですよねー。
オリジナル敵のブラックワルキューレがいい味出してるんで、そこら辺は評価できますが。
KLAXが完璧移植だっただけに、ワルキューレの落差が目立っちゃうんですよね……
せめてCD-ROMだったらサントラ代わりに使えただろうに、Hu-カードだし。
逆に言えば、Hu-カードであれだけ表現できれば上等とも思えます。
ナムコは「本体以外の装置が必要なソフトはリリースしない」メーカーですから、CD-ROMで発売される可能性は元々0なんですけどネ……

SFCのサンドラって、クリアできる人居るんでしょうか……?
ロックマンどころじゃない難易度に、クリアを断念した辛い思い出しかないです。

公平さんは「でも、私は好きですよ」とフォロー入れてくれました

2007年05月17日(木)00:31 もり3 #- URL 編集
幸いクリアしてる人が何人もいたので、
つまった所は他のプレイヤーを見て覚えクリアしました。
(横に置いてたカダッシュの方が、クリアに苦労した?)

昔、某ゲームラジオ番組のゲストに田中公平さんが来られ
小生がリクエストした「ワルキューレの伝説」が採用されたのですが
公平さんは「ある意味度胸あるなwこの曲」とおっしゃられ
当時は、非常にショック受けた思い出がありますw
「ソウルブレイダー」byタケカワユキヒデとか「MOTHER」のポリアンナとかは褒めてました
(この回は「あなたの心に残るゲームミュージック」特集でした)

作曲家が聞くとアレかも知れませんが
個人的には、ゲームゲームしてる曲の方が好きなもんで。

ザ・クエスト・オブ・カイ25面の宝取れた人いるの?(挫折)

2007年05月17日(木)20:52 もり3 #- URL 編集
>SFCのサンドラって、クリアできる人居るんでしょうか……?

一応クリアしました。
(最後の方が、非常にツラかった記憶が…)

個人的にはザ・クエスト・オブ・カイ120面クリアの方がキツかった。

エンディングのドルアーガのエンドBGMに合わせて
「ゲームは ナムコ~」見た瞬間力尽きた…

2007年05月17日(木)21:57 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>なっつんさん
まぁワルキューレも一応弾撃ちますしw
ワル伝は結構思い入れが強かった方なので、いつか紹介しようとは思っておりました。

KLAXもやってましたねー。正攻法でやろうとすると詰んだ展開が非常に多いゲームでした…
ビッグX作りはなかなか面白かったですけど。

PCエンジンはゲーム性が全然違うんですね。
そういえばブラックワルキューレの初出はPCエンジンでしたよね。
ブラックもドルアーガオンラインに出てくる様なので、これからのワルキューレ作品には欠かせないものになるかも。

サンドラの冒険の難しさは結構すごいらしいですね。
この難易度が鉄拳5のデビルウィズインに受け継がれてると思うと、興味深いですw


>もり3さん
本来ゲームミュージックのアーケード系は認知度低い傾向にあるから、それこそ冒険だった事でしょう。
それをうまく誉めた田中公平さんは流石だと思いますよ。

今では作曲家がゲーム音楽に積極的に絡んでくる傾向もありますよね。
それでもアーケードは相変わらずのマイノリティっぷりですが(でもそれがいいのかも)

クエストオブカイはアーケードのvs筐体に入ってるやつをプレイした事がありますが、すんごく難しいですよ、アレ。
一種のパズルみたいな感覚でした。

カイはすごい好きでしたけどw

知力の試練って受けた記憶がありません

2007年05月20日(日)03:33 なっつん #RYZxFTU. URL 編集
 リンク先の動画に触発されて、二日ほどやりこんでました。
自分とは攻略内容がかなり違う動画だったので、かなり励みになりました。
ウチの地元だけかもしれませんが、ワルQって誰がプレーしても進行ルートや攻略パターンがほとんど一緒だったんですよ。
現にワタシも、1コインクリアーできるようになってからは同じプロセスでしか遊んで無かったですし。
それで今回は動画に張り合って、「アップ系アイテム無しで精霊4体」を目標に攻略パターンを再構築。
(ワタシの従来の攻略パターンはハート×2、本×2、爆弾メイン使用のチキン仕様)

