あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

今まで紹介してきたデコシューティングを振り返ってみる。

うちはシューティングブログである以上、当然のようにデコのシューティングも扱っています。

今回のデコ祭りで、できるだけ未だに紹介していないシューティングも紹介していきたいと思っております。まぁ、全てをカバーするのは難しいですが。

で、今回の記事は軽いジャブとして?
今まで紹介してきたシューティング達をざっくりと振り返ってみようと思います。

これまで紹介してきた作品は、全部で10作品。
改めてこちらで軽く紹介していきます。


****************************

<進退化がモチーフ>
第16夜 ダーウィン4078

レビュー

ダーウィン4078タイトル

BLACK DEAME(最強)

最初はこれでしたね。ダーウィン。

つい最近、またQMAでこのタイトルを答えさせる問題が出てきましたw
フェニックス組でも、俺様一人正解。

しっかし、初期のレビューだけに、文章みじかっ!
しかも確認してたら誤植まである始末(今は修正してます)

進化・退化をモチーフにしたという意味では、とても珍しいタイプのシューティング。
アイテムで強化されていても決して強くない形態があるという点では、なかなかクセのあるゲームだという印象。
ただパワーアップがなかなかよく考えられてるものが多かったので、シューティングとしての体裁は整っているようにも思いました。

売りの突然変異は、パワーアップという概念の新機軸を示してくれたように思います。
デモ画面に登場するBLACK DEAMEのミステリアスな雰囲気は、ダーウィンの真骨頂のようにも思います。奇形の蝙蝠のフォルムは、割と自分好みです。

ちなみに続編は「SRD」ですが、メガドラ版は「ダーウィン4081」としてリリースされてるんですよね。難易度もアーケード版並に難しかった記憶が。


****************************


<ウイング付け替えが勝利の鍵>
第32夜 Bウイング

レビュー

Bウイングタイトル

ゴブナスを倒すべし

次も初期の作品「Bウイング」。

空中と地上の概念があるゲームでしたけど、前身である「ザビガ」とは違って、メインは空中戦になっている作品でした。

大型の浮遊物が道中に大量に浮いてるのが印象的で、グラディウスのコアよろしく、光ってる部分を撃ち抜いて破壊する爽快感はすばらしかったです。
何かを焼き切るような音にクセになった人もいるのでは。

ステージによって有効なウイングが決まってるに等しいゲームなので、難易度は相当高い作品になります。間違ったウイングを選んだ時の脱力感といったら。

他にも話題となったのは、ネーミング画面のハンドロイド、蜘蛛のような敵の出るファミコン版など。ファミコン版はドクロウイングなるウソ技もありましたね。

あと、全面クリアすれば誰でもカンストも漢気溢れる要素もありました。
2回ぐらい出くわしたのですが、それまでは何もできないので待つのが退屈で退屈でw


****************************


<掴んで回してメリークリスマス>
第49夜 ザ・グレイト・ラグタイムショー

レビュー

ザ・グレイト・ラグタイムショー タイトル

極悪サンタさん

かなり飛んで出てきたのはラグタイムショー。
デコ末期の作品だけに、非常に目新しさを感じさせる作品ですね。

スチームパンクの表現がとても素晴らしい作品で、全体を通してハチャメチャな演出が特徴。

ゲーム的に頼みの綱である飛行機はとても破壊されやすく、1コインクリアはある意味前提にはなっていない模様ですが、それでも「何でも乗れる」というハナからゲーム性無視の造りには、逆に好感が持てる部分もあったり。
バイクだけじゃなく、象やキリンにも乗れますよ。

ドット絵が割と細かくて、歌を歌う二人組とか、街中を歩いてる少女とか、スタジアムでビビッてる選手達とか、細かい描写もまた売り。

少女をフックに引っ掛けて、ぐるぐる回して遠くに投げるのが病み付きになりそう(それでもピンピンしてるからまたすごい)

あと金のタフガイ像とか。


****************************


<ジャンプで突き抜けろ!>
第90夜 強行突破

レビュー

強行突破タイトル

空を飛ぶバギー!

かなり間を置き過ぎ!!

