あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第155夜~ ポラックス

ポラックス タイトル


今回はアトラス/NTCのポラックス。

実際は韓国のメーカー「ドーヤン」の作品をアトラスが
発売したといういわくつきの作品になります。

****************************

ポラックス ゲーム画面その1


ポラックス ゲーム画面その2


人工知能「ポラックス」を撃破するために、一機の戦闘機が飛び立つ…
といったストーリーみたいです。

1レバー2ボタンで自機を操作します。
ボタンはショットと電撃を放つボンバー。
オーソドックススタイルとなっています。

自機はアイテムでパワーアップさせられます。

アイテムには英語表記されているものと、マークで表記されてあるものの2種類。

基本的にマーク表記されているものが自機のウェポンを変更するもので、それ以外のパワーアップは英語表記されているアイテムに分類されています。
装備関係はかなりややこしいので、覚えておく必要があります。


文字アイテムのパワーアップは以下の通り。

Sマーク
 スピードアップ。最大2段階。限界まで取ると5000点。
 1個取るだけでかなり早くなる。
Aマーク
 オートファイア。押しっぱなしで連射可能。
 かなりの速度で連射してくれるので、必須アイテム。
Bマーク
 ボンバー補充。画面表記では5発までだが、実はそれ以上溜まる。
 出る場所はほぼ決まっているアイテム。
Mマーク
 誘導ミサイルを発射。自機のショットとは別装備扱い。
 ショットが弱いほど、最大発射数が多いという特徴を持つ。
Pマーク
 自機の装備がフル装備まで引き上がる。
 フル装備になると連射能力が落ちるので、アンチアイテム。
Uマーク
 自機がエクステンド。
 3面・7面の特定の敵が持っている。


また、マークアイテムのパワーアップは次の通り。

緑の二本線マーク
 ノーマルショットがパワーアップ。
 取れば取るほど横に攻撃範囲が広がる。
オレンジ色の3本線マーク
 自機がワイドショットを装備する。
 斜め方向にも攻撃が可能という特徴を持つ。
緑色の十字マーク
 自機が4方向ショットを装備する。
 十字に攻撃できるのが特徴。攻撃能力は低め。



ポラックス ゲーム画面その3


マーク関係の自機のメインショットを強める武器は、どれも取り続けると攻撃範囲が広がる代わりに、連射能力が落ちてしまうという欠点を持ちます。
なので、通常は緑の2本線を1個取って、ホーミングを装備した方が強力です(ホーミングは馬鹿にならない連射力を持つので)。

ただしワイドの最強装備などは、硬い敵に密着すると結構な威力を持つようになるので、中型機の多い最終面では、最強装備の方が使えるかもしれません。

また、隠しアイテム?として、敵弾を全て吸い込む物体があります。

何も無い空間で弾の当たる場所を撃つと出現し、敵弾を全て吸い込むという能力を有します。この物体は一定の弾数だけ吸い込むという能力があります。
敵弾は物体の方向に流れていきますが、流れていく敵弾には当たり判定はありません。


なお、ポラックスは全8ステージ構成。
設定によっては周回の概念もあるようです。


****************************

ポラックス ゲーム画面その4


ポラックス ゲーム画面その5


色使いや敵のデザインが変な意味で先鋭的な香りの漂う「ポラックス」。

この作品は日本で出回った、通称「ドーヤン三部作」の一つとして数えられている異国産の作品です。

ちなみに残りの2作は「ガルフストーム」「ブルーホーク」で、ポラックスを含め、どれも似たようなゲーム性やデザインで話題を集めて?いました。


そんな訳で、それなりにデザインの体裁が整ってきたゲーム業界の中で、このゲームの色使いやデザインは明らかに「異質感」が漂っておりました。
異国からの使者というに相応しい造りによるものでしょうか。

驚いたのが、通常ではありえない敵のデザイン。
特にデモ画面にも登場する、7面固ザコの顔面には異質感が漂ってきて、実にオリエンタルテイスト。流石です。


↓この顔みたいな敵が・・・
このデザインがもう



この顔面のデザインは、日本のゲームでは絶対に真似できません。
色々な意味で奇抜すぎ。

色使いも原色バリバリのカラーリングで、リアル志向に走ろうとしていた日本とはまた対照的ななおざり感が、オリエンタルテイストを後押ししているようです。
とかとか、装飾系に関する色使いが良い例でしょうか。

その割にはタイトルに登場するパイロットの顔がリアルすぎて、ちょっと怖い感じがするのですが(笑)


↓ポラックスの人
なんですかこの顔は



↓ついでにガルフストームの人
元祖の人




こっちみんな!!


