あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第191夜~ ウォーオブエアロ

ウォーオブエアロ タイトル


第191夜。さて今回は…
アルュメ/ヤンチェンの「ウォーオブエアロ」です。

通称「PROJECT MEIOU」。
冥王星は今はもうありません。

ついでに販売メーカーも今は(ry

****************************

ウォーオブエアロ ゲーム画面その1


ウォーオブエアロ ゲーム画面その2


宇宙空間を舞台にしたSFシューティングです。
1レバー2ボタンでオレンジ色の自機を操作します。

ボタンはショットとポッドの向き変更。
ショットは連射式のショットで、基本溜め撃ち無し。
アイテムによってショットの性能が変わります。

ポッドを装備している時は、2つ目のボタンを使用してポッドの撃つショットの向きを変更します。ポッドの撃つ方向は上下のみで、押すことで発射方向を入れ替える事ができます。

ポッドアイテムは特定のアイテムキャリアの中に入っており、取得した方向にポッドが装着、以後ポッドアイテムを取得することで、取得した方向のポッドを強化できます(最高3段階)。

ボタンを両方押す事で自機のスピードを変化させることができます。
速い方と遅い方の2段階あり、基本的には速い方をメインで使います。

2P同時限定で、遅い状態で自機を重ね合わせると「合体」が可能です。
合体中はポッドの攻撃能力が高くなります。また、攻撃を喰らっても自機の合体が解除されるだけというメリットもあります。


ウォーオブエアロ ゲーム画面その3


アイテムキャリアの中には自機のショットを変更させるアイテムが入っている事もあります。

アイテムの効力は以下の通り。

3マーク(黄)
 3WAYショット。3方向にショットを発射できる。
 弾速がやや早く、使い勝手はまあ良い方。

5マーク(緑)
 5WAYショット。5方向にショットを発射できる。
 3WAYよりは弾速が遅い。3WAYと同等の使い勝手。

Xマーク(青)
 Xレーザー。斜め4方向に反射するショットを発射。
 障害物の多い場所での使い勝手がいい。

Bマーク(赤)
 バックボム。放物線を描く弾を前方に放出。
 前方への攻撃が手薄になるので、かなり使い辛い。

Sマーク(青)
 サイド。反射するショットが左右方向に出る。
 3、4面など局所的に使える武器。

Dマーク(赤)
 ドリルレーザー。前方向に威力の高いレーザーを発射。
 耐久力の高い敵に対しては絶大な威力を誇る。

Hマーク(赤)
 ホーミングミサイル。2方向にホーミングミサイルを発射。
 ある程度敵をサーチするので、局所的に使う。

Bマーク(灰)
 スプレッドボム。爆発するミサイルを発射。
 ミサイルの威力が弱いので、使い勝手は悪い。

Vマーク(青)
 バルカン。いわゆるノーマルショット。
 アンチアイテムを取った時に戻す際に使用?

Sマーク(緑)
 サーチレーザー。敵をサーチするレーザーを発射。
 威力が高く、敵を勝手に倒してくれる最強の武器。
 隠し武器として登場。


アイテムは場所によって使い勝手が変わってくるので、的確な選択が必要となります。
なお、アイテムはアーマーの役割を果たしていませんのでご注意を。


本作は全8ステージ×2周構成のゲームです。


****************************

ウォーオブエアロ ゲーム画面その4


ウォーオブエアロ ゲーム画面その5



はい。



これはイ○ージファイトです。



本当に(ry



と言ってしまいたいぐらい、このゲームはイ○ージファイトに似ています。
言ったらダメなんですかね?

ダメなんですかね??


