あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第177夜~ スカイアドベンチャー

スカイアドベンチャー タイトル


今回はアルファ電子/SNKの「スカイアドベンチャー」です。

なぜかスカイスマッシャーのところで話題になったということで…
いや、前々から決まっていましたけどね。

****************************

スカイアドベンチャー ゲーム画面その1


スカイアドベンチャー ゲーム画面その2


クラウド大佐率いる軍団「ブルーミスト」の野望を砕くべく、複葉機を操って数々の場面を切り抜けるトラベルシューティングです。
オープニングで4種類ある複葉機を選択し、全8ステージを踏破するのが目的。

1レバー2ボタンで複葉機を操作します。
ボタンは1ボタンがショット、2ボタンが特殊攻撃になっています。
特殊攻撃は全ステージ通してストック数が定められており、アイテムを取る事で補給できます。

自機はA~Dの4タイプが存在し、それぞれが一長一短の性能を持っています。
それぞれの機体は、ショット・特殊兵器の性能が全然違ってきます。

機体性能は以下の通りです。

Aタイプ
 幅の狭いショットを放つ。スピードは並。
 パワーアップすると最大3方向にまでショットが出る。
 サブウェポンは小型機(ミサイル?)を召還。
 単発の威力がやや高め。1発でエネルギーが1減少。
 ショット・スピードと割とバランスが取れていて使いやすい。

Bタイプ
 前方にバルカン砲を展開。スピードは遅め。
 パワーアップするとバルカン砲の威力が上がる。
 サブウェポンは前方に飛ぶナパーム弾。
 単発の威力は結構高い。1発でエネルギーが10減少。
 ショットの攻撃力が高いが、移動速度の遅さがネック。

Cタイプ
 前方に黒いオートバルカンを撃ちだす。スピードは並。
 パワーアップするとバルカンの威力が上がる。
 サブウェポンは自機周囲に爆発を起こす攻撃。
 範囲が広いがリーチが短い。1発でエネルギーが1減少。
 ショットに癖が見られるため、他の機体に比べると使いにくい。

Dタイプ
 貫通力のある単発ショットを撃ち出す。スピードは早め。
 パワーアップするとショットの威力が上がる。
 サブウェポンは両サイドに飛ぶナパーム弾。
 単発の威力はかなり高い。1発でエネルギーが10減少。
 ショットで敵を速攻撃破するのに向いている。
 

一番のオススメはAとB。
Bは前半戦で、Aは中盤・後半戦で使用するといい感じです。


スカイアドベンチャー ゲーム画面その3


パワーアップには、ウェポンの数を増やす弾薬、武器の威力を挙げるPマーク、その場で機体変更のできるアルファベットマークがあります。

これらは画面下から現れる飛行船がアイテムを落としてくれます。
飛行船は特定のポイントで必ず出現し、必ず同じアイテムを落としてくれます。


****************************

スカイアドベンチャー ゲーム画面その4


スカイアドベンチャー ゲーム画面その5


このゲームは、同じアルファ電子が開発した「スカイソルジャー」の続編にあたる作品です。

大まかな世界観は違っていますが、自機が似たような武器を持っていることや、ステージ構成・敵のデザインからすると、続編の位置付けでもあながち間違っていないような気がします。

本作はゲームとしては卒なくまとまっている部類であり、シューティングとしては個人的には良作にあたるのではないかと思います。


スカイアドベンチャー ゲーム画面その6


ステージが全8面で構成されてはいますが、1面1面のボリュームが結構短く、テンポ良く進んでいくのが好印象。

敵の出現法則などもシューティングのセオリーを守っているような雰囲気です。高次面ほど敵のパターンを覚えておかないと難しい傾向にありますから。

基本を守って取り組めば、誰にでもクリアできるようになっています。
そこまで難易度は高くない部類です。


スカイアドベンチャー ゲーム画面その7


また、ボスもそれぞれが個性的な形をしており、前作のスカイソルジャーと比較しても、デザインが進化したように見えます。

4ボスの空中に浮くホーンテッドマンションや、5ボスのトゲ付きローラーを回す戦車など、個性的な面子が揃っています。

戦車や複葉機などの機械中心の世界でありながら、時折旧時代さながらの原住民の攻撃やら、巨大な虫に幽霊など、色々な要素を加えているのはかなり興味を惹くような造りであると言えるのではないかと思います。