にもかかわらずマイナーな作品ですね、これ。
自分が紹介しないと誰もわからないような作品になっただろうと思います。

強行突破の名が示すとおり、ひたすら前に進むバギーが主役のゲーム。
あまりにも無茶な車の飛びっぷりがデコらしいというか。
前半面が割と難しく、特に破壊できないヘリの猛攻を交わすのが難しかったです。

その分後半戦はわりとゆっくりと進んでいけば楽な部類。
ちっとも強行になってないw

レビューで書いてるのですが、青い画面に黒い文字の画面、それに合わせてギターの音が鳴り響くのは、ドラマを意識していて格好良かった記憶が。

アイテム取得音が、何故かダーウィン4078の退化音(ヴィーキュンキュンってやつ)。
ここも誤植してたので直しました。


****************************


<頑張れ!オッサン!>
第94夜 カルノフ

レビュー

カルノフ タイトル

木登りカルノフ

もはや説明不要

そして間を置かずに紹介したのがこれ。
みんなのアイドル、カルノフですよ。

これがなきゃデコじゃない!
カルノフのないデコなんて、味噌のない味噌汁(ry

本来はフォルムが格好いい姿であるべき、という概念を完全に覆しており、ハゲデブ+ナマズ髭という、他のゲームであれば確実に悪役に位置しそうなキャラクターが主人公という時点でおかしい素敵。

そんなキラーカーンのオッサンが軽快にジャンプして炎を吐き、時には泳いだり、羽根を生やして空を飛んだりしてるから普通じゃないだろもう最高。

ゲーム的にはもっさりした動きがクセになるゲームで、一つ一つパターンを構築して対処するという、いかにも昔のゲームにありがちなタイプ。純粋に攻略能力が問われるゲームになります。

最終面(特にアラカタイ撃破)はかなり難しかったですね。
ハシゴや仮面を使って隠し要素を暴くのもまた、面白かったです。

しかしこういったキャラクターをマスコットにするデコはやっぱりあたまおかしいすごいメーカーだな!!


****************************


<「ニューヨークも沈黙しました!」>
第109夜 空牙

レビュー

空牙タイトル

夜景が美しい

カルノフとは一転して、格好いい路線を走ったのが空牙。
飛ばしすぎたハードロックと、それに伴った演出が魅力的な作品です。

ゲーム性は割ともっさりしたタイプなのですが、音楽の評価が劇的に高くて、気合がかなり乗ってるなーと感じさせてくれます。ここまで音楽がいいと、確かにゲームに費やす能力が欠けてしまうのも納得…というか。

クリアのしやすさは、1周だけなら正攻法ならヴァルキュリア、ディフェンダー連発の裏技を使えばセイレーンとはっきりしてました。2周目はどの機体でも無茶苦茶難しいです。スピードの遅いヴァルキュリアはほぼ絶望的。

シルフの出る幕があんまり無かったのがちょっと惜しいですね(その代わり狼牙ではかなり美味しいポジションにいます)。

音声合成も渋くて、クレジット音の「Vapor Trail.」はまさに空牙の象徴。

続編のウルフファングの方が評価的にはとても高く、空牙はその前衛的な見方をされるのが常ですが、渋格好いい路線を築いたという意味ではかなりの評価があって然るべきだと思うのです。

いや、自分がかなり思い入れが強いだけの話ですがw


****************************


<デコ発「タイムパイロット」>
第149夜 ラストミッション

レビュー

ラストミッション タイトル

囲いこみ攻撃だ

やや間を置いて登場したのがラストミッション。
これも「強行突破」同様、デコにしてはかなりマイナーな作品になると思います。

格好いいとか、妙なセンスがあるとか、そういうのではなく、こういった地味ながらも頑張っている一面もデコにはあるよ!!という事を端的に示したような作品になるでしょうか。いや、本当に地味なんですけどね。

いわば、コナミの「タイムパイロット」の強化版みたいな扱いで、Bウイングのゴブナスのようなボスとか、スマートボムの存在とか、その当時のゲームの要素を色々と取り込んでいたタイプの作品になります。

中型要塞の存在は、ボスコニアンかファンタジーゾーンあたりを意識してたのかも。

自機の攻撃が派手で結構プレイしやすいのですが、ボスをちまちまと撃ち抜くのが爽快感に欠けていてちょっと残念。


****************************


<我前に敵は無し>
第185夜 チェルノブ

レビュー

チェルノブ タイトル

やはりこいつが強いんだよ

嗚呼… 「エ ン ド」

カルノフに並ぶ二大巨頭となる「チェルノブ」。
もはやデコゲーファンにとっては説明不要の存在になるでしょう。

その当時起こったチェルノブイリ原発事故を意識した名称だけあって、多くの方々から「不謹慎ゲーム」とも揶揄された作品になりますが、ジャンプアクションとしては非常に遊べるゲームになっており、今もってプレイしても遊べる作品になっているのは好感が持てます。
とはいえ、ゲーム性は非常にいいものの、それが完全に名前負けしてるのが「チェルノブ」の味というか。

