あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第274夜~ マッドシャーク

マッドシャーク タイトル

第274夜。
最近は2夜連続が多いですねー。
休日に一気にやり上げたいものでして…

次もアルュメです。
お題は「マッドシャーク」。

ああ、何かどこかで見た事あるような?ような???


****************************

マッドシャーク ゲーム画面その1

マッドシャーク ゲーム画面その2

特にストーリーは存在していない模様。赤い(2Pは青い)戦闘機を操作し、戦車や空中物の群れを破壊しまくるシューティングゲームになります。

1レバーと2ボタンで戦闘機を操作します。
ボタンはショットとボンバーに使用するという、オーソドックススタイルです。

ショットは連射可能なショット。チャージショットという類はありません。サブウェポンであるホーミングミサイル(バードミサイル)を持っている場合は、同時に発射できます。
ボンバーは投下して暫く経って爆発する「雷電」タイプになってます。


マッドシャーク ゲーム画面その3

マッドシャーク ゲーム画面その4

自機はアイテムによってパワーアップさせられます。
空中を浮いているアイテムキャリアーを破壊することで、ショットパワーを上げられるアイテムを出現させられます。また、地上のコンテナを破壊することで、得点アイテムが出現します。

アイテムの種類は以下の通りです。

黄色アイテム(マッドミサイル)
正面にミサイル状のショットを放つ。
パワーアップする度に、正面にミサイルを展開する。
連射はできるものの、やや威力に難有り。

赤色アイテム(シャークバルカン)
広範囲にワイドショットを展開する。
パワーアップする度に、広範囲にショットを展開できる。
雑魚キャラには強い武器だが、1発の威力が小さい。

水色アイテム(ダーマレーザー)
正面にレーザーを発射する。
パワーアップする度に、レーザーの幅が広がる。
正面のみ有効な武器だが、威力の強い武器。

Hマーク(バードミサイル)
ホーミングミサイル。
取ると4発のホーミングミサイルを発射できる。
最大2段階までパワーアップ。

Bマーク(サイドバンズボム)
いわゆるボンバー。
ボンバーを1発増やす事ができる。

コイン(サスピシャスコイン)
得点アイテム。ゲーム中ではスコアがクルクルと回転している。
スコアは100~10,000点。
取った数だけ、ステージクリア後にボーナス得点として加算される。

Pマーク
武器がフル装備になるアイテム。
出現する頻度がかなり低い。フル装備取得で50,000点。

★マーク
特定の地面を撃つことで出現するアイテム。50,000点
ミスした後でも、やられた前のショットを維持した状態で復活できるという効果がある。

1upマーク
文字通りのエクステンドアイテム。
ステージ5の赤い隕石を撃つ事で出現。

この他にも、ボーナスとしては背景にある車のようなキャラクターを撃つと50,000点というギミックがあります。

以上のアイテムを駆使しながら、全7ステージを踏破していきます。
本作はループゲーム。2周目以降は弾が早くて難しいステージになっています。


****************************

マッドシャーク ゲーム画面その5

マッドシャーク ゲーム画面その6


作品の風体を見ていただければわかりますが、



雷電だろこれ



って野暮な突っ込み(ry
前の記事と同じ事言ったわwww


基本・原点をモチーフにしたシューティングになっている、とのことですが、まさにその原点というのが、シューティング界に突如として表れた超新星であり、名作としても名高い「雷電」になります。

雷電は撃ちまくり避けまくりの「原点」、つまりシューティングとしての本質たるものを追求していただけに、シューター受けも良ければ、一見さんにも優しかった傾向のあるゲームだという印象です。
こういった性質故に、雷電はかなりの大ヒットを飛ばし、後にシリーズ化されるほどの有名作になるのですが、名作の宿命として、他社からもリスペクト作品がバシバシとリリースされることになっていきます。