スカイアドベンチャー ゲーム画面その8


欠点を挙げてみると、全体的に背景が暗い点、あとある程度連射が無いと難しい点になるでしょうか。1面ボスが妙に強いのもマイナスかも。
しかしこれらの欠点を差し置いてみても、総合的にデザインやゲーム性を見ると、割とすっきりした方向に落ち着いていると思います。

さらりと遊ぶにはオススメの一品です。


****************************

スカイアドベンチャー ゲーム画面その9


スカイアドベンチャー ゲーム画面その10


「スカイアドベンチャー」には、ゲーム性やデザイン以外にも目を惹く要素が色々と含まれております。


その一つがスコアリングシステム。

このゲームのスコアは1点単位になっています。
他のゲームが最低でも3桁以上のスコアを遵守している中で、このゲームのスコアリングシステムは趣が変わっています。

敵弾破壊で1点、大型機や硬い敵は3~15点のスコアが入るという具合で。タイムボーナスなんかも、残り時間がそのままスコアに入るわかりやすさ。

こういったスコアリングの関係上、稼ぎもかなり異質で、道中は敵を速攻で倒さずに、破壊できる敵弾をどれだけ破壊できるかがポイントになります。
ノーミスクリアやアイテム稼ぎにほとんど頼らない点が、異質たる所以です。


また、スコアによってステージ毎にプレゼントがあるのも面白い点です。

稼ぎ出したスコアに応じて、自機に与えられるアイテムが変わってきます。低いスコアなら弾薬回復程度のものですけど、高いスコアを打ち出して1位(エース)になると自機がエクステンドするというサービスがあるので、これが結構馬鹿になりません。


ボーナスはスコアによって変わる


エースになるとエクステンド!


早い段階だと1、2面でBタイプを使って敵弾をくまなく撃って、タイムボーナスを叩き出す事で2機エクステンド、さらに他のステージでも稼ぎを意識していれば、残機を溜め込む事もできます。

攻略の上でもスコアが重要なポジションを占める点はなかなか評価できます。
1点台のスコアリングながら、面白く仕上がっているのではないかと。


****************************

スカイアドベンチャー ゲーム画面その11


スカイアドベンチャー ゲーム画面その12



加えて演出面でも見せ場があります。

中でも、各ステージに登場する「クラウド大佐」の存在無くしてスカイアドベンチャーは語れないと思います。


↓この人がクラウド大佐

この人がクラウド大佐


とても強い口調



クラウド大佐はステージ中間に必ずちょっかいをかけてくる、いわば主人公のライバル的存在なのですが、この人、登場してはことあるごとにセリフを吐き、そのセリフ一つ一つも非常に個性的なのです。


ちなみにアルファ電子(ADK)の代表格キャラクターといえば…

・「まかせてちょうだい!」と叫ぶニンジャコンバットの面々

・「みねうちでござる」とか言いつつ爆殺するリュー・イーグル

・「おうわーおわーお」でお馴染み、愛の伝道師ラスプーチン
etc...


実に個性的な(っつーか濃い)面々が非常に多いのですが、これらの源流となっているのがこのクラウド大佐だと言えます。

そのセリフの一つ一つに重さを感じずにはいられません。
例えば1面なんかでは…


威風堂々と登場


ステージ中盤で威勢よく出てきます。
ここまではいいのですが、クラウド専用機を撃破すると…


言い訳モード発動


出たー!
クラウド大佐の十八番、言い訳モード!


捨て台詞を言いつつ退散する、いわゆる「お約束」です。
それでも口の渇かぬうちに、次のステージでもステージ中盤に出現。

「いつもとは違うぞ!」「なめてもらっては困る!」などと威勢良く出て来て、やられたら言い訳して退散の繰り返し。その一言一句が非常に面白くて、ツボを押さえてきます。

そして出てくる度にクラウド機の装備されるものが全然違ってきます。


↓のこぎりに触手・・・
ノコギリ付き(多分最強)



触手付き(これも強い)



こうもりに、のこぎりに、触手まで。まさに手を変え品を変え。
彼の個性がより際立って見えますね。



★そんなクラウド大佐の迷言集★


整備士さんが可哀想


2面の捨て台詞。整備士のせいになってます。
ちなみにこの台詞で「営倉」の意味を覚えました。



・・・まぁ一理あるけど・・・


整備兵から「お前だよ!」って突っ込みをもらってそう。
でも、こうもりを武器にするって発想も確かにすごい。



とりあえず脅してみる


とりあえず恐怖心煽っとけ作戦。
でも彼が言うとお茶目に見えるから困る(笑)



整備士さんのせいにされてる


クラウド大佐にかかると、何でも整備士の責任になるようです。
こんな上司に当たると辛いっすね。



で、一番の極めつけといえば、ラスボス前のこの台詞。



お?反省した?


