あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第185夜~ チェルノブ

チェルノブ タイトル


第185夜。
今回はデータイーストの問題作
「チェルノブ」に触れてみようと思います。

行け!戦う人間発電所、チェルノブ!!


****************************

走れ!チェルノブ


最初の中ボス


原発事故に巻き込まれた炭鉱夫が超人「チェルノブ」となり、悪の組織「デスタリアン」を壊滅すべく、ニューヨーク目指してひた走るアクションシューティングゲームです。

1レバー3ボタンで「チェルノブ」を操作します。
レバーは左右でチェルノブの移動、上下で銃口の向きを変える際に使用します。

ボタンはショット・ジャンプ・方向転換の3種類。
操作方法にかなりのクセがあります。


チェルノブ1ボス(速攻命)


ショットは普通にショットを撃ち出す攻撃で、アイテムによって6種類に変化します。地上にいる場合、向いている方向の正面と斜め上に撃ち出す方向を変更できます。

また、ショットはジャンプの状況や方向転換によっても撃ち出す方向が変わります。

ジャンプはレバーニュートラルで飛ぶ場合(垂直ジャンプ)と、レバー入れで飛ぶ場合(回転ジャンプ)の2種類に分かれます。

垂直ジャンプは体勢を変えずに飛ぶジャンプ。前を向いた状態で飛びます。
飛距離は短いですが、脚を下を向けて飛ぶ為に敵を踏みつけて倒す(ダメージを与える)事が可能です。そのため、かなり重要になる動作になります。
その代わり、ショットは正面にしか出ません。

回転ジャンプは、その名の通り回転しながら飛ぶジャンプ。
垂直ジャンプに比べて飛距離が長いジャンプですが、飛んでしばらくは踏みつけができないという欠点があります。
また、チェルノブの向いた方向にショットが飛ぶ特性もあります。

方向転換は左右の攻撃方向を変えるボタン。
スクロールとは逆方向(左)から登場する敵は、このボタンを使わないと撃退できません。

後ろから敵が出てくることが頻繁に起こるゲームのため、これもまた使いこなしが必要になるボタンになります。
ジャンプと方向転換の使い分けこそがこのゲームを遊ぶ上での鍵を握ると言っても過言ではありません。


電撃ムチでぶったたく


先述の通り、ショットはアイテムを取得する事で変化します。
アイテムは所々に置いてあるたいまつ等を撃つ事で取得できます。
また、アイテムとは別に「UP」マークと「J」マークがパワーアップ用に登場します。


各アイテムの性能は次の通り。

光化学ビーム
赤のパネルに銃のマーク。
チェルノブの初期装備。黄色いビームを放つ。
初期装備の割に、パワーアップするとかなり性能が高くなる。

エネルギーブーメラン
青のパネルにブーメランのマーク。
投げると自機に向かって戻ってくるブーメランを放つ。
貫通性能があるので、武器の中では頼りになる部類。

光輪
薄緑のパネルに黄色い光の輪のマーク。
遠距離まで飛ぶたびに当たり判定が大きくなる。
連射性能が光化学ビームに劣るのが難点。

重力分銅
紫のパネルに棘のマーク。
回転しながら飛ぶショットを放つ。
ショットが出にくい反面、威力が相当高い。

電撃鞭
緑のパネルに鞭のマーク。
棘のついた伸びる鞭を数方向に放つ。
貫通性能があるのが強みだが、かなりクセがある武器。

赤城山ミサイル
灰色のパネルにミサイルのマーク。
誘導性能のあるミサイルを数発発射する。
一部敵の処理が楽になるが、威力がものすごく低い。

UP(赤)
ショットの威力が上がる。

UP(青)
ショットの連射発数が上がる。

UP(黄)
ショットの射程と速度が上がる。

Jマーク
ジャンプ力が上がる。



性能的にはほとんどのステージで光化学ビーム・ブーメランが役に立ちますが、場所によっては使い分けも重要になってくる箇所もあります。

また、アイテムは他にも「円高コイン(¥)」「ドル安コイン($)」があります。
それぞれ5000点、2000点ボーナスです。


ステージ構成は、ひたすら右に向かって走り、ステージボスを撃破する事でクリアとなります。
全部で7ステージ1周構成です。


****************************

炎の海の中から敵が参上


チェルノブ2ボス(土偶・・・)