代表的な作品は、フェイスのサンドスコーピオンや、ミッチェルのダブルウイングス、アイレムのファイヤーバレルなど。雷電が偉大な分、リスペクト作品もかなり多いのです。


マッドシャーク ゲーム画面その7

マッドシャーク ゲーム画面その8

そして「マッドシャーク」も、雷電リスペクトとして登場した作品の一つとなっています。
ショットの雰囲気、自機の形態、戦車とか戦闘機とかの傾向はまさに「雷電」を参考にした、と言っても過言ではないほどの似せっぷりで、ここまでやるか!と言わんほどのインパクトを残した作品となります。

赤のワイドショットにホーミングを装備すれば、形は違えども、気分は「雷電」気分。硬い敵の雰囲気や敵の動きもそれっぽく、雷電をいかにも研究して仕上げました、という雰囲気がありありと見えてきます。

アルュメというメーカーは、もちろんオリジナリティのある作品もあるにはあるのですが、時に、露骨に過去の名作に似せた作品を繰り出すという傾向もあり、非常に侮れない存在です。

この「マッドシャーク」もまた、過去の名作に似せた作品の代表的な一つの作品ということになっています。当然こういうゲームが出れば、ネット時代では絶対に叩かれるような作品になるのではないかと思いますね。


マッドシャーク ゲーム画面その9

マッドシャーク ゲーム画面その10

ただし、R-TYPEに似すぎるほどに似ている「レゾン」や、イメージファイトに似すぎるほどに似ている「ウォーオブエアロ」などに比べると、マッドシャークの場合は独自性が保たれている傾向にあると思います。

色使いは雷電に比べると明るい傾向になっていて、渋さという部分が薄れて、すっきりとした感触になっております。武器が3種類、ボーナスコインのルーレットなど、ある程度のオリジナリティを保とうと努力した結果にもなっているのでしょう。

まぁ、4面ボスが要塞とか、5面に宇宙に飛び出すあたりは実に雷電らしさがあるのではありますが、敵のデザインとか攻撃については、実は結構作りこまれているのでは、という印象も受けます。

あと、オープニングでポリゴンで動く自機を見て、実はすごいんじゃないの?って思わせる演出もありましたね。でもポリゴンってオープニングだけ??


****************************

マッドシャーク ゲーム画面その11

マッドシャーク ゲーム画面その12

難易度に関しては、フル装備に近ければ近いほど弾速がとても早くなるという、自機の装備に応じて難易度が変化するという方式をとっています。いわゆるランク方式というものです。
雷電もその傾向はありますが、マッドシャークの場合はやや露骨な変化を見せます。

アイテムをたった一つしか取ってない状態で進むのと、沢山取って自機を強くした状態での弾速は結構違ってきます。雷電同様にフル装備は気持ちいいのですが、それだと敵弾の速さが恐ろしい事になってきます。


マッドシャーク ゲーム画面その13

本作はワイドショットが頼りにならないほどの威力に抑えられており、雑魚敵にはとても有効ではありますが、硬い敵に対しては、張り付きで撃ったとしてもなかなか壊れてくれません。

逆にレーザーがとても強力に設定されており、これが硬い敵には非常に有効。
しかもアイテムの取得頻度を落とすと、敵弾の速度が目に見えて遅くなるために、難易度が劇的に落ちます。硬い敵やボス敵も早く倒せるので、攻略としては、威力の低いレーザーとホーミングミサイルを装備するのが有効です。

雷電とは違った攻略法が通用するのが趣深いです。


マッドシャーク ゲーム画面その14

本作は雷電のように、戦車の攻撃が厄介な傾向にあり、左右から突然出現する戦車の位置をどれだけ把握できるかが、攻略のミソになってきます。このあたりは実に雷電らしさが強く表れていると思います。スクロールも当然あるので、切り返しを慎重に行う必要が出てきます。