……約20年ぶりの大改革です(笑
改めて色々な発見も出来、実り多い二日間でした。
つくづく感じたのは、ゆとりと言うか幅と言うか、プレイヤーの裁量でどうとでもなる部分が大きいということ。
SFCサンドラとは真逆ですね(笑

 今回のことで、より一層ワルQを好きになれました。
管理人様と動画のプレーヤーの方に感謝です。
……細かいツッコミですが、ジーザスじゃなくってシーザスだったと思います。

知力は2回ほどやりました

2007年05月20日(日)21:26 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>なっつんさん
体力の試練がハートが増えるのを知ってから、知力やってないですねー。
ちなみに最初にマンモスに来た時にやったのが知力の試練でした。

このゲームは人によって色々と攻略法が違ってくるのが面白いですね。
自分は2面で本、5面でハートと本を取って、あとは永遠の剣と武器で埋めるといった形です。
ハートは体力の試練で上限超えするから、1個だけに抑えてますね。

ここの攻略法とK.Hさんの攻略ビデオがご参考になれば、それは本当にうれしい事です。
ありがとうございます。

あとジーザスはシーザスですね。
これは訂正致します(^^;

今日初めて、女の子が自力でお礼を言いに来ることに気付きました

2007年05月22日(火)19:05 なっつん #RYZxFTU. URL 編集
 シューティングを頑張るはずだったのに、ワルQ研究が未だ楽しくって他のゲームに手が回りません(笑
最近になってようやく、運がいいと1コインクリアできるようになったダライアス(初代)が自分の中で面白くなってきたところだったのに、研究始めてからサッパリです。
戻ったらピラニア辺りにコケにされそうな気配が濃厚です。

ともあれ、やりこむほどに新事実が次々と出てくるので、検証が追いつかないほどです。
資料として攻略サイトとか無いかぐぐってみたんですが、予想に反してほとんど見当たりませんでした。
これはPCエンジン版も同様だったのですが、どちらかと言えば万人向けで難易度もそう高くないと認識されている作品なので、わざわざ作る必要も無いと思われてるんでしょうかねェ?
……といった風なので、現在は自力で調べ上げたモノをだらだらとhtmlファイルに殴り書きしてます。
そこで気付くのですが、文章にして纏めるのって難しいですね。
中々上手くいきません。

自分のことばっかり書いてもアレなんで、ワルQの思い出話でも。
このゲームには新旧二つのバージョンがあるのは有名なのですが、ワルQ以前のナムコゲームのバージョン違いと比べると、差が小さすぎて区別が付きません。
それでも誰でも気付く大きな違いがステージ3(洞窟)のBGMでした。
旧バージョンは、この曲だけドラムパートの音量が序々に大きくなるんですよねー。
ダンジョンを踏破している!というワクワク感と、段々バランスがおかしくなるBGMが妙にマッチして何とも言えない高揚感を演出していました。
その後、新バージョンが出回ってBGMバランスも普通になり、ワタシはステージ3をプレーする度に少し寂しく感じるようになりました。
旧バージョンには「魔法を習得した際のMP回復は、端数切捨て」というバグ?が存在していたので、新バージョンになって改善されたのは嬉しいことなんですが、BGMの件だけはそのまま残して欲しかったなァ……
CDやサウンドテストで聞く分には普通どおりがいいんですけど(笑

ワルQは面白いですから

2007年05月22日(火)21:58 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>なっつんさん
一つのゲームに没頭すると、他のゲームが下手くそになる事って、よくありますよね。
自分も結構色々なゲームで体感していますし。

ワルキューレの伝説ってあまり攻略法とかが見当たらないですよね。
簡単でやらないだけなのか、それともやろうとする気がないだけなのか定かではないですが、やり込めば良作の域に入る作品だと思うので、ちょっともったいない気がします。
もしhtmlに書くのであれば、支援しますよw

