あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第273夜~ レゾン

レゾン タイトル

第273夜。今回はこいつでさ!
R-TYPE IIに近いということで、アルュメの「レゾン」です。

どう見てもアレです。アレですよ。
わああああああああああああああああああああ


****************************

レゾン ゲーム画面その1

レゾン ゲーム画面その2

西暦2190年に襲い掛かってきた地球外生命体に対向すべく、プロジェクトVによって完成された「SR-91」を発進させる、というストーリーを持つ本作。

1レバー1ボタンのシンプルスタイルで進めるゲームになります。
ボタンは連射によるショット。溜め撃ちはありません。

自機はアイテムによって装備される「アーム」を使って、敵弾を防いだり、強力な攻撃を繰り出す事ができます。アームは基本的にレバーの左右によって向きを変え、武器によってはあらゆる方向に攻撃を繰り出す事が可能。
アームの向きは前方から後方にかけて動かす事ができます。

ショットボタンを押す事で、ショットと同時にアームショットを繰り出す事が可能。アイテム2個目からは、アイテムの色に応じた攻撃がアームから飛び出します。また、ボタンを押しっぱなしにすることで、アームを固定させることが可能です。


レゾン ゲーム画面その3

レゾン ゲーム画面その4

アイテムは、色アイテムとスピード調整アイテムが存在します。
種類については以下の通りです。

赤アイテム(対空レーザー)
威力の高いレーザーを発射する。
アームの向きにかかわらず、正面後方にしか放てない。
ただし威力が非常に高いので使い勝手が良い。

青アイテム(反射ボール)
地形に当たると反射する青いボールを発射する。
アームの向きに向かって放たれるのが特徴。
威力が低いものの、連射能力があるのが強み。

黄アイテム(リングレーザー)
高速で飛ぶリングショットを放つ事ができる。
アームの向きに向かって高速で飛ぶ。向きによっては4方向にも飛ばせる。
威力は低めで、全ての武器の中ではやや弱い傾向。

スピードアップ(Sマーク)
文字通りのスピードアップ。
最大6段階。1個でも結構早い。

スピードダウン(逆Sマーク)
文字通りのスピードダウン。
取り過ぎた時は重宝するアイテム。

基本的に武器は威力の非常に高い赤をメインに使います。
他の武器は局所的に使うアイテムの扱いです。

以上の武器を使いこなしつつ、全6ステージを踏破します。
本作はループゲームではありません。


****************************

レゾン ゲーム画面その5

レゾン ゲーム画面その6

作品の風体を見ていただければわかりますが、



R-TYPEだろこれ



って野暮な突っ込みはダメですか?
なんか、ウォーオブエアロの時も同じ事を言ったような…


というわけで、どう考えても「R-TYPE」を意識しまくりの作品ということになります。自機の風体、フォースを模したようなアーム、R-TYPEでもよくいたような生物的な敵の数々、メカニカルなトラップなど、見てくれからして、ここまでやっちゃっていいの???的な匂いがプンプンと漂う作品なのです。
しかも、タイトルの頭が「R」。ここまでやるか!というほどのインパクトです。

今出すとなると、確実にネットやらニュースサイトやらで取り上げられて、良かれ悪かれ、何かしらの話題になるかもしれないほどのインパクトです。


レゾン ゲーム画面その7

レゾン ゲーム画面その8

何しろ色んなところが似てるという、今から見ると、その節操の無さが見受けられるような気がします。フォントの作りが、まさにRのアレですし、タイトルなんかを見ても、絶対に確信犯的にやってるだろ!!と思えるほどの徹底ぶりです。

武器だって、赤が対空レーザーで、青が反射ショットで…ってどう見てもどう見てもどう見てもアッー!!!な作りはもう何とも言えない気分になってきそうです。

時期的に見て、どちらかというと作風は初代よりも「R-TYPE II」の方によく似ています。ステージ数が同じ事や、敵の攻撃傾向などを見ると、ますますそう思えてくるようにも思えてきます。


レゾン ゲーム画面その9

実際に開発者の方も、堂々と真似て出そうというコンセプトで進めていたそうで、個性を出すよりも先に、ある意味潔さを持って、本作の制作に取り組んできたのではないかと想像します。実はアイレムの人もかかわってるとか?

