あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第262夜~ ワンダー3 ルースターズ

ルースターズ タイトル

今回は、初の2部構成で行きます。

紹介するのはカプコンの「ワンダー3」。
1つの筐体に3作が詰め込まれている作品になりますが、
そのうちシューティングの括りに入る作品を2本連続で紹介致します。

まず第262夜は、アクションシューティングの「ルースターズ」から。


****************************

ルースターズ ゲーム画面その1

ルースターズ ゲーム画面その2

天空を飛ぶ「チャリオット」の封印を解き、妖魔の呪いにかけられた人々を救うため、主人公の「ルースターズ」ことルーとシバが、敵であるガイアの棲む城に乗り込むというアクションシューティングになります。

1レバー2ボタンで自機を操作。
1Pはルー、2Pはシバを操作しますが、基本性能には変わりがありません。
ボタンはショットジャンプに使います。

ショットボタンで、真横にショットを放ちます。レバーとジャンプとの組み合わせで、ショットを上に打ち上げたり、下方向に放ったりすることもできます。

ジャンプはその場でジャンプするだけなのですが、これもレバー上下と合わせる事で、段差を上ったり下ったりすることができます。浮いた地形にレバー入れジャンプすることで、地形にぶら下がる事も可能。穴に落ちそうになった時は効果的に使う動作です。

また、しゃがんだ状態でジャンプボタンを押すと、スライディング動作を行い、いつもよりも早い速度で前に進むことが可能です(ただし攻撃不可)。ステージによっては、重要な動作の一つでもあります。


ルースターズ ゲーム画面その3

自機のルーとシバはアイテムを取る事でパワーアップします。
アイテムには、ショットのパワーアップと、自機の後方で援護射撃をしてくれる精霊をまとわせる、というものがあります。

各アイテムの種類は以下の通り。

青アイテム(BOUND)
ショットが光をまとい、敵や地形に当たるとレーザーを放出する。
多方向に飛ぶのが強みだが、連射性能に劣るのが難点。

緑アイテム(HYPER)
ショットと共にブーメラン状の弾を曲線状に撃ち出す。
前方に対する攻撃力が高くなるので、使い勝手の良いアイテム。

赤アイテム(TAIL)
途中で前後2方向に分散するショットを撃ち出す。
ショット自体の威力が低くなるものの、攻撃範囲の広さが強み。

スペシャルアイテム
爆発する火の玉を放つ。威力が非常に高いが、時間制限有り。
滅多に出てこないレアアイテム。

火の精霊
火の精霊が自機の背後に付く。
前方に対して連続的に炎を撃ちだす攻撃をしてくれる。

水の精霊
水の精霊が自機の背後に付く。
地形を這うショットを撃ってくれる。

雷の精霊
雷の精霊が自機の背後に付く。
ショットボタンを放した時間に応じた分の誘導弾を撃ってくれる。

ゴールド
1000点ボーナス。

ハートマークのカード
カードに書いてある分のハートの数だけ、ハートが増える。
ハートを100個集めるとエクステンド。

ランプ
自機が服を着ていない場合は、服を装着できる。
服を着ている時に取ると10,000点。

なお、ショットのパワーアップには段階という概念・弾数制限が無く、ミスするまで有効(スペシャル以外)。精霊のパワーアップは2段階までパワーアップし、今装備している属性とは別の属性を取った時でもパワーアップするという親切設計です。


ルースターズ ゲーム画面その4

自機は最初、服を着た状態になっており、弾を喰らうことで服が脱げます。
裸の状態で弾を1発喰らうと1ミス。
また、穴に落ちたり、指定されたタイムが0になることでも1ミスです。

残機が0になるとゲームオーバー。
本作は全5ステージ設定。ループ設定ではありません。


****************************

追っかけまわす1ボス

地中から変な生物が

1990年代前半のカプコンといえば、かの名作「ストリートファイターII」で大ブレイクしていた時期ということもあり、そのためもあってか、あらゆるジャンルをリリースすることに腐心していた時期でもあります。

かつてのベルトフロアアクションから、「バース」のようなシューティング、「ブロックブロック」のようなブロック崩しまで、対戦格闘ゲームの波を作り上げながらも、時に様々なジャンルで盛り上げようとしていたように思います