いや、ぶっちゃけイメージファイトなのですがwww


自分はかねてから実物を見たい見たいと思っておりましたが、どこを探しても全然見つからずじまい。初めて実物を見たのは下記のリポートに書いたR-TYPE祭が初めてになります。

★参考
R-TYPE祭に行ってきました


堂々と「パクリゲーム」と称されるあたりが何とも…


ウォーオブエアロ ゲーム画面その6


出回りが非常に悪い代物なので、実機で見た方は非常に少ないかもしれません。
基板で動いている所を見て、妙に感動した覚えがあります。
行った当時はステージセレクトができる状態だったので、ある意味ビックリしましたが。

まぁ、厳密にはパクリではないのでその辺りは許せるのですが、色使いや自機の装備など、明らかにイメージファイトを参考にしたような造りは、当時イメファイにハマってた側からすると、どうしても突っ込まざるを得ない何かを感じます。


例えば上下に向きを変えるポッド。左右にくっついている様はどうみてもイメファイのポッドみたいですし、形もショットの形状も、どことなくイメファイクオリティ。
ショット音や敵がダメージを受ける音も、本当にそのまんまです。
少しは差別化というものをだな…(汗)

隠しアイテムで登場するサーチレーザーとかドリルレーザーも、イメファイをほぼ踏襲。威力の高さまでこれまた一緒。

ステージ1のコロニーステージの色使いはまさにイメファイの1面。
雲が流れるところまで合わせられると、これは…もうね…
という気分になるかもしれません。


↓この背景と雲の流れはっ! しかも1面。
この雲の流れw


それにしても演出のタイミングまで似てるってどういうことさね。

最初のステージの状況を一目見ただけでも、「イメージファイト」を参考にしたようにしか思えないデザインに眩暈がするのではないかと。
実機で初めて見たときはクラクラですよ。ええ。


****************************

ウォーオブエアロ ゲーム画面その7


ウォーオブエアロ ゲーム画面その8


ゲームとしてはすごく難易度が高くて骨のある内容です。

覚えて連射で速攻で叩き潰すイメージファイトに比べると、そこかしこに避けのスキルや緻密なパターン化が問われてきます。
地形的にいやらしい箇所が多く、攻撃もイメージファイトに比べるとやや激しい傾向が見られます。

ステージ4なんかは非常に顕著で、敵も出てきていないのに繰り出される攻撃や、普通ではまず撃ち切れない位置にいる砲台などの存在などが、難易度を高めている原因になっています。

ポッドも当てても何のダメージもない上に、上下攻撃だけで汎用性も薄いですし。

その敵のほとんどが必要以上に耐久力を持っているのもまた困った仕様。
連射装置が無いとまともにプレイするのもままならないと思います。

ウォーオブエアロ ゲーム画面その9


パーツとかアーマー風味なものは一切無く、自機は一撃でやられるのも難しい要因。よって、強い段階になったとしても敵弾に対して細心の注意を払わないといけません。

縦スクロールの割に障害物で難易度を高めている場所が多いですね。
ステージ4の入り組んだ地形とか、ステージ5の高速スクロールステージなどがその代表例と言えるでしょう。

このゲーム、2P同時で無い場合は「戻り復活」を採用しています。故にパターンを覚えるまでは全く安心できません。
後半戦はそれこそ記憶力の勝負となってきます。
それこそ、超絶的な覚えゲー。


まあ何より、自機の攻撃手段の割に障害物越しの敵が多いのがキツいですね。ポッドを左右に振ることができればかなり楽になるのですが…

こういった「イメージファイト」をいちいち難易度を高くして作ったような出来はどうにも関心できない部分が多かったりします。
上級者でも、障害物の多いステージ4をきっちり突破できるのは難しいでしょう。


ウォーオブエアロ ゲーム画面その10


とはいえ、イメージファイト風味のシューティングとは散々書きましたが、先に進むと、結構オリジナリティも持ち合わせてるかなー、と思わせる部分も見えてきます。

生物兵器のいる4面の水溜りの溢れる地形とか、コアみたいなポッドを盾にした5面ボスとか、6面の夕焼けに飛び交う飛行機の群れとか、そこかしこに差別化を図ろうと頑張っている跡が見えます。

プレイヤーサイド視点の評価としても、攻略がちゃんとできる範疇にあるので、実は頑張っていた方ではないかと思われます。


・・・が。


それでも色合いとか敵の形などは明らかにイメージファイトの踏襲から脱していないようにも見えるのが、イメファイ大好きな人間から見るとオリジナリティと言う点で…その…


いや、何と言うかね…


なんという曲がり具合


隠し武器のサーチレーザーでございますよ。
見よ、このキレのいい直角な曲がり具合!!
世界に一つだけの武器のはずだけど、えらい既視感が。


右側から侵入します


戦艦を通り過ぎる時は左側通行ではなく、右側通行。
歩行者遵守。それこそがウォーオブエアロ。

あ、サイドは強いですよ。


ここで何してはるんですか!