アルュメ作品は、堂々と真似たとしか思えない作品が多い事で有名で、雷電リスペクトの「マッドシャーク」、イメージファイトリスペクトの「ウォーオブエアロ」など、心から尊敬しているのだから、自尊心なんて!!みたいな潔さ。褒められるべきかどうかはさて置いても、この堂々っぷりが何ともツボにハマりそうです。

今なら間違いなく叩かれる対象でありますが…


レゾン ゲーム画面その10

でも、雰囲気はとてもR-TYPEなのですが、キャラクターは独自のカラーを醸し出しており、何とか差別化を計ろうとしているゲームではあります。

2面の生物兵器は、R-TYPEとはちょっと違ったサイケデリック感を醸し出しており、これはこれで実は楽しめるのではないか?とも思えてくる不思議。R-TYPE IIの4面を模したような、3面の作りも意外とトラップとして成立しているのが素晴らしいのです。

なお、本作は相当出回りが悪かった事もあり、見られただけでもラッキーとも思えるゲームです。パクリ系ではあった作品なのですが、攻略雑誌を見て妙にやりたいゲームだなぁ、と思ったゲームでしたね。


****************************

レゾン ゲーム画面その11

レゾン ゲーム画面その12

出回りはともかくとしても、本作は難易度の観点で見ると、恐ろしいほどの難度を有する作品とされています。リスペクト対象である「R-TYPE II」も十分過ぎるほど難しい作品とされていますが、レゾンはその比ではありません。

とにかく難しい。難しすぎるのです。


前半面から厳しいポイントが散見されます。
目立つのは敵の硬さ。ほとんどの敵に耐久力が設定されていて、連射でも無いとやってられないような辛さがあります。波動砲などというものはありませんので、倒すにあたっては、己の連射のみが頼り。とにかく連射するしかありません。

突然後ろから襲い掛かってくる巨大な敵がミサイルを撃ちながら突っ込んでくるあたりは、実にヤル気マンマン。全体的に固い敵の多さが目立ってる事もあって、きっちり撃ち切れずに弾を撃たれてミスになる、というケースがかなり多く映ります。

地形トラップも、Rシリーズに倣ってはいるものの、凶悪さはRシリーズ以上の極悪ぶり。2面の上下から飛び出す固い敵やヘビ状の敵などは、きっちり覚えて対処しないと確実にミスになってしまいます。フォースの代わりでもあるアームの使いこなしがとても難しいため、本格的にやり込もうとすると、それこそ血を吐くほどの鍛錬が必要になるでしょう。


レゾン ゲーム画面その13

レゾン ゲーム画面その14

前半がすでにこんな感じなので、中盤から後半にかけては、まさに地獄絵図。
どうしようもないほどの覚えゲーになっている箇所から、アドリブを絡める箇所まで、難所が粒ぞろい。R-TYPE IIに太刀打ちできる人であっても、本作には太刀打ちできなかった方が大多数ではないでしょうか。

3面はともかくとしても、4面の難しさは度を超えているとしか言い様が無いほど!戦艦が上下から大挙してくるポイントの難しさもさながら、ボスの難しさはとてつもなく酷いと思いました。

同じR-TYPE IIの4ボスのライオスもとても強かったキャラですが、こっちも巻けず劣らず強い!というか。ほとんど変則的にライオスを意識したような隕石ボスなのですが、滅茶苦茶耐久力があり、そこにファンネルやら、硬い隕石が大量に飛んでくるやらで、まともに勝たせてもらえるのか!と感じてしまいます。


↓この4ボス強いよ

ライオスよりも強すぎるよ


対空レーザーじゃないと、まず倒せないボスなんだそうで…
きちっとバランス考えて作ったのかな…とも思ったり。


レゾン ゲーム画面その15

レゾン ゲーム画面その16

で、その後の5面とかもまた酷く、初代R-TYPEのドップみたいなものが、レーザーやら反射レーザーやら撃ってきて、いつの間にかミスするケースが多くなってきます。反射レーザーなんて、いつやられたかわからないですもの。自分は、1コインでは5面が限界ですね。いきなり斜めのレーザーに貫かれる展開が、どうしても耐えられなかったタチです。