そういった中でリリースされたのが「ワンダー3」。
3本のゲームから1本を選んで遊ぶ、というカプコンの新機軸シリーズとでも言うべき作品です。同時期に格闘ゲームで市場を二分していたネオジオのMVSを思わせるような造りにもなっています。


岩を紙一重で交わす

水の中に落ちるとアウト

その一つ「ルースターズ」は、かつてのアクションの王道でもある「魔界村」シリーズをインスパイアした作品になります。

ジャンプアクションゲームといえば、これまでもカプコンは「チキチキボーイズ」「マジックソード」といった良作を繰り出してきていますが、本作はシューティングテイストを加えた「魔界村」に近い形であると言えるでしょう。

世界観としては「タロットカード」を髣髴させる不思議な雰囲気を醸し出しており、同じくワンダー3に収録されている「チャリオット」と世界観を共有しているのが特徴的に映ります。

木と森と湖が美しく輝くメルヘンな世界がモチーフではありますが、敵のほとんどが異形だったり奇形だったりするために、ファンタジーとはいえども独特な世界観を有しているということになります。ダークメルヘンにも通ずるこの世界観は貴重です。


2体ボスのラルー

加えて、CPシステムで表現されたグラデーションの美しさには目を見張るものがあります。
「ロストワールド」の頃から輪をかけて磨き上げてきたグラフィックの美麗さは、ここに来て円熟の極みに達するまでに至ったと言えます。

敵や味方の動き方一つをとっても細かく、まさにドット絵の極みとも言うべき動きの良さには嘆息すら出てきそうです。最初に出てくるノームのようなザコが、吹き出しを出しながら笑っているところは、ザコの造りに定評のあるカプコンらしさがあっていいなあ、とも思いました。

1つの基板に3作が入っている仕様ながらも、気合の入ったドット打ちの美学は、まさにストIIでノリにノッた円熟期のカプコンならではの趣を感じさせることでしょう。


****************************

敵に当たらないように

テイルガンで3面中ボスを倒す

肝心のアクションとしてのバランスも、かなり考えて作られているレベルになっています。個人的には全てのカプコン作品のアクションシューティングの中でも、実は最もバランスに優れているゲームではないかと思うのです。

確かに敷居の高さというのは、他のカプコンアクションシューティングにも見受けられるように、「ルースターズ」にも見受けられたりします。
ハマる際にあたっては出だしが肝心であるとも言うように、初っ端でいきなり強い敵と当たるとなると、後の展開を無駄に予想してしまい、怖がってプレイできないものです。

カプコンのアクションゲームといえば最初から飛ばしているような印象があります。
例えば前述の「マジックソード」は、最初のボスであるはずのキマイラがかなり強く感じる事がありますし、「チキチキボーイズ」も、ボスとしては序盤の敵であるはずの二首ドラゴンが実は最強の敵みたいな印象だってあります。


崩れる床が・・・

3ボスの懐に飛び込む

本作でも、その不文律がしっかりと守られているように見えます。

中でも、初っ端のボスでもある1面中ボスの「ウッドゴーレム」は、アクション慣れしていても倒すのに苦労するのではないかと。地形が上下に歪んでますし、敵の吐き出す種の軌道もかなり際どいです。正直な話、1ボスよりも強い存在だと思います。


↓1面中ボスのくせにやけに強いウッドゴーレム

序盤にしては鬼門


多分やり立ての頃は、大抵はこのボスでゲームオーバーになるのではないでしょうか。
現に自分もそうでしたし、多くの人のプレイを見ても、大概はウッドゴーレムで自機を散らしている光景を何度も見てきました。

序盤は残機がたったの1機しかないので、なおさらのこと。
4回ぶつかっただけでゲームオーバーというのは、アクションシューティング初心者にとっては、厳しめに映ったかもしれません。

カプコン作品の大半に見られる傾向でもありますが、ルースターズの最大の欠点は、こういった強力なボスをいきなり初っ端からぶつけているところになるでしょう。

ファイナルファイト2ボスのソドムのごとく、カプコン製のアクションをやり慣れている人にとっては序盤に難易度の高いボスが現れる事は、まさにお馴染みの光景にも映ることかもしれません。しかし同時に、難しい序盤ステージの存在は、多くのプレイヤーを引き離してしまったようにも思えます。