****************************

ポラックス ゲーム画面その6


ポラックス ゲーム画面その7


ゲームとしては、ドーヤン三部作の中では割と作られている方だと思います。
敵弾が最初から早く撃たれて来る事さえ気にならなければ、それなりに装備を揃えて先へ進む事ができるでしょう。

しかしそれでも日本で作られたシューティングに比べると、ゲーム性という観点ではちょっと中途半端な部分が多いのも気になるところです。


例を挙げるとスピードアップ。
1個取っただけで、前とは落差を感じるほどすごいスピードになるのは驚くでしょう。

スピードアップは結構な数だけ出てくるので、ゲーム的に見てきちんと調整されているかは甚だ疑問だと言わざるを得ません。

他にも、装備を固めると逆に連射能力が落ちてパワーダウンするメインショット関係の武装とか、やたらと軽い感じのする効果音とか、作り込んだシューティングに比べると、どうしても中途半端な点が目立つ造りに見えてしまいます。


ポラックス ゲーム画面その8


その極めつけは永久パターンでしょうか。

このゲーム、ボスのパーツが1個でも残っていると、いつまでたってもクリアになりません。

延々と登場するアイテムキャリアを撃ちまくって永久パターンが楽に成立します。
まぁ永久パターンをやってもこのゲームの場合は不毛なだけですが。

しかしきちっとしたシューティングを作る場合であるならば、様々な配慮が成されて然るべきなのに、こういった点を怠っているというのはマイナスに響いているような気がしています。

異国の作品故、まだレベル的に整っていなかったのもあるかもしれないですが。


ポラックス ゲーム画面その9


まぁそれでもゲームとしては遊べない訳ではないので、先程も言った通り、ドーヤンのゲームの中ではゲーム性はそれなりにまともな方だと思います。

道中に個性のある攻撃が展開されているところとか、ボス敵がそれなりに作られているところとかは評価できると思います(慣れれば単調に感じるかも)。
前半のボスがやや強く、バランスには欠けているものの、ボンバーが適度に登場してくれるため、ボムを決め撃ちすればハマるような事は少ないのではないかと。

あと最終面に限り、実に最終面らしく?敵弾の速度が異様に早くなります。
固い敵もかなり多いので、装備やボムが無い場合はミス必至だと言えましょう。

ここまででどれだけ残機とボムが残せるかが勝負どころになりそうですね。
固い反射弾を撃ち出すラスボスも地味に強かったり。


****************************

ポラックス ゲーム画面その10


「ポラックス」は自分の周囲では結構出回っていた方ですが、ガルフストームよりは出回らなかった、ということみたいです。
さすがに初見難易度やクセの強すぎるグラフィックからか、人付きはやはり良くない部類にあたります。

基盤を発売した、当時無名に等しかったアトラスにとっては黒歴史になってしまうかもしれません。
| シューティング千夜一夜 | Comments(11) | Trackback(0) |

コメント

昔見掛けました

2007年07月16日(月)18:45 メガ炉どん #- URL 編集
いつも行っていたゲーセンにありましたがただ変な音楽が流れながら画面がフリーズしていました。半月ぐらいで消えて未プレイに終わりました。

昔大学の近くの・・・。

2007年07月16日(月)19:05 芸夢人 #- URL 編集
 喫茶店?のような所で見つけました。
1,2度プレイしただけですが余り印象に
残らないゲームでしたね。
 アトラスのアーケードは、やはり「首領蜂」から始まったと見るのがいいかもしれませんね。。

 あとプリクラ大旋風の立役者でもありますね。

2007年07月16日(月)22:31 萌尽狼 #3u3hZqeI URL 編集
2枚目のSSだけ見るとTATSUJINのパチモンですよね?

テコンドーで熱くなれ!