生半可なやり込みではパターン化もままならないので、これ以降は相当な鬼門と言っても過言で無いほどです。

骨のあるシューティングとして見るか、納得のいかないトラップの多いゲームとして見るか…
やる人にとっても代わってきそうですが、少なくとも初心者向けでないほどの難易度を持ったゲームであることは確かです。4面以降の難易度が凄まじすぎて…


****************************

レゾン ゲーム画面その17

レゾン ゲーム画面その18

作りとかは丁寧な部分はあるものの、やはり物真似っぽく見えてしまうのは、大きなハンデキャップにもなり得てしまうのが、ちょっと残念とも言える出来でもあったりするのが正直なところです。

まぁ、情報手段が緩かった当時だからこそ出せた、という見方の強いゲームではありそうですね。ネット時代になった今出そうとすると、確実に叩かれるタイプのゲームですから。

それでも、ゲーム性と出回りさえ良ければ「餓狼伝説」のような試金石にも成し得たのかもしれません。ですが、レゾンはあまりに難しすぎて、本家(ここでいうRの系譜)に及ばず、といった具合になっているのが惜しい所です。似せるにしても、もっと洗練されたゲームとして生まれていれば、良いゲームに見られていたかもしれません。



レゾン ゲーム画面その19

ちなみに、本作のグラフィッカーにあの「並木学」氏が関わっているみたいで…
(エンディングで確認可能)



★動画(ニコニコ)

攻略その1(ステージ1~3) 攻略その2(ステージ4~6)

uchさんの全ステージクリア動画。タイムリーすぎだろwww
テキストリンクですが、どうぞ。


| シューティング千夜一夜 | Comments(37) | Trackback(0) |

コメント

2009年02月28日(土)18:04 名無しデルタトライ #- URL 編集
基板は結構安かったけど、出回り悪かったんですかね?
「連射」と「固定」が両立できないのがネック。あと処理落ちによる弾切れ。

音楽はつまらなかったですね(並木氏ではない)。

雑誌で一目見ただけで…

2009年02月28日(土)19:56 ・・・ #9eqvbf2I URL 編集
ゲーメストの記事が、露骨に提灯だった記憶があります。
画面写真見ただけでも「おいおい、いいのか?」と感じたのに、その辺は一切スルー。
「シューティングの魂を分かった人が作った」みたいな書き方…嫌味だったのかもしれませんが。
アリュメとゲーメストって、仲が良かったんですかね?

東京在住の頃、何故か旅先(仙台でした)で2、3度やりましたが…むむむ、って感じだったなぁ。行きつけのゲーセンには結局入らなかったし。

こりゃまた露骨な(苦笑)

2009年02月28日(土)21:20 わで~ん #txc726Mk URL 編集
おいおい…って感じで、露骨に某TYPE似なゲームですね(笑)。
レゾンは、今イチ出回りが悪かったこともあり、プレイ経験はありませんでした。

アリュメのゲームでは、マッドシャークを数回プレイしたことがありますが、やはり、どことなく洗練されていないという印象(笑)を持っておりましたね。

レゾンの場合も真似て出すにしても、やはりゲームとしてのバランス調整が甘いと、リスペクト元にも辿り着けないのが悲しい所ではないかと感じざるを得ませんでした。

>・・・さま

>露骨に提灯

この手の提灯と思われる記事で、考えられるケースとしては…

1.メーカー担当者と、編集側の担当者が懇意にしている場合

2.良くない評価を与えると、メーカー側から情報提供してもらえなくなる恐れから

3.記事の校正時に、メーカーチェックが入った場合

4.将来的な広告出稿の可能性も考えて、提灯記事でヨイショしておく(爆)