何と言っても目に付くのは「チェルノブ」という、あまりにもビビッドでストレートなタイトルに他ならないでしょう。

「チェルノブ」の発売年は1988年ですが、その2年前の1986年にソビエト連邦(ウクライナ)にて、チェルノブイリ原発事故が起こり、近隣諸国に大きな問題を起こした事で話題となりました。


そんな問題を知ってか知らずか…


って、もうタイトル見れば絶対に知っているのでしょうけど(汗)、世界的に問題のあった事故をベースにしたゲームが出た事は、ゲーマーの我々にはセンセーショナルに響いたものでありました。
こりゃ、ヤバいって!!!

恐らくタイトルのヤバさは、全ゲーム史上相当なものかと思われます。
モーストデンジャラス。


なかなか動きにクセのある3面中ボス


チェルノブ3ボス(エンディングで大活躍?)


とはいえ、そこまで違和感を感じる事なく溶け込めたのは、やはり出したメーカーの特色があったせいもあるかもしれません。

いわゆる「データイースト」。
通称デコ。

デコゲーといえば、ハゲデブ親父「カルノフ」や、タフガイの原点「ドラゴンニンジャ」という、濃い味テイストのゲームを多くリリースしている事で有名。

そういったカラーが定着しつつあった時代もあったおかげ?で、チェルノブは実にデコゲーらしさが漂うゲームとして、我々ゲーマーに愛される所以となったのです。
一部ではありますが(笑)


赤城山ミサイル発射中


カルノフの従兄弟という取ってつけたような設定にされている彼ですが、その名前のインパクト故か、その後のデコゲーでも採用率が高まってきます。

デコのカオスゲーでお馴染み「トリオ・ザ・パンチ」、吸い込みアクション「タンブルポップ」、挙句の果てにはスーファミ版の「ファイターズヒストリー」に乱入してきたりと、もうデコにおいての看板キャラの一人として崇められている存在にまで登り詰めています。


それだけ、カルノフ及びチェルノブの存在感はすさまじいものだったかと思われます。
あとタフガイと溝口を加えれば完璧。

デコキャラ万歳。


****************************

光化学ビームで敵を撃つ


チェルノブ4ボス(首の取れる土偶)


設定がすさまじいせいもあって、内容を疎かにしがちなのですが、実はゲーム性はかなり優秀なレベルで侮れません。

このゲームの自機「チェルノブ」は非常にクセがあり、前には進めれど、後ろにはボス戦以外は一歩も進めないというすごい状況におかれています。

許されるのはただひたすら前進のみ。
ステージ間デモ画面の「LETS GO GO GO」とGOを3回使っている事からも、ただひた走るしか許されないチェルノブの悲哀がこめられていると思います…


重力分銅は威力が高い


と、それはいいとして、この前進しかできない状況が意外とゲームに良い緊張感を与えてくれています。
自分の後ろに落ちたアイテムはまず取れないですし、地形の割れ目などは考えてジャンプしないとすぐに追い詰められてしまいます。

このゲーム、敵配置と地形トラップがかなり巧妙で、敵数が少ないものの気の抜けないシューティングになっています。
上下左右から敵が襲ってくるあたり、忙しいゲームに分類されると思います。


チェルノブ5ボス(鬼門)


3つボタンという事もあってか、とっつきという点でかなり難しさを感じるゲームになるのですが、振り向き動作やニュートラルジャンプに慣れると、そのトラップ・敵配置の絶妙さに感心するのではないかと思います。

例えば3面の地形が途切れている箇所などは、ニュートラルジャンプを駆使して敵を踏み台にすればある程度は楽に抜けられますし、5面に登場するハンマートラップ(根元を抜けば槌が落ちるやつ)は、自機が前方にしか進めない事をうまく利用した見事なトラップだと感じるでしょう。

