あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第250夜~ ダライアス外伝

ダライアス外伝 タイトル

いよいよ来ました250夜。
50回おきに伝説級の作品を紹介するということで。

今回は待ちに待った、名作中の名作と名高い
タイトーの「ダライアス外伝」をご紹介します。

シューティング界にとっては特Aクラスの人気を誇ってる作品。
今でもかなりの人気を持っていますね。


****************************

ダライアス外伝 デモ画面より

ダライアス外伝 ゲーム画面その1

故郷ダライアスへの帰還を阻止する敵軍団を撃退すべく、最後の望みでもあるシルバーホーク2機が立ち向かうというストーリーで始まる本作。

基本は、1レバー2ボタンでシルバーホークを操作。
ボタンはショットとブラックホールボンバーに使用します。

ショットは連射するタイプのもので、連射すればするほどショットが大量に出されるタイプになっています。画面上のショット数制限はパワーアップ状態によってはありますが、基本的に連射ができればできるほど有利に働きます。また、今回のショットは、ショットボタンでショットとボムが同時発射されるようになっています。

ブラックホールボンバーは、シューティングでいうボンバーの役割です。弾数制限があり(デフォルト3発分)、紫色アイテムを取ることで補給できます。

ボンバーはボタンを押してブラックホールが出た瞬間から無敵になっていて、ボンバーの演出中は、地形以外に対して無敵になっています。ショットの撃ち込みも当然可能です。


ダライアス外伝 ゲーム画面その2

WARNING!

自機のシルバーホークは、アイテムを取得することでパワーアップします。
アイテムは色付きの敵を倒す事で出現。色に応じたアイテムを出してくれます。

アイテムの種類は以下の通り。

赤紋章
ショットパワーを上げる。
取り続ける事で、威力や連装が上がる効果がある。

一定のレベルに達する毎に白玉→レーザー→ウェーブと変化。
以降、ウェーブのみ→ウェーブ+白玉→ウェーブ+ウェーブの形態を踏みつつ進化する。
ウェーブがオレンジ色になると、追尾弾を撃つオプションを纏うようになる。

威力自体は白玉が最も高く、ウェーブ+白玉形態が事実上の最強状態。
その為、最強一つ前の赤勲章は避け続けるのが上策。
なお、最大まで引き上げた状態で取ると5000点ボーナス。

緑紋章
ボムパワーを上げる。
取り続ける事で、発射数や性能が上がる効果がある。

一定のレベルに達する毎に、シングル→ツイン(2方向)→マルチ(4方向)と変化。
さらに進化するとミサイルが敵を追尾する性能を持つようになる。
デメリットは無いので、迷わずに取り続けていくのがベスト。
最大まで引き上げた状態で取ると5000点ボーナス。

青勲章
アームパワーを上げる。
取り続ける事で、アームの性能を進化させられる。

一定のレベルに達する毎に、ノーマル(緑)→スーパー(銀)→ハイパー(金)と変化。
アーム無しの状態で取ると、耐久力が3の状態。
重ね取りすると、ノーマルなら耐久力が1、スーパーは2、ハイパーは3増加する。

ノーマルは最大耐久力3で、スーパーは最大4、ハイパーは最大5。
ハイパーアームになると、障害物にも耐性が付くようになる。
また、耐久力最大で取ると5000点ボーナス。

紫紋章
手持ちのブラックホールボンバーが1個増える。
最大5発まで取得可能。最大の状態で取ると5000点ボーナス。

金勲章
所定の位置に隠れている。
敵を全滅させられる効果あり。敵弾も全部消す事ができる。

銀勲章
所定の位置に隠れている。
50~51200点ボーナスを取得できる。
ボーナス得点は毎回ランダム。ハイスコアラー泣かせ。

エクステンド
所定の位置に隠れている。シルバーホークのマーク。
取ると、自機が1機増える。

ミスすると、赤でパワーアップさせるショットの装備レベルが一定の値まで引き下げられます。
アームとボムに関しては、次にアイテムを取った時も進化した状態のままキープされます(ハイパーの時にミスしたら、次にまとうアームは必ずハイパー)。


Aゾーン中ボス「ニギス」

キャプチャーボール取って仲間に

特殊なシステムとしては「キャプチャーシステム」が挙げられます。

ステージによっては中ボスに該当する敵が出現しますが、中ボスは決められた位置に「キャプチャーボール」と呼ばれるものが埋め込まれています。これを集中して撃ち込むことでボールが外れ、取得すると自機の味方になってくれて、一定時間援護射撃をしてくれるようになります。

中ボスは様々ですが、どれも強力な攻撃を展開してくれます。
一部の中ボスは、コマンドを入力することで特殊な動作を行わせることも可能です。
ただし、中ボスで敵を倒した時には得点が入らないので(編隊ボーナスも入らない)、ハイスコアを狙う場合は注意が必要です。


本作には、ダライアスシリーズお馴染みのステージセレクトシステムが搭載されています。
ステージをクリアするとワープゾーンに突入し、レバー上下で次に進むステージを選ぶ事が可能です。

ステージによっては難易度にムラがあり、選んだステージによって難易度が異なってきます。当然のようにボスもルートによっては違うものが登場しますし、演出などもステージ別に個性的なものが用意されています。

ステージ数は全部で7つ。
選ぶ事のできるステージの総数は28です。


****************************

ナメクジウオ参上

カブトウオ大暴れ

名作「ダライアス」の続編という位置付けですが、これまで3画面筐体、2画面筐体と話題性をかっさらうような特殊な筐体と違い、1画面筐体になったということで、大型筐体を入れられないゲーセンにとっても優しい造りになっているのが特徴です。

事実、前作・前々作は特殊筐体ということが災いしてか、入荷しているゲーセンというのはごく一部だったような気がします。それを思い切って1画面専用にして、どこにでも入れられるような造りになっているということで、出回り面でも相当なものがありました。

うちの近所でも、ほとんどのゲーセンにダライアス外伝が入荷されていました。
当初はかの「ダライアス」の続編が復活したということで、1画面でもかなりのインパクトを感じたことを覚えています。


フォスルの第2形態

ラスタースクロールの美しさを見よ

そんな「ダライアス外伝」なのですが、当初はかなりの難易度を誇っているように見えることもあってか、人付き面において、やや不安要素があったように感じています。

うちの周囲では、プレイした人の感想のほとんどが「難しい」でした。
シューターで当時文通していた人間も、感想として「かなり難しく全ステージクリアって難しいんじゃないかなぁ」と寄せていたのを思い出します。

自分も初見はかなり難しいゲームだなぁ、という印象で、これ全ステージクリアできるのかなぁ、と思ったのもいい思い出として記憶に残るところでございます。


イグジーザスがモチーフ?

不思議な異空間にて

本作で良く言われるのが連射装置の有無で難易度が大きく変わるということです。
出た当時といえば、連射装置があまりメジャーでないアイテムだった頃でもあり、シンクロ連射が実装されているゲーセンは少なかったように記憶しています。

「ダライアス外伝」自体はかなりの入荷率を誇っていたのですが、当初から連射装置が実装されていたゲーセンはそこまで無かったように思います。
連射装置自体を知らないゲーセン関係者も、数多くいたのではないかと。

もちろん連射装置無しでもプレイできることはできるのですが、この状態だと敵の多さや硬さに撃ち負けてしまったり、撃ち漏らしからピンチになることが多く(連無しだと撃ち漏らしの方が怖い)、とてもではないですが、難しさがかなり際立つように感じることでしょう。


地形を掘る敵を利用する

シンクロ20~30連の連射装置があるとないとでは、やりやすさに天地の差ができてきます。

連射すればするほどランクが上がるというギミックこそあるものの、30連の連射装置を付けると、それを感じさせないほどの破壊力に酔うことができますし、爽快感も格別なものがあります。逆に連装が無ければ、爽快感よりも敵の硬さなどがかなり際立って感じられることでしょう。

もしかしたら、この初見の難易度でダライアス外伝を諦めた方もいるのではないでしょうか。本作にとっては、この「連射装置」こそが遊ぶためのキーポイントになってくるのではないかと思うのです。

連射装置がデフォルトで付いていたら、初期の評価も変わってきたかもしれません。


なので「ダライアス外伝」を置いてるゲーセンは今すぐ連射装置(シンクロ30連)の装備を!
ダライアス外伝とサンダーブラスターには連射装置を絶対につけるべきなの!!

ここメモ。


****************************

バルディエホシノエソ

弾幕が多いステージも

とは言え、連射装置の装備さえクリアできれば本作の魅力に酔うことができます。

本作特有の気持ちよさというものは格別なものがあります。
何よりもショットの撃ちまくり感が最高で、特にウェーブを持った時の連射は見るも凄まじいもの。初代やダライアスIIでも実装できなかったものだけに、それこそ連射されるウェーブの束に惚れてしまうことでしょう。

連射による破壊の爽快感もまた、今までのダライアス以上にインパクトが強いものと化しています。敵も物量で攻めてくるポイントが多いので、この物量で押してくる敵を薙ぎ倒すのは、まさにシューティングの本質ともいえるべき所を突いています。

数で押してくる敵の編隊の数々や、無造作にかつ大量に飛んで来る隕石を、連射装置付きのウェーブで蹴散らす爽快感は、これまでのダライアスでも味わえないほどの魅力だと思います。


ラスタースクロールが効果的に使われているステージ

見た目以上に大きく動くイカ

そして一番の肝と言うべきは、魚を模したボス群になるでしょう。
これこそダライアスシリーズ最大最強の魅力でもあり、外せないポイントです。

前作・前々作も巨大な海洋生物達が強力な攻撃を持って攻め立ててきますが、本作もダライアスの血縁をアピールするかのごとく、大きな威圧感をもって、多彩な攻撃を仕掛けてきます。1画面仕様になっているので、魚戦艦の圧迫感は今までよりも強めです。

しかも今回の「外伝」はボスの数が前作の倍以上。
さらに攻撃の種類も、前作以上にバリエーションに富んでいて、見ていても飽きないほどの攻撃量を誇っています。破壊するパーツによって、攻撃がまるっきり変わるというギミックは、変則的に見えながらも、未知の攻撃を演出するにあたっては最高のエッセンスといえるでしょう。

お馴染みのシーラカンス「キングフォスル」を例にとっても、以前はただ口からWAY弾を放っているだけでしたが、今回の外伝では誘導ミサイルに鱗の撃ち返し、さらには内部からミサイルやら破裂弾やらを放ってきて、魅せるボスとして進化しています。

初代ボスの「エレクトリックファン」に至っては、クマノミ弾にショットを防ぐ敵の放出、さらに吸い込みやカラーボール弾放出をマスターするなど、大盤振る舞い。芸達者になって帰って来ました。
前作のファンにとってもかなり意外性を感じさせるような攻撃を仕掛けてきます。


大気圏突入!

美しい氷の世界

加えてボスの強さも話題に上るところで、ボスのカリスマ性は後世まで語り継がれるほどのインパクトを有しています。

中でも、ラスボス前のステージに立ちはだかる、シャコを模したボス「クラスティハンマー」は誰もが認めるほどの強ボスであり、多くの人々を驚かせたのではないのではないかと思います。
全シューティングにおける強ボスを挙げよ、と言われたら迷わず飛び出すボスの一つでもあります。

乱暴過ぎるほどの強さのために、攻略としてはこれを避けて通るのが一般的ではあるのですが、どうしても倒したい!という人も少なからずはいたようにも感じられました。
針弾の乱射とカマ攻撃、ラスボス前とは思えないほどの異常なまでの耐久力は、他のどのラスボスにも負けないほどの魅力を有しています。

早い硬い強いの三拍子。これほどシューターを刺激させるほどのボスはいないのではないか、と言うほどのインパクトです。


↓走攻守全てに優れた武士「クラスティハンマー」

この弾幕を交わせるか


巨体にして身軽な動き


もちろんラスボスの面子も強そうなナリをしたものばかりで、今回は全てのゾーンにおいて違うボスが配備されているという手の懲りようが泣かせます。
攻略も千差万別の強さになっているのが、また魅力的。

パターンさえ読めれば初見でも倒せるフウセンウナギの「リスクストレージ」から、攻撃の種類の多さで魅せる「ヴァーミリオンコロナタス」「オーディアストライデント」、暴れだすと止まらないゴールデンオーガの影の存在「ストームコーザー」、そしてラスボスには絶対にかかせない鯨こと「グレートシング」…

これらの魅力的で暴力的な攻撃を仕掛けてくるラスボス達には、ドキドキを禁じえないほどの魅力に包まれています。攻撃の種類も今までのボスとは違うぞ!というほどの多彩っぷりで、シューターにも充実感を感じさせるほどのものを持っていると思います。

前作・前々作を知っている身であっても納得せざるを得ないほどに凝ってます。
まさに気を抜かない造り。



<華麗なるボス達 SPECIAL>


今回は特別なので、愛すべきボス達を大々的に紹介。
個性という点では、シリーズ最高峰と言うべきインパクトを持つ敵戦艦達です。

しかし量が多いねー。


・Aゾーンボス「GOLDEN OGRE」

派手な登場

ポリゴンなモノリス弾ばらまき

モチーフはオニキンメ。ダライアス外伝を象徴するボスの一つ。
目の前の建物をしっぽでバコーンと壊すという、誰もが涙した演出をのっけからぶちかましてくれる。
モノリス弾・ボス破壊の演出など、度々ならぬ演出で魅せてくれる結構お茶目なボスである。
エンディングで動きまわる姿はとても優雅。



・Bゾーンボス「ANCIENT DOZER」

地上を走る猛戦車

水平攻撃が多いのです

モチーフはカブトガニ。水平方向への攻撃で攻め立てるボス。
森の中を突撃して木々を破壊する様が素晴らしい。
とは言っても、避け方さえ気をつければそんなに強くない。
2段階目になると空を飛んでアピール、ブルドーザーらしからぬ行動もワンポイント。



・Cゾーンボス「KING FOSSIL」

お馴染みの化石王「キングフォスル」

鱗が剥がれる攻撃を会得した!