美しいデモ画面

炎の精霊と共に

ただ、この序盤を乗り切ることができれば、ステージを進めることでエクステンドが絡むために、ぐっとステージの攻略が楽になってきます。

魔界村を髣髴させるような落下トラップや、ジャンプの着地先に弾が飛んで来るような覚えポイントが多いゲームではありますが、その一つ一つのトラップはまさに覚えることで回避可能です。その辺り、やり込む度に上手くなることが実感できるという、当時のアーケードゲームらしさが満ち溢れています。

ショットも、汎用性の高いハイパーを使い、さらにオプションである精霊は、かゆいところにも手が届く雷の精霊を使うようにすれば、それなりに先に進めるようになるでしょう。

ある程度敵の攻撃のクセや、ステージ特有のトラップの性質がわかってくると、スムーズに前に進む事ができます。こうなると、残機を溜めつつ後半ステージを楽しむ事も可能になり、一気に「ルースターズ」の面白さが見えてくるのではないかと思うのです。


4面は敵もトラップも多い

なかなか手強い4ボスのモーバン

敵もかなり魅力的なものが多く、4面の城内のびっくり箱やバウンドする月状のトラップ、針を分離させて攻撃を繰り出すボスなど、後半も非常に魅力的な展開に満ちています。
最終面のボスラッシュは、実に「大魔界村」チックな雰囲気が出ていますし。

しかしトリッキーな動きで翻弄する後半ボスですらも、決まった行動パターンを取り続けている事が多いので、敵のクセが読めるようになるとミスもぐっと減ります。

「魔界村」シリーズのようなランダム要素もあるにはあるのですが、自機の身軽さやショットの強さなどからすると、そちらよりは敷居が低いように感じます。ジャンプ後の制御もある程度効きますし、上下の昇り降りなどもスムーズにできるのが、プラスに働いているように思えますね。
魔界村とは違って1周目しかないのも、難易度の低さに貢献してるかもしれません。

自分はアクションゲームはかなり苦手な部類に入るのですが、そんな自分でもパターンを覚えてノーミスクリアができるまでプレイしてますので、アクションシューティングが苦手な方でも自信を持ってオススメできる作品になります。


****************************

最終面はさすがに厳しいトラップてんこもり

1ボスと平面で対峙

というわけで、アクションシューティングの難易度としては中程度のゲームです。
シビアなアクションもあることにはあるのですが、ほとんどパターンに収まるレベルになっているので、肩肘張らずにプレイできる点では優秀なゲームだと思います。

敷居が高いと感じる方にも、個人的に薦めたい一作ではありますね。
アクションシューティングの登竜門的な存在になりそうです。


最終面はボスクラスの敵も多い

ラスボスのガイア

本作の移植は、エクシングがプレイステーション、セガサターンに「アーケードギアーズ」として移植しています。
チャリオットの移植度が悲惨なようですね。触っていませんので、他は知りませんが…

また、本作に登場するルーとシバは他のゲームにも登場しています。
ルーは「マーブルvsカプコン」にて、サポートキャラとして登場。

一方のシバは、カプコンと彩京のタッグで作られた「ガンスパイク」にプレイヤーキャラとして出てきますが、スケボーに乗った帽子をかぶったキャラになっていて、ルースターズの頃とは似ても似つかない姿になっています(ルースターズの時とは別人とのこと)。

ただ、後方の援護射撃の炎の精霊が、ルースターズのリスペクトになっている点が実に面白い点。なお「ガンスパイク」には懐かしキャラとしてアーサーやロックマンなども登場しています。



次回、チャリオットに続く。
| シューティング千夜一夜 | Comments(10) | Trackback(0) |

コメント

2008年12月19日(金)15:02 ペイン #7JJSYrWQ URL 編集
ワンダー3きましたね。ドンプルはガン無視ですかそうですか!とまずは軽く突っ込みを入れといて・・・(実はドンプルが一番難しいとか)
ロンパーズとともに実は結構やったパズルげーなんすよね。おもしろかったんですがやはりほかの2タイトルの方がいい感じでした。
とりあえずドンプルについてはあえて取り上げてないのはなんとなくわかるのでこの辺で~

2008年12月19日(金)15:22 ペイン #7JJSYrWQ URL 編集
ルースターズは次回作チャリオットにつながる話ですが・・・
これなにげにストーリーつーか設定を見直すと世界の広がり方でかいんですよね。ゆっくり考えるとスゲーと関心しました。
最初は実はチャリオットの方からクリアしました。アクションはあまりうまくなかったので・・・
ガイアに行った時は感動したのを覚えてます。
カプコンのグラフィックと言えば私はまずメタリックこれに尽きます。初期ゲームからどこかしらメタリックなグラフィックとコミカルなキャラクターの織り交ぜ具合が最高だったんですよ。CPSシステムからはそれに加えて色の豊富さとラインスクロールでの奥行きのすごさが・・・