当然先に進むほど地形が巧妙になっていきます。


かなり激しい猛攻


敵を踏みつけないと死あるのみ


ただし、各ステージの敵配置などはかなり巧妙なので、ジャンプするタイミングや振り向くタイミングなどを間違えたりすると、いとも簡単にやられてしまいます。

本作は「戻り復活」を採用しており、復活もパターンを抑えておかないとどうしようもないという辛さがあります。このゲームを十二分に楽しみには、どんなにやられてもめげない根性が必要不可欠です。
同じデコゲーのカルノフみたいに「覚えゲー」の部類に入ると思います。

そんなこともあるので、難易度はかなり高めの部類です。
自分も出た当時は結構ハマったタチなのですが、ステージ5の難しさには結構めげそうになりました。

5ボスの骨首長龍はパターンが全然わからなかったし、復活パターンも難しいしで…。巨大な手を踏み台にしようとして、回転ジャンプで突っ込んでみたりとか…。

他のアクションゲームに比べても、相当シビアな操作性を要するせいもあり、かなり手こずらされた方です。


「ミミズ」という敵が大量に


ハンマートラップを駆け抜ける


総合的に見ると、初心者向けではないアクションシューティングといった印象。

垂直ジャンプと回転ジャンプを使い分けるのが結構煩雑に思えますし、敵のパターンをばっちり覚えておかないといとも簡単にさっくりとやられてしまいます。

とはいえ、独特の操作に慣れて先のステージに進めるようになれば、見事なゲーム性を実感できるのではないかと思っています。
復活パターンも全ステージの全てのポイントで可能ですし。

「チェルノブ」をゲーム性という観点で推している方が多いのがその証明です。自分も、このゲームは猛烈に推してもいいのではないかと思っていますから。


しかし挫折した人もやっぱり多い傾向を見ると、ある意味玄人向けですね。長く腰を据えてじっくりハマるには最適なゲームの一つです。

カオスなキャッチとは裏腹に、ゲームの出来は水準以上のレベルを保ってるのが興味深いところ。

****************************

最終面はなかなか難しい


チェルノブ6ボス(見掛け倒し)


しかし、ゲーム内容はどうであれ「チェルノブ」はもう名前だけでインパクトが十二分にあるゲームである事は間違いないでしょう。

色々な要素が恐ろしいほどに名前負け(笑)。
コントでいう出オチ。ほんとうにありが(ry


↓タイトルの時点でカオスを感じるゲームは他にあっただろうか。
チェルノブ タイトル


今は亡きソ連のマークに自由の女神(ちなみにラスボスの背景)。
冷戦を密かに思わせるようなタイトルの巧妙さには涙無しでは語れません。
くっきりと書かれた「戦う人間発電所」の文字のインパクトも絶大。


そして「チェルノブ」といえば、忘れられないのがオープニングのストーリー。
名文句が炸裂します。


↓チェルノブはこうして超人に…
爆発に巻き込まれる炭鉱夫…



彼の身体は異常能力に犯された



幽閉されることに・・・




行け!チェルノブ!!


「行け!チェルノブ 我前に敵は無し」

チェルノブを語るにあたっては外せない名文句です。
当時はこの言葉にどれだけシビれたか。



さらに全ステージクリアした後のエンディングも強烈。
自由の女神の顔が爆破して(これもまた危ない)、その後のチェルノブが軽く映し出されるのですが…



↓チェルノブの戦いは終わらない…
デスタリアンを倒したチェルノブ…



何故かローマ字



最後の敵を倒しても疾走するチェルノブ



そこにヘリが・・・






嗚呼… 「エ ン ド」




結局チェルノブはヘリに撃たれてしまいます。
独特の音のせいで、悲壮感倍増。

ゲーメストでは「絶望という名のヘリ」と表現されていたのが印象的。
アメリカに核を持ち込んだという正当な?理由とはいえ、かなり表現が危ない!!