>旧バージョンは、この曲だけドラムパートの音量が序々に大きくなる

自分自身、旧Verか新Verか意識せずにやっていた方なのですが、最初に見たゲーセンは3面のドラムパートがやたら大きな音になっていたので、旧Verということなんですね。
CDで突然デカくなると驚きますよねw

管理人のみ閲覧できます

2007年05月25日(金)22:58  #  編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます

マイブームは「サンドラの冒険」

2007年05月25日(金)23:27 なっつん #RYZxFTU. URL 編集
 表題は、SFC版ではなく「サンドラでプレー」するのがマイブーム、ということです。
ワルキューレとは少々違うプレー感覚が楽しいのですが、相方がいないために、毎回スタート直後に戦女神さまに天にお帰りになってもらってます(汗
家庭用機だからいいんですけど、ゲーセンだったらプレーの度に1クレジット無駄になってたかと思うと……
この辺りは、ソニックウイングスなどを見習って欲しかったなぁ

プチ情報(というか、昨日気付いた)ですが、2人プレー時は、敵が落とすお金のレートが倍になってたり、精霊ボーナスの条件が緩和されたりします

なるほど

2007年05月25日(金)23:50 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>なっつんさん
サンドラでのプレイだとまた違った感覚でプレイできるかもしれないですね。
別々にプレイできたらいいんですけどねー。
コットンの2周目みたいな。

そういえば出る2人用はお金がゴージャスになってますね。


>#さん
ここは別にしてみましょうかw

基本的には自力で調べるのがありがたいのですが、最初のうちは右往左往でわからないと思いますので、徐々に慣れてもらうのが本来の道だと思いますね。
こういうブログを書くのも、ひとえに経験の成せる業。もう自分なんかホームページ立てて5年目突入になってますし。
自分だって最初は何もわからなかったので、それはそれはすごいホームページになってましたし。

そんな自分のアドバイスとしては…
ホームページにするのでしたら、フリースペースを活用するのがいいかもしれません。
今ならば自分の加入しているFC2が1メガでホームページを提供しています。
もしかしたら、他に良いスペースがあるかもしれませんが、これはグーグルで
「ホームページ 作り方」などと検索を入れてみると良いでしょう。

まずはわからなくても動くことは重要だと思います。
アドバイスになってるかわかりませんが、こんなとこかも?

動画に関しては、自分もまだまだ勉強中なので、何ともいえません。
あえて言うなら、お金を惜しまない事になるのかしら?アドバイスにもなってないw
豆なら「カハマルカの瞳」というツールが有効かも。


★参考ツール
http://www.forest.impress.co.jp/lib/

まぁ色々と探してみてください。
画像ツールの「Irfanview日本語版」は画像処理に最適です。

どんどんやり込んでいくと・・・

2007年06月09日(土)20:29 kondtec #QHwcdr9. URL 編集
このゲームを初めてやった頃は2面しか行かず、なかなか先に進めなかった思い出があります。後にPSの「ナムコミュージアムvol.5」が登場、コツを覚えてやり込んでいくうちにどんどん先に進める様になりました。当初はノーコンティニューで全面クリアは想像できませんでしたがね。

そんでもって約10年前にビデオに収めました。「縦画面モード」ですので縦画面にできるモニターで見るのがベストです。デモ画面もすべて収録し、稼ぎもあるので1時間位かかっています。クリアボーナスを4つ全部取り、100万点越えです。

ノーコンクリアは苦労します

2007年06月10日(日)01:57 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>kondtecさん
初見での難易度は結構なものがありそうですよね。
1面のツインギラスの攻撃をくらっただけでハート1減とかが結構辛かったです。
時間切れで減るのとほとんど同じだから、コツが掴めてないと、この辺でボコボコにされて次の面でミスといったケースを良く見かけてたような気がします。