なんてことが思い浮かびますね(笑)。

結局、商業誌で極端な辛口記事にしちゃうと、以後、そのメーカーとは気まずい関係になったりする…てなことも有り得ますので、どうしても足枷を嵌められたような、どこか無難な記事になりがちな面もあります。

2009年02月28日(土)21:35 あせろら #- URL 編集
友人に「RTYPE」の新作だッ! と騙された苦くて青い記憶(苦笑)
当時は純心だったのね。
そしてアルュメといえば「ブランディア」一択なのはお約束w
 STGは苦手意識高かったんだなあ。

『ソルフィース』ですね?わかりまs(

2009年02月28日(土)23:28 Aunnoiki #depbjF66 URL 編集
幸運ながら『マッド』『レゾン』『エアロ』どれも高校時代に帰り道に有ったゲーセンに見掛けられました……
学生の懐具合でやれはしませんでしたが(涙

後年アレな手法でやりましたが……どうにも4面が越せずで。
敵の固さまで『RタイプⅡ』を持ってこなくても……せめて海外版『~Ⅱ』辺りの難易度を参考にしてくれたなら なぁ。
あと、アームホールドボタンは欲しかった(倒
アレは暗に「赤を使え」と言っていたんですかね……?
勿体無い作品だった。 と思います。

2009年03月01日(日)03:18 名無しデルタトライ #- URL 編集
このゲーム、うちらのホームでは「R-TYPE+X-∞を3で割ったゲーム」と散々な事をいってました。

それにしてもこのゲーム、アームを固定して防御を固めるとはじめて気がつく「ん?攻撃はどうするの?できないの?」
正直ここをどうにかしてもらいたかった。

あとシステムとして敵の巨大レーザーが消えた後もしばらく判定が残っていて、「今何にやられたの?」をいやというほどやられました。

マゾゲーは好きなんで、このゲームもいい思い出になりましたわ

当時はRの系譜だと勘違いしてました

2009年03月01日(日)04:19 TANK #pn.FNN1k URL 編集
ありましたねー、このゲーム地元に幸運にもあってやりまくりました。3面が限度でしたね。
2カ所のゲームセンターで見たことがあったので出回りが悪かったという記事を読んで意外な気分でした。

確かに露骨なインスパイァ作品ですが、横シューが滅多に出ることが無くなった今では、これはこれでいい時期だったんだな、とふと思っちゃったりもしました。
真似なりに造りきってるというか、潔いというか。

いま家庭用で出たら買いますね(笑)


BGMもちょっと単調だったかも

2009年03月01日(日)11:41 nox #- URL 編集
当時の地元では入荷がなかったので、実物を拝むのは基板購入した12年後でした。
『大王』と『紫炎龍』は開発者つながりがあるからギリギリグレーといったトコロですが、コレはあまりにもマズいだろwというのが当時の感想です(^ ^;)

肝心のゲームバランスは、アームの固定が別ボタンで操作可能なら許容範囲だったのではないかと思います。
あえて1ボタンオペにしたのは開発者のこだわりでもあったのでしょうか?

それでもステージ構成は『R-TYPE LEO』より『R』らしいという不思議さ。
オリジナルに対する敬意は感じられました。
例えるならメガドライブの『エリミネートダウン』みたいな位置付けに思えます。


気になるのは2年くらい前(?)から新品のデッドストック品が今頃になって流通されたこと。どこで発掘されたのかしら。

敬意はあったゲーム

2009年03月01日(日)13:17 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>名無しのデルタトライ1号さん
本作は、出た当時は全然見た事が無かったんですねー。
周囲での報告でも、見たという報告が無かったですし…

音楽は1面と4面の使い回しがあったりと、良い傾向では無い気がします。
並木さんがここで音楽担当してたらどうなってたか…


>・・・さん
確か、当時のゲーメストは、どのようなゲームもなるべくプッシュするという方向性があったような気がしています。攻略法とかゲーム紹介とかでは、マイナス志向の言葉はほとんど見られませんでしたから。要は方針ということなんでしょう。今で言う新聞の傾向にも同じ傾向がありますし。