巨大な「エンド」が悲壮感をさらに増幅させます。

当時見た方で結構衝撃を受けた方もいるのでは。


****************************

ラスボス・デスタリアン(特攻に注意)


自由の女神の上で最終決戦


移植版では、X68版、メガドライブ版が存在します。

X68版はアーケード版の完全移植。
完全移植には定評のある電波新聞社が移植を受け持っています。

メガドライブ版の「チェルノブ」はオリエンタルテイストが漂った、近代風アレンジになっています。
移植のベースはアーケード版ですが、一部オリジナルの要素が加わっており、画像もアーケード版よりも描き込まれたものを使用しています。

難易度もアーケード同様高い模様(現在未プレイ)。
ちなみにWiiのバーチャコンソールで配信されているそうですので、興味のある方は是非。



★「チェルノブ」スーパープレイ


自爆稼ぎ、トラップの抜け方など、見所いっぱい。
今まで使えないと言われ続けた「重力分銅」の見方が変わる動画ですw





おしまい。

| シューティング千夜一夜 | Comments(30) | Trackback(0) |

コメント

Let's GO GO GO!

2007年11月18日(日)02:41 XVI #LkZag.iM URL 編集
初めて見たときの衝撃(笑撃)が忘れられません。
「なにこの滑らかすぎる動きwww」
後ろ歩きで犬(?)に追いかけられるデモの実にシュールな事・・・。

しかし見た目も操作系も怪しさ満点なのに、
意外に細部まで練りこまれた良作でしたね~。

X68k版は、3ボタンに対応するためにメガドラパッドの変換コネクタが同梱されているという、至れり尽くせりな内容でした。

そして動画・・・すごいですね;
土偶ラストの稼ぎ方に魂を感じました(゚д゚;)

来たぞ我等のウルトラマン

2007年11月18日(日)03:13 メガ炉どん #- URL 編集
シュワッチ!
行け!チェルノブ!我が前に敵は無し!
敵【は】「なさけむよう」
ついに来たか…チェルノブ。行き着けのドライブいんのゲームヒストリーが早く直ること望む。
自分は八つ裂き光輪を好んで使ってました。しかし五面はクリアできないですね。

武蔵山ミサイル。

2007年11月18日(日)18:48 芸夢人 #- URL 編集
キタ――(゚∀゚)――!!
 出ました。ゲーム史上の問題作。

当時はすごい反響もあってかの社長が
弁明のコメントしたことでも有名ですね。

 赤城山ミサイルというネーミングにしびれました。
 一番使えるのはブーメランとレーザーですが。

 MD版ももちろんプレイ済みですよ。
(かなり設定が変わってましたが。) 

海外版はアトミックランナーチェルノブ

2007年11月18日(日)19:44 メガ炉どん #- URL 編集
ブーメランは使えた武器でしたか。自分はなるべくとらないようにしてましたが今度プレイするときはブーメランも使ってみます。
赤城山ミサイルは…「プロジェクトA子」の武器でしたね…
重力分銅で思わず懐かしの「ちょっぱー卍」氏の漫画思い出してしまいました。

ゲーメストの攻略頼み

2007年11月18日(日)21:32 もり3 #- URL 編集
駄菓子屋で20円だったのでコツコツプレイしてましたが
あの骨首長龍に何回もやられ、結局挫折してしまいました。
他にプレイしてる、上手いプレイヤーもいなかったしね。

たまに倒せてましたが、いまいちパターンがわからりませんでした。
復活戦もツライし。

PS 土偶戦は、鞭だと逆に回らなくても楽に倒せてたな。

ゲーメストではロボコップとよくつるんでた印象

2007年11月18日(日)22:07 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>XVIさん
とにかく主人公がめちゃめちゃ滑らかでしたねー。
走りのモーションは、今のモーションキャプチャにも劣らないほどw

ゲーム的にはマニアックな心をくすぐられる出来ですね。
クリアにはある程度のやり込みが必要なのですが、それがきっちり反映されるということで、良質な出来だと感じました。

動画は分銅で敵を全滅させてるのがすごい。
とてもじゃないですが、マネできませんよ。


>メガ炉どんさん
情け無用でございますね、チェルノブ。
色々な意味でw

光輪は他の武器に比べると連射力が無いのが辛いですね。
全てのアイテムの種類の特性を極めると、最も使い勝手が悪くなるかも。
ブーメランはガードする敵なんかにはすごく有効ですな。

