あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第162夜~ ディープスキャン

ダイナマイッ!アクションラヴ。

ダイナマイッ!



ディープスキャン タイトル画面


「ダイナマイト刑事EX」発売記念と言うわけではないですがw

今回も黎明期のレトロゲー。
セガの1979年の作品「ディープスキャン」です。


※内輪の友人Sが「刑事」を千夜一夜で特集しろ!
と無理ばっか言ってるので、あえてこのような形で表現してみました。

感謝するがよい。
ほら、お前の好きな「刑事」だぞwww!!



****************************

ディープスキャン ゲーム画面その1


ディープスキャン ゲーム画面その2


海面の駆逐艦を操作して、海の中の潜水艦の機雷を交わしつつ、爆弾で潜水艦を倒していく、一風変わったシューティングゲームです。

1レバー2ボタンで駆逐艦を操作。
ボタンはどちらも爆弾を投げるために使いますが、発射する方向が右からと左からとで変わってきます。

自機の放つ爆弾には特徴があり、放物線を描きながら投げ込まれ、ゆっくりと地面に向かい落ちていきます。その爆弾を潜水艦に当てると、潜水艦を破壊できる仕組みです。

爆弾は最大6発まで画面に存在させることができます。
しかし6発以上存在させることができないため、すでに6発画面に見えている状態だと、次の爆弾が撃てなくなるという弊害が起きます。

潜水艦は機雷を海中から放ってきますが、機雷は自機の爆弾で相殺ができません(純粋に敵弾の扱い)。海上で爆発した機雷に当たると、駆逐艦は沈んでしまいミスになります。
駆逐艦はグラフィック全体に当たり判定があるので、機雷には無闇に近づけません。


ディープスキャン ゲーム画面その3


潜水艦には数字が振ってあり、その数字×10点がスコアとして加算されます。
基本的に、下にいるものほど高い数字の振られる率が高いです。

潜水艦を駆逐する度に画面下の「BONUS」スコアが溜まっていきますが、これは時々登場する赤い潜水艦のボーナス得点になります。
赤い潜水艦を撃破すると、「BONUS」の下に溜まったスコアが丸ごと加算されます。

これが溜まっていくと、高ければ1000点単位でボーナスが入るので、見逃せません。
ただし、赤い潜水艦はなかなか出てこない上に、駆逐するのも非常に難しい代物です。


ちなみに自機の駆逐艦はデフォルトで5機持っています。
非常にミスしやすいゲームなだけに、このあたりは親切設計になってます。


****************************

ディープスキャン ゲーム画面その4


1979年という、まさに黎明期を代表するようなシューティングですが、ただインベーダーのように撃ち落とすだけのゲームとは違って、一癖も二癖もあるゲームであるために記憶に残っている方も多いかもしれません。

というか、どちらかというとセガサターン版の「ダイナマイト刑事」とカップリングで収録されている方が印象に残っていると思っている方も多いかもしれないですが(笑)


インベーダータイプのゲームとは違い・・・
と言うか、本来のシューティングの構成とは違い、このゲームは上に自機がいて下に敵がいるという形式が印象に残ります。

さらに普通のシューティングともまた違ってて、自機のショット(爆弾)は非常にもっさりとした動きをしまするし、さらに自機の駆逐艦も非常にもっさりとした動きをするので、これまでのシューティング以上に先読みを重視する造りになっています。

敵潜水艦をレーダーで捕捉し、そのレーダーでの状況に沿って爆弾を落とす形は新鮮。
敵の通り道をあらかじめ予測し、発射数に制限の設けられた機雷を落とすのは、非常にスリルのある作業です。


ディープスキャン ゲーム画面その5


当たるか当たらないかはまさに紙一重。

外れれば死への扉が口を開けて待っている。
このスリルこそが「ディープスキャン」の醍醐味と言えるでしょう。

これまでのシューティングとは違った趣を感じさせてくれたという意味でも評価に値すると思います。


****************************

ディープスキャン ゲーム画面その6


難易度的に見ると非常に高めです。
というか、時折理不尽な展開があったりするので、このあたりは昔のゲームらしさを漂わせてくれます。

駆逐艦の当たり判定はグラフィック分あり、端っこに当たっただけでも見事に沈没してしまいほど脆いです。よって、潜水艦の機雷で弾幕?を張られると、あっという間にピンチです。

そのため、長く遊ぼうと思うのであれば、やってくる敵を減らしていかないと潜水艦の大群に避けられないほどの攻撃を展開されてしまいます。

しかしこのゲームはそんなに甘くなく、普通に頑張ってみても、大概は何かしら撃ち漏らしが生じてきます。
撃ち漏らす事で敵が多くなっていき、単純に難しくなっていくというわけで。


ディープスキャン ゲーム画面その7


爆弾を当てるのは慣れていても非常に難しいため、大概はレーダーで見た大量の潜水艦に向けて、先読みを絡めつつ大量に爆弾を落とすことになると思います。
しかし、爆弾がことごとく外れると、そのもどかしさたるや相当なものです。