弱いレーザーで攻略する場合は、左右の切り返しのテクニックが重要になってきます。後半ほど雑魚の動きが嫌らしいので、気をつけなくてはいけません。


マッドシャーク ゲーム画面その15

本作で一番厄介なのがボス戦になるでしょうか。
雷電でもボスの弾幕がとても厄介なものとして扱われていますが、本作はさらに輪をかけて酷い傾向が見て取れます。

個人的に思うに、ボス戦の場合、敵弾と敵弾の間が時々自機が潜り抜けられないほどの幅になっているものもあって、ボス本体から敵弾を撃たせることが、かなり危険な傾向にあるものが多くあると思います。

例えば2ボスなのですが、発光する部分から放たれる扇状弾が、正面から弾幕の間を交わすにはものすごく難しいものになっているのではないかと思います。他の弾と混ざると、避けにくさは格別なものになります。大体は大回りに避けざるを得ないほどになるのではないかと。

他にも、3ボス本体中央の攻撃もそうですし、4ボス本体中央の攻撃も時々抜けられないほどの弾になって襲ってくることがあります。


マッドシャーク ゲーム画面その16

マッドシャーク ゲーム画面その17

そういう事もあって、ボス戦は大抵はボムでゴリ押しするか、または雷電のように自爆待ちが推奨されているものまであります(6ボスとか)。

攻略としては成り立ってはいますが、メインの弾幕の狭さのせいで、ボス戦が非常に難易度が高く設定されているのが少々気になる点であります。当たり判定が結構大きいから、正面から立ち向かうとすぐにミスしちゃうんですね。

それでも、弱いレーザーを使う攻略法があれば何とか先に進めるようにできているために、ゲーム性はそれなりに保たれているレベルではあるかな、とも思います。攻略としては無茶苦茶特殊ではあるんですけどね…。


****************************

マッドシャーク ゲーム画面その18

マッドシャーク ゲーム画面その19

とはいうものの、雷電にあまりに似すぎていることもあり、良い評価をもらっているという訳ではないようですね。
「アルュメだから仕方が無い」と言ってしまえばそれまでなのですが…。

前述の攻略を持ってすれば、そこそこ楽しめると思うので、トライしてみるのも一興かと。雷電よりは確実にやりやすいと思います。

でもこれって、ランクを逆手に取った変な攻略法ではあるんですけどね。
爽快感もやや欠けてるようにも見えますし…。


ちなみに基本的にアルュメ作品は家庭用移植に恵まれておりません。
例外的にブランディアがFM-TOWNSに移植されているぐらいで…
| シューティング千夜一夜 | Comments(14) | Trackback(0) |

コメント

2009年03月01日(日)00:25 名無しデルタトライ #- URL 編集
なんだかんだで93年頃の縦シューには忘れられないものが多くて結構基板買ってますね。これもそう。どれもこれも東亜やセイブにはなりきれてないんだけど、それぞれ味があって面白いもんです。

2009年03月01日(日)05:01 名無しデルタトライ #- URL 編集
マッドシャークの企画及びグラフィックは、元セ○ブのx電のデザイナーの方が興した会社が担当したので、似ているのは必然と言えるかもしれません。

あら、そうだったんですか

2009年03月01日(日)11:03 ・・・ #9eqvbf2I URL 編集
>名無しのデルタトライ さま
ゲーメストがレゾンを取り上げたとき、記事中に「R」のスタッフが…みたいな記述があったような気がしたんですが(現物がないので確認できないんですが)。
なんか、拉致した印刷工に偽札を作らせるみたいな話だなぁ、とか思ったりして(いや、もちろんご本人の意志で移籍してるんでしょうけど)。
アリュメって、そういう体質があったんですかね。
(他社でも「ラストリゾート」とか、コンシューマーにも「エムブレム云々」みたいな例もあるんで、別に珍しいことでもないのかもしれませんが)

し・・・しまった!