とっておきの機体を撃破されて反省の弁・・・





んなわきゃない


と思わせておいて、お約束すぎるほどのフェイク。
もう全然反省の色無し。


これほど悪役の色が醸し出せるキャラって他にいないですよ。


度重なる言い訳の末に、最後の最後までフェイクをかけてきてるあたり、ある種の「悪役の美学」というものを彼から学ぶ事ができそうですね。台詞オンリーでどんなにやられても懲りないキャラクターを作り出す、って他には無いですし。

アルファ電子(ADK)のキャラでは最高の素材です。
いや、本当に。


ちなみに彼にやられると、ムカつく台詞を吐いて立ち去るのも味があっていいですね。


なかなか人を怒らせるのが得意な人である。



「ふっ あおいな」
やられると本当にムカつきそうなのですが。


****************************

スカイアドベンチャー ゲーム画面その13


グラフィックの荒さから、いかにもレトロ臭漂う作品ではありますが、作品としては卒無くまとまっている良作です。

残念ながら出回りの面で悪いという状況ではありますが、見掛けたら是非とも遊び倒して欲しい作品ではありますね。連射さえあれば、難易度もお手頃ですし。
| シューティング千夜一夜 | Comments(11) | Trackback(0) |

コメント

こうもりの正しい使い方

2007年10月18日(木)22:27 アフロ #- URL 編集
ほとんど見かけなかったんですが、なんだかよくわからない世界観と、それに拍車をかけるクラウド大佐は印象に残ってます。
派手なパワーアップが売りのシューティングが多かった頃なので、4機もいるわりにどの自機のショットが地味だなぁと思った覚えもありますね。
全体的に地味なのに変に主張を感じるという妙なゲームだったなとw

こうもりを武器にしろって言った奴・・・“魁!男塾”内で蝙翔鬼を生み出した宮下あきら大先生と、“ダーウィン”を生み出したDECOスタッフの事でしょうか?w

蝙翔鬼の最期は・・・

2007年10月19日(金)00:02 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>アフロさん
うちも出回りはそんなに良くなかった方でしたね。
そんなに難しいと思わなかったから、クリアまでは近かったですね。

全体的に地味に見えてしまうのは、色使いからすると致し方無しといったところでしょうか。
でもクラウド大佐とか、妙な主張が目立った作品でもありますね。

>男塾

あー、これ大威震八連制覇がすごく面白かったですねー。
蝙翔鬼が月光を指名して散っていくシーンは味があったような。なかったような。
ファラオとディーノ(ヘルズマジック版)が好きでした。

ああダーウィンもあったなー。

クラウド大佐(笑)

2007年10月19日(金)02:05 キツネ #jxWMk26Q URL 編集
あ~、ADK変なキャラの元祖はこの人だったのか・・・シューティングじゃないけど、私はラスプーチンをよく使ってたりしたものです。

例によって序盤戦しか大佐には遭遇してないんですが、こうまでパターンになってくるとベルク・カッツェ様みたいな。

確か、デモをスキップしようとしたのか、或いは連射の続きだったのか、気付かないうちに面スタート時のタイプを選択してしまうのにちょっと苛立ってプレイ回数が少なかったかも・・・?