ちょっぱぁ卍氏は、もう巨乳ねーちゃん描かないのかな。


>芸夢人さん
「チェルノブ」ってタイトル、よく通ったと思いますね。
まさにリスクの足りない時期だからこその趣。
カルノフとチェルノブが従兄弟になっちゃってw

「赤城山」を覚えたのはチェルノブからって人が多かったりして。
このネーミングセンスはイカしていると思いました。
MD版もやってみたいっすね。


>もり3さん
うちも同じような状況でしたね。

ステージ5までは安定して行けるようになったのですが、骨首長龍が強すぎて。

正解は所定の位置で3WAYを封じて、伸びてくる頭を垂直ジャンプで踏んで、通り過ぎて出てくるところを待ち受けて、また頭踏んで…の繰り返しですね。
結構レバー入れる回数が多いから、垂直ジャンプができなかったのが辛かったです。

鞭はクセがあるのですが、貫通性能がピカイチなのと唯一地上から真上に攻撃できるという利点がありますね。カメ退治には役に立ってました。

人間発電所ブルーノ=サンマルチノ(ぉ

2007年11月19日(月)05:46 GALLOP! #- URL 編集
世界一ヤバイタイトルktkrwww

自分は3面で挫折してしまいましたがorz
赤城山ミサイル案外使いづらいよ・・・。

確か、このゲームは事故が起こる前から開発していて、一旦作り直してたとか・・・。

それでも当時で2年もかかるのは長すぎるんじゃないかと小一時間(ry

アメリカでの反応はどうだったんだろ

2007年11月19日(月)12:45 メガ炉どん #- URL 編集
なにしろロボコップ2には夢のようなゲーセン「デコゲーセン」がでてましたからね(笑)
向こうのインストカードと筐体はどんなデザインだったかみてみたい…
チェルノブの海外版の違い(ゲームヒストリーでの違いですが)
①ステージが短い
②アイテムの出方が違う
③敵の出方も違う
④猿みたいな敵が投げる石がときどきメチャクチャなスピードで投げてくる
気付いたのはこれくらいです。
そういえば二面の後半にある吊り天井のようなトラップは八つ裂き光輪だと破壊しきれないんですが、他の武器ならば大丈夫でしょうか?
三面ボスのヘリは八つ裂き光輪が早い気がしますが

鞭使い

2007年11月19日(月)23:10 とおりすがり #B1SxDUpc URL 編集
鞭が一番使いやすかったです。ボス戦ではボロボロになることも多いですけどね。おもに回転ジャンプばかりしていたので向きを変えずに後ろや上もすぐ倒せるのが強みでした。あとは回転弾がおおかったですかね。

ボタンがそれぞれ左右へのショットボタンだったら武器のバランスはまた違っていたでしょうね。

あと敵を踏んだと思ったら死んだりすることも多くてなかなかこの辺の当たり判定がよくわかりません。

真のエンディング?

2007年11月19日(月)23:45 jj9サスライガー #- URL 編集
アーケード版は途中で挫折しましたがメガドラ版はやり込みましたよ。
アーケードでは打ち切りアニメみたいで「ナイスボート」な感じだったエンディングにメガドラ版は続きがあり、ヘリに撃たれて死んだのかと思ったら、そのあとなぜか海岸で目覚めて敵に捕まったはずの妹も無事という不思議なものになっていました。
まさかこれって夢オチ?

デコのゲーセン…

2007年11月20日(火)00:00 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>GALLOP!さん
もうこのヤバさはガチとしか言い様がw
赤城山ミサイルは3面中盤限定っすね。
これ以外の場所だと詰む場所もありますし(ハンマートラップの前とか)

>それでも当時で2年もかかるのは長すぎるんじゃないかと小一時間(ry

でもそれだけ作りこんだからこそ、バランスの良いゲームになったんですねー。
タイトルはまぁ別としてw


>メガ炉どんさん
デコゲーセン…なんという素晴らしい響き。
自分だったらサンダーゾーンばっかりずっとやってるなw

チェルノブは海外版もあるんですよね。
カルノフ同様、設定が違いますか。
海外の評価はどうなってたのか…

吊り天井はショットの威力が心許ない光輪だと撃ちきれないですね。
ブーメランか光化学ビームだと結構楽に潰せますよ。
オススメはブーメラン。連続する場所が多いですし。