またどこかで見たような敵がこんなところで…
素人の目はごまかせても、うちの目はごまかせないでござる。

こんな所で何してはるんですか!!


まあ、そんなところです。


****************************

ウォーオブエアロ ゲーム画面その11


ウォーオブエアロ ゲーム画面その12


この作品を発売したメーカーが「ヤンチェン」という台湾のメーカーらしいのですが(ちなみにバンプレストからリリースされているガンダムネオバトリングも同社発売)、販売にあたってはあらゆるメーカーが関わっているようです。

画面上ではヤンチェンの作品としてライティングされていますが、他にもジェミニウイングやエイトフォースをリリースしたテクモ、ヘビーユニットや爆烈ブレイカーをリリースしたカネコなども関わっているということで。

詳しい事はよくわかりませんが、下記の記事を見てくれればわかると思います。

★参考サイトその1
北燃出版さんのウォーオブエアロのレビュー


開発がアルュメとのこと。
さすがはレゾンのアルュメ…

あと、実際に攻略法を書いてあるサイトもあります。
こちらも参照のこと。


★参考サイトその2
ウォーオブエアロにおける献辞


実機による2周目プレイ動画があります。
直に某イメファイとの激似っぷりを堪能していただければw
| シューティング千夜一夜 | Comments(11) | Trackback(0) |

コメント

ぼくたちは…待っていたんだ。

2007年12月08日(土)21:29 メガ炉どん #- URL 編集
イメージファイト2を…
って違うんかい!
初めて知りましたよ、このゲーム。自分もかなりイメージファイトにはあつくなったので思い入れはありましたが…
これは…ちょっと…
コメントしづらいゲームですな。
アルュメクオリティ。
しかしいつごろ発売されていたのでしょうか?

イメージ的には

2007年12月09日(日)08:54 AEG #INPDMQYs URL 編集
家庭用で誰も頼まないのにリリースされた続編って感じですねw
イメージファイト大好きっ子としてはぜひともプレーしてみたい一品というか
大好きっ子ゆえに憤慨することはなはだしというか。(^^;

えーと、ところで冥王星は別にゼロスフォース破壊後に爆発した星のように消えたわけでは…
あ、いわゆる「われわれの愛した冥王星は死んだ!なぜだ!」という奴ですか?(ぇ

そういえばありましたね

2007年12月09日(日)11:29 メガ炉どん #- URL 編集
イメージファイトⅡ。PCエンジン版で。
当時の流行りで途中途中でへんなアニメが入ってどうも締まらない感じでしたが。
ところでアルュメってアイレムになんか恨みでもあるんかな。ちょっと似てますという感じではないですが。

冥王星なんてないアル

2007年12月09日(日)11:35 もり3 #- URL 編集
初めて見ましたが、動きといい攻撃パターンといい配置といい…
しかもイメージファイトを、さらに難易度アップとは正気のさたじゃねありませんねw

イメージファイトはなんとか配置覚えて、即効で倒し1週クリアしましたが
これは連射力遅い小生には、無理かも?
(そもそも実物見たことありませんが)

イカ味ファイト。

2007年12月09日(日)13:42 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>メガ炉どんさん
初めて見た時は、自分も余りの激似っぷりに笑いそうになりましたよ。
いや、最初からかましてくれるねぇえって。
レゾンのアルュメは伊達ではない…
発売は1993年になりますね。

イメファイIIは見てくれは続編って感じがしますね。
実は未プレイ…


>AEGさん
大好きな人は大ハマリするか激怒するかの2択でしょうw
サーチレーザーのそのまんま感が、もうね。

冥王様大泣き。


>もり3さん
普通に2周目レベルに引き上げてる難易度、というよりは、敵の硬さと障害物の設置で難易度を高くしているような感じになるでしょうか。
連射力が無いと絶対詰まりそうな気が。