モチーフはシーラカンス。ダライアスシリーズにおける象徴。
外伝の彼は、鱗を大量に撃ち返す技を会得した模様。
これまで弱かっただけに、すさまじい成長を感じさせるボスの一つである。
でも白玉があれば、秒殺されるのが悲しい宿命…
ヒレ剥ぎの練習台にはもってこい。



・D,Fゾーンボス「FOLDING FAN」

ド派手なレーザー噴出

ホーミング稲妻がやばい

モチーフはオウギベンテンウオ。
扇状の鰭を広げてぶっといレーザーを撃ってくるのがインパクト大。
ただしウェーブ耐性があまり無いのが救い。
攻撃の中では、Fゾーンボスのホーミングレーザーが凄まじい。
その代わり、Fボスのみで流れる曲があるおかげで、ルート的には人気が高そう。



・Eゾーンボス「ELECTRIC FAN」

クマノミをまとうようになりました

ボランダさんリスペクト

モチーフはイソギンチャク。シリーズでは初代からの参戦。
初代以上に多彩な攻撃を会得し、ある意味キングフォスルよりもバラエティ色高し。
ホッピングに青玉・緑玉大量放出など、強さを大いにアピール。
イソギンチャクゆえに、クマノミ弾を装着する微笑ましい一面も。
破壊できる部分が意外と多め。足は全部破壊しよう。



・G,Iゾーンボス「PRICKLY ANGLER」

進化がモチーフ

鰭がおいしいのです

モチーフはアンコウ。
ボスに「成長」の概念を盛り込んだ、何ともビビッドなボス。
第2形態の幅寄せ青色レーザーに貫かれた人は数知れず。
元が「アンコウ」なだけに、ヒレを大量に壊せるのがとても美味しいのです。



・H,Jゾーンボス「NEON LIGHT ILLUSION」

4ボスでは強いイカ

この弾幕を避けるのが楽しい

モチーフはイカ。
カトルフィッシュとはまた違うデザインで、強さもまた格別。
マーブル色の濃い背景に、イカスミが恐ろしいほどにマッチしている。
長い腕の根元を壊して20万4800点。なんとも美味しい。
Jゾーンボス第2形態の超弾幕避けに脳汁。シューターならノーボムで体験すべき。



・K,Oゾーンボス「FATTY GLUTTON」

ダライアスシリーズ屈指の強敵ピラニア

Kピラニアは弾幕が激しい

モチーフはピラニア。初代の鬼門ボス。
初代だけに飽き足らず、今回もすさまじいほどのカオスっぷりを発揮。
特にKゾーンの紫ピラニアはかなり強い。捕鯨の鬼門の一つ。
子ピラニアだけでなく、レーザーや大量の弾幕までばら撒くようになった。
ウェーブを防ぐモノリス弾攻撃なんかも放ってくる。



・L,Nゾーンボス「DOUBLE DEALER」

ヒラメ形態です

カレイ形態になりました

モチーフはヒラメ&カレイ。
何とも不思議な表裏一体ボス。裏返りの演出には度肝を抜かれるハズ。
ただ、ボスとしてはピラニア・べレムナイトよりも弱め。
純粋な弾幕避けスキルがあれば、ノーボムでもイケる。
子ガレイの弾が見にくいのがちょっとネック。



・Mゾーンボス「TITANIC LANCE」

巨大戦艦「タイタニックランス」

初めて見るとびっくりする攻撃のオンパレード

最後尾はこんなかんじ

モチーフはべレムナイト。
他の戦艦とは一味違う超巨大戦艦で、1つのステージがボス扱いになっている珍しいボス。
数々のパーツによる、段階的で多彩な攻撃を披露してくれる。
ノーボムで最後まで辿り着くには、並々ならぬ修行と記憶力が必要。
どう考えても上級者向けのボス。初心者はまず手を出すべきではない。
しかし手慣れてくると、復活砲台稼ぎのメッカと化す。



・P,R,Tゾーンボス「CRUSTY HAMMER」

全方向弾に無造作にばら撒いてます

超高速体当たり

モチーフはシャコ。ボスの中では凶悪な強さを誇る。
機動力や攻撃力においては完璧で、体当たりや鎌攻撃、針弾乱射で自機を苦しめる。
おまけに防御力も鉄壁とも言えるレベルで、ショット装備でないとなかなかダメージを与えられない。
下手するとラスボスよりも強いボスなので、最初のうちは手を出さないのが無難。
ただし、きちんとパターンを作ってしまえば少ないボム(ノーボム)でもきちんと倒せる。
捕鯨には、Pゾーンボスを倒すのが必須となる。
Rゾーンの音を立てる演出や、Tゾーンのビルを沈める演出は見所の一つ。



・Q,S,Uゾーンボス「DEADLY CRESCENT」

シャコよりは弱い

口がびろーん

モチーフはカガミダイ。
背びれのブーメランをブンブン飛ばしながら、色々なバリエーションの弾幕を仕掛けてくる。
しかしクラスティハンマーに比べると弱いため、選択率はこちらの方が高めと思われる。
慣れれば赤勲章最強状態であっても、太刀打ち可能。



・Z’ゾーンボス「GREAT THING」

ダライアスシリーズお馴染みのクジラさん

レーザーで追い詰める攻撃

黄色いホーミングレーザーの嵐

モチーフはマッコウクジラ。ダライアスシリーズではもうお馴染み。
多彩な弾幕や攻撃を駆使して自機を苦しめる、ラスボス中のラスボス。
耐久力の高さが他のボスを超越しており、長期戦は免れられない。
特にインパクトの強いのが黄色いホーミングレーザーで、変な軌道に悩まされること必至。
上級者になると、一本3万点のドリルミサイル稼ぎが待っている…



・Vゾーンボス「RISK STORAGE」

異次元の胃袋

水銀と波動砲

モチーフはフウセンウナギ。
独特のフォルムが人の目を惹くボス。これでフウセンウナギを知った人多数?
「貯蔵庫」だけあって、何でもかんでも吐き出すのが特徴。
水銀レーザーとか、ウミケムシとか変わったものを吐き出すことも。
上下レーザー砲台を大量に吐き出す攻撃がインパクト高し。
ちなみに尻尾は、なんとなんと90万点。パーツ3万点×30なんだそうで・・・
彼は初心者向けラスボスなので、倒すとバッドエンドへの道へ一直線なり。



・Wゾーンボス「VERMILION CORONATUS」

反射板を利用するオトシゴさん

ガードも得意

モチーフはタツノオトシゴ。
グリーンコロナタスに続いて、再登場したオトシゴは今回もなかなかに凶悪。
しっぽで弱点を守るようにガードするのがなかなかお茶目。
嫌らしい攻撃が多いため、通常は弱点に向かって「秘孔撃ち」で対処する。
ギャラリー受けとしては、間接を開いた後の超弾幕安地に入るのがオツ。



・Xゾーンボス「HYSTERIC EMPRESS」

比類なきデカさ

安全地帯前提のボスだったり

モチーフはタカアシガニ。
デカさなら負けないと言わんかのごとく襲い掛かる敵で、狭いフィールドで弾幕を展開する。
「安全地帯」を多用するボスで、撃ち込みも相手に攻撃させないようにするのが攻略となる。
飛び上がりからの安地(地面スレスレの場所)に入るのが実に緊張。
まともにやると、子ガニ攻撃が見られるので、速攻しない人は一度は見るべき。



・Yゾーンボス「ODIOUS TRIDENT」

ファンネル攻撃とか

誰もがびっくりのバーナー攻撃

マンボウならではの子マンボウ攻撃

モチーフはマンボウ。森の支配者。
独特の演出でこのステージに訪れる人も多いものの、ボスの強さもそれに負けてない。
ラスボスらしさが最も溢れてるボスの一つで、攻撃の多さには目を見張るものがある。
ファンネル攻撃・バーナー攻撃の他にも、分裂したり、子供を召還したり…。
全部の攻撃を見た事がある人は結構少ないのでは?壊せるパーツも実は多い。
個人的にはマンボウらしい子マンボウ大量放出が素敵。



・Zゾーンボス「CURIOUS CHANDELIER」

まさに「シャンデリア」

目からの攻撃がメイン

インパクトのあるパンチ攻撃

モチーフはエビクラゲ。
中央の眼球が非常に不気味で、ちゃんと自機を見つめているのが芸細。
レーザーやバルカン主体の攻撃で一つ一つの攻撃を覚えて対処するのが重要。
圧巻は第2形態のパンチ攻撃。触手がバラバラになると、それこそ手がつけられない。
ただ、バラバラに動く触手は動きがすさまじいので、見惚れることもありそうな。
第3段階のレーザーフェイント攻撃も見もの。
ちなみにダライアスIIのXゾーンにいる真ボスとは多分何の関係もない(はず)



・V’ゾーンボス「STORM CAUSER」

色違いとて油断できない

画面奥からマシンガン乱射

正攻法では無理すぎる

モチーフはオニキンメ。ゴールデンオーガの色違い。
色違いとはいえ、攻撃はオーガの百倍増しに凶悪になっている。
正直な話、真正面からぶつかって避けきれるものではない…
なので、このボスは何が何でもショット付きウェーブにして速攻を心掛けるのが最大の攻略法。
しかし絶望的なものとはいえ、攻撃のバリエーションは豊富。
雲の奥からのマシンガン連射とか、風を起こして大量の機雷を吹っ飛ばしたりとか…
ストームコーザー大好きっ子なら、一度は全部の攻撃を見ておくべき。


ボスの解説長すぎさーせんw


****************************

美しい夕陽

不安定な地形

と、ボスの魅力ばかりに目を奪われがちになるのですが、それ以外の魅力もまた、ダライアス外伝を引き立てるにあたっては重要なエッセンスになります。


ゲーム性の観点から言うと、連射装置さえあれば一見簡単なようにも思えるのですが、そこは流石の「ダライアス外伝」、道中でさえもきちんと抜け方を考えないと安定しない場面が少なからずしも出てきます。

例えばCゾーンでは、後半に硬い敵が多いので、敵のパターンをきちんと把握しておかないと装備がままならないですし、一部でも装備(赤勲章)を整え忘れると、ボスのキングフォスルで確実に長期戦を強いられるという憂き目にあったりします。

他にも、地形を掘り進む敵を利用しないと抜けられないIゾーン、幼生のアンコウが他方向から大量に飛び交うJゾーン、ステージ全体がボス戦になってるMゾーン、ウェーブをガードする敵が出るQゾーンなど、多彩なトラップと難しさを持ったステージが散りばめられています。

きちんと動き方を考えないと抜けられない場所がちらほら。
ゾーンによっては、弾幕を避けるために障害物を利用してウェーブで焼き払うとか、狭い地形を抜けるために穴を掘る敵を利用して前に突き進むなど、手の込んだギミックがあったりします。
ボスだけでなく道中も攻略のし甲斐があるという点では、本作の丁寧な造りが垣間見えます。


ノウコもいるよ

裏返る時の演出がまたすごい

後半に差し掛かってくると、あえてウェーブを最強にせずに、最強の一つ前に置く事で攻撃力が高い状態を維持する事に気を遣う必要性が出てきます。こうでもしないとなかなか倒せないボスも何体か存在しています(イカやシャコや鯨など)。

途中のウェーブ+白玉が出る状態になるように、意図的に敵を逃がすなりパターンを作らないといけません。中ボスをキャプチャーする時などにも、こういったパターン作りが必要不可欠。
しかしそれでも、アイテムである勲章の動きは非常にいやらしいために、避けるのは結構一苦労。赤勲章が最強の敵とも言われている所以です。

「赤勲章取るぐらいなら死んだ方がまし」とは某氏のセリフw


そして、ダライアスシリーズでお馴染みのステージセレクトも、各プレイヤーのレベル振り分けに一役買ったフィーチャーの一つです。

本作における1ステージは、易しいステージと難しいステージがまばらに点在しているという感じになっていて、ステージセレクトは、全ステージをクリアする上においても重要なファクターになっています。

最初のBゾーンとCゾーンにしても、難易度の差は歴然としていて、明らかにBゾーンの方が楽。前述のCゾーンは点は稼げるものの、硬い敵が多い難易度の高いステージです。
顕著なのが6面で、ボスだけで見ても難ボス「クラスティハンマー」と易ボス「デッドリークレセント」の二択。どちらを選ぶかで運命が決まると言っても過言でないほどの重要な分かれ道。

それぞれのステージの難易度については、一つ一つのステージを実際に体験していく他無いですが、ステージの傾向が分かってくると、どのルートを選べば楽になるか、あるいは苦行の道になるかが段々と見えてきます。

各ステージに特徴が備わったため、前2作以上にステージの特徴がわかりやすいのもプラスでしょう。前作では似たような地形が多かったためか、ステージの特徴を把握しにくい様に見えますが、今回は1つ1つのステージがかなり個性的に映って見えるので、攻略の指針も立てやすく思います。

本作は、初心者用のルートさえ選んでしまえば、誰でもクリアできるような調整がなされています。ボスとしては弱い感のあるヒラメやカガミダイのいるステージを選び、ラスボスで十分ボムを持っていけるようになれば、あとは勢いに任せて全ステージを踏破できるようになっているのです。


吹き上げる溶岩

そして、楽なステージ経由での全面クリアからのステップアップについても、適切なルートを選ぶ事で実現可能になっています。

例えば5面だったら、ヒラメはもうノーボンバー楽勝なので、今度はそれよりも強いピラニアかべレムナイトのルートを選んでみる、とか。6面だったら、あえてシャコを選んで戦ってみるとか。

ステップアップしていけば、全中ボスをキャプチャーしてみたり、強ピラニア・強シャコを必ず相手することになるグレートシングのルートを進んでみたり、1000万点稼ぎに挑戦してみたりと、遊び方に段々幅が出てきます。
もしかしたら、連射装置無しでストームコーザーに挑戦して絶望してみるような手荒い真似もできるかもしれません(笑・・・自分はよくやってましたが)

こうした千差万別な遊び方ができるということが、ステージセレクトの魅力になると思います。ステージの多彩さが、リピート性の高さに直結している…いわば中毒になる要素を持っているといっても過言ではないでしょう。

大量にステージがあると、製作者としてはどうしても似たようなステージを持っていきがちになるもので、実際に28の各ステージに対し魅力を持たせることはなかなか難しいものです。しかし「ダライアス外伝」は各ステージに魅力を与えることをやってのけてしまっています。

1つのステージの所要時間が短いのが幸いしているとも言えますが、それでも、ステージ毎にこのような細かな気遣いを与えられるという点においてだと、今になってもなかなか見られないものではあります。そのおかげで、他のゲームには持ってない魅力があるとして、十分なイニシアチブを取れていると言っても過言ではありません。


****************************

グランドオクトパスが友情出演

雷鳴轟く中での戦闘

ゲーム性以外の演出についても、本作はすさまじいほどに見所があります。

ボス絡みの演出で言うと、初っ端から背景のビルをぶっとばすゴールデンオーガ、空間から音を立てて出現するネオンライトイリュージョン、本当のアンコウのごとく幼生から成長の過程を踏むプリックリィアングラーなど、どのボスに関しても「魅せる」ような動きをメインに組み立てているのがわかります。

道中に関しても、ダライアスIIで多用されていたラスタースクロールがふんだんに使われています。今回はただ単に画面が波打つということではなく、3面のコロニーや4面の異次元に代表される場の雰囲気に沿ったスクロールを用いているのがメイン。

また、ワープする際の残像が残る表現、大気圏に突入する際のアームの形の変わり具合など、細かくもぐっとくるような演出も見逃せないところです。


ヒレ剥ぎが熱い

しかし、本作の演出で最も語られるべきなのは「音楽との親和性」。
これが無ければ「ダライアス外伝」にあらずと言われるほどの、重要な要素です。

単体の音楽だけでも、今までのシリーズ以上に聴き応えのあるものが揃っています。

前半と後半とで音楽の構成がガラリと入れ替わる「VISIONNERZ」を始め、エキセントリックな音が満載の「FAKE」、Fゾーンボス専用曲として名高い「AXON」、ラスボスの曲としては伝説級の知名度を誇る「SELF」など。どれもがクオリティが高く聴き所が満載。
当時はこのクオリティに押されて、サントラまで購入したほどです。

しかし、これらの音楽と視覚的な演出が意図的に組み合わさっているステージも数多く見受けられるのが「ダライアス外伝」の売りです。


吊り天井が落ちてくる

前作にあたる「ダライアスII」でもその片鱗は伺えました。
1面の音楽である「OLGA BREEZE」がその一例。ティアットヤングが「ツナサシミ」とつぶやきながら、カウントダウンと共に太陽上の隕石を撃ち落とすシーンが自ずから浮かんでくるはずです。


今回の「ダライアス外伝」はさらにスケールアップした感があります。

個人的に驚かされたのが、やはり1面から2面にかけての音楽になるでしょう。
1面と2面の音楽「VISIONNERZ」は2ボスに辿り着くまで流れ続けているのですが、当初やり立ての頃は、1面と2面の音楽に分かれていたと錯覚していた時期がありました。

ゴールデンオーガを攻撃が1ループするかしないかのところで撃破すると、ちょうど2面に差し掛かったところで音楽が転調して高らかに響くようになっています。当初ゲーセンの音の篭り具合があったせいか、ウィスパーの箇所が全く聞こえなくて、1面と2面が別々の音楽だと錯覚していたわけなのです。

1面と2面で連続して流れる上に、しかもボスを倒すタイミングをあらかじめ見切った上で曲を乗せて来るのは、流石と言う他ありません。


子ガニ攻撃もあるよ

他のステージも、ボスに合う音楽を当てたり、ステージの雰囲気に合うような曲を当ててみたり、無音を効果的に使ったりと、こだわりの感じられ方が半端じゃないですが、その中でも「音楽との親和性」でよく語られるのが、最終ボス戦。

本作の演出の中においては、最も秀でたシーンとして語り継がれています。
無音で始まるところは共通。ステージの途中からフェードインしながら「SELF」が流れ出し、場を徐々に盛り上げていきます。そして曲のクライマックスになったところでボスが出現。

一つだけのステージだけの演出ならまだしも、これが全ての最終ステージにおいて成されているのが本作のすごいところ。どのステージにもフィットするように音を合わせられる、というのは、「ダライアス外伝」ならではのこだわりと言っても過言ではないでしょう。

特にYゾーンは背景と音楽がすごくマッチしていて、かなり評判が高いです。
個人的にも全ゲーム屈指の神演出だと思っており、ボス(オーディアストライデント)の強さも相俟って、最も遊んだステージになります。


↓雨上がりの後の悪夢は…まさに恐悦至極

森林に輝く虹・・・


鳥が飛び立つその下にいるのは・・・!