その分、AOUショーの評価とか、ランキングでの石井ぜんじ氏の総評とかが辛口だった傾向にあったような。ショー出展のローリングサンダー2なんかはボロクソに叩かれていて、逆に報われないなーと思ったこともありましたさ。

レゾンはどうにも、初期評価もそれほど良く無い傾向ですね。
いきなり後ろから来る硬い敵とか、難しすぎますし。


>わで~んさん
やはりそちらでもレゾンは見られませんでしたか。
本当に当時の生存報告は無きに等しいものでしたから。

>マッドシャーク
今回、アルュメ繋がりでレビューしておりますw
レゾンよりはゲーム的には良かった方ですが、でも洗練という意味では、雷電の域を脱していなかったので、総じて残念な作品という見方が強いですね。

レゾンは、バランスが良ければRにも匹敵する作品になり得てただけに、その点は勿体無い点でありました。調整が行き届いていない印象なんですね。

>提灯
自分の考えは前述の通り。雑誌としての方針なんだと思います。
例えつまらなくても、パクリでも、ヨイショが基本。
ネットでは絶対にありえない傾向なんですけどね。


>あせろらさん
見た感じは、もうRの続編なんですよねw
IIって言われても、違和感が無いほどだと思いますよ。

>ブランディア
なんでこれが「黄金の城」の続編扱いなのかが謎。
ジュレーンの際どい衣装ばかりが話題になっていたような…


>Aunnoikiさん
どれも一見さんには敷居の高そうな作品ですからねー。
マッド以外は、1面の難易度がやたらと高く感じるという。

>アーム
何故1ボタンに拘ったのかが謎なんですね。
やりやすさとかは考慮に入れなかったのかなぁ、と思ってみたり。


>名無しのデルタトライ2号さん
純正アイレム作品でもないのに、Rの形を模してるから、言われる事が散々なのはまぁ仕方の無いことなのかもですね。自分でも散々な事言いそうですがw

レーザーといえば、5面の反射レーザーとか何時の間にかミスするケースがあまり好きになれなかったタチです。ある意味、マゾゲーの一種に入りそうでありますね。


>TANKさん
ゲーセンによっては、出回りが良かった箇所もあったのでしょうか。
どのくらい出回っていたかが気になります。

露骨なインスパイア作品であっても、時代柄許される背景があったからこその作品という見方がありそうです。これはこれでいい時代でもありました。今は許されない潔さですけど、それなりの作品を造り込めた事は評価に値されるでしょう。


>noxさん
実物を触る機会が極端に遅れたというケースは結構多そうですね。
しかし、これは本当に露骨なコンセプトを持ったゲームでした…

ゲームバランスは、アームの使用バランスがやや整っていなかったのが気がかりでした。開発者のこだわりか、はたまた、単に時間が無かっただけだったのか…謎ではあります。

>オリジナルに対する敬意
確かに、今後のRシリーズに比べてもRらしさはありましたね。
生物系キャラのオリジナリティも整っていた方でしたし。

「なぜ波動砲が無いのか不思議である」

2009年03月01日(日)20:06 智・Ⅱ #- URL 編集
 ・・・とは、某豆の紹介文から。しかし、ここまで露骨なパクリだと逆に清々しくなる気がします。当時、目撃したなら「こいつぁスゲー!」って遊んでる・・・かも。

 しかし、何もかもが噛み合っていないような印象は確かに受けます。硬すぎる敵に対して威力がデカイ装備が無い、一点集中攻撃が大変しづらい・・・と、マイナス要素ばかり。それでいて、敵の攻撃が容赦が無い・・・雰囲気はかなりのものなんですがねぇ・・・。

 もう少し、何回も遊ばせたくなる要素が一つでもあれば評価は変わっていたのかも。

P.S.