>とおりすがりさん
鞭も結構通な武器に分類されそうですね。
鞭縛りでクリアとか誰かやってそう(響きがちょっとやらしい)

某デスマみたく左右ショットとボタンが振り分けられてあると、ちょっとゲーム性も変わってきそうですね。こっちの方がやりやすくなるかも。

敵を踏むのは時々失敗しますね。
特に回転ジャンプの時は足がなかなか下を向かないので、うっかり突っ込んでみて踏めるかと思ったら踏めなかったり。巨大な手を踏むのが個人的にドキドキもんです。


>jj9サスライガーさん
メガドラ版はエンディングが違うのですか。
しかし、なんという夢オチwww

アーケード版とかも実は案外そんな感じだったりするのかも。
ミョーンって音が本当はヘリを倒した音とか(ないか)。

チェルノブってあだ名だったシゲノブ君は今どうしてるんだろう

2007年11月20日(火)11:10 Jyn #- URL 編集
中学生のころよくやりました。
全クリしたのはX68K版で、エンディングで唖然としたのを覚えてます。
トラップとか敵の配置とか絶妙でしたね。
ボスの頭ポーン、ポーンって飛んでムチをビシ。ビシ。って書きながら頭に映像が浮かんできました。

あの頃はよかったなぁ・・・w

良システム

2007年11月20日(火)16:59 NORN #- URL 編集
動画のみ閲覧したのですが、いや結構テンポがいいゲームだ、と思いました。リズミカルな音楽とあいまって、楽しくプレイできるだろうなぁと感じています。機会があればプレイしてみたいですね。

そういえば、以前購入されたゲーム、どこまで進まれましたか?

ヌメヌメした動き

2007年11月21日(水)00:01 030 #3PxWMwLw URL 編集
初めて書かせていただきます。
チェルノブは一種異様な雰囲気に誘われるがままにコインを投入していっぺんで虜になりました。
ただ、あまりゲームが得意な方ではないものでアーケードではやり込まず、68版を発売日に購入してからはひたすらプレイする毎日。
ヘタれなりに1コインクリア出来る程度には上達しました。もちろんメガドラパッド使用です。
慣れるにしたがって体操選手のようにアクロバティックに舞うことが出来て見栄えのするゲームですね。ぱっと見は地味ですが。
動画で久々に聴きましたが2面と最終面の曲が琴線に触れて衝動的にアレンジしたくなりましたw
デコゲーの中で一番プレイした最も思い入れの強い作品です。

ノブが名前についているばっかりにw

2007年11月21日(水)01:35 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>Jynさん
なんというかわいそうな?シゲノブさん…
結構X68K版をやってる方って多いんですね。完璧な移植なだけに。

巧妙な敵配置な分、パターン作りが非常に楽しかったゲームですね。
覚えればそれだけ長く遊べる、そんなゲームのように感じました。


>NORNさん
今だったら横スクロール専用のエミュ筐体でないと見つかりそうにないですね。
リズミカルなゲームというのは確かにその通り。テンポがいいですよね。

>購入したゲーム

アインハンダーは…
すごく…覚えゲーです…

ノーマルモードをコンティニュー使い切ってもクリアできませんでしたw
ウルフファングも相変わらず苦戦中。


>030さん
はじめまして。
コメントありがとうございます。

自分も誘われるがままにコインを入れてハマったクチです。
そのままハマって5面までは安定して進む事ができました。そこからが地獄でしたがw

あのアクロバティックな動きはまさにナディアコマネチですね。
走る姿も滑らかですし。
最初の障害物でくるっと転がる事ができるのも粋なシステム?で。

音楽もなかなか粋な味わいがしますね。
3面の曲も良かったですな。

ノブ・・・

2007年11月21日(水)02:59 XVI #LkZag.iM URL 編集
シゲノブくん・・・
「チェルノブ後ろ走りしろよぅー」
という光景が目に浮かびますね・・・
しかし元ネタ知ってると付けられたくないあだ名ですが、
知らない人から見ると案外かっこいい名前かも。