奴こそが森の支配者!


視覚と聴覚に訴える演出は、まさにシリーズ最高峰の出来。
前半から後半まで気を抜かずに作っているのが好印象だと感じます。


****************************

コウモリダコがゆっくりと飛んでいる

独特の難しさがあるせいでゲームとしてはやや破綻しているようにも見えかねないゲームなのですが、それ以外の魅力が整っているおかげで、多くの人にとって忘れられないゲームの筆頭として挙げられる事がほとんどです。「ダライアス外伝」はそれだけ魅力に溢れたゲームであるといえるでしょう。

連射装置があれば、ボンバーがあるおかげで、実は初心者にも易しい難易度になっているのが魅力。それに加えて、演出が背景・音楽も含めて細かく行き届いているのは非常に素晴らしいことだと思います。

その伝説性が認められて、ダライアスシリーズの中では最高傑作である見方も多いです。
以前行った横三部作企画の中で、名作「グラディウスII」に匹敵するほどの人気を誇っていたことでも、その人気度合いは明らかです。


発狂弾の安全地帯です

本作は1画面筐体に入れられるということもあり、先程言った通り、出回りが非常に良かった作品でもあります。爆発的人気の背景には、この出回りの良さも一役買っていたかもしれないです。

ソニックウイングスみたいに1ステージの所要時間が非常にコンパクトになっており、万民受けしそうな造りになっていて、オペレータ受けも結構良かったのではないかと思います。

出回りの甲斐あったおかげか、今でもちょくちょくとゲーセンに幅を効かせている存在になっています。さりげなく置いてあるゲーセンもあるように感じられますね。
リリース当初は連射装置が付いていないゲーセンがほとんどだったのですが、今ではネットなどで情報がかなり行き届いてることもあってか、連射装置を付けてくれているゲーセンが割合的にも多いように思います。

ゲームとしての面白さは折り紙付きなので、見かけたら是非ともコインを入れて演出を堪能してもらいたい作品です。(連射装置は必ず付けてくださいね!ゲーセン関係者の方)


なんでも吐き出します

移植作品についてですが、本作はサターン版PS版、Windows版、あとはPS2のタイトーメモリーズ上巻版が存在しています。

移植度については、サターン版の評価が最も高いです。
サターン版はゴールデンオーガの演出がスローになる、若干止まるなどの症状はありますが、操作性に関してはほとんどアーケードと同じ感覚で動かせるのが利点になります。
裏技でシンクロ連射を付けるコマンドも存在しています。

ただし、他はネット上での評判だけで判断すると、移植度に問題有りの出来だとのこと。
自分はタイトーメモリーズ版を持っていますが、若干の遅延が生じているため、完璧を目指す方にはちょっと不評な作品になるかもしれないですね。オート連射がデフォルトでないのもちょっと・・・。


****************************

吸い込んだり変なもの吐き出したり

手を変え品を変え


さて、ダライアス外伝の参考になる動画などをご紹介。


★色々と参考にしたい動画とか攻略とか資料とか

<攻略・資料編>

ダライアス外伝ボス解説

ダライアス外伝のボスの解説。実際の魚との対比がかなり参考になりますよ。
ゲーメストムックにも書かれていたものが散見されてたり。
個人的に、イラストにはかなり参考にさせていただきました。


ダライアス外伝 V’ゾーンルート攻略

みんな大好きストームコーザー様に謁見するためのルートに特化した攻略。
当然コーザー様は速攻で撃破しましょうw
イカの触手稼ぎなど、細かい解説のポイントが高いです。

ちなみに、1000万点を狙う場合最もオススメのルートは自分もV’ゾーンだと思ってます。
いや、単にJゾーンイカの弾避けしたいだけなんですがw


1コインクリアの為のダライアス外伝講座

本当の初心者のためのダライアス講座。
ダライアス外伝をどうしてもクリアしておきたい!という人は迷わず見るべし。
初心者オススメのルートも書いてマスヨ!

ちなみに自分もA→B→E→I→N→S→Yはオススメルート。
マンボウの演出は堪能すべきですよねー

ゲーメスト提唱のA→B→D→H→L→Q→Vは対ラスボス戦向け?

連射有り前提ならA→C→F→J→O→U→Z(V’)もオススメ。
連有りだからイカにもコーザーにも太刀打ちできるし、カガミダイだし。
ボム×4、1UP×2出るのが大きいっすね。
エビクラゲはちょっと覚える必要がありますが(赤勲章気にしなくてもいいのがグッド)。



<動画編>

★捕鯨動画



捕鯨動画のテキストリンク

誰もがうらやむ捕鯨動画。
道中もヒレ剥ぎが凄まじいです。キャプチャーの参考にもなりますよ。
捕鯨では超絶なドリル稼ぎが見所。鯨のレーザー避けすっげぇですよ、これ。



★コーザー様とガチバトル



コーザー様とガチバトル動画のテキストリンク

全ての攻撃を受け流して撃破。
やりたい放題のコーザー様の本気をご堪能あれ。
避けさせる気さらさら無しw



★マンボウパーツ剥ぎバトル



マンボウパーツ剥ぎバトル動画のテキストリンク

音量注意。音割れとか。
マンボウの全てのパーツを壊して撃破しています。



★エビクラゲとバトル



エビクラゲバトル動画のテキストリンク

エビクラゲは結構覚える事が多いので、その参考動画。
パンチの誘導とか、レーザーフェイントとかも。



★例によってBGM



BGM詰め合わせのテキストリンク

例によって初代から外伝までのBGMです。
ダライアスシリーズのZUNTATAは本気度満載ですねー。
歴史を振り返るにはもってこい。ラスボス戦の音楽にシビれるべし!


****************************


威厳のあるマンボウ

ああ、ついに250夜行っちゃったんですね。
1000夜の4分の1・・・

今回は歴史的大作ということで、すさまじく長い記事になってしまいました。
自分も思い入れが強い作品だったので色々と語っていますが、伝説級の作品でもあるために、もう語り尽くされてるところもあって、相変わらず構成に苦労しておりました。

今回の記事も、仕上げるまでに実質1~2週間は費やしてます。
しかも50回毎のレビューはだんだんと記事が長くなっていってるので、読みにくくなってないか心配。
今回も相変わらず作業難航してました。カニのパターンとか度忘れしてるし。
全ゾーンを満遍なく回って、魅力あるものにしたかったのですよ。


でもまぁ、自分にとっても思い出の作品の一つであります。
連射装置無しで全ボス撃破とかもやりましたし、あと1000万点稼ぎとかも。
工場出荷設定1000万はクラゲルートとコーザー様ルートで達成してます。
さすがに鯨稼ぎはできませんがw


ともあれ、ここまでご朗読ありがとうございました。
次回からまたマイペース進行で行きます。
| シューティング千夜一夜 | Comments(71) | Trackback(4) |

コメント

たまにはアロイランタンのことも思い出してあげてください>アンコウ

2008年09月23日(火)06:57 AEG #INPDMQYs URL 編集
格闘ゲーム全盛時にひっそりとおいてあったのをがんばってプレーした思い出が蘇ります。
当時通ってたゲーセンは連なしだったので苦労しました。
連なしではクラゲ速攻以外ノーミスクリアできませんでした。orz

BGM含めた演出は鳥肌ものでしたね。
でも、個人的にはちょっと幻想的すぎてダラIIのほうが好きだったりします。(^^;

一生懸命プレイしていたあの頃を思い出します…

2008年09月23日(火)07:19 Coo #Lpjqgo6M URL 編集
お久しぶりです。
ダライアス外伝、懐かしいです。
私の通っていたところも連なしだったんですよね。
私には難しすぎてクリア出来ませんでした。

しかし、改めてスナップショットを見ると凄いですね。ウェーブの連射が圧巻です。

記事を読んで、久しぶりにやりたくなってきましたよ。

2008年09月23日(火)07:50 通りすがりのQui-Qui #- URL 編集
遂に来ましたね、ダライアス外伝…。
自分的には初代の方が思い入れがあるのですが、何だかんだで一番コインを注ぎ込みまくったアーケードゲームであります。

(音ゲーもよくやりますが、各機種ともにバージョンが分散してるので…。)

そういえばスタッフクレジットをよくよく見てみると、ナイトストライカーでお馴染みの「ぱぱら快刀(海道賢仁)」氏の名前があるのですが、実際どれくらい開発に携わっておられたのだろう…。

メインショット連射の爽快感、ホーミングするサブショット、シリーズ随一の展開の速さなど、ナイストと共通する部分も多いだけに、非常に気になる所です。

(ゲームセンターCXのイベントで有野課長がナイストやってるのを観てふと思い出した。)

それはそうと、「私の勝ちだ!」「勝つなよ!!」の元ネタはポップン体操ですか?

リアルゲーム拳必殺50連打!

2008年09月23日(火)08:25 もり3 #- URL 編集
格闘ゲー全盛期に、ひっそりと置いてありましたね。

初見の熊谷基地近所のゲーセンでは、連射が無かったのでつらかったのですが
埼玉の熊谷駅まで遠征して、初めてシンクロ連射(秒間30連射)見た時「何これ?」って思いました。
難易度が全然違う。3面で苦労してたのが嘘みたい。

お陰で、ヘタな私でもフウセンウナギとタツノオトシゴだけは倒せました。

当時は門限の関係上
他人のプレイ参考にする時間あれば
格ゲーに浮気してたのが、ちょっと悔やまれる。

近所の連射無しでも、フーセンウナギ倒して、埼玉生活終しまい。

PS 次の勤務地が、青森下北半島のむつ市でゲーセンが無く
   転属前にクリアできて良かったです(笑)

   田舎じゃ、レンタルビデオ、おもちゃ屋に置いてる
   SNKのMVSや、CAPCOMのQサウンド筐体がメインでしたしね。

今回は気合入ってますな!

2008年09月23日(火)09:22 元友店長 #- URL 編集
僕が最初に見たのはカジノ京町で店員が1面で音量調節したお陰で2面のオペラ声が店中に響いていた時もありました。北九州のロケでは連無しが殆どだったと思います。ゲーメストムックによるとシャコは1面ボスの予定だったそうな。
Gダラの時の様に新バージョンが出ても良かったのではないでしょうか?
PS版も悪くないですよ。

ODIOUS TRIDENT

2008年09月23日(火)10:46 GALLOP #9yMhI49k URL 編集
↑後のスペースマンボウである(ぉ

自分にとってはレイフォース、首領蜂、サンダードラゴン2と並んで再びシューティングの道へ戻るきっかけを作った非常に思い入れのあるタイトルです。

これとレイフォースとVF2が発売予定ラインナップに入ってなかったらサターンを購入することもなかったでしょう。

ひたすら捕鯨目指して、シーシェパーd・・・もといシャコの妨害に挫折させられかけたのもいい思い出ですw

因みに知人にはバグ無敵発覚前に1回だけ全一をとった人がいたり。

本文では触れられていませんが、ステージ攻勢を大幅に変更したエクストラバージョンもありましたね。
1Pで始めるといきなり惑星ダライアスの廃墟から始まって、ボスはクラスティーハンマー・・・っておまい一体どこのメタルブラックかとwwwwwwwwww

因みに2Pだと全ステージぶっ通しの狼牙モードになるそうですwww

エクストラバージョン

2008年09月23日(火)11:36 如月green #- URL 編集
散々強いと言われてるクラスティーハンマーですが、企画段階ではなんと1面ボスだったと言われてるらしいですね。更に、ゴールデンオーガより弱く設定されていたんだとか。そして、晴れてエクストラバージョンで1面のボスになりましたが、正直あれはかなり辛かったです・・・ 1面からあのレーザーばらまきは正に鬼畜。
しかし、このエキストラバージョン出回りかなり少ないですね。以前HEYにもありましたがしばらくして無くなってしまいましたね。

個人的に一番鬱になったエンディングはZエンディングですね。この手の物はタイトーの十八番ですね。

初めまして

2008年09月23日(火)11:48 キュウ #- URL 編集
僕はこのゲームはサターンから初めました。
当時は、ゲーセン物とは、知らなかったので移植度とか気にしませんでしたがヤリまくってました。
その後何年か経ってゲーセン行くようになり秋葉のゲーセンHeyで見た時は、驚きの
連続でした。
最初のボスの背景のバ~ンにうわっ!ビックリした~、高速針というよりシャコ本人(陸嫌いです)、3ボスキャプ、ボス安置、赤なぜ取らんの?、特に一番は、コーザーの瞬殺&オール回避にスゲーでした、これがうまい人のプレイかと納得。
それから色々見てサターンを再びやり本物のゲーセンでと少し違和感がある物ガメオペしたり死にながらもクリアし一応ノーミスクリアにしましたが、いつかはノーボンバーも。
しかし相変わらず演出はステキです、曲もOGRさんだけあっていい?です、ラスの曲やFAKEも良いですが僕はDゾーン等での道中の曲が一番好きです。(曲なんだったかな?)
初めてで長くなりましたが「抱きしめたいな!外伝!」と言う物ですね。

2008年09月23日(火)12:00 かめとと #HtLkDJ7k URL 編集
ついに来ましたかダライアス外伝!
今でも大阪、日本橋の某セガに連付き、100円2プレイで置いてあるので
ごくたま~~にプレイします。今でもあるかな…

ボスではやはりシャコですね。
コイツをノーボムで倒せるようになったときは実に嬉しかったです(Pはムリ)。
デッドリークレッセントのほうが絶対倒しやすいし稼げるのにシャコ狩ってました。

ラスボスではカニさんが好きです。
マンボウさんはもっと好きです。
いや、もうコメント欄だけでは到底書き表せないです。

演出に酔いしれる!