この後キャプコマ、キンドラと後のカプコンのゲームの道を決めてくゲームが出てきますが魔界村系(敵を射撃で倒す)のゲームはあまりみうけられなくなってしまいました。
(パズルげーとしてのドンプルもそうですが・・・)
そういった意味でもワンダー3は1つの結論として評価できると思います。

俗称:飛竜村

2008年12月19日(金)17:31 StigmaticZero #- URL 編集
あー、このゲーム凄い好きですよ。
絵の雰囲気とか、(魔界村+ストライダー飛竜÷2的な)操作性とか。
この頃はアクションゲームなんかもよくプレイしてました。

サターン版は移植度が低くて凄くガッカリしましたね。
一応家庭用としてはPSPの海外版「カプコンクラシックスコレクション」にもワンダー3が入っていますよ。(マジックソードなんかも入ってる。Xbox版もあるらしいです)
やってみたところ移植度は特に問題ないように思いました。

今のPSPはTVにも出力できるので液晶テレビに映してプレイしてますが、鮮明できらびやかなドットや効果音は今遊んでも心地良いです。

尚、海外版では「ウッドゴーレム」が弱体化していて国内版よりも初期バランスが良くなっています(というか1面であの強さは反則だろう…)

当時はクリア出来ました!当時は!

2008年12月19日(金)22:45 キツネ #PNItOToQ URL 編集
この前トライアミューズメントで見かけたけど、太陽みたいな敵の攻撃パターンを覚えてなくてボスラッシュに出会えず終了ッ!
どの足場が崩れるか覚えてなくてもアドリブで対応してたけど、その辺りが限界でした~。クリア後に表示される詩をもう一度読みたかった・・・

しかしリリースされた当時は、やはり画像に惹かれたし、ストライダー飛竜をクリア出来た経験、確か残機1設定じゃなかった筐体、といった条件につられて本気で攻略してました。ゲーメストの記事も役に立った記憶があります。
言われてみると、ファイナルファイトではソドムを一度も倒した事がない私でもクリア出来る難易度?ウッドゴーレムは1ミス我慢して後でエクステンド発動まで頑張ってました。

最大の難関は、誰かがドンプルorチャリオットにハマってると待たなければならない事でした・・・単品リリースして欲しかったなぁ・・・

2008年12月20日(土)11:14 とおりすがり #mQop/nM. URL 編集
「ルースターズ」は月が突進してくる所で点稼ぎをするのを良くしていましたね
あれだけで地元のゲームセンターではハイスコアラーになれるので(あまりやっている人自体少なかったですが・・・)、小さい自慢になっていました

残念なのが、チャリオットに連射装置を付けてしまうと、他のゲームが出来ない悩ましさ

納得の二部構成

2008年12月20日(土)22:26 K.H #- URL 編集
話は聞いてましたが、確かに二部構成にせざるをえないですね。

自分は、チャリオットの存在のおかげで、ルースターズはまったくといっていいほどプレイしてません。
敷居が高そうな印象があったのも理由の一つかもしれません。

しかしながら、システムを見る限りでは「大魔界村」ですね。
今まで興味を惹かなかったのか自分でも不思議ですが、
見かけたら一から攻略していきたいと思います。

2008年12月21日(日)00:44 オヤジあらふぉー #pwhI1KcU URL 編集
ルースターズ大好きでしたねー
カプコンのアクションゲームの中で、見た目より難易度が優しくてよくプレイしてました。
なにより背景やキャラの美しさで記憶に残ってます。
その分チャリオットの難しさに泣きました。

初心者にもオススメできる一品

2008年12月21日(日)02:47 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>ペインさん
ドンプルは無視しなかったデス!あまり触れてないですけどねw
慣れると長く続けられるゲームなんですよね。

>世界の広がり方でかいんですよね。
ルースターズとチャリオットの共有というものがワンダー3という作品にありますので、世界観の大きさからすると実はすごいものかもしれません。それに加えて両者ともグラフィックの描き込みが半端無いですからね。緻密にも見えようというものです。