2009年03月01日(日)20:57 智・Ⅱ #- URL 編集
 ・・・並木学氏が関わっているって(汗)?うーん、こんな経緯もあるのならさぞかし波乱万丈な人生を送ってきているのでしょうなぁ。そう考えると、大復活のライナーノーツに「ワカッタカ ワカッタラ サッサトイケ」と書くノリがあっても不思議ではないかも(笑)。

 並木氏は360の大往生Xでも新アレンジ曲で参加されてるそうで精力的に活動されているみたいですね。メニュー周りが壊滅的な出来だそうですが、新アレンジ曲は概ね好評みたいです。オリジナル曲、PS2アレンジ曲と合わせてサントラ発売してくんねえかなー、と思う日々です。

このパクリは露骨すぎる・・・・

2009年03月01日(日)23:55 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>智・Ⅱさん
これ、波動砲が無いと割に合わない難易度なんですよねぇ。なんでここまで敵硬いのって感じで。
1面の中型機から本気の硬さを見せてますから。連射装置無しの台だと大変でしょうなぁ…

>一点集中攻撃
集中攻撃しようとすると、レバーの制約がかかるので非常に動きにくいんですよね。
これももう少し考えたシステムになっていれば…と惜しむべきところであります。

2009年03月02日(月)02:30 達人王 #- URL 編集
昔ようつべで見ましたがBGMが10秒くらいのフレーズを延々ループという仕様だった気がします

とりあえずやってみたくはあります

どう発音するのかきいてみたい社名

2009年03月02日(月)12:49 メガ炉どん #- URL 編集
アルュメ…
これ前にも書いた記憶がありますがゲーメストで確か開発スタッフにインタビューで『なぜ波動砲がないのですか』との問いに『愚問ナリケリー』との答えに
『ダメだこの会社』
と正直思いました。操作の簡略化のためにゲームバランス崩壊…アイテムの有効活用の方法がわからない…グラフィックは結構良かったんですが色々な部分でゲームをダメにして勿体無い作品でした。二つボタンにしてオプションの操作なり特殊効果なりがあればまだゲーム性は上がったと思うのですが…
最後に…なんでアルュメのユは小文字なんだろ…?

俺名「コピータイプ」

2009年03月02日(月)14:35 キュウ #- URL 編集
よもやアールタイプのコピーとは。
難易度はアールタイプと言う次点でなんとなくムズイとわかる気がします。
こういうのは有名ゲームを似せて出せば売れるだろうとか考えて作ったんでしょうかね?
ただ・・・そうゆのを見つけてやってるK-HEXさんもスゴイです。

ちっ、出遅れたぜ(?

2009年03月02日(月)19:41 uch #- URL 編集
R2がでたからそろそろくるか?と思ってましたよw
作り自体は良好なSHTだと思いますよ。
ええ、まあ目をつぶるところはたくさんありますとも。

この形でリリースされたからにはこの状態でのゲーム性を楽しむべきなんでしょう。

ただ、敵は固スギwww
アームのサブウェポンの攻撃力を少し上げるか波動砲を付けるか
どちらかで随分変わったのではないかと(・ω・;

自機ショットの連射が一番強いってのはどうにもw

あと並木さんは音楽で参加すべき。

難易度は個人的には R2>レゾン ですね。
R2ほどの細かいテクニックは必要ないので。

社名

2009年03月02日(月)19:54 zax #qZANlTyM URL 編集
何かと話題になる社名ですが、
発音的には「アリュメ」です。

~ゲーメスト「なんですか?」より~

ま、まちがえた(汗)

2009年03月02日(月)23:16 わで~ん #txc726Mk URL 編集
そういえば、先に残したコメントで、私、「アルュメ」を「アリュメ」って表記してしまいました(大汗)。
某誌の誤植のレベルにまでも達していないという、なかなか中途ハンパな私であります(苦笑)。

俺も俺も(爆)

2009年03月03日(火)07:13 ・・・ #9eqvbf2I URL 編集
思い切り「アリュメ」って打ってるよ。
というか、そう覚えてました(あせあせ)。十数年ぶりにひとつ賢くなりました…にょろ~んって気分。

2009年03月03日(火)12:11 戒音 #s3jQdDRs URL 編集
しかし、本当に言いづらそうな名前ですね……アルュメ

えーと、ニコニコを見てたら『基板で学ぶ「ABC」』の人が
プレイ動画を上げてたようなので参考までにおいておきます……。
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm6311419