2009年03月01日(日)12:49 わで~ん #txc726Mk URL 編集
レゾンのすぐ後がマッドシャークとは(爆死)。

>雷電とは違った攻略法

なるほど!これは知りませんでした(笑)。

当時は、何も知らずにガンガンとパワーアップさせていったので、そのせいもあって敵の弾速が速くなっていったんですね(パワーアップと名の付くアイテムは、どうしても取りたくなるのが人情…爆)。

パワーアップとランク上昇って、何か某パロみたいで微笑ましいです(笑)。

移籍

2009年03月01日(日)13:34 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>名無しのデルタトライ1号さん
東亜やセイブには及んではいないのですが、味のあるシューティングですね。
レゾンは出回ってなかったのですが、このゲームはうちの近所2ヶ所に置いてあったので、ヒマな時にはよくプレイしていたのを思い出します。


>名無しのデルタトライ2号さん

>元セ○ブのx電のデザイナーの方が興した会社
なるほど、それで似ているのですね…
モスとも関係あったりするのでしょうか(銃弾嵐と色合いが似てるから…)


>・・・さん
他社への移籍で、過去にあった名作をよく似せたゲームが出るケースって、意外と色々なところで見かけそうではあります。
個人的には、ストライダー飛竜の開発者?がミッチェルブランドで制作した「キャノンダンサー」が印象深かったりします。案外珍しいことではないのかもしれないですね。


>わで~んさん

>雷電とは違った攻略法
強いワイドショットと、弱いレーザーとでは、露骨に難易度が変化してきますので、先へ進めない場合はオススメではありますね。雷電とは違って、レーザーでランクが上がるような事がないので、マッドシャークならではの攻略と言えそうです「。

個人的に実は遊びやすかったと思う

2009年03月01日(日)20:46 智・Ⅱ #- URL 編集
 ・・・しかし、レゾンとマッドシャークの2ヒットコンボって、作品自体もそうなのですがこんな流れもかなりのネタだとしか思えません(笑)。ここまできたら、さらにウォーオブエアロも並べて3ヒットコンボしてほしかったかな、とも思ったり。

 もうどう見ても「雷電ww」としか言えない作品ではありますな、レゾン同様何から何まで・・・。しかし、まだ普通に遊べる作品にはなっていたと思うので、私の中では高評価でございます。

 つい最近初めて遊ぶ機会があったのですが、パワーアップする毎にランクが上がるなんて知らないのでパワーアップしまくり、死に抜け、ボムに頼り、5回程度で1コイン1周クリアが出来たので、そんな中でも結構な緊張感と爽快感が味わえました。・・・知らず知らずの内に選んでいた、青レーザーが正解だったのね・・・。レーザーで固めの敵を薙ぎ倒す快感がクセになったので、そういう方針で進めてたんですけど。

 武装の名前が妙に凝ってるのも印象的。「サイドバンズ」って何だかバーガーの名前でありそうでうまそうな響きだ・・・。「ダーマ」って何だろう・・・?転職でもできたりするのかな。転職するなら「シューター」になりたいなぁ・・・。

 しかし、ウォーオブエアロとアイレム作品のモロが2本も続いたとなると、なにかしら関係があったような気がしてなりませんね。例えるなら・・・そうだなぁ、「コンパイル」と「もものきはうす」のようなものなのかもしれませんねぇ。

 アルュメ、といえばやはりブランディアですか。あれは女性キャラが妙に艶めかしい印象がありますね。あれもCPU戦はえらく厳しいんではないかい?とか思ったものですが、やっている内に道は見えてくるものですね。そういう意味では、マッドシャークと並んでアリュメの中で遊びやすい作品なのかもしれません。

レーザーが強いです

2009年03月02日(月)00:02 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>智・Ⅱさん
雷電はバルカンメインが進みやすかったのですが、本作の場合は明らかにレーザーの方が進みやすいですね。敵があっさり壊れてくれるのが好感触です。弱くしても強くしても、敵の倒しやすさは変わらない印象ですね。弾が早くなるぐらいなら、弱くするのがいいのかも、とも(ボーナスは捨てざるを得ませんが)

>武装の名前
マッド、シャークと来て、急にダーマというのが不思議ですよね。個人的にサスピシャスコインの命名が妙に気になる所でございますよ(名前が無駄に格好良いので…)

