あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第276夜~ タッパー

タッパー タイトル


名作の後にはマニアックなゲームを持って来たくなる。
というわけで、今回はこちら。
バリーミッドウェイ/セガの「タッパー」です。

バージョンによっては「ルートビアタッパー」という
タイトルもあるようですね。


※ちなみに管理人はビールが全く飲めません。
マジで。



****************************

タッパーゲーム画面その1

タッパーゲーム画面その2

ビール店の給仕係になって、お客様にビールをスライドさせて渡しまくるという、変則的なシューティング?ゲームです。

1レバー1ボタンで給仕を操作します。
ボタンは基本的にビールを注ぐ・投げるに使用します。

ビールサーバーの前でボタンを押すとビールを注ぎ、満タンになったところで放すとビールをお客に向かって投げることができます。全てのお客を最終的に店の外に追い出す事が目的となります。

お客を店に追い出せなかった場合は、お客がその場でビールを飲み干して、空になったビールのジョッキをこちらに向かって投げてきます。これを落とすとアウトになるため、歩いてでも拾わなければなりません。

お客はこちらに向かって常に歩いてくるので、レーンの半分よりも先の場所まで行くと、ほとんどの場合は追い返せずにジョッキを投げられてしまいます。ビールで追い返