2008年09月23日(火)12:09 わで~ん #- URL 編集
250夜到達おめでとうございます。そしてシャコ通過ご苦労様でした(笑)。

私も当時、地元のタイトーの直営店(今はもう無い店舗ですが…)でよくプレイしていました(当時は一応、Xゾーンでクリア)。

昨年の秋に、地元の別のゲーセンでエミュ台に入っているのを発見し、懐かしさからプレイしたのですが、なんとそのエミュ台、肝心のショットボタンが壊れていて、結局1面もクリアできず仕舞い。

この一件が悔しかったのと、PS2のタイトーメモリーズ上巻を所持していたこともあって、久々にリハビリプレイをすることにしたのですが、どのルートを通っていたかすっかり忘れている始末…(大汗)。

で、結局新たに、A→C→F→J→N→S→Yのルートを辿って、マンボウを撃破することに成功。あのYゾーンの演出は、シューティング史に残る名演出だと思っています。

Yゾーンに限らず、1~2面の場面とBGMの絶妙な繋ぎ具合や、最終面での場面とBGMのシンクロ具合(ボス出現で最高潮に盛り上がるように、各最終面スタート時のBGM開始タイミングを調整しているところ)なんかも計算されつくしたものだと思いますね。

ボンバーが付いてるので楽そうだけど

2008年09月23日(火)12:51 RWS管理人 #RMzdnHew URL 編集
昔新宿でロケテストやっていたときは、今のバージョンより全然敵が固かったのですが、発売時にはしっかり難易度が低くなって良かったです。
それでも難しいのですが…。

全ステージ手を抜かずに作り込んであるところが素晴らしいですね。
好き放題に画面奥に行くオニキンメボスがポリゴンっぽいのに違う…ってのもビックリ。たしかムックに書いてありました。

グレートシングは真のラスボス

2008年09月23日(火)15:07 メガ炉どん #- URL 編集
ついに250夜、そしてダライアス外伝。来ましたね。
自分は出回った当時はバーチャ2に完全にのめり込んでいたのに加えて行きつけの店が連射無しだったためにほとんどプレイしませんでした。しかし六、七年前に近くのナムコランドに連射付きで入荷。しばらくやりましたがピラニアで毎度撃沈。あまりに納得がいかないので調べたら…赤は最強にしない…白玉必須…
愕然としました。が、初代ダライアスのミソプレイを考えれば納得かも…その後は全ラスボスクリア出来ました。が、ストームコーザーはボム三発近接攻撃でないとクリア出来ませんでした。でも1000万超えはいい思い出です。そして何度となく返り討ちにあったグレートシングは魂のラスボスです。
余談ですが昨晩から夜釣りしてまして今朝六時にグレートシング(うそ)がかかりましたが手前で逃げられました。ボラがヤズカのごとくはねまわって馬鹿にしてます…嗚呼

最大の敵は赤アイテム

2008年09月23日(火)20:52 ジョン #EK6LlgcM URL 編集
これとレイフォースは当時の脂ののったタイトーを象徴していた作品だと思います。

ラスボスはウナギルートばっか通ってました。何より簡単で90万点尻尾がおいしく攻撃避けるのも楽しかったので…、唯一1000万を達成したのもこのルートでした。

ちなみにPS版がSS版より勝っている点はカブトガニ戦で背景の森が消えないとこくらいですかね?

格闘ゲーム全盛の時だったからこそ世に出たのかもしれません

2008年09月23日(火)22:00 レバニラ #GCA3nAmE URL 編集
私はエスプレイドやバトライダーズといった弾幕STG全盛の頃にシューターになったクチなので、
当時の事を知らないという上で、なお色々感じたところを書かせて頂く事、お許し頂きたいと思います。

このダライアス外伝はよく「格闘ゲーム全盛期にあって、健闘したSTG」という評され方をよくされますが
私は、このダライアス外伝を格闘ゲーム・・・そのものとは言わずとも、その要素を感じるゲームに思えます、
まぁ、ボス戦中心の展開というのもそうなんですが、
例えば弾幕STGの場合、敵が撃ってきた弾の弾道を見て、かいくぐって行くスリルが楽しいのですが
そういった要素はゼビウスやスターフォースの昔よりSTGそのものの楽しさと思います
しかしこのゲームの場合、ボスの放ってくる攻撃は、原始的な弾幕攻撃に、綺麗でかつ軌道の読めないレーザー、
そしてプレーヤーに絶対の絶望を与える体当たり等、様々なバリエーションがあり
しかも初めて出会ったボスは、どんな攻撃をしてくるか分からない為、
(悪名高いシャコなんか見てからかわすのが困難なシャコパンチを放ってきたりして)
そのためボスの挙動を見ながら距離を取りつつ攻撃もする、という、スリリングな展開が
まさに格闘ゲームさながら、そしてダライアス外伝ならではの楽しみですし
そして、一度倒したボスでも、アームの耐久力が低い時や、ショットが弱かったり最強になってたりすると
なまじボスの攻撃がどんな物か分かっている分、
「勝てるだろうか?」「どうやって勝つ?」と、手に汗握る緊張感を与えてくれます
そんなボスとプレーヤーとの真剣勝負は、私に格闘ゲームのような面白さを感じさせてくれたんですよね
(あと、格ゲーもダラ外もキャラが魅力に富んでいる・・・ストⅡに春麗のファンが多いように、ダラ外にもシャコのファンが多かったりすると思います)
こういったタイプのSTGというと「レイディアント・シルバーガン」なんかも面白かったですね。
 
そして昨今、格ゲーもかつての勢いが衰えてしまった中、
今はやりのカードゲームの要素を加味したSTGなんか出てきたら面白いかもしれません
例えば敵の攻撃の中休み中や安全地帯に入った時にカードを挿入して武器をチェンジして戦う
「アインハンダーAC」みたいなゲームをですね・・・
 
追伸、全ボスキャラの網羅、お疲れさまでした
今夜はゆっくりとシャコの手に抱かれる夢でも・・・(嫌?)

即座にロイツマネタが見たくなr(ry)

2008年09月23日(火)22:16 GT40 #- URL 編集
出たようで実は出てなかった名作が出ましたね!(笑)
私もこのゲームは大好きなのですが久しぶりにタイトーメモリーズ上巻でプレイしたときは数十回コンティニューした私・・・orz
初めてストームコーザーと戦った時なんて何回死んだのだろう・・・どんだけヘタレだ私!(滅)

でも当時筐体としては気持ち悪いほど動くボス機体なんて初期、2を越えての凄い演出でもあり技術力だったんだなぁと今でも新鮮さを失わない独特なゲームですよね。
中学の弟が初プレイしたときも「すげぇ気持ち悪い・・・でもデザインは格好良いな」と認めるほどだったり(笑)

外伝のボス演出も今の時代の人にも素晴らしさを広めたい程ですよね・・・
と思ったら微妙に広まってたりしてます(?)
ニコニコ動画で公開されてる
「ダライアス外伝でロイツマ」という動画がありまして↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2597153
妙に人気であり(苦笑)私も最初見たときは、
「制作者これは酷い(苦笑)せっかくのボス機体が台無しでは…」
だったのですが、何回も見ていると・・・これが日課になるほどかなり影響されました。

あのボス機体が強すぎて倒せない!トラウマになる!!という方はこの動画で癒されてみましょう(笑)

ダライアスで思い出した余談ですが、過去にGBA版のダライアスが発売されてて、それが最低の領域を越えたクソゲーだそうで。発売されて2ヶ月で900円で出回ってたのを見てプレイするのは遠慮したのですが(笑)
ニコニコ動画でGBA版ダライアスのサントラを見つけまして……
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3428346

……正直私の感想として「900円をドブに捨てるところだった・・・(ほっ)」
と素直に思えた(笑)
むしろ、ファ●タジーゾー●の●A-D●-YOがはいてる時点で…

なつかしい・・・

2008年09月23日(火)23:32 E・F・U(たこさん) #9L.cY0cg URL 編集
私が唯一、ギャラリーを沸かせたゲームがこれでした。
シャコをすべて制覇し、ヒステリックエンプレスを地元で唯一倒してたんですよ(でもギャラリーが私の避け方を覚えてだれでも倒せるようになっちゃったんですよね)
でも今はタイトーメモリーでやってますが、まあ倒せません、もう年なんですかね・・・

2008年09月24日(水)00:18 SRC #POQ5NLzM URL 編集
エリア88の次にアーケード筐体で全クリを
実現できたのが、それですよ。

吾輩も連無しでの殺しっぷりを知っていたので
いざ、筐体で…となると、なかなか考え物でしたが
かつてのレジャランにはシンクロファイヤーが積んであった…!!

其のお陰で、クリア重視ルートを制圧できたっけな…。

アレから色々と挑戦していたけど
今や、Heyにまで行かないとそれが置いていないのが辛い…。


…なんか、この記事読んでたら
妙にうずうずしてきたw
ちょっと、上巻引っ張り出してきます。

やっぱり大人気!

2008年09月24日(水)02:19 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
おおお、すごいコメントの数なり…

>AEGさん
アロイランタン…彼はとても可哀想でした…
リリース当初は連射装置無しが多くて、難儀してたのはうちも同じですね。
確かに連無しノーミスはかなり難しいですよ。

>ちょっと幻想的すぎて
正規のダライアスとは思えないほど幻想的なので「外伝」と考えるべし?。


>Cooさん
やはり連無しで置いているところは多かったみたいで。
これだと難しさが際立ってしまうので、ちょっと勿体無い部分ではありますね。

連有りだと逆に爽快感100倍増しになるので、機会があれば是非とも体験してみて下さい。
ウェーブの束はダラ外の魅力です。


>通りすがりのQui-Quiさん
ダライアスはすさまじいほどの魅力が詰まったゲームですので、ついコインを入れてやってしまうほどに中毒性が高いのかもしれないですね。プレイ時間が短くて手間かけずにプレイできるのは大きいですよ。

ナイストも連射装置があるとすさまじいほどに弾が飛び出しますね。
連装付きパッドでタイメモ2下巻をプレイしたら、それはもうすごいすごい。
あと、ナイストのミサイルの動きと、ダラ外のレーザーの動きは、実は同じような原理だということで(K.H殿のコメントにありました)。
似てるところが多いので、実はダラ外の前身と言うべきなのかも。

>「私の勝ちだ!」「勝つなよ!!」の元ネタはポップン体操ですか?
正解!5・7・3でコナミポーズ!
あの曲を初めて聞いた時に、瞬間的にソニックウイングス3のマーカムが頭の中にびびびっと来たわけでw(そいや初出はEXが41だったなー…)


>もり3さん
シンクロ連射が繋がっているゲーセンって当時は限られましたから、なかなか体験できないことではありそうですね。確かに連射装置があると嘘のように難易度が下がるように思えました。

ダラ外は今でも置いているゲーセンって限られてきそうですけど、置いてるところは結構置いてますから、ネットなりで探してみるのもオツかも。


>元友店長さん

>僕が最初に見たのはカジノ京町で
実はうちが最初に見たのもカジノ京町でした(連無し)
確かにあの当時でも音量はかなりすごかったのを覚えています。
ちなみに、Gダラもあそこでプレイしたのが最初でした。

当時はキャッスルに連装付きがあったので、やり込んでましたよ。
コーザーで1000万点取ったのも、キャッスルで達成してたりw

連射装置有りのバージョン出してもよかったかもしれないですね。
有り無しで評価も変わりがちになるので、ちょっと勿体無いとも思ったり。


>GALLOPさん
スペースマンボウはオーディアスをモチーフにしつつオトメに参入(ry

サターン版の出来は非常に良かったですね。
ちょっとした遅さとかは気になるものですけど、それでも遊ぶ分には遅延も無くスムーズに遊んだのを思い出します。連射は裏技でなく、コントローラ付属の連射使ってました。

>エクストラバージョン
ミカドで見ました。のっけからクラスティハンマーだからびっくりですね。
いきなりTゾーンの廃墟というのが泣かせる演出です。

狼牙モードはすごく大変そう。自分はシャコでぬっ殺されました。


>如月greenさん
すでに記事の中の資料にあるように、クラスティハンマーが1ボスだったというのが驚きです。確かゲーメストのムックにも書いてあったような。

でもエクストラのクラスティハンマーは弱いと思いきやそんな事は全然無くて、ゴールデンオーガに比べてもほどほどに強い初心者殺しっぽいナリですよ。
動き方のパターンを知ってないと絶対に手こずると思います。

>Zエンディング
ほどほどに難しくても鬱エンディングになっちゃうんですよね。
惑星が…


>キュウさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

サターン版で散々遊んでみても、ゲーセンで見るとまた一味違う魅力に気が付くのが本作のすごいところで。スーパープレイなんかはかなり心が洗われますよ。
鯨狩りの粘りっぷりなどは見応えがありました。

本作の音楽はOGR氏の本気が伺えるほどすごいですね。常に背景にマッチするように仕上げる造りは、当時のタイトー音楽陣の真骨頂とも思います。


>かめととさん
ボスの中でもシャコは最高に強いボスですねー。

自分も海シャコノーボムは無理ですが(最初に丸まった後のレーザーが…)、他のシャコはきっちり連有りでノーボム行けるようにはなりました。アームに余裕がある上でパターンを作れば、実は割とサクッといけちゃうものですね。

ラスボスはどれも魅力あってイイ!


>わで~んさん

>250夜到達おめでとうございます。そしてシャコ通過ご苦労様でした(笑)。
感謝のお言葉、ありがとうございます。
シャコは大分慣れてきましたw

自分も定期的にプレイはしているものの、記憶に穴が多いせいもあってか、全ゾーン通過の道は結構遠いものでしたよ。べレムナイトとかもパターン度忘れしてて、レーザーを直で喰らっていたり。

>BGMのシンクロ具合
前作からすでにその片鱗はありましたが、本作のシンクロはさらに進化しているように思いますね。最初のステージの繋ぎがとても神掛かっていたのは強烈にインパクトに残ってます。


>RWS管理人さん

>昔新宿でロケテストやっていたときは、今のバージョンより全然敵が固かった
長期戦になるとヤバイほど強いボスも点在してたりするので、今のバージョンの方が随分としっくりとくるような気がします。連射装置はどうだったんでしょう。

全ステージ手を抜かない造りは、ダラ外の真骨頂だと思います。
それぞれのステージに個性を与えたことで、今でも輝きを保ち続ける事ができたんだなぁ、と実感する次第です。


>メガ炉どんさん
連射無しだと難しさが際立つ一例を自ら実践した形になっちゃいましたね。
自分も実践したタチではありますがw

調べることで楽になる要素が色々あるのがうれしいところです。
連射装置付けるとか、最強1個手前は赤勲章取らないとか、少しずつでも楽になっていく要素が本作を盛り上げてきたんだなぁ、と感じます。

グレートシングはフォルムは違っても、神っぷりは健在ですねー。
攻撃が一杯あるのが実に素晴らしいです。個人的には幅寄せレーザーが好きでした。


>ジョンさん
ダラ外は、レイフォースと共に脂の乗り切ったタイトーを象徴する作品の一つですね。
駄作と名作の割合具合がかなり極端なタイトーですが、そうした中でダラ外はすさまじい輝きを放ってた、まさにスターみたいな存在でもありますよ。

>PS版がSS版より勝っている点はカブトガニ戦で背景の森が消えない
そういえばSS版は森が消えていましたね。


>レバニラさん
ボスとの戦いにウェイトを置いているという意味でも、格闘ゲームとの共通点もある意味うなづけるものがあるやもしれないですね。どんな攻撃を仕掛けてくるかわからない魚戦艦とガチの真剣勝負を味わうのも、大きな魅力だと感じます。

本作のボスは段階を踏むにしても、壊すパーツによって違う攻撃を繰り出してきたりするので、変幻自在っぷりが強調されていたように思います。シーラカンスにしても攻撃の与え方次第で鱗の飛んでくる量が変わってきますし。

また、倒し方を自分なりの方法で楽しむのも本作の魅力ですね。
速攻で倒すか、ヒレを全部取った上で完膚無きままに叩き潰すか…
何はともあれ魚戦艦との戦いは、今までのシリーズ以上に面白いものだというのは確かです。

>今はやりのカードゲームの要素を加味したSTG
冗長的な作業になりがちになるオトメディウスよりも、より進化したシステムを求められそうなゲームになりそうですね。個人的にはチェンジエアブレードのシステムをもっと進化したゲームが欲しいかなー、と思ってみたり(思うだけですがw)

>シャコの手に抱かれる夢でも・・・
間違って頭にカマ突き刺されそうでコワイデス(ぉ


>GT40さん
何時だそうかというかは、もう200夜の時点で250夜はダライアス外伝がえやろ!ってな感じで決まっていました。準備にはすごく手間取りましたけどねw

すごい滑らかに動く魚戦艦は、今見てもすごいインパクトを誇る攻撃をしてくるなー、と思いますよ。クラゲパンチとか、シャコのアホみたいに針弾バラ撒く攻撃とか、個性を重視してるなー、と思う次第。こういったキャラ造りのおかげで、各々の魚戦艦に特別な思い入れを抱く方も多いんですね。そんなわけで、今回の魚戦艦の紹介はすごく気合を入れてみましたw

>ロイツマ
イソギンチャクとカニがすごく可愛いですねー。
ボスの動きが細かいからこそできた動画だったり。
ちなみに、自分がロイツマを初めて聞いたのが兄貴の動画…

>GBA版ダライアス
なぜにYA-DA-YOが入ってるし!!
ADAMがのっけから流れる割にはあ半端なところで切ってるのが涙モノですね…


>E・F・U(たこさん)さん
ヒステリックエンプレスは当時倒し方知ってる人がいなかったので、苦労してた覚えがありますが、安全地帯を知ると楽なんですよね(ただしノーボムだと連射必須…)

ダラ外は定期的にやってないと忘れがちになりそうです。
自分もカニとべレムナイトの倒し方を度忘れしていましたし。


>SRCさん
SRC殿も大好きなお魚天国、ついにやりましたよー。
ブログでも奮戦記が書かれてたのを思い出します。
レジャランのシンクロ筐体はとても素晴らしいと思いました!!