FF=ファイティングファンタジー

2007年11月22日(木)00:37 030 #3PxWMwLw URL 編集
上で2面と書きましたが3面の間違いでした訂正いたします。
あの転がるギミックとか芸が細かいですね。
バカとシリアスが紙一重の色物然とした雰囲気を醸し出しながらも、しっかりとしたゲーム性に支えられた絶妙なバランス感覚の作品でした。

良作とバカゲーは紙一重

2007年11月22日(木)01:23 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>XVIさん
しげのぶ君がそうなら、この世のノブが付く人は常にかわいそうな目に…
ヨシノブ(某G軍4番)とか。


>030さん
デコのゲーセンではFFはファイティングファンタジーは常識w
転がるギミックは、プレイしてしばらくして気が付きました(というかデモ画面で演舞してますね)

あの危険なネーミングとは裏腹に、ゲーム性は本当に見事の一言ですよ。
骨のあるゲームで、いかにもゲームらしいというか。

2007年11月23日(金)14:16 あばでま #ify1Hwdo URL 編集
実際にチェルノブとカルノフって、スラブ神話に兄弟神として存在してますよ。

とってつけたような理由と言うより、元々そう言う設定で作ってたら、都合良く凄い事故が起こってそれに便乗した、が正しいのではないでしょうか。

開発者に降臨してもらいたいところ

2007年11月24日(土)00:56 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>あばでまさん
この情報はWikiでも語られているようですね。
参考にした情報というのは多分これのことでしょうか。

http://khex.blog42.fc2.com/blog-entry-541.html#comment4380


ちょっと説明が不十分なところがあるので(カルノフとチェルノブが何なのか書いてないあたり)、これが正しいかどうかはわかりませんが。
グーグルで調べても全然情報が載っていないですし。

当時デコが公式で「チェルノブとカルノフは従兄弟でチェルノブイリとは関係有りません」みたいな事を言ってたみたいですが、それだったら「じゃあ原発の表現カットしろよ」と突っ込み入れたくなりますねw

恐らくこれは便乗になるでしょうね。
案外その便乗作戦は成功したように個人的には思ってます。憶測の域ですが。


うーん、公式コメントにしてはあまりに真偽が不十分なので、ここは当時の開発者さんの声を聞いてみたいところ。

というわけで、当時の開発者さん、このログ見てたら真実を教えてください
(なんという他人頼み)

若干ツッコミ

2007年12月09日(日)01:03 Birdhead #- URL 編集
>ソビエト連邦(現ウクライナ)
ですが、当時もソビエト連邦のウクライナ共和国でした。
なのでソビエト連邦(ウクライナ)でよろしいかと。

成程

2007年12月09日(日)13:48 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>Birdheadさん
ご指摘ありがとうございます。
修正しておきました。

OWATTE SHIMATTA

2008年04月10日(木)03:40 ZAN #C4yzd0ZY URL 編集
一ヶ月くらい前の話。
このサイトで閲覧して以来、この妙ちきりんなチェルノブに惚れ込み、近所のゲーセンでBGMが夢に出るくらい延々とやりこみまして、先日遂にワンコインクリアを果たしました。
連射ボタンが無かったので、分銅が意外と使えました。連射があれば話も変わると思いますが。

それにしてもこのBGM、一度聞いたらなかなか頭から離れないですね(笑

デコゲーの良作ですね

2008年04月11日(金)12:59 K-HEX@職場 #xHucOE.I URL 編集
>ZANさん
>先日遂にワンコインクリアを果たしました。
おお、ワンコインクリアおめでとうございます!
やり込み甲斐のあるゲームだけに、感動もひとしおのことでしょう。
重力分銅を再評価されてるのも何よりw