>ブランディア
CPU戦の厳しさはガチですねー。まぁ適当に流しても勝てる場合もありますけどね。
でも中ボスその1のチビ助が最強だと思います!!あのスライディングはひどい。


旅館で見ました

2009年03月02日(月)02:40 達人王 #- URL 編集
家族で旅行に行った時にゲームコーナーで見ました
当時はアルュメの存在を知らず、「どうせもう潰れてるんだろうな」と思って帰ってきた後に調べてみたら本当に潰れていたという…w

シャークバルカンの「デッデッデッ…」という発射音はなんだかダサいと思いました(弟もそう言っていました)
ちなみにこのゲームを見た瞬間なぜか「雷電」ではなく「究極タイガー」を思い浮かべました(これも弟(ry)

アルュメはマイノリティ

2009年03月03日(火)23:20 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>達人王さん
アルュメは何時の間にか表れて、何時の間にか去った印象ですね。

音楽にはもうちょっとこだわりの欲しかったゲームでございましたね。でもレーザーが強さが雷電とはちょっと変わってたりしたのが、面白かったところ。

げーむにん

2009年03月04日(水)14:24 巷では・・・。 #- URL 編集
 アリュメ最後の作品といわれてますね。

まぁ『雷電』を参考にしただけあって似ている
のは仕方ないですね。

 タクミ製作の究極タイガー2のヘッポコ
ぶりも是非お願いします。

タイガーの続編は…

2009年03月04日(水)22:18 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>芸夢人さん?
雷電を参考にしてるだけに、似てるのはまぁ仕方の無いことでございますよ。

>タイガー2
あれは原作が霞むほど悲しい出来でしたよね。
自分はそれなりに好きですが。


スイマセン。

2009年03月06日(金)12:13 芸夢人 #- URL 編集
 >芸夢人さん?

ネームとサブジェクトを間違えてしまいました。申し訳ない。<m(__)m>

 究極タイガー2のブルースマッシャーの
弱さは異常でした。
 その後のタクミといったらギガウィング
やらの弾幕系にいってしまったという。
 出来はどれもどうもしっくり来ません・・。

2011年12月04日(日)18:31 XDR #3/2tU3w2 URL 編集
雷電の後に各社から出た多くのインスパイア作品のひとつですが、
これは“本家”よりもかなり難しかったと思います。
後の雷電IIとそれほど違わない難度ではないかと。

●敵弾が速い
●自機は遅い
●自機は見た目大きく、当たり判定も大きめらしい
それでボスなどが、自機の通れるギリギリの広さの弾幕を繰り出すので厳しいです。
●大きめのザコは耐久力が高い
赤ワイドバルカンだと 雷電ほどサクサク壊してゆけない
(連射装置必須ですが、案外別の【黄】や【青】を使えば何とかなったのかも知れません)

ミス後に再パワーアップを助けてくれる隠れキャラが1面&4面に潜んでいて
そこへショットをバリバリ撃ち込み続けると出現、など
「いや、そこまで似せなくても良いだろwwww」
と思うほど良く似た箇所もチラホラありました。


(※非常に個人的な感想ですが、自機の判定をもっと小さく 等
  やさしくなっていればとても好みのSTGだったのですが)

雷電に近い部分はあるものの・・・

2011年12月04日(日)21:20 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>XDRさん
本家よりは敵弾を潜れるような設計にはなっていないので、キツい部分はありますね。2ボス、3ボスの弾の間は明らかに雷電以上に潜り難いものになっていますから。

ただし、こういったゲームでも抜け道はあって、レーザーを弱めの状態にしておけば、弾が早くならずにゴリ押しが効くのが唯一の救いになるでしょうか。まぁ、本家に至らないまでの惜しい部分が多かったゲームではありましたね。

ちなみにこのゲームの開発は実はMOSSなので、IIIやIVの開発に至れたのは、マッドシャークのノウハウあったからこそだと言えるかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/772-d19e3e6a

| HOME |

Calender

<< 2017年03月 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。