今だとなかなか実機では遠出でもしないと会えないのが辛いところですね。
自分だったら上大岡ジアス2まで行けるのでいいのですが…


ダライアス外伝をついやりたくなってくる人が多くて何よりですーーw

初めてメールいたします

2008年09月24日(水)05:47 愚牙 #- URL 編集
250夜おめでとうございます。いつも楽しく見させて頂いております。
これまでずっとPSユーザーでしたが2ヶ月前からセガサターンをやり始めた者です。(今頃サターンをやり始める人間がいくらいるんだいう話ですがw)その時一緒に買ったのがダラ外でした。(本当はバトルガレッガを買おうとしたのですが"7480"を"1480"と間違えて・・よくよく考えれば1480円でガレッガ売ってる訳ないんですよねw)
買って早速ハマりました。自分で簡単なルート探したり全ステージ回ったり曲や演出に酔いしれたり・・あと初見のボスにはほぼ間違いなく殺されましたねwシャコや各ラスボスにいたっては4機あった残機ボコボコ墜とされたり。結構初見殺しが多いと感じました。そんなこんなありクラゲルート以外はノーコンでクリア。今度は皆さんが言われているように1000万目指そうと思います。(ちなみにSS版サントラとしても使ってます。ゲームソフトCDプレイヤーに入れて曲聴けるってスゲー)ちなみに肝心のゲーセンでは1回エミュ台でやっただけ、しかも1面で死にましたorz

これからもお体に気をつけ頑張ってください。

あと最初に見たエンディングがVゾーンで愕然としましたね。散々苦労してこれって・・

涙が…

2008年09月24日(水)10:53 モアイ #- URL 編集
250夜おめでとうございます。
解説見てると涙出てきたもんで、初のコメント残します。

行きつけのゲーセンから消えて2年、遠出した際に見つけるとやらずにはいられない思いで作ですね~
希にSS版が動くことがありますが、そろそろSS本体が悲鳴を上げている今、自宅に筐体と基板を導入する計画を立案中♪

当時は雑誌で見た極パロがやりたくてゲーセンデビュー。
パワーアップをし過ぎると難易度が上がるなんて知らずにガシガシパワーアップした挙げ句、当時小学生だった自分にクリアできるわけがないと思わせる難易度まで上がる内容に絶望してた所、出会った作品ですね。

このゲームは、パワーアップしまくっても良いんだ!ってのが最初の印象。
座って初プレイした時は、脳汁が出るほどのBGMに酔いしれてました。

カツアゲにビビリながらゲーセン通いしてた自分に「最後の赤勲章を取らない方が良いよ」とこっそり教えてくれたあの人は今どこに~(つд`)
クリアした当時は、行きつけのゲーセンに同世代のSTG仲間はおらずひとりでエンディングを見て激しく感動してた覚えが。

久しぶりに、ダラ外やりに出かけてきます。
当然、当時のように手連でGOエンディング!

ついに来ましたか

2008年09月24日(水)12:33 達人王 #- URL 編集
ついに来ましたかダラ外!
なんと言っても曲がすんごく好きです
全部好きです
STGっぽくないところが好きです
ZUNさんもこれを元に東方を作っていると聞いて納得しました

鯨ルートだけ未だワンコインクリアできません
シャコが憎い…だがそれがいい

何とVGMから入ったクチです

2008年09月24日(水)17:03 西風 #XY60QOck URL 編集
 こんにちは。西風です。
 遂にダラ外取り上げてくれたのですね。待ってました!

 ダライアスは初めてやったのはGなんですが、小学生の頃に人がやってる初代を眺めていた思い出もあり、とても付き合いが長いシリーズです。(当時は座高が足りず、画面が見えなくて遊べませんでしたorz)

 で、このダラ外は何とサントラを古本屋で見つけた所から入ったという異色のファンだったりします。上の書き込みでもり3と言う方がむつ市のゲーセン環境を嘆いておりますが、何と私そこの出身だったためにダラ外が一番出回っていた時に触れるチャンスが全くなかったのです。(注:2008年現在は1軒だけありますが、汎用筺体ものはありません)
 結局、社会人になってから近くの片田舎で連射付きで初めてプレイしたのですが…全てに惚れました!自分は万年ヘボプレイヤーのため2~3面で力尽きていたものの、魅力は十分に感じましたとも!幸運にもメモリーズ上巻が発売直後だった為、早速購入しコンティニューの嵐を吹き荒れさせたものの、全てのルートのEDを拝みました!他の方もおっしゃっておりますがYルートの演出の美しさは感涙ものでした。個人的にはYルートを真のEDにしちゃってます。(笑)タイトー的にはZ'かXなんでしょうが…。
 真夜中のちょっと眠い状態でXルートEDを見て妙に怖かった記憶があります。私如きの腕前では見てはいけないものだったのかも知れません。
 EDはよく見ると、4種類に分かれますよね。無事解決型(Z'・V')とバットエンド型(V・Z)、未解決型(W・Y それぞれ意味は異なりますが)、Xルートと言った風に。Xルートを中心に対称に配置されているのも興味深いです。

K-HEXさんにだけ追伸 先日三国無双2猛将伝で、孫堅と祝融の第5武器の獲得に成功しました。K-HEXさんがこのサイトで紹介してくれた攻略パターンがとても役に立ちました。ありがとうございました。(後は呂蒙を残すのみです!)

連射はどれでもいいから一周してからにしてもらいたぁいッ!!と誇張。

2008年09月25日(木)01:39 Aunnoiki #aYDccP8M URL 編集
早くも1000/4夜なんですよね。ぅは。

いや、便利なんですけどね連射。
でもそれによってボスの素敵攻撃見れずに終わるのはちょっと勿体無い様な気も。
Aオニキンメの腹からレーザーとかBドーザーの奥から攻撃とかJイカの大量のサーチレーザーとか。
といえ、私も初めてのプレイはDゾーン序盤で隕石が撃ち切れず圧死というオチを食らった屈辱はありますが(笑
しかし連射が無いと無理難易度というわけでもなく、
設定で各ステージ難度を最低にしておけばショットボタン押しっ放しでも鯨を屠る事は出来る作りしてますし。
(尤も中ボスキャプチャ無しや編隊ボーナス逃し等のある程度計画性のあるプレイ前提ですが)
現状一番プレイするまでの難易度の低いPS2版ならそういうテもありかも。
それにしてもこの物量での作りこみはひょっとすると他に無いかもしれない位ですね。
ちょっとイカれたBGM(CDやLDドラマは更にアレで)に書き込まれたグラフィック。動きに演出……
最近でもふらっと鯨が狩りたくなったりオニキンメ改を瞬殺したい衝動に駆られる時にやってしましますね(笑
移植版をさんざやってもゲーセンで見掛けたらついコインを入れてしまう本作です。素晴しい。
個人的には最強の横STGの一本ですよ。

>移植
SS版は色数や一部の処理落ち、森が無い等有るけれど、大まかに良い移植具合でしたねぇ……
PS版は未経験。 そうか……森は有ったんだ。
Win版は森が無いとかコロニーが正確に描写されないとか中ボスの耐久力低いとかWinで出来る以上の価値はちょっと少なかったのは悲しく。
PS2版は遅延は適当に改善されたものは出たけれど表示系のバグは直す気無さそうですね……

>Pシャコノーボム
小ウェーブ+白弾を5面開始時ないしは6面開始時まで持っていければ
Pゾーンのシャコもボム抜きで落とせない事も無いですね。要シンクロですが。

>EXTRA
どうやらアンオフィシャルらしいんだけども地元だけでも3軒位見掛けた様な……?謎基盤ですねぇ。
適当に無茶をしている為か特定ゾーンで見えない背景(当たり判定付き)があったり画面が狂ったりするところもあるとか何とかで。
ショットのパワーがもう一段階あるのは(普通に遊ぶ分には)素敵。
狼牙モードは10面も半ば当たりに来るといい加減無理ゲーになってきてカオスな。


少し記事つっこみ:
・弾数制限→初期状態と小ウェーブ時は一見無い様に見えますがあります。
・ミス→アーム”とボム”のレベルは保持で。
・まるで違う→ではないです。5面コロニーと6面海は共通です。(メスト本のインタビュ記事に 時間的な問題 と記載されていたなぁ……ちょっと勿体無い
      QSUも確か動きのパターンは2種だった様な記憶(口を飛ばしやすいか否かの違いだった様な?)

伝説は終わらない・・・

2008年09月25日(木)02:16 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>愚牙さん
コメントありがとうございます。お祝いのお言葉、感謝です!

本作にはすごい魅力が詰まっていますね。
後半戦は初見ではどれも確実にボム使わないとミス必須なので、安定した倒し方を考えるのに難儀していたものですが、少しずつプレイしていくうちにノーコンティニュークリアできる腕になっていけるのが、実に絶妙だと感じたものです。

サターン版の一部の作品は、プレイヤーに入れて楽曲を聴けるのが素晴らしいです。
何曲かCD音源をテープに納めていたのもいい思い出です。

>これからもお体に気をつけ頑張ってください。
死なない程度に頑張ります(^^;


>モアイさん
コメントありがとうございます!

本作はゲーム性から演出まで絶妙で、今見ても見劣りしないほどのインパクトを感じることができるのがいいですよね。とにかくパワーアップのウェーブが強そうで、連射装置でドバドバ出せるのが素敵でした。

BGMは今聴いても素晴らしい出来になっているのが好感触。
ゲームにここまで合わせて来る音楽というのも他にないですから。

ダライアス外伝に再び興味を持ってくれると、こちらもレビュー書いた甲斐があります。
是非手連でクリア頑張ってください。


>達人王さん
ええ、ようやくダラ外ですよ、お客さん!
曲も雰囲気も、すごく噛み合っていた作品なので、強く心に刻まれるのがプラスだと感じる次第です。確かにこれだけ素晴らしいと、後世のクリエイターに与えた影響というものも強いかもしれないですね。

鯨ルートは鬼門ですよね。
強いピラニア、シャコ、ときて、最終面の地形トラップもさりげなくいやらしいのがもう。


>西風さん
250とキリが良い日は、やはり名作を!というわけでダラ外です。

BGMから入るのはなかなか珍しいもの…かと思いきや、実は自分もナイトストライカーをBGMから初めて興味を持ったクチでして。
あのころのタイトーサウンドの強烈なインパクトというものは、ゲームという枠を超えていたような気がしています。それだけやりたい!と思わせるほどの音楽の作り方を心得たのではないかと思われますね。

>Xルート
このオチは悪夢にふさわしいですよね。
次のダライアスで会いましょう!って感じで。IIのXゾーンエンディング(巨大クラゲ参上)みたいなものを目指したのかなぁ、と思ったり。
ある意味タイトー的というか。


>三国無双2猛将伝で、孫堅と祝融の第5武器の獲得に成功しました。
おお、おめでとうございます!
今やったら自分でもなかなかできそうに無い無謀な条件ではありますが、お役に経てて本当に光栄です。呂蒙は2では性能が悪く、とてつもないほどの鬼門なので、根気勝負です。是非頑張ってください。


>Aunnoikiさん
連射が無いとライトユーザーが引きそうな難易度なので、このゲームに対してはどうしても連射必須ではありますね。とはいえ、自力連射でも楽しいものは楽しいのですが。
ジアス上大岡で初めてプレイした時に、遅い連射の台(シンクロ15連ぐらい?)で1ミスマンボウ狩りが出来たので、ランクが下がるのを妙に実感した記憶が。

ここまで面白さとインパクトを詰め込んだ作品って、他に出ないほどのレベルかもしれないですね。人によっては今のどの作品よりも「ダラ外命!」って思ってる方々も多いですし。今日は今日とて鯨狩りとか。

>Pシャコノーボム
流石にランク調整を逆手に取る方法でないと難しいかもしれないですね。
アームに任せて頑張ってみるのもアリかも。

>EXTRA
ミカドには常に置いてある印象ですね。
全ゾーントライアスロンは流石に長くて大変ですw

>記事つっこみ
ご指摘ありがとうございます。
あとで反映させておくことにいたします。

すみませんが、長くなりますよ・・・

2008年09月25日(木)16:45 kuma #- URL 編集
 私にとっては、初めてアーケードで1コインクリアした2Dシュート。
 解説にあるように、出回り始めは連無しでやって、しかし「簡単なルート選べばなんとか!」
と、思ったのは事実。

 勘違いしてはいけません。
 私の場合どんな2Dシュートも3面越えたら万々歳なヌルシューターだったから、3面ボスに会えたらめっけもん、と言う視点で見ると「あ、行けるかも」と、思えるゲームだったというわけです。

 ですが、程なくサターンへの移植がなされておうちでシコシコ始めると話が変わってきます。
 ウチはホリの連射パッドが標準だったので、勿論標準で連射プレイ。
「俺つおいやーん」
 別の意味で「簡単なルート選べばなんとか!」ワンコインクリア狙えるかも、と思い始めました。
 で、K-HEXさんがしきりに連呼する初心者用ラスボスであるフウセンウナギで初クリア。残ボム?勿論ゼロですよ。

 しかし、舞い上がりましたね。
「ぼく、できる子なんや!」
 とりあえず全ルートクリアを始めましたが、背中を押すように、ゲーメスト別冊の発売。
「白玉付きウエーブ最強ぉぉぉぉ?!」
 レーザー最弱とか、パワーアップして弱くなることが昔からあったこのシリーズ、こういう事もあるだろうとは思っていましたが、横浜は市が尾の(今度は横浜か!)ゲーセンで見た上級者のプレイを見て、何故ボス瞬殺?!と、悩んでいた答えが出ました。
 白玉ウエーブで、ボス発狂前の撃破を心がけただけでシャコとオニキンメ改以外は安定して倒せるようになりました。
 オニキンメ改も、一応シンクロ連射張り付きで瞬殺、は知っていましたが、自分がやるとなると、腰が引けちゃって。

 で、そこでゲーセンにストライクバックですよ。
 神保町の水道橋方向の通りを進んだあたりにあるゲーセン(スターブレードの200万プレイヤーを見かけたところでした)で初クリア。
 3Dならナイトストライカー、連付きスターブレードと1コインクリアは果たしてましたが、ゲーセン難度の2Dは生涯無理、と思っていただけに体の震えが止まりませんでした。
 SS版の移植度については、森がないとか言われているようですが、私にとっては全く違和感のない練習素材でした。
 森なんか見てないし。