>BGM
確かに独特の雰囲気のある音楽ですよね。
初期デコミュージックもなかなかイケるというか。

キワモノ

2008年09月24日(水)18:04 キュウ #- URL 編集
言い忘れましたが250夜おめでとうございます。これからも楽しみです。
最初は名前も知らずトライで見た時なんか変な人が城の中走ってるな~と思いました。
たまたまネットで調べたらチェルノブ?でゲーム画像みたらああ~トライで見たあれかと分かりました。(そしてデコの存在もこの時に知る事に)
なんともキチガイゲームです、ゲーセンでやりましたが後ろに下がれないし、分からない時余程反射神経よくなきゃダメですね。(ゆえにムズイ)OTL
まあ~ゲームとしては、斬新で気持悪くおもしろいですけど。
しかしデコは見た目も中身もキチガイですがホントに真面目にカッコイイものもやってくれます、特に(このゲームもですけど)一部のキチガイ系なんか見た目で判断するな!(お父さん的)ですね。

名前からしてキワモノ

2008年09月25日(木)01:01 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>キュウさん
チェルノブのシンプルなデザインの中に秘められたカオスっぷりは、忘れ得ないほどのインパクトですよ。

デコは時々格好いい作品も連発してくれるので、心に残りやすいんですよね。
でもそんな中においてカルノフとかチェルノブとかやられると、その対比でインパクトが倍増しちゃいますよ。
今でも溝口誠が頑張ってますよね。

2009年01月23日(金)11:05 てんま #- URL 編集
実は電撃鞭は障害物完全貫通(すりぬけ?)なので、コレで倒せない敵がいませんでした。
ロング3本の最強状態にしてしまったら、使えない局面まったくなし。
チェンジなしでそのまま最後までいけました。

逆に使えそうで使えなかったのが光臨。
当たり判定の巨大さが災いし、多少でも障害物があるとこではダメダメでした。

鞭は割と強いのですか

2009年01月24日(土)01:49 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>てんまさん
リーチと貫通性能に優れてるのが鞭の利点と言えるでしょうか。ショットの合間に隙があるのが難点そうですが。

光輪は弾数制限がある事と、遠くに飛ぶほど速度がゆったりになるのがきついんですよね。常に超高速で飛ぶ光子力ビームとは大違いですよ。

トライで初めて見ましたけど、凄いゲームですね

2012年02月03日(金)00:51 MKMKM #SGkcU7uI URL 編集
タイトルやばすぎです。カルノフの従兄弟って設定は凄いですね。
カルノフの従兄弟なら、そりゃマスコット的存在になりますわな(笑)

>タイトルの時点でカオスを感じるゲームは他にあっただろうか。
>ゲーム性はかなり優秀なレベル
ゲーム性がシッカリ出来ているからこそ、カオスが引き立つんでしょうね。
そうでなければ、さすがにファンが付かないでしょうし。
強制スクロールなのが難しかったですね。ジャンプミスって穴によく落ちておりました。

>チェルノブはこうして超人に…
どこから出てきた?デスタリアン(笑)
オープニングのストーリーは、最初から最後まで「ガビーン(擬音)何だソレー!」と、ツッコミ所満載。
動画で見たMD版はチェルノブが科学者になって、デスタリアンに意味が出てきたと思ったら
やっぱりカオス。でもアツい!まさにこれがデコテイスト。
名(迷?)文句の前では全てが霞むのです(笑)

>一部ではありますが(笑)
ゲーメストでもデコ特集がありましたので、それだけデコファンが多かったという事ですね
ヘラクレスの栄光にハマった友人が、溝口を気に入っておりました。
そしてデコファンに。女キャラが全く目立たない(格闘)ゲームはデコにしか作れない(笑)

名前は凄いけどゲーム性はお墨付きレベル

2012年02月05日(日)20:13 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>MKMKMさん
タイトルのインパクトがあまりにすごすぎる事もあり、ゲーム性にはなかなか触れられないのが惜しいところではあるのですが、少しでも触ると、昔ながらのゲーム好きなら納得のいく出来なんですね。その一端に触れただけでも、収穫ではないかと思いますね。

>ゲーメストでもデコ特集がありましたので

ゲーマデリックの話や、ウルフファングの話が印象深いです。あとは荻窪の話とか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/541-68c472d2

| HOME |

Calender

<< 2017年03月 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。