デコのコウモリ

2007年10月19日(金)03:20 メガ炉どん #- URL 編集
ブラックディームのことですね。
今考えるとスカイアドベンチャーやってなくて残念です。確か変な石像みたいなボスがいたような

稼ぎ

2007年10月19日(金)18:14 XVI #LkZag.iM URL 編集
変わったゲームでしたねー。
いかに弾を撃たせてスコアにするか、という。
今日はセーフティに行こうと思っても、気付けばスコア狙って自爆してるというw
同年にオメガファイターも出てますが、
この手の二律背反なゲームデザインは大好きです。

うけなかったのはやっぱりグラフィックのセンスが古かったせいかな。
ちょうどこの頃は、各社新型のシステム基盤を出していた時期で、
内容よりもとにかく画面と演出!拡大縮小ばんざい!
な風潮でしたしねー。

わしが悪かった・・というと思ったか愚か者!!(笑)

2007年10月20日(土)12:34 芸夢人 #- URL 編集
 スカイソルジャーは大学生の頃時々やってました。
 遊びやすかったもんで。

 やっぱクラウド大佐、インパクトあるなぁ。


 >ブラックディームのことですね。

 SRDの突然変異形態ですな。
この形態は時間制限があって時間来ると最弱の
ピスターに戻ってしまうっていう諸刃の形態でした。なっている時は最強なんですが。


 そろそろぬこと戯れたいのでぬこも
お願いします。


ぬっこぬこにしてあげる

2007年10月20日(土)21:40 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>キツネさん
ラスプーチンは初代からもうすんげぇキャラだったんですけど、超必殺技を手に入れてさらにイロモノ度に拍車がかかってましたねー。

秘密の花園をシュラに使うとうるさいうるさい。
「まけたっすーまけたっすーまけたっすー」しかもスロー。

クラウド大佐のパターンは昔のアニメの悪役キャラによくいるような人でした。
負けてもくじけず。


>メガ炉どんさん
ブラックディームは変形すると実に強そうなキャラですね。
奇形好きな自分にとって、このデザインはすごく好み。

石像ボスは1ボスですね。
手の振り回しは初見では絶対やられると思われ。
対処法わかってても、結構かわしにくいんですよね。


>XVIさん
スコア稼ぎで狙いすぎてミスとか結構ありますね。
特に序盤戦とか。二律背反といえば確かにそうかも。

グラフィックは、当時のアルファらしく色使いが暗すぎて、逆に地味に見えちゃった感があるのが残念です。
拡大縮小とかを使えないボードを使ってたメーカーは大変だった時代ですね。


>芸夢人さん
クラウド大佐のインパクトは、スカイアドベンチャーの味ですな。
もう台詞がわかりやすいw

>ブラックディーム

これは「ダーウィン4078」の突然変異形態ですね。

「SRD」の突然変異は「ゴートディーム」になります。
ボタンを押しっぱなしにすると火の輪を作って、EVILの足止めとかいうテクニックを使うテクニカルな形態っすね。見た目のインパクトはブラックには及んでないようですけど。

>ぬこ

本日の日記でぬっこぬこにされてくんさいw

ダーウィンのネーミングは凄かった

2007年10月20日(土)22:50 メガ炉どん #- URL 編集
ギシャルルとかズゴガとかインパクト大でした。
蛇形体の突然変異ピスネークはなかなかユニークでブラックディームの存在など当時のシューティングでは異色の存在でしたね。

誰だ!こんな兵器を考えたヤツは。

変化形態の名称のサイケ感

2007年10月21日(日)00:25 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>メガ炉どんさん
当時は全部名前覚えてたけど、今は一部忘れがちになってるのもありますね。

シャルルとかズガウとかドゥドゥックとかの名前もそうですけど、多くパワー取っても強くなるとは限らないのが斬新な作品でもありました。

まさに究極のデフレゲー

2008年01月30日(水)15:09 GALLOP! #- URL 編集
このゲームは1点単位の稼ぎが妙に熱いゲームでしたね。
しかし稼ごうとするとボスの猛攻をかいくぐりつつも壊せる弾を破壊しなければいけないのがつらかったですw

特に1ボスは張り手の判定がでかいから稼ぎを捨ててボスを瞬殺or欲張って自機が瞬殺された記憶がwww

1点台の戦い

2008年01月31日(木)00:38 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>GALLOP!さん
このゲームはまさに1点台の戦いが熱いゲームでありました。

敵をスクロールぎりぎりまでひきつけつつ壊せる弾を破壊しまくる…
逃げるか逃げないかのチキンレース状態がたまりません(結構潰されますがw)

1ボスはやけに強かったですね。
全ボスの中ではあの張り手が多分最強のような気が。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/515-7166a5ee

| HOME |

Calender

<< 2017年05月 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。