チェルノブは、持ち合わせたキャラ立ちのおかげで、カルノフ、タフガイ、溝口誠に並ぶほどのデコを象徴するキャラクターになった感があります。

マスコットにかけては、サン○オなんて目じゃないぜ。

他のゲームにも度々顔を出しており「トリオ・ザ・パンチ」「タンブルポップ」「ファイターズヒストリー溝口危機一髪」など。
デコの看板の名に恥じないほどの人気っぷり?です。


****************************


<父よ、母よ、妹たちよ、生きていてくれ!>
第207夜 ミッドナイトレジスタンス

レビュー

ミッドナイトレジスタンス タイトル

巨大戦艦をぶったたけ

妹たちよ 生きていてくれ!!
怖い顔した妹が夢にもあらわれるとお馴染みのミッドナイトレジスタンス。
最近のレビューだけに、初期のレビューに比べると充実した内容です。

デコは割とゲーム性がいいものを作るんですよね。
大雑把に見える中において、ゲーム造りが妙に丁寧なものが多い。
ミッドナイトレジスタンスも、その中の一つと言えましょう。

ループレバーという複雑な操作を要するデバイスを扱っているにもかかわらず、詰まらない出来になっているのは賞賛に値します。ファイヤーを振り回す感覚がとても気持ちいいのですよ。

やけに気合の乗ったボイスもとても効果的に使われてます。
ニトロの発音は「ナィトゥロゥ!」。
サンダーゾーンの「バッズゥカ!」に通ずるものを感じさせてくれますね。

あと流れ星。鍵が足りない場合は野郎を星にするのが定番。
そして男達は星になった・・・


****************************


<デコセンス溢れる「ファンタジーゾーン」>
第212夜 ワンダープラネット

レビュー

ワンダープラネット タイトル

隠し形態のロボットにトランスフォーム!

現時点(2008/4/17現在)におけるデコ最新のレビューはこれ。
デコ作品の中では非常にマニアックな作品になります。

出回りどころか、ネットですらなかなか引っ掛かってこない作品なだけに、このサイトを見て初めて知ったという方も多そうですね。
ぶっちゃけデコ版「ファンタジーゾーン」。

ポップな雰囲気をモチーフにしているにもかかわらず、黒系の色を沢山取り入れてちょっとどっちつかずになっているのがいかにもデコらしいというか。
ボスもライトな感覚でやっていては一生勝てませんし。

それでも決してクリアできない難易度ではないところは、流石はデコというか。
それなりに難しいけど、コツを掴むことで何とかなるのは、デコゲー共通の良さでもあります。


****************************


デコ作品は割と大雑把な印象にも見えるのですが、実はゲーム性の良いものが結構多いのがわかると思います。やり込めば活路が見出せる、いかにも当時のゲームらしさを兼ね備えてるというか。

エキセントリックなゲームから地味なゲームと数多くリリースされてますが、平均するとゲーム性の良さは格別です。デコ祭りの中で紹介するアクションゲーム、そして今後千夜一夜でも紹介するデコ作品にも、実際そういった傾向が見られるものが多くなることでしょう。

クセが強いものの、やり込みの面白さを感じられるゲームばかりなのが、デコ作品の強みと言えるかもしれません。
だからこそデコは皆に愛される向きもあるかもしれません。


これから紹介するゲーム達も良質な作品ばかりになりますので、今後のレビューを期待してください。

いや、むしろ期待しろ!!



妹たちよ


妹達も喜んでくれてるぜ!!!
| ナガサキ春のデコ祭り | Comments(5) | Trackback(0) |

コメント

いやぁぁぁぁ・・・・・・

2008年04月17日(木)01:38 しろっち #nmxoCd6A URL 編集
いかん・・・・・・いま、最後の画像を見ただけで仮面のメイドガイのコガラシを思い出してしまう・・・・うえええええ・・・・_/ ̄|○

いいえ、妹です。

2008年04月17日(木)02:07 K-HEX@スネーク #xHucOE.I URL 編集
>しろっちさん
オチとしては大成功★

なんてひどいことをするんだ!

2008年04月19日(土)21:02 メガ炉どん #- URL 編集
拙者も助太刀いたすwww
手始めにK-HEXさんのウィッチたんをダークシールのウィッチさん(本名ウィ・ZARDさん)と交換です。

2008年04月20日(日)02:41 K-HEX@スネーク #xHucOE.I URL 編集
それは出来ない相談だなw

俺は海賊王になる!

2008年04月21日(月)01:23 メガ炉どん #- URL 編集
キャプテンシルバー談

え~ではウィッチたんはキャプテンシルバーにでてくるお嬢さん(みのもんた)ことウィッチお嬢さんと交換します。
私はどらこさんとセクターゾーンwww

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/629-aa201a59

| HOME |

Calender

<< 2017年11月 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。