ぶっちゃけ・・・

2009年03月03日(火)23:09 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>達人王さん
音楽はどちらかというと単調ですね。
プレイは非常に覚悟しないと出来ませんぞー。


>メガ炉どんさん
「グモンナリケリ」言ってましたねー。
もうちょっとゲーム性を良くしてもらえないかと思いますわー。

2つボタンだと全然違うゲーム性になっていたでしょう。
それか、ボタン押しっぱなしでショットが出る仕様とか…


>キュウさん
「コピータイプ」ってのは言い得て妙な例え。
難易度は実際に触ってみて感じた方がいいかも。これはマゾッ気抜群です。
堂々とリスペクト、とは言うものの、当時の開発者はどういう思いでこのゲームを出したのでしょう。気になります。


>uchさん
へっぽこシリーズが「Q」まで来て、よっしゃ、ここはRで「レゾン」やるんだ!!と言おうとしてたら、先越されてたというwww
3手も先を読まれていたとはw 
これは攻略記事に貼るしかないでしょう!貼っておきますー。

っつーか、自分はJuJu伝説のレビューとかしなきゃいけませんかね????

敵の硬さは本気ですねー。
1面からごっつい敵が出てくるので、確実に一見さん向けでないゲームになっちゃいますね。ショット状態がやっぱり強いのですか。

レゾンは覚えれば、ノーミスも楽な部類…なのかな?


>zaxさん
アルュメと書いてアリュメなんですね。
自分は普通にアルメって呼んでたり。久留米みたく。


>わで~んさん
読みにくいですからねー「アルュメ」。
検索でもアリュメってしっかり引っ掛かるので、こう呼ぶ人も結構多かったり。


>・・・さん
まぁアルュメでもアリュメでもどっちでもいいなぁ、と思う自分。
かつてアルュメ社員が自己紹介する時が非常に気になる今日この頃です。


>戒音さん
レゾン以上にアルュメの読み方に話題集中ですなw

>基板で学ぶ「ABC」』の人
上でコメントしてる人だよ!!!アッ-!!!
ってーか、ぶっちゃけuchさんです。

やっちまったぜ……orz

2009年03月04日(水)10:54 戒音 #s3jQdDRs URL 編集
確認不足でやらかしたー!? す、すみませんです……orz

気にしなさんな

2009年03月04日(水)22:16 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>戒音さん
・・・ってボクが言うべきかw



ちなみにうちの友人Sにクルードバスター&ナイスラ視聴をすすめときました>uch殿

気にしなさんなっ

2009年03月05日(木)09:31 uch #- URL 編集
どうも、へっぽこでBのひと、uchです( ̄ω ̄)ノシ
あと「基板で学ぶABC」のひとってのもなんかイイですねw
動画の広報ありがとうございますw

レゾンも「R」同様パターンゲームなので動きが決まってくるともノーミスも楽になりますよ。
でも4ボスは緊張する(^^;
あとノーミス時は敵も固くなるのがなんとも。。。ドップかてぇorz
ラス面のハゲ×2も硬いなぁぁぁぁぁあ。

>JUJU伝説
ぇ、やらないんですか(´・ω・`)
「じゅじゅ」だから「1010」夜(←1000夜超えてる件)ですね、お願いしますw

2009年03月06日(金)22:13 名無しデルタトライ #zO225u3. URL 編集
自機の名前が
『S「R-9」1』?!

きゃー

2009年03月08日(日)22:14 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>uchさん
いやー、これからも頑張ってくださいよ。
Sはどうなるか楽しみ。

レゾンは、何は無くても連射連射なんですよね。
4ボスとかの硬さはちゃんと調整したのやら…

>JUJU
そもそも「1010」もシューティングあるんかい、って罠www
どこかでやってみたくはありますよ。


>名無しのデルタトライさん

>自機の名前が
>『S「R-9」1』?!
ベイベ、そいつは禁句だぜえ、アッー!!!!!