>メタリック
CPシステム処女作であるロストワールドはその傾向が強いですよね。
あと、ファイナルファイトとストIIのドラム缶とか。

>キャプコマ、キンドラ
多くの作品がリリースされていく中で、ワンダー3とかバースはベルトフロアとか格闘とかに淘汰されているようでもありますよね。この受けの良さが決定的になって、カプコンの行く末が決まっていったのかもしれません。うれしいやら、悲しいやら。


>StigmaticZeroさん
飛竜村という表現はなかなかいいですねー。
自由に地形に引っ掛かることができるのがルースターズの利点ですよ。

>PSPの海外版「カプコンクラシックスコレクション」
あ、そういえばこれにもワンダー3って収録されてましたね。
他にもバースとか虎への道もあるのがいい感じです。

>というか1面であの強さは反則だろう…
この「前半面にキツいボス」がカプコン節ではあるんですが、それでも、序盤からいきなり難しいボスを持ってくるのはちょっといただけない点にも見えますね。
個人的に見ても、あの強さは反則級だと思えます。


>キツネさん
久しぶりにプレイすると、パターン忘れちゃうんですよね。
自分も沈む地形の位置とか完全に忘れてましたし。

>クリア後に表示される詩
詩が出てくる箇所で流れる音楽も、実にいい感じでした。
考えてみたら、音楽にも気を使ってたゲームになるかもしれないですね。

>ウッドゴーレムは1ミス我慢して
やはり最初のうちはこの辺を妥協して、後半面で増えるのを待つパターンが鉄板になるでしょうか。エクステンド発動した後になると、急に精神的に楽になったような気がしてます。


>とおりすがりさん

>月が突進してくる所
4面のあの地点はやはり稼ぎポイントになりますか。
下の箱も破壊できるので、これもスコアには貢献できそうな。
自分の場合は誤って針の山に落ちることもしばしばですがw

>チャリオットに連射装置を付けてしまうと、他のゲームが出来ない悩ましさ
連射装置のボタンだけだと、他のゲームがちょっと遊びにくそうです。
でもデバイスの悩みの観点からすると、ドンプルが最も酷い気も。
何しろ8方向レバーだと動かしにくいったらありゃ・・・


>K.Hさん
このゲームは実に二部構成に相応しいタイトルですよ。
他にこういった構成でやるゲームって無い(と思う)ので、ワンダー3は千夜一夜紹介の中でも特殊なケースになりそうです。

シューターだと「チャリオット」に走りがちになりそうですね。かく言う自分も最初にプレイしたのはチャリオットで、暫くはルースターズそっちのけで攻略に腐心してましたし。
クリアが辛いとわかって、ルースターズをプレイしたら面白いように先へ進むので、結局ルースターズの方がクリアしたのが早かったですね。

>システムを見る限りでは「大魔界村」
ジャンプのクセは、K.H殿の得意な「大魔界村」とは違いますが、ゲームとしては結構それに近くできているので、ワンダー3をやる機会があればプレイすることを薦めますよ。


>オヤジあらふぉーさん
ルースターズは、今までのカプコンアクションに比べると難易度が低くて、アクション系が苦手な人でも迷わずオススメできるレベルになっているのが好感触ですよね。キャラクターの描き込みという点でも、とても魅力的な作品だと感じます。

それに比べるとチャリオットの難しさはガチですねー。
今見ても、すごい骨のあるゲームだと思いますもの。

2012年03月27日(火)04:23 てるてる #- URL 編集
今PSP版でやってます
なんとなくチャリオットからやってたけど、ルースターズのほうが簡単なんですね。超魔界村でクリアしたと思ったらもう一周だよwプギャwwwなエンディングでorzしたのがトラウマになって無意識に避けてたのかも^^;

しかし、海外版だとストーリー展開も英語だというのが・・・一番難しいかもw
なんで日本では出さなかったんでしょうね。

魔界村よりは気張らずにできますね

2012年03月29日(木)00:07 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>てるてるさん
魔界村シリーズに比べると、自機のショットとサブショットの強力さが目を引くため、既存のアクションシューティングの中では割とやりやすい方ですね。トラップじみた構成もあるものの、ジャンプ制御の良さに救われる格好になるでしょうか。

チャリオットは逆に連射がどうしても必要という時点で、かなり骨のあるシューティングと見ておいた方が良いかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/749-904f09c0

| HOME |

Calender

<< 2017年10月 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。