 演出面ではありきたりな感想ですが、オニキンメ改が雲海から浮上してくるところは鳥肌物で、
「さあ、決着をつけようか・・・」
 すっかりなりきった脳内で盛り上がりまくりでした。
 いつも瞬殺し損ねて、形態変化後もボムに頼らずに戦おうとするのですが、あえなく連続三振。
 残機が無くなる寸前にボム押しに切り替えて、どうにかクリア、のパターンばかりでした。

 全然「できる子」じゃないですが、偶にならネームエントリも出来たりして、私にとってはクリアすることの喜びを生涯忘れなくしてくれたソフトと言えそうです。

質問

2008年09月25日(木)19:59 キュウ #- URL 編集
すいませんがEDの意味が知りたいので教えてください。
一応絵を見れば分かるものは、分かるのですけど。

ダラ外は神ゲー

2008年09月25日(木)20:37 高風 #ZdpDSeuw URL 編集
はじめまして。

今までROMってましたがさすがにこのゲームを出されたら我慢できなくなりました。
ダライアス外伝を取り上げて、こんなにたくさん書かれてうれしいです。
生涯初のアーケードでクリアしたゲームなので凄く印象に残ってます。
読んでいるだけで演出や音楽が脳内に蘇ってきます。

自分も10数年前に行きつけのゲーセンではまりまくって全てのゾーンを攻略しました。
そこのゲーセンでは連射機能がついてましたがシンクロ連射じゃなかったです。

ボスも全て紹介するのは嬉しいし大変なことですが、
もう少し慾を言うと中ボスも紹介してもらいたかったです。

2008年09月25日(木)20:42 ぽっきー #yQLhCEsw URL 編集
久しぶりにコメントを見るとやはりダラ外だからなのかいつもよりもコメントが多い気が…

250夜おめでとうございます。
ダライアス外伝はタイトーメモリーズだけでしか触れたことはありません。
けれどサーガイア(GB版のダラ)から触れた身としてはものすごい作品だと思います。

ルート選択に各ステージのボス、そしてルート毎のエンディングの数々…。PS2版からしか触れたことはありませんがその面白さは分かります。
曲はいいですよね。なんというか、盛り上がるというか。

ボムごり押しは初心者の誰もが通る道

初心者はイカが鬼門。

2008年09月25日(木)21:58 jj9サスライガー #- URL 編集
アーケード版は札幌だと今でもパワープラントにありますよ。店員さんの趣味なのかGダライアスやメタルブラックも一緒に置いてあったりします。

僕はイカ第2形態の弾幕が苦手で、いまでもここで死ぬと次の面でゲームオーバー確定なんですが
ゲーメストがたくさんページを使って攻略記事を載せてくれたおかげで、なんとかワンコインクリアすることができました。イカとクジラは無理でしたが。(苦笑)
家庭用はタイメモ版も悪くはないのですが今だと1000円以下で買えるサターン版が一番好きですね。
イージー設定にするとボスが柔らかくなるので、よく連射パッド使ってストレス解消してましたよ。(笑)

2008年09月25日(木)22:03 jj9サスライガー #- URL 編集
↑すいません。シャコとクジラの間違いです。

wikiに、エンディングないのね

2008年09月25日(木)22:28 もり3 #- URL 編集
Z´ゾーンエンディング
グレートシングを倒した途端に、目の前に広がる荒れ果てた風景が幻のように消えて、
同時に今までの敵との死闘の後も消えてしまった。
今までの戦いは本当に現実の事だったのだろうか?
我々が目にしたものは一体何だったのか…。
まるで自分自身と戦ったような疲労感だけが体を包んでいた。
目の前のダライアス星には、昔の戦いの傷跡もほとんど残っておらず、
豊かな自然が静かに横たわっているだけであった。
こうして、ダライアス星は新たな出発の時を迎えたのである。

Vゾーンエンディング
光の届かない暗黒の海の底に最後の敵が潜んでいた。
その醜悪で狂暴な敵も、激しい戦いの果てに海の藻屑と消えた。
そして、無事に任務を終えた2人にも最後の時が訪れようとしていた。
最後の戦いによって、2機のシルバーホークは共に装甲を破損していた。
これは、強力な水圧のかかる深海では致命傷であった。
2機のシルバーホークは最後の通信を僅かに交わし、海底の暗闇に消えた。
その後を覆い隠すようにマリンスノーが静かに降り続いていた。

Wゾーンエンディング
ファイナルゾーンをクリアし、筐体の前で思わずガッツポーズをしてしまった。
ここはゲームコーナー。そのコーナーの一番の人気機種「ダライアス外伝」で
全ラウンドをクリアしたのである。
しかし、我にかえってみると最初は2人でプレイしていたはず…。
隣の席を覗いてみると、そこには精魂尽き果てた相棒が大の字にのびていた。

Xゾーンエンディング
敵の本拠地である巨大要塞に突入したシルバーホークは、その中心にある動力部の破壊に成功した。
巨大要塞は、夕日の雲海の下へと歪な姿を沈めた。
間一髪で脱出したシルバーホーク2機は要塞の最後を見届けると、使命の達成感を胸に
帰路につくのだった。
シルバーホークが飛び去り、姿が見えなくなったその時、雲間に不気味な影が浮上した。
それは確かに倒したはずの敵だった。
戦いはまだ終わってはいなかったのである。

Yゾーンエンディング
木々を焼き払い、破壊の限りを尽くした敵もシルバーホークの活躍によって撃墜された。
着陸をした2人を待っていたのは、思いもかけない原住民達の歓迎であった。
撃墜した敵は、彼らにとっても恐怖の象徴だったのだ。
それを倒した2人は彼らにとって英雄であった。
一族を代表して首長は2人に感謝を込め、勇気ある者を表わす装飾品を贈った。
森に、本当の平和が訪れたのである。

Zゾーンエンディング
ダライアスの惑星中心部に最後の敵が巣食っていた。
その敵の撃退に成功し、ダライアス星上の敵全てを倒した。
だが、その戦いのためダライアス星自体にも多くのダメージを与えてしまった。
任務を終えた2人は、故郷を後にした。
その時、ダライアス星が爆発したのである。
ダライアス星の受けたダメージは予想を遥かに上回っていて、ついには惑星全体の
破壊を引き起こしたのである。
故郷ダライアスは失われ、2人はその残骸の中でただ呆然と立ち尽くすのであった。

V´ゾーンエンディング
巣の中心に潜む巨大戦艦ストームコーザーを破壊すると、外界との間を遮っていた厚い雲が晴れていった。
どうやら嵐自体もストームコーザーが引き起こしていたらしい。
雲が晴れると仲間からの通信が入り、移民船団が次々にダライアス星へ到着した。
こうして移住は順調に進み、ダライアス星に人々の明るい笑い声が響き、平和が訪れた。

幻視の海

2008年09月25日(木)23:01 01A #- URL 編集
自分はダラ外は最近なんですよね。
最初は実はあまり面白くなかったですよ。
しかしサントラ買ってライナーノーツ見て、衝撃でした。
「実は敵のベルサー星人はダライアス星人の心によって生み出された幻影である。」
まるでデビルマンかよ思いました。
それで、演出を見て、音楽を聴いて、痺れましたね。それからダラ外は、ハマリましたね。
しかし、ダラ外はメタルブラックに影響受けているんですけど。
実は自分たらばーエディション。 やったことあるんですよ。
内容はダライアス外伝に近いです。

自分は実家が上大岡の近くなんで、ダライアス外伝やりまくりですよ。まあ宮崎にもあるんですけど、連射無しプレイなんできついです。
そういえばダラ外てっセカイ系の走りなんすかね?。
それじゃあ(*^-')b

コメントすごいです

2008年09月26日(金)00:08 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>kumaさん
連射装置さえあれば、とにかくガンガンに押していけるのが素晴らしいですよ。

コメントを色々と見ていると、サターン版ダラ外の人気に驚かされます。サターン版は、当時割とどこにでも置いてありましたし、安くなりやすかったのもプラスだったように感じます。
うちもダラ外家庭用バージョンは重宝しておりました。
サターン版からアーケード版に入った人達も多いようですね。

>オニキンメ改が雲海から浮上してくるところ
雲海のすごさ、オニキンメ改の登場するところなんて、鳥肌ものですよ。
強さを知ってるからこそ、コーザー様の演出はとても際立ちますね。
スコアを狙わないプレイの時は、あの無茶な攻撃を堪能するのが好きでしたね。
本当にどうしようもないシチュエーションが良かった、アレはw

>私にとってはクリアすることの喜びを生涯忘れなくしてくれたソフトと言えそうです。
ダラ外は連射装置付きなら、シューターの登竜門としてはちょうどいいかもですね。
ボムの性能がとても良いのが救いであります。


>キュウさん
下のコメントで、もり3さんが書いてくださってますね。
ありがたいことでございます。


>高風さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
結構お初の書き込みの方が多くて、うれしい限りです。

ネット上では、すでにあらゆる場所で魅力なり演出なりを書き込まれている感があったので、文章の構成には相当豪華にしようと決めてました。こうしてまたダライアス外伝の良さを伝えることができた事を思うと、レビュアー冥利に付きます。

>もう少し慾を言うと中ボスも紹介してもらいたかったです。
ああ、これも実は中ボス紹介も考えていたのですが、冗長になりすぎるかも、と思って今回は自重してました。
なのでスナップの中で混ぜる程度にしてたのですが、良く見たらコブダイ君がいないことに気が付いた!嗚呼。エクストラで三位一体攻撃する彼を忘れてたのは不覚でございます…

とりあえずナメクジウオさんの勇姿を貼っておきます。ご勘弁を…
http://khex.blog42.fc2.com/blog-entry-666.html


>ぽっきーさん
コメントありがとうございます。感謝のお言葉、ありがとうございます!

さすがに今回の作品はコメントの数が多いです。3日で30集められたのは久しぶり。
まさに伝説級のレベルですね。

ルートごとに個性がある造りというものが、多くのファンを惹き付けて離さないのでしょう。シチュエーションもボスも、全てが個性的。音楽の良さも、それを後押ししていたのが興味深いです。

>ボムごり押しは初心者の誰もが通る道
最初の頃のプレイは、ほとんどがこんな感じになっちゃいますね。
あとはラストボスがゴリ押し上等とか。今でもやりますがw


>jj9サスライガーさん
おお、札幌には気の利いた店員さんがいるようで。
近頃はメタブラを純正で置いているようなゲーセンは限られてきているので、こういったゲーセンは個人的には大歓迎でございます。

イカは最初のうちは強いですが、避けられるようになるとこれがまた面白い!
ただ、Hゾーンイカ(緑)の開幕の弾幕はノーボムだとかなり厳しいですね。
特にクロスして飛んでくる大きい弾がキッツいですよ。

>サターン版
廉価で買いやすいのはプラスに働いてますね。
当時の数が多かったゆえかな、と考えてみたり。


>もり3さん
エンディングのまとめありがとうございます(^^;
wikiには載ってないんですね(さすがにネタバレを避けたかったのか…)

Wゾーンのエンディングが妙に味がありますね。
オトシゴ涙目。


>01Aさん
どもです。

>それで、演出を見て、音楽を聴いて、痺れましたね。
ダライアス外伝がじわじわと心に響く証拠であるかもしれないですね。
本当に細部まで作りこまれてるが故に、作品としても非常に脂が乗り切ったものだと思いますよ。いつ遊んでも変わらない面白さで遊べるのが、また良いものです。

>たらばーエディション
マンボウが波動砲撃ってくるバージョンですよね。
スナップでしか拝見したことがないのですが、あまりの違いにシビれそうになりましたよ。

http://www4.big.or.jp/~macgyver/special/gf2d/
たしかにダラ外みたいなテイスト・・・

2008年09月26日(金)00:13 3 #- URL 編集
私の場合、一面のBGMの歌声が印象的でしたね~
入荷当時、地元のゲーセンではBGMのボリュームが大きかったせいもあって、一際目立ってまして、同時に私とこのゲームとの初めての出会いでした。今でも大好きなゲームの一つです。

そう言えばSS版はセーブ機能が無いのは未だに納得がいかないのは私だけ?
個人的に最大にして唯一とも言える欠点で、コレさえ無ければ満点だったのに。

連無しだと筋肉痛が最大の敵!!

2008年09月26日(金)01:40 東方衆徒 #vGP6QIxM URL 編集
ダライアス外伝の紹介。楽しく、そして熱く拝見させて頂きました。

嗚呼思い出す戦いの日々…。
就職して3年目、地元のゲーセンには無かったダラ外を転勤先で発見。
仕事終わってから自転車でゲーセンに通いPLAYしてました

連射装置が付いてない(田舎なので店員が連射装置というものを知らなかった)うえに
急な坂道を登って帰る体力を残しておかなければならないので
一日に一回、良くて二回くらいしかPLAY出来なかったけど
その分1コインに全てを賭けるつもりでPLAYしてました。
結局1コインクリアできたのはゲーメストで紹介されてた
中央を突っ切りVゾーンに行くルートと、最後にWゾーンにずれるルートのみでしたが
「一日一回の真剣勝負」という状況による集中力のおかげで1コインクリアできたんだと思います


自分にとって「今までPLAYしたゲーム中で、最も情熱を注ぎ込んだゲームはダライアス外伝だ」と
胸を張って言える。大切なゲームです。

警告!巨大戦艦~急速接近中

2008年09月26日(金)07:15 CF-345 BLACK FLY #q36Pa3e. URL 編集
いつもはROMしてますが今回はダライアス外伝なので、せっかくだから書き込ませて頂きました。このゲームは自分のアーケード ゲームでは数少ない1コイン クリアが可能だったゲームであり然ゾーン制覇目指してゲーメストの攻略本を買ってまでも、やり込んで背前面制覇を果たした思い入れ深いゲームでございます。行きつけの筐体には連射装置が付いてましたが攻略本に「連射無し攻略」と描いてあったのを見て「さぞかし辛いだろうなぁ…連射無しは…」と思ったものです。しかし興味本位でストームコーザーの瞬殺さっぽうをせずに通常攻撃にしたら、あまりの攻撃の酷さに面食らったのも良い思い出です。それとダライアス外伝のボスが光って大爆発する所が好きなのって自分だけ?(あとメタルブラックのボス大爆発が好きな俺ガイル)
自分もダライアス外伝の音楽が気に入って音楽CDを買った口ですが、そのブックレット見て
「あ…ありままま今起こった事を話すぜ…
『アーケードSTGの音楽CDのブックレットに何故かユング心理学の解説が書かれていた』
な、何を(ry」
とポルナレフ状態になったのって自分だけ?音楽とのシンクロと言うとSELFの途中の音が途切れる部分で必ず、どのボスも出てくるよね?

kumaさん

2008年09月26日(金)12:47 メガ炉どん #- URL 編集
横浜の市が尾のゲーセンは坂の途中にあるあまり大きくないゲーセンでしょうか?自分の友人が昔市が尾に住んでいてゲーセンでバイトしてました。あそこは結構達人がいたみたいです。
次のうち一番絶望的なシチュエーションはどれでしょう
①鯨退治でボム無しでたどり着いた時の絶望感
②ストームコーザーをボム二発で倒せず発狂されたとき
③ボタンが3つで何故か一番左がボム。真ん中連無しショット。右側…反応無しただの飾り。
ええ実話です。

坂の途中

2008年09月26日(金)18:10 kuma #- URL 編集
 市ヶ尾坂多いですから・・・
 で、駅の南口に出て西向きに下ると、確かに坂の途中にあるゲーセンです。
 そこのことですか?そこの事オーラが何となく見えますが、やっぱ宇宙は狭いですね!

 私の見かけた方は、ハスに座って足組んで、鼻歌交じりに鯨と対決、みたいな人でした。
 クール!