2007年07月17日(火)02:17 メガ炉どん #- URL 編集
流石ファイトフィーバーを作り出したお国柄といったところでしょうか。

触ったことがない----

2007年07月17日(火)05:15 138ねこ #- URL 編集
ガルフストームはやったことあるけどポラックスはないなー

韓国だからという事もないけど日本だって昔は変てこなゲームが多かったねw
SEGA/ALPHAのフラワーなんか特に怪しさ満載w
STGと言うのは日本が特化させたゲームですからね
もしアメリカで先にSTGがあってそれが変なゲームだったらそれを真似してポラックスみたいなゲーム出すでしょうね


ケンチャナヨ

2007年07月17日(火)12:45 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>メガ炉どんさん
ファイトフィーバーってのもすごいゲームでした…

全てのキャラが「テコンドー使い」という投げやりっぷり。
印象に残っているボイスはミユーキーの掛け声。
そしてラスボスの名前が空手健児。
日本名がすでにありえねえ…


>芸夢人さん
ポラックス関係は独特のオーラが漂ってますから、避けられるのも無理はないかなー。
爆発音とか軽い感じがしますからね。

アトラスはプリクラもそうですが、ゲームではデビルサマナーとかジャックフロストで人気を出してきた感がありますね。
でも、プリクラが無ければ本当にどうなったことか。


>萌尽狼さん
そういえばいましたね、達人に。
攻撃の仕方も若干似てますし。

あと4機編隊でぐるぐる回る中型機はもろ達人のリスペクトですな(雷電にもいましたが)


>138ねこさん

>日本だって昔は変てこなゲームが多かったねw

確かにB級C級系のシューティングは多かったですね。
フラワーは井上陽水の曲が流れるシューティングっていう印象が。

STGは日本特化の文化だというのは間違い無いと思います。
初期はアメリカでもディフェンダーとか良作が揃っていたものの、後期に入っていってアメリカよりも味付けが上手になってきてましたよね(日本向けに仕上がってきたというか)。

ラストホープなんか見てると、諸外国はまだまだ日本向けのシューティングを研究する余地があるんじゃないかと思いました。

ポラックスの動画をUPしました。

2009年10月08日(木)19:07 都筑てんが #- URL 編集
どうもです。

ポラックスのクリア動画が撮れたのでUPしました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8450954

「ザ・ラストデイ」も、クリア出来たらUPしてみようと思います。

あとはフィルコとかユニコとかアフェーガとかの韓国ゲーの動画もUPできたら…と思います。

まさに誰得動画

2009年10月09日(金)19:42 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>都筑てんがさん
いつもいつも動画ありがとうございます。
ポラックスなんて動画は皆無なので、妙に助かっていたり。最終面はムズいっすね。

ザ・ラストデイ

2009年10月20日(火)04:29 都筑てんが #- URL 編集
どうもです。

ドーヤンの「ザ・ラストデイ」のプレイ動画をUPしました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8563578

ドーヤンゲーは、パワーアップすると連射数が落ちるとはいえ、他ゲームに比べると弾切れ率が少ないほうなので、やっぱ連射装置があると楽ですね…。

ビスコのガルメデスなんて、連射速度の落ち方が尋常じゃなくて「パワーアップは取るな!」レベルでしたからねぇ…。

それはそれとして、アンドロデュノスの動画を撮ろうと思ってたら、既に他の人が動画を出してました…。

orz

音楽がすごい中毒性高いっす

2009年10月23日(金)14:07 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>都筑てんがさん
いつも動画ありがとうございます。
最近ドーヤン色付いてますねー。

ドーヤンゲーって、連射があるとかなり楽になるのがいいですね。
AUTOアイテムのあったポラックスとかは結構助けられた覚えが。

韓国恐るべし

2013年10月17日(木)10:38 バリバリラルフ #- URL 編集
つべよりBGM付きの動画が見つかりました。
http://www.youtube.com/watch?v=AqAJ6K-Ak5w

どうやら上記都筑てんが様の動画はエミュに対応してなかった頃の物だった物らしく、動画を見る限り現在のバージョンでは対応していると思われます。
ちなみに同じくアトラス発売のゲームの豪血寺一族シリーズもエミュ未対応だったゲームで、初代はBGMの主旋律が流れなかったり、2・外伝は背景のキャラが動かず、2のEDも真っ黒な背景で音楽のみがひたすら流れる物になっていました。
にしても、このゲームの敵のデザインは独特なデザインの物が多いですね。クチビルを強調したザコは特に。とはいえ韓国ゲー特有のパクリ全開の作風の物(ファイトフィーバーやザ・マスターズ・ファイター等)と比べて、例の敵のデザインからして多少はマシに見えるかもしれませんが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/451-4d2ffc2c

| HOME |

Calender

<< 2017年05月 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。