次の爆弾が撃てる頃にはもう画面端に追い詰められてたりと、一筋縄ではいかない、弾幕を交わす時とはまた違った恐怖感を味わう事ができます。

とはいえ、時々敵の機雷を紙一重で交わせる時もあるので、こういった状況を見てると近代のシューティングにも相通ずるものがあったりと興味深いと思います。


****************************

ディープスキャン ゲーム画面その8


今やってみても、意外とハマってしまう内容になってますね。

ものすごく単調にも見えるゲームなのですが、他では見られない、独特のスリルを感じさせてくれる分、ついついハマってしまうという中毒性も持ち合わせている作品だと言えます。

今のご時勢だとお金を払って連コインでやるには辛い内容かもしれないです。ですが、思わずハマってしまう中毒性からすると「ミニゲーム」としては非常に優れた習性を持ったゲームだとも思えてきます。

それこそマインスイーパーみたいな。

自分は実はリアルタイムで見た事が無くて、ダイナマイト刑事のミニゲームで収録されている分にひたすらハマっていました。
単純なのに燃えるのは、まさにこのゲームのためにある!というか。


なお、このゲームのハイスコアは5000点で設定されてますが、赤潜水艦を撃沈してもこのスコアに達成することは一筋縄ではいきません。
この5000の壁が非常に高いんですよね…。
| シューティング千夜一夜 | Comments(11) | Trackback(0) |

コメント

2007年08月13日(月)17:26 アフロ #- URL 編集
実機でやった事は無いんですが、面白いですよね、これ。
あらかじめ狙って破壊するっていう快感がすごくあって。
弾速が遅い分、投下してからヒットするまでに「当たるかな…当たってくれぇ…当たった!」っていう過程をプレイヤーが充分に味わえる間があるのがイイと思います。
その分はずした時の悔しさもでかいですがw

感覚的にはシューティングというよりはボンバーマンなんかに近い気持ちよさを感じますね。

敵に直接点が書いてあるっていうのもナイスですw

リメイク作の「ザ・ディープ」はリアルタイムでわりとやったんですけど(やってる人はほとんどいなかったですが…)、今やってみると画も中途半端にしょぼく見えるし、なんか面白くない。
アイテムとかゴテゴテした画が無いディープスキャンの方が上で言った快感をシンプルに感じられるせいか全然楽しめますね。

ザ・ディープは実機で触りました

2007年08月13日(月)23:07 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>アフロさん
ディープスキャンは当たるかも、当たらないかものスリルと緊張感がたまらないゲームですね。
外したときの落胆ぶりと、弾幕に迫られる恐怖感は他では味わえないほど秀逸ですね。

ウッドプレイスのザ・ディープは自分も触った事がありますが、2面がどうしても抜けられなかった思い出があります。
遅い自機にもかかわらず、速い弾がかっとんで来るのがキツかったです。

2007年08月14日(火)01:35 ぷらむ #o3FgimTE URL 編集
実機を遊んだことがあるのですが、他ゲーに比べても「もっさり」でしたね。
ただ、シェリフ(任天堂)なんかと違い、向こうももっさりしている分、マシかなと。
シェリフの高次面は、自分はレバー入力後ワンテンポ置かないと動けないのに敵弾は速い。
見てからではよけられない高速弾幕→最後(カンスト直前)は、開幕でレバーを入れてもよけられない超連射弾が来ましたから、
それを思えばディープスキャンのハマリは、自分のミス(撃ちもらし)に起因するだけに諦めもつくというものでした・・・

実機PLAYオヤジ

2007年08月14日(火)02:10 138ねこ #- URL 編集
自分は実機でPLAYしてましたw
これはアップライト筐体だったので実在する筐体はもう皆無かと

確かにこれといった特徴もないので今の方には平凡極まりないけど
昔はこれでも結構楽しかったゲームなんだよね

で・・新しい刑事なんだけど・・ヤバイんですがw

逆ポラリス(謎)

2007年08月14日(火)15:04 天体観測 #DhbrllUw URL 編集
ディープスキャン…タイトーの「ポラリス」をイメージしてしまいました。
(ポラリスの方が後ですが)
海面STGの双璧といったところでしょうか。
80年代の宿泊施設で見た記憶がありそうでなさそうで…
失礼いたします。

ぉー Super Depth(違

2007年08月14日(火)21:32 Aunnoiki #aYDccP8M URL 編集
見た事無いですが下部のレーダーが良い味してて(且つ実用的で)たまりません。

2007年08月14日(火)23:37 GT #- URL 編集
お久しぶりですww
ラッキー&ワイルド以来のGTですwww

ビックリしました、ダイナマイト刑事っていつからシューティングを?と思いましたがカップリング収録されてるゲームですねwwww
初耳でした、シェンムーのようにゲーム内に名ゲーが入っているようなものですね~

ディープスキャンは未経験ですが、天体観測さん同様、タイトーのポラリスならプレイしたことあります。
ポラリスはプレイヤー機が潜水艦で逆ですがすばしっこい飛行機落とすのが難しかったwwww
こういうディープスキャンとほとんど似たシステムのゲームを15年前ぐらいの父のPCゲーでよくやった覚えがあります・・・