だってほら、

2009年03月08日(日)22:53 ・・・ #9eqvbf2I URL 編集
>名無しのデルタトライ さま
R-8は中井貴一(2役)ですし(誰が付いて来るんだ?こんなネタ)

ちなみにR-28は塩沢兼人(合掌)

2009年11月15日(日)01:41 zax #qZANlTyM URL 編集
>グラフィッカー並木氏
爆発やアイテムキャリア等が担当の模様。
http://www.ga-core.net/special/spneo002_1_1.php

2009年11月15日(日)03:33 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>zaxさん
インタビューでしたら、自分も拝見致しました。並木さんは昔から色々とやっていたみたいで。

露骨すぎる似っぷりですね

2010年06月14日(月)09:26 えんじゅ #- URL 編集
「ロックマ○にそっくりのマジカルキッズどろぴー」
を彷彿とさせますね…。(ぇ)

初見だと驚きますね

2010年06月16日(水)02:00 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>えんじゅさん
レゾンの露骨なRの似っぷりは、当時もびっくりしたものでした。

2011年08月15日(月)09:40 f #rdeTmPYo URL 編集
今制覇しようとしているんだけどムズすぎwww
4ボス倒すまでに何クレジット入れたかわからなくなるくらい。青で倒したけど。
5ボスの斜めレーザーも鬼すぎるし。

全面制覇したらもういいやって感じになるなw

レゾンは普通にキツい

2011年08月16日(火)21:57 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>fさん
4ボスは稀に見るほどの鬼畜ボスですね。赤持って攻撃力で押していくのが通常パターンですが、それを青で抜けてしまうのがすごいです。ただ、その後もずっと鬼畜展開が続くので、全面制覇はかなり厳しい道ですぞ・・・

2011年12月04日(日)18:44 XDR #3/2tU3w2 URL 編集
やっぱり難度の高さが話題になってますね。
もう少し易しく、本家(?)の初代程度の難度だったら愛好者も結構出たのではと思います。ちょっと惜しい気もします。

2面&3面のBGMは2小節で1ループ。
アケSTGのBGMとしては、屈指の短ループだと思います
(ゼビウス並み?)

いろいろとくっつけて難しくした感じが

2011年12月04日(日)21:23 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>XDRさん
ある程度バランスが取れてたらこのゲームも良作になり得たかもしれませんが、いかんせん余計なものが多くくっついてて難しくなっている感があるんですよね。5面のドップに反射レーザー撃たせるとか、明らかにクリアさせようという気が無いだろ、と思わずにはいられません。

ふと気が付いて

2013年05月15日(水)00:11 智・Ⅱ #- URL 編集
マッドシャークのコメント返信で
「アルュメとMOSSの開発スタッフがほとんど同じ」
というK-HEXさんのコメントがありましたよね?それを踏まえて
この作品の破壊不能のビット群に翻弄される形になる4面ボスを見てて
こう何か引っかかるな~とか思ってたんですが・・・

…ピンときました、先日MOSSから発売されたカラドリウスの6面及び真ボス第一形態と同じ構図だ!と。
するとレゾンの4面ボスとカラドリウスの6面を考えた人は同じだという事なんでしょうか?
加えてカラドリウスには並木学氏も参加されている様子
(こっちはさすがにグラフィッカーではなく音楽担当みたいですが)。

つまりカラドリウスは現代によみがえったレゾンだったんだよ!!
・・・すみません、言い過ぎました。

しかしそのカラドリウスの例の6面、全体を通してほぼボムゲー強要のゲームバランスになってるのは
さすがに厳しすぎる気がするんですがね・・・。

ふむむ

2013年05月15日(水)01:29 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>智・Ⅱさん
自分は実家にX箱置きっぱなしにしているので、現状カラドリウスはノータッチで話についていけないのが残念でありますが・・・。このところ多忙なので、家庭用作品には手を付けられないのが現状でして。すいません。

時間を見付けてプレイしたい作品ではあるので、まぁカラドリウスの記事を書いた時にでも、じっくりと。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/771-fa4d8210

| HOME |

Calender

<< 2017年04月 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。