位置覚えてても抜けにくいですし。

冥王グランドマスター(違

2007年12月10日(月)07:57 GALLOP! #- URL 編集
何度かプレイしたことありますが、元が元だけに戦略的な作りで、かなり楽しめる内容でした。

とはいっても4面止まりですがw
レゾンの反省を生かしたのか、序盤ではオリジナルで言うところのポッドシュートを前提とした場面がなくなっていた記憶が。

アルュメといえば雷電を意識して作ったマッドシャークなんてのもありましたね。
あっちは他の雷電&東亜シューの猿真似ゲーよりは遥かによい出来でしたがw

冥王様…

2007年12月10日(月)12:50 K-HEX@職場 #xHucOE.I URL 編集
>GALLOP!さん
内容的にはイメファイの踏襲なので、それなりに遊べる出来ではありますね。
ただ、序盤から硬い敵が襲い掛かってくるポイントは「最初から容赦ないな」とは思いました。
しかし4面の難易度は異常ですな。

>マッドシャーク

個人的には雷電の域を超えていないと思っているのですが、当時の雷電リスペクトの作品の中ではグラフィックがよく書き込まれていたと思います。
予想に反して?レーザーが強いですね。

ダブルウイングスが最強だと思う今日この頃。

実写版ザンギエフ

2007年12月16日(日)20:04 智・Ⅱ #- URL 編集
 ・・・かと思ってしまうくらい、似すぎているゲーム。アルュメの作品はそんな感じの物ばかりですね。

 私も実物を目撃できたのは、運がいいといえるのでしょう。予備知識はあったのですが流石に画面を見て、

 「NISUGIIIIIIII!!(俺TSUEEEEEのノリで)」

 と、心の中で叫びましたよ、ええ。いや・・・そんな事よりもっと恐ろしいのは、同じ筐体で
 大王→マッドシャーク→ウォーオブエアロ
 と、「どこかのソックリさん」ゲームが3ヒットコンボ続いた事かも知れません。
・・・素敵なゲーセンだ・・・(笑)。

 ゲームとしては非常に辛口で連射が無いと辛過ぎです。コンテしまくってみたものの、ラスボスもエグイ・・・。

 マッドシャークは面白かったですよ。頑張れば1コイン一周クリアもできるレベルでしたしね。

アルュメは時々やらかす感じ

2007年12月16日(日)20:22 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>智・Ⅱさん
アルュメは結構魅せるゲームもあるにはあるのですが(ジンジンジップとかまじかるスピードとか)、レゾンとかウォーオブエアロとかマッドシャークのように被りっぷりの激しいものを出すことがあるから、侮れないんですね。

さすがにウォーオブエアロは被りすぎでしょ、って。
プライドを捨ててるようにも見えるのが逆に潔いというか。

マッドシャークはレーザーがやたらと強いですね。
それ以外だと結構キツいと思いました。

2008年10月14日(火)03:07 Iron Johnny #- URL 編集
アルュメはレゾンとジンジンジップしか知りませんでした。
イメージファイトもどきも作ってたんですね。社名もアイレムに似せてるだけありますね。
レゾンは基盤で持っていてよく遊びました。アームの向きのコントロールや、R-TYPEより機械的な世界感など結構面白かったですよ。
この「ウォーオブエアロ」は基盤売ってるのかな・・・一度プレイしてみたいですね。

アルュメって言いにくいです

2008年10月14日(火)22:54 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>Iron Johnnyさん
アルュメって、確かにアイレムって言葉を崩した感じに聞こえますね。
アイレムを意識したのか、そうでないのか…

イメファイもどきの他にも、雷電もどきの「マッドシャーク」なんかもあります。
あれらの作品は、当時の二番煎じでも寛容な時代だったゆえの産物かもしれませんね。

レゾンはなかなか難しくて、R-TYPE祭りで基板で遊んだ時は4面で撃沈…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/553-c6474c51

| HOME |

Calender

<< 2017年06月 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。