身に覚えがありすぎる

2007年08月15日(水)23:33 Tacashi #klq26XPE URL 編集
SS版ダイナマイト刑事のコンティニュー稼ぎのためにやりこんだクチです。
2人同時プレイだと最後に「大統領令嬢のボディガード権争奪戦」があるので、
どれだけ稼いでもすっからかんに(笑)

あとはかの『Super Depth』の原型ともいえる作品ですな。
わたしは『Super Depth』の方がプレイが先でしたが。

>GTさん
それが恐らく『Super Depth』かと。>15年くらい前のPCゲー
拙blogにて若干ながら取り上げているので、ご参考までにどうぞ。
http://frgrgnd.blog99.fc2.com/blog-entry-2.html

ラーメンを口から大量放出するオヤジ

2007年08月16日(木)13:08 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>ぷらむさん
シェリフ、ありましたねー。
かつては任天堂もアーケードをプラットフォームにしていたのですが、ファミコンが出てからは完全にご無沙汰になってしまっていますよね。

ディープスキャンは考えてみると理不尽ではないですね。
上手く狙いをつけるときちっと当たりますから。
そうなると、やっぱりカンストしてた人もいそうだなー。


>138ねこさん
実在する筐体は見なかったのですが、当時はインベーダー隆盛なだけにやや浮いた感じの存在になるかもしれないですね。ゲームとしては確かに平凡ですが。

>新しい刑事

やりましたよ、これ。めっちゃカオスほとばしってますねw

シンデモ・シニキーレン。
なにこのネーミングセンスwww


>天体観測さん
ポラリスはタイトーメモリーズ2下巻に収録されてましたね。
潜水艦の逆襲って感じで。
これをリメイクすると「海底大戦争」になるのかなw

レトロゲーは宿泊施設あたりではよく見かけそうな。


>Aunnoikiさん

>Super Depth

1面ディープスキャン、2面ポラリスって感じだとイメージしやすいですw
3面の宇宙は新感覚ですね。キーボードだとめっちゃやりにくいですけど。


>GTさん
どうもお久しぶりです。
ダイナマイト刑事もある意味シューティングですね。
ハンドガンぶっ放すところだけw

刑事とディープスキャンの共通点はどっちも爆弾使うところから来てるのかなぁ。

PCゲーでやってたというのは、自分も「Super Depth」でないかとにらんでいます。
Bio_100%の良質シューティングゲームですね。
ディープスキャンのもっさり感を、爆弾の大量投下とスピーディーな要素でディープスキャンには見られなかった爽快感を演出してたのが見事だと思いました。


>Tacashiさん
ダイナマイト刑事ではコンティニュー稼ぎで、というより単純に5000点以上取るのにハマっていましたw
低スコアだとなんか悔しくなってくるんですね。

ボディガード争奪戦っていうのもまたイカした内容でした。
あの娘も随分可愛くなったですな…
初代は明石家○んまみたいな顔だったのにw

Super Depthの情報どうもです。
潜水艦駆逐ステージの音楽はノリが良くて、今でも口ずさめるほど。

強いぞ、文化遺産(3面ボス)

2007年08月25日(土)14:00 智・Ⅱ #- URL 編集
ディープスキャン・・・実は全くやった事がなかったり(笑)。SSダイナマイト刑事を買ったときに遊んでみることにします・・・。

刑事EXはイイ出来ですね!「2」を彷彿させる場面も多々あって相変わらずの遊びやすさ。慣れるとこんな簡単に40分ちょっと粘れるゲームも最近では珍しい・・・。

笑える場面も相変わらず多く、前作同様2面ボスがルートにより3種類いますが、まさか1面ボスまで3種類用意するとは思ってもみませんでした。前作以上にデブに凝り過ぎです(笑)。

それと私のいきつけのセガ直営ゲーセンにはEXのゲーム画面を大型テレビで映し出しており、奴らの本気度が伺えます(笑)。

そして大型テレビの前にはギャラリーも多く、刑事シリーズを知らなさそうな若者がボンベで巻き起こるキノコ雲を見て大笑いしていた・・・なんて微笑ましい光景も見かけられます。なにか古き良きゲーセン時代を思い出して、懐かしい気分になりました。

気軽にできるのは強み

2007年08月25日(土)23:03 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>智・Ⅱさん
ディープスキャンは古い作品ですからねー。
機会があったら遊んでみてください。

刑事EXはあまりのハチャメチャっぷりが前作をも凌駕しているというか。
一見さんには凄く強そうな作品だと思いますよ。結構仲間同士でワイワイってな感じで遊べるのは強みだと思います。

キノコ雲はロケテの頃から実装してたみたいで。あれはまさにダイナマイッ!な雰囲気ですよね。
シンデモ・シニキーレンのインパクトは未来永劫忘れることはないと思う・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/464-53576f31

| HOME |

Calender

<< 2017年04月 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。