2008年09月27日(土)04:42 ムラコシ #- URL 編集
いつも楽しく読ませていただいております。

これまでもROMっていましてが、やはり自分もダラ外と聞いては黙ってはおれず初書き込みさせていただきます。

確かにこのゲームはBGMとゲームのシンクロがすんごい良くできていますよねぇ。でもBGM単体も確かにいいんだけど、サントラでこれだけ聞いていてもあんまりピンと来ません。やはり、ゲームと込みでのVGMだなと思います。

実際自分がゲームやっていて鳥肌が立ちそうになったのは、ダラ外とセガマーク3のRタイプの7面くらいでした。

もちろんサターン版は標準装備です。

マイノリティ

2008年09月27日(土)12:54 moko #Vekz2xSo URL 編集
250回おめでとうございます。ゲーム好きはたくさんいるけど、仕事をしながら
このペースでレビューを書いてコメントに返事もできる人となるとそうはいないと思います。


大絶賛されているダライアス外伝ですが、稼動当時、私はあまり好きになれなくて
ほとんどやりませんでした。
なぜ好きになれなかったというと、まず1つは、シリーズ最大の売りであった
3~2画面筐体の伝統が崩されたしまったことです。ダライアス(3画面)→ダライアスII
(2画面)ときて、とうとう1画面まで堕ちてしまったか・・・と。
IIのエンディングで壮大な続編の登場を期待させてくれたのに、これは無いだろうと
最初の頃は思ってました。
当時は格ゲー全盛期だし、オペレーターの買い易さ、生産コスト、移植のし易さ
などを考えれば仕方のない事だったんですけどね。
タイトルがダライアスIIIじゃなくて外伝となっているのも、メーカー側も正統な
続編と認めていないか、私の様なファンに対する配慮にも思えました。
他にも、ごく一部のボスだけ3D表現になっていて統一美が無かった事や、縦スクロール
シューティングみたいなボンバー、ボスの毒々しい配色なんかも嫌いでしたね。
最初に悪印象を持ってしまったことで、全てを悪い方へ考えていたんだと思います。

あと、私の地元ではほとんどプレイしている人がいなくて先のステージを見る機会が
無かったのも魅力に気付くのが遅れた原因だったと思います。
周りの音が煩くて音楽も全然聞こえませんでした。

このゲームの魅力に気付いたのは稼動から5~6年も先の事です。
仕事先の同僚にたまたま好きな人がいてプレイを見せてもらったんですが、
この時、稼動当時には気付かなかった演出レベルの高さやボスの意外な攻撃、
オペラ調のサウンドなどに気付いてかなりの衝撃を受けました。
あれ???これ・・・名作じゃん!!!! みたいな感じで・・・
もう、なんでこんなに良く出来た作品を稼動当時にやり込まなかったのかと、
魅力に気付けなかった当時の自分にパンチを喰らわせてやりたくなりましたね。

今では皆さん同様、高く評価しているし”ダライアス”の名を冠するにふさわしい
作品だと思っています。

エレクトリックファンが一番かわいい

2008年09月27日(土)22:51 はなくそミサイル #3fP8K/.I URL 編集
まずは250夜到達おめでとうございます。
さすがのコメントの多さですけど、これだけ気合のはいった内容だと思わずコメントしちゃいますね、やっぱり。


個人的には、ステージや音楽や登場する敵すべての調和によって構築されるゲームの世界……その想像力を刺激してやまない世界観に一番魅力を感じるのですが、ゲーム中の演出やサントラなどで断片的に情報を提示しながらもけして正答を与えず、物語の全容を各人の解釈に委ねているところがとても気に入っています。

こういった手法は製作者のエゴとしか捉えられかねない危険を孕んでいますが、やはり多くのノウハウを持つタイトースタッフだけにきっちりとまとめあげていますよね。

純粋にゲームとして優れているのは勿論ですが、メタルブラック同様STGでしか表現できない世界観を持つ稀有な作品だからこそ、今もなお多くの人に愛されているんじゃないのかなー、なんて思っています。


実をいえば『レイフォース』が来ると予想してたんですけど……はずれちゃいました。
そんなわけで、きっと350夜あたりで来るに違いない、と勝手に予想しつつこれからも「シューティング千夜一夜」を楽しみにさせていただきます。

250夜おめでとうございます。

2008年09月27日(土)23:33 K.H #- URL 編集
そして、大幅な出遅れ申し訳ありませんorz

政さん宅でお見せしたとおり、愛してやまないダライアス外伝ですが、
連射装置が有ると無いとで難易度が大幅に変わるというのは、残念な要素ですよね。
書く言う自分も連射無しだとまともに3面を越せません。

赤アイテムはトラップ以外の何者でもないですよ、ほんと。
それを見越した上で、ザコの倒すタイミングをずらしたり逃がしてみたり、攻略パターンとは別に赤アイテムパターンを組む必要があります。
フルパワーになってしまったら、、、
当時は自爆して仕切り直してましたけど、フルパワーでも越せそうなルートに移行するのがいいかもしれませんね。
普段見ない攻撃を見る機会ですし、未だにクラゲの倒し方が分かってないしorz

シャコよりもカガミダイ、クジラよりもカニやクラゲを苦手としている偏屈なプレイスタイルですが、
まだまだ遊び尽くしてない証拠でもあります。
偉大な先人を参考に、生きているうちに全ボスノーボンバークリアができればいいですなぁ・・・

ちなみに、エキストラverはロムデ(ry
と聞きましたが詳細や如何に。
かなりグレーな代物だそうですよ。

手連でクリアできました

2008年09月28日(日)13:31 ねぎぽ #- URL 編集
自力で簡単ルートを導き出せ、ラスボス風船ウナギを「アチョー」で倒せたのは、自分には良き思い出です。
ですが嫁が捕鯨できるのを知った、自分にとってショックなゲームでもあります。

イソギンチャクのジャンプって体当たりの予兆かとビビってました。ぽいーん、ぽいーん。
来年は ダライアスⅢ

またすごいコメント量

2008年09月28日(日)16:37 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>3さん
ボリュームを大きくするゲーセンは多い傾向にあるみたいですね。
音楽もゲームの一つだと感じさせるものは他にあまり見られないので、かなり目立った存在だったのは予想がつきます。ええ。

>SS版はセーブ機能が無いのは
自己スコア更新を目指す人にとっては、どうしても欲しかった機能ですね。
これはちょっと惜しかったか。


>東方衆徒さん
>田舎なので店員が連射装置というものを知らなかった

これは本当によくある情景ですよね。
当時は都心部でも連射装置が付いてないものが散見されてただけに、郊外とかそういったあたりだと、ほとんど壊滅的に連射装置が付いていないものでした。

そういった意味でも、サターン版のダラ外が重宝していたという方も多そうですね。
自分なりの環境を手軽に整えられるという意味で。

でも連射装置無しでもそれなりに張り合えるように出来てるのも確か。
集中力があれば何とかなるもんだ、とも思いつつ連無し台に入れてた頃もありました。
美しさも相俟って、心に響くゲームだからこその魅力でありますね。


>CF-345 BLACK FLYさん
はじめまして。書き込みありがとうございます。

連射装置が付いていると楽になるので、重宝された方も多いようで。
慣れてくると、どのステージもほどほどのレベルになってくるので、ステージを選ぶ楽しみもまた増幅するというもの。

ストームコーザーは連射無しで倒そうとすると地獄ですよね。
開幕で倒すのは不可能に近くなるので、その絶望的な攻撃に狂喜乱舞することでしょう。
ボスの大爆発の演出も、また凝った物ですねー。
光が漏れて爆発する演出は、当時のタイトーの真骨頂だと感じました。

>アーケードSTGの音楽CDのブックレットに何故かユング心理学の解説が書かれていた

ありましたねー。
Gダライアスはもっとすごい事になっていたことを思い出します。


>メガ炉どんさん
>次のうち一番絶望的なシチュエーションはどれでしょう

鯨ですかねー。②は何度もやってるので慣れましたw

③はすごいですねー。一番左がボムて。
是非とも連射装置をつけるついでに、シールでの表記もお願いしたいところですね。


>kumaさん
市ヶ尾は行った事ないですねー。
今でも達人は元気しているのでしょうか。
鯨とガチで張り合える人はなかなか尊敬できますよ。


>ムラコシさん
はじめまして。書き込みありがとうございます。
ダラ外はやはり偉大な作品だけに、初カキコも多い傾向にあるのはうれしいことです。

>やはり、ゲームと込みでのVGMだなと思います。
ゲームとのシンクロが非常に深いもの故に、音楽単体だといまいちピンと来ない方もいるようで。ちなみに、自分の場合はAXONを聴きながらホーミング稲妻オウギベンテンウオを想像するのがマイブームだったりします。

音楽からゲーム情景を想像するのも、また一興ですね。
SELFの場合は、出だしをちょっと無音にしてから聴いてみるといいかもしれません。


>mokoさん
お祝いのお言葉ありがとうございます。
ここまでコメントを頂けると、やり甲斐も出て来るというものです。

最初のうちは、ダライアスの固定観念を色々と打ち崩しているということもあり、想像していた物とまるで違って見えるかもしれませんね。

だからこその「外伝」との見方もありますが、不自然な難易度だと感じられる向きもあって、ネガティブな見方をされるのもある意味仕方が無いのだろうな、と。ボムゴリ押しパターンとかも結構ありますし。


>このゲームの魅力に気付いたのは稼動から5~6年も先の事です。
でも後々から面白さに気が付くと、ついハマってしまうのもよくあることで。
ゲームに関しては、自分もこういったケースがかなりあるもので。

ディープに遊んでいる方に感化されて引き込まれたようで。
こちらとしては、かなりうれしいことでございますよ。


>はなくそミサイルさん
自分も今回ばかりは気合入れたので、それに応えたかのごとくのコメント数でございます。
1週間で40以上のコメントって他に無いですし。さすがは名作。

音楽・背景の調和もそうなんですけど、想像力をかきたてられるような不思議な世界の数々にも魅力の断片が詰まっているような雰囲気ですね。
最たるのが4面のワープゾーンで、毒々しくも、ラスタースクロールをあそこまで効果的に使ったのは少ないのではないかと思います。
サントラにもあるような、想像力をかきたてされる解説もまた、魅力です。

>実をいえば『レイフォース』が来ると予想してたんですけど……はずれちゃいました。
レイフォースは早いうちにやっておきたいかな、と思った作品ではあります。
これもまた、ダライアスシリーズに匹敵するほどの魅力ある作品でございました。


>K.Hさん
出遅れちゃいましたねw パソコンは大丈夫でしょうか。
トラバありがとうございます(^^;

連射装置の有り無しで大幅に難易度が変わってしまうゲームなので、そのあたりはちょっと残念ではあります。ですが、類稀なる演出の甲斐もあって、本作への理解度が深くなっていくのは爽快でもあります。

赤アイテムは本作最強の敵であるともいえそうですね。
特に一番上ルート・一番下ルートを進んでいる人達にとっては、ノーミスクリアに支障が出るという意味でも、最悪なトラップでもあります。最終面前で間違って取ったらクラゲとかウナギに行くのが最適なんですが、シャコ戦でウェーブだけというのも、また厳しいというか。

というわけで、もっと遊び尽くしてくださいな。

>ちなみに、エキストラverは
HEYでしか見た事が無いですが、他に置いてるところがあるのかどうか。


>ねぎぽさん
やり込んでいくと、簡単なルートと難しいルートがわかっていくのが本作の良いところですね。易しいルートなら、何とか先に進めるのが好感触。
連射装置付きを見たら、鯨ルートを目指して頑張ってみてください。
ピラニア、シャコを倒さないといけない分、充実感もひとしおでございます。

>来年はダライアスⅢ
果たして次のシリーズは出るのか・・・

負けました・・・

2008年09月29日(月)16:52 わで~ん #- URL 編集
思わず、今日の日中にダラ外をプレイしてしまいました(タイメモ上巻)。

たまには、お気に入りルート以外でもとコーザー様へのルートを選択したのですが…
ピラニアでのミス後の赤調整をミスって、コーザー様に対面した時に、白玉ウェーブの1つ前段階までしか装備を上げることができず、見事に敗退…。

地獄の攻撃、しっかりと堪能させていただきました(苦笑)。

絶望もまた良きかな

2008年09月29日(月)23:27 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>わで~んさん
早速絶望を味わってたみたいでw
赤アイテムを間違って取った時の絶望ときたら、他に無いほどのインパクトですからねー。

特に相手がコーザー様だとなおさら。
あの初見殺しだらけの攻撃は他では味わえません。ええ。

1画面へのメタモルフォーゼ

2008年09月30日(火)01:03 智・II #- URL 編集
最近ネットカフェに行かないから、周回遅れもいいトコロッッ!!

いや、久々の超大作、メジャーどころですね。どれだけメジャーかといえば、百合星人ナオコサンにゲーメストムックが出てくる所やブラックホールボンバーの演出が入ってたりする点からも伺えるというものです、うんうん。

初代及びIIで度肝を抜かれた三画面筐体から、こじんまりとした一画面筐体に移行したダラ外・・・それに伴い、圧倒的なインパクトを与えた存在感は無くなってしまった事は非常に残念でした。しかし、一画面筐体だったからこそ出回りが良かったのだろうな、と私は思います。お世辞にも出回りが良かったか?と言われると少し首を傾げてしまう三画面筐体、これで出てしまっているとここまで流通はしなかったと思われます。

それ以上にダラ外のゲーム性や魅力はそんなハンデをたやすく吹き飛ばす完成度を持っていて、一画面になった事を感じさせないオーラを放っていた気がします。これは時流に合わせ開発スタッフのSTGに対する想いと作品への自信から生まれた、なるべくしてなった進化の一画面化だったのではないでしょうか。

・・・とかいいつつ、遊び込んだ順番がGダラ→ダラ外→初代、というヤツの吐くセリフなのか!?と自分でも思ってしまった所もあるのですが(笑)、ダライアス(と、周りのアーケードゲームの状況)の歴史を読み解き、当時よく分からないながらもダライアスを見てきた点も含め、そう感じるのは確かなのです。
一応私も連付きなら全コース1コインクリア出来ますが、やはりボムゴリ押しの腰の引けたプレイ。連無しだとか、皆さんすごいゼ・・・。

ダラ外とメタルブラックがあったからこそ、Gダラは生まれたのでしょうね。ダラ外からGダラに引き継がれた点もいっぱいあります。一画面、タイタニックランス級の戦艦共、そしてそして・・・デフォルトでの連射機能無しッッッ(泣)!連無しではラスボスでのビーム合戦、オトシゴ以外に勝てる気がしませんが・・・。

捕鯨ルートは他のダラシリーズでも茨の道になりますね。GダラはキッツイA・ディフェンダーと殺り合わなきゃなりませんし(下ルート、全体的にハードル高めか・・・)、PCEスーパーダライアスもマイホームダディとか厄介な連中多し(・・・その代わり、鯨自体の強さが控えめになりカリスマ性が落ちた、というオチが付きましたがッッ)。

ゴールデンオーガからストームコーザーへ・・・1面のボスがラスボスとして再登場する流れは、蒼穹紅蓮隊でも使われていますね。STGでは思った以上にこの演出は少ない様ですが、グワッと心を熱くさせ、「1面ボスがラストに出てくるなんて・・・こりゃ、只事じゃないんじゃ・・・。」と、漠然とした不安を抱えてしまう、いい演出だと思います。・・・もちろん、初遭遇の時はコーザー様に泣かされましたとも、ええ(泣)。

・・・あー、何だかGダラの話ばっかりになったような。ここまで来ると他の皆さんに語り尽くされてるからなぁ。と、いう訳で違う視点から色々とコメントさせてもらいました。

それと、少し気が早いですがGダライアスのレビューも楽しみにしております。

P.S.弾幕薄いぞ!なにやってんのっ!!