コツを色々と掴む事で、スムーズに先に進めるという、ゲーム攻略としての質の備わったゲームだと思います。

稼ぎとなると、やはりマンモス稼ぎとかをするのでしょうか。
あれやらないと100万とか難しそうなので。

高校時代の良き思い出です

2009年09月03日(木)15:35 えびん #JalddpaA URL 編集
こんにちは。

記事自体はかなり前なのですが、なつかしさのあまりついつい見ちゃいました。

友人ともどもハマっていたゲームでして、攻略法をいろいろ話し合いました。(その友人とはいまだに付き合いがあるくらい)

このゲームで気になっていたことがありまして、ラスボスにおいて自機が無敵になる現象があると聞いたのですが本当なのでしょうか。

内容は「ラスボスとの会話シーン(吹き出しがでる)に竜巻の魔法状態で入ること」です
友人との間では当たり前になってたのですが・・・

このような場で書き込んで良いものかどうかわかりませんが、記事やほかの方々のコメントを見ていて、それについて言及したものがなかったのでつい書き込みました。
もしかしたらデマ、あるいは文字通り伝説の類だったのか・・・

もしふさわしくない話題でしたら削除をお願いします。

失礼しました。

どうもです

2009年09月07日(月)03:12 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>えびんさん
どうもです。
ワル伝は攻略法を試行錯誤するのが楽しいゲームですよね。
ルートを探しつつプレイすると面白さ倍増。

>ラスボスとの会話シーン(吹き出しがでる)に竜巻の魔法状態で入ること
これは試したことがないですが、ゲーメストか何かに裏技として載ってたような…

ずっきゅ~ん!赤ずきんだよ

2012年02月08日(水)20:25 木津健介 #- URL 編集
コナミが後ろで糸を引いている某アニメでかぶり物が赤くもなくずきんでもなく、むしろ殆どワルキューレなキャラが、自分は赤ずきんだ等と言い切りやがってましたな、、、

2012年02月09日(木)23:27 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>木津健介さん
すいませんが、アニメの事はよくわからないのです・・・

KONAMIだったのですね<-スポンサー

2012年07月30日(月)11:12 またぬき #- URL 編集
アニメ見てませんが、おそらく某おとめ銃士・・・かと。

ワルキューレは文中に述べられている通り、どう進めれば良いのか情報がなく、あまりやりこまずに終わってしまいましたね。
自分も含め、ちょっともったいなかったかな、と思います。

2012年07月31日(火)14:58 MURASAKI #- URL 編集
>またぬきさん
それおとめじゃなくておとぎ銃士やないか~いっ ∀∀ (チーン)
つ⊥⊥⊂
失礼しました・・・
ワルキューレはPSのナムコミュージアムでプレイしたのが最初でしたね
(音楽はサントラ買っていたので知ってましたが)
結局は攻略本頼りで、真のエンディングは出せずじまいでしたが。
自分的にはワルキューレといえば伝説よりFCの冒険の方でした
当時は夢中になってクリアしたのですが、今プレイ画面を見返してみると
マドゥーラの翼やレイラみたいな、パッケージ詐欺と言われても仕方ないような
微妙なドット絵ですね・・・(せめてもう少しカラフルなキャラだったらよかったのに)

すみません

2012年07月31日(火)15:01 MURASAKI #- URL 編集
慣れないAA貼ったら手がずれてました・・・

つっこみあざ~っす

2012年08月02日(木)23:02 またぬき #- URL 編集
すみません。勘違いしてました。
やっぱりよく知らないのに知ったかするのはヨクナイですネ。
またぬきカッター(使い方あってるのかどうか)
 mm
Jロロし
-----了つ 

ワルキューレの絵といえば当時ベーマガで(私のゲームの情報ソースはベーマガでした)ハイパーバルバーラさんという読者さんの投稿イラストが気に入ってました。
自分のワルキューレのデフォルトイメージはソレ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/407-a6f0026e

ゲーム情報:5月6日 日曜日

<wii> ・「世界の革新企業」で任天堂が39位―ビジネスウィーク <PS3> ・プレイステーション『home』 画像多数 <xbox360> ・次世代のスケール感を味わいつくす 『Test Drive Unlimited』 ・Forza Motorsport 2 オープニングムービーと日本
| HOME |

Calender

<< 2017年03月 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。