2008年09月30日(火)01:36 智・II #- URL 編集
・・・あ、一つ書き忘れたネタが。

AC版とSS版の違いとして(PS版とPS2版は不明)、シャコのレーザーの本数が圧倒的にAC版のほうが多いと何処かのブログで見た事が。SS版のシャコをノーボムで倒せたからといって、AC版のシャコに同じように立ち向かうと痛い目を見るよ・・・とのお言葉が。

・・・ああ、そういや朧気にAC版のシャコのほうがエグかった気がしますわ・・・(汗)。

Gダラも良作

2008年09月30日(火)23:48 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>智・IIさん
ダライアス外伝は1画面にしたことで、どのゲーセンでも入れられるようにしているのは、本当に大きいですよね。このリファインの結果で、家庭用にも移植しやすくなっているのは、広めるにあたって大きいと思います。

Gダラも名作ですね。外伝とメタブラのエッセンスを上手に盛り込めてると思いますよ。
ただ、相変わらず連射は必要になってくるのがネックですけど。

アーケード限定で言うと、捕鯨ルートはどれも鬼門ですね。
鯨自体が強いのと、それに至る過程が厳しいのがまた何とも。
Gダラのアブソリュートディフェンダーもまた鬼門中の鬼門でございました。

Gダラはいつになるかわかりませんが、是非楽しみにしてください。

ダラ外レビュー、流石です。

2008年10月01日(水)13:24 どんきー #- URL 編集
はじめて書き込みさせて頂きます。いつも楽しく拝見させて頂いております。
私もダラ外がデビューした当時は、ダラ1とダラ2が一応クリア出来た私でも「難しすぎる」と感じ、すぐに敬遠したクチで、サターン版もやったけどやっぱり無理で、おっさんになってから何故か急にやりたくなって、「あれ?クリア出来るぞ?」と思ってはまったタイプです。
ダラ外には不思議な魅力がありますね。
真似してゲーム作ってみたりもしましたが、良い部分はとてもじゃないけど真似出来ない。
クリエイターの方々は本当にすごいなぁ、とつくづく思います。

ダライアス外伝の回ということで、思わずコメントしてしまいました。
これからも楽しみにしております。

書き込みありがとうございます

2008年10月02日(木)00:30 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>どんきーさん
はじめまして。書き込みありがとうございます。

ダライアスは初期評価に不安な点がありましたけど、環境が整ってきたからこそ徐々にその良さが現れてきているのが興味深いです。

しかし、クリエーター視点で見ると、本作の造りの丁寧さは恐ろしいほどに実感できるところですよね。特にラス面の音楽を全ステージで合わせるなんて、並々ならぬ造り方では絶対にできないところだと思います。

これからも、当ブログをよろしくおねがいいたします。

2008年10月02日(木)04:26 名無しデルタトライ #- URL 編集
パワーアップしすぎると
弱くなるってわざとなのかな?
調整不足な気も…

調整不足?

2008年10月03日(金)10:28 kuma #- URL 編集
 そう取られるようなコメントを書いた人間として、一言フォローしときます。
 初代が出た当時は連射は標準ではありませんでした。
 そうなると、手連のウデ次第では敵を貫通するレーザーの方が敵に遮られるショットより強力だったと思います。
 早い面ではレーザーでないと攻撃できないボスパーツもあったと記憶してますし。
 ただ、ダラ外の白玉最強はわざとでしょう。
 乱暴な言い方すれば、全ウェーブにしてしまうと「避け」しかやることなくなってしまうので、勢い攻撃を激しくせざるを得ませんが、それでは「避け」より「当て」が好きな人にはあまり面白くなくなってしまいます。
 しかしボス密着瞬殺ウマー、だけでは緊張感が落ちるので、赤勲章で道中の避け難度を上げたのではないでしょうか。
 と、思うのですが、どんなモンでしょうか。

書きたい事が沢山あり・・・

2008年10月04日(土)09:27 政@親父 #OARS9n6I URL 編集
書きたい事が沢山あり、書ききれません。
ダライアス外伝は良いゲームですね。
基板発売日に鼻息を荒くして買ったのを思い出しました。
ROMを4個交換する事で遊べるEX版も面白いですね~

狙ってたのかも

2008年10月04日(土)17:55 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>名無しのサムチャイさん
個人的には狙ってたのかな、とも思ってみたりします。開発チームの方のコメントが明らかになっていないため、はっきりとした事は言えないですが(外伝ムックには書いてあったかどうかすら、覚えてないという…)


>kumaさん
最初のダライアスも、あえてショットの状態にすることでピラニア狩りがしやすくなりますし、IIの場合もレーザーを最強にすると、レーザーが前に飛んでいくようになって次の発射までのタイムラグがあって使いにくくなりますよね。

これを踏まえた上で、ダラ外ももしかしたらショット+白玉最強という不文律を守っている結果になったのかも…と思ったりします。赤勲章を避ける行動も、実はヒットの一因だと思うと興味深いかも。


>政@親父さん

>書きたい事が沢山あり、書ききれません。
これは直接聞いてくれフラグになるのでしょうかwww
今度お会いした時にでも、是非聞かせてもらいますね。
EX版も久々にプレイしたくなりました。

動画元へのテキストリンクも

2008年11月12日(水)08:19 長谷川 一成 #Cja0gg5s URL 編集
動画を直接貼り付けるだけでなく普通のリンクも張っていただけると助かります。
どうもうちの環境ではうまく再生できないようで、ニコ動内で見ることになるのですが、動画をクリックすると新しいページが開かず移動してしまうので、複数の動画が貼ってあると見るのが面倒になります。
ご検討のほど、よろしくお願いします。

御意見ありがとうございます

2008年11月13日(木)00:04 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>長谷川 一成さん
コメントありがとうございます。

確かに今のままだと、ブラウザによっては新しいウインドウで開かない状態になってるようで。
このダラ外のページのような重いページだと不便極まりないと思うので、新しいウインドウで開けるようにテキストリンクを追加してみます。

ダラ外以降の動画にテキストを追加しますので、ご確認ください。その前の記事については、余裕が出来次第検討していくことにします。

御意見ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。

ありがとうございます

2008年11月23日(日)22:01 長谷川 一成 #Cja0gg5s URL 編集
素早い対応、ありがとうございます。
こちらこそ、今後もよろしくお願いいたします。

いえいえ

2008年11月24日(月)14:23 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>長谷川 一成さん
こちらも今後ともよろしくお願い致します。

2009年01月11日(日)03:13 一番星 #- URL 編集
久々に来てみるととんでもないコメントの記事が(笑)

ダラ外はゲーセンで観客として音楽に惚れてしまい、プレイしてないのに新品でサントラを買ったところから始まりました(^^;
ダラ外のためだけにサターンを買い、その後喫茶店でカレーを食べたら食あたりでプレイできずに3日間入院したのは苦い思い出。

しかし、未だにSELF聞くと泣けるんですよね。これ絶対なんか薬物入ってるでしょ(笑)

この記事を見て、自分もいつぞやのシューティング時代に戻ろうかと思います。

ダラ外はファンも多いですからねー

2009年01月11日(日)20:35 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>一番星さん
まさに人気ゲームの成せるコメント数でございますよ。
その分記事の重さも実感できますけどね。

ダラ外は音楽も良くて、ゲームとのシンクロ度もピカイチレベルです。プレイして音楽を聞くと、またすごい発見が生まれるかもしれないですね。

しかし食あたりとは、なんという…
SELFを聞きながらだったら、ラスボス戦がちょっと心配になってくるものでw

連射

2009年03月25日(水)15:05 ACLR #- URL 編集
このゲームは本当に連射装置必須のゲームでした実際に連付きの店では最終面まで到達して難しいとは感じなかったけど久々に連付きの店でプレイしたら2面のボスの固さに驚き、焦って撃沈・・・連射装置有り無しでここまで、難易度の違いを感じるとは恐るべしダラ外
最後にボスの攻撃が嫌らしすぎます(特に後半)


シンクロ連なしショット押しっ放しで捕鯨

2009年11月17日(火)00:52 Aunnoiki #aYDccP8M URL 編集
「連射力無いからシンクロ無いと捕鯨なんて無理」とかいう人に対抗すべくなんとなく。

イージーでは(PS2の『~メモリーズ』ですら)やれたけど、ノーマルでもやれるもんなんですねぇ……
http://blogs.dion.ne.jp/aunno_blog/archives/8947181.html

頑張りましたねー

2009年11月20日(金)23:02 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>Aunnoikiさん
これはなかなか・・・
ハマってた当初、人力連射で捕鯨やりまくってたのですが、ちゃんと押しっぱでもできるもんなんですね。

ダラ外は自分にとって最高傑作のゲーム

2010年08月09日(月)00:13 MSI #- URL 編集
ダラ外は本当に凄いゲームでした。
本格的なシューティングで初めて1コインクリア出来たゲームでもあります。
特に気合を感じられるレビューの熱さからも伺えます。
連射装置で難度が大きく変わってしまう点を払拭する位に、あらゆる要素のレベルが非常に高い作品だと思います。
それでも当時のベストシューティング賞は極パロに持ってかれたわけで。

グラフィックや演出に魅了されたのもそうですが、何よりBGMが秀逸でした。
特に最終面の演出のシンクロは感動的ですらありました。
最初に買ったゲーム音楽のCDでもあり、レイフォースと並んでゲーム音楽を聴くようになったきっかけでもあります。
初回特典のジャケットは自分にとっては今でも宝物です。
実写ドラマが入った攻略ビデオが発売されていたのですが、購入できず内容見れてないのが唯一の心残りですね。

ゲーメストのムックは今でも大切に手放さずに持っています。
SS版は捕鯨達成とイソギンチャクのスコアバグを見て驚いたのがいい思い出です。

本当に凄いゲームでしたねー

2010年08月09日(月)21:51 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>MSIさん
ダライアス外伝は本当にシューティング界に大きな影響を与えまくった作品だと言えますよね。記憶に残すべき名作というべきは、まさにこのゲームにこそ相応しいとも言えましょう。

>BGM
最近のアーケードゲームでも、背景とBGMのシンクロはあまり重視されない傾向にあるので、このあたりも記憶に残りやすいという点で重要だと思います。ラス面のSELFがどのゾーンともシンクロしてるというのが、流石ですよね。

2011年07月25日(月)22:27 サカガミ #y2Qn3E8Q URL 編集
ダライアスバーストACが出て、それがきっかけで友人も出来て、ふと「ダライアス外伝」の話が出て、熱くなってしまい、その流れでページを拝見させていただく運びとなりました。
外伝の素晴らしさを余すことなく伝えようという気持ちが伝わってきて、共感させられます。ゲームが格段によく出来ているばかりでなく、演出に

「これでもか」

と、力が入れてあるのが本作の魅力だと思います。特にクラスティハンマーが好きで、”R”のグランドキャニオンや”T”の夕日をバックのサザンクロスの街まで戦いを挑みに行ったものです。ストームコーザーは好きではなかったのですが、台風の中に入るシーン(ラピュタの竜の巣??)が好きで集中力試しに出かけました。
細かいところにまで手がかかっているのが外伝の他のゲームにはない非凡なところで、単に緑勲章を摂っただけでもボムゲージに"Napalm Bomb"とか、文字が一瞬だけ表示されたりして、いちいちカッコいいのが感涙ものでした。

プレイもゲーメストムックで1000万点への攻略が載っていたので、初めてスコアアタック
しました。ただ、鯨はレーザー避けに体が勝手に動いてしまい、恥ずかしいのでクラゲに攻略を変えた経緯があります。苦労の甲斐あって、なんとか一度、11328250を出す事が出来ました。

連射がない店もあったので、連射なし攻略もしました。ボンバーあるのでなんとかなった記憶があります。私は連射遅い人なので、鯨は大変時間がかかり、勝ちはしましたが、たぶん自爆だったのではないかと思います。

そうそう、外伝が登場した時期にも目を見張るものがありました。格闘ゲーム一色だった時期に、しかも宣伝らしい宣伝もなく、まさに彗星のごとくゲームセンターに現れました。そしてあの完成度。元々ダライアス大好きだった私は、涙が出るほど嬉しかったものです。

長くなりましたが、本ページの素晴らしい紹介がなければもっと長くなってしまうところです。バーストACも外伝に負けず劣らずの出来なので、伝説となると思っています。TAITOにはこれからも素晴らしいゲームを世の中に出して欲しいと思っています。

書き込み失礼します

2011年09月09日(金)12:20 TKS #dDm6s.8Q URL 編集
こんにちは、ストライカーズ1945Ⅱの記事で書き込みさせていただいた者です。
先日地元のゲームセンターに1945Ⅱと入れ替えで入ってきたのがこのダライアス外伝でした。最初はお気に入りの1945Ⅱが消えたことに腹を立てていましたが、試しに一回遊んでみたところ、このゲームの魅力にとりつかれてしまいました。
そして、先日ついにクジラルートをピラニア1ミスで達成し、V´以外のルートを全てクリアすることができました。
とてもいいゲームです。友人にも勧めてみようと思います。

名作中の名作

2011年09月09日(金)22:29 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>TKSさん
書き込みありがとうございます。
本作は幾度もやり込むことによって、多くのシューターにこよなく愛され続けた作品である理由がわかるのではないかと思います。それぐらい、このゲームのゲーム性は素晴らしいものだと断言できますから。

V'コースのストームコーザーは、いかに最強1つ手前を維持できるかにかかってます。クリア目指して頑張ってみてください。

2011年12月30日(金)00:21 MKMKM #SGkcU7uI URL 編集
当時ゲーメストのムック見ながらサターンで練習しましたけど……

ピラニアノーボムで抜けられねぇ~(最終段階の攻撃が、ノーミスだと弾の隙間狭くてかわしにくい)
シャコ強~い(自分の腕ではノーボム抜けは無理ゲ過ぎる)
クジラ硬いって!!(赤ウェーブ+白玉でひたすら打ち込んでも全然死ぬ気配がない)

なので、2回しかクリアした事がありません(一番上のルートしかパターン覚えてないです)
ダラⅡもそうなのですが、Kゾーンボスが自分にとっては鬼門ですね

サターンの裏技でありましたけどシンクロ連射はやっぱりほしいですね
Bゾーンボスがシンクロ連射+ウェーブでかなりラクになりますしね
でもクジラの硬さはやっぱりおかしい

ノーボムはあまり考えない方がいいかも

2012年01月17日(火)20:43 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>MKMKMさん
ダラ外のボス戦は、ボム無しで交わせない攻撃が前提だと開き直った方がいいかもしれませんね。ピラニアのあの青弾なんて、逆にコンスタントに潜り抜けられる方がすごいと思いますし。よほどスコアを狙いたいというのなら話は別ですが。

なので、攻略に支障が無いならボムを効率良く使うのが生き残る鍵ですね。ボムは使う所を決めて使うのがベストだと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/712-9b08e7db

ダービーマッチを見ながら

「YEAAAAAAAAAAH!!」 と、更新中に前触れなく叫ぶつもりが試合終了のホイッスルが鳴りました。 あたっく系さんの千夜一夜~...

捕鯨に挑戦

あたっく系 さんのところでダライアス外伝を紹介していたせいか無性にプレイしたくな

やはりコーザー様は強かった・・・

今回、K-HEXさんの「あたっく系」シューティング千夜一夜で、ダライアス外伝を取り上げておりますが、私もいつものお気に入りルート(Yゾーン…マンボウ)以外へ進もうと思い、ちょっとプレイしてみました。 で、どのルートにしようかと色々迷った挙句、結局、下一直

ダライアス外伝の熱いレビュー記事を発見したので、、、

あたっく系様 http://khex.blog42.fc2.com/blog-entry-712.html いやー、あついレビューですねー。 この人がBomberBomber外伝プレイしたらけちょんけちょんにけなされそう(笑)
| HOME |

Calender

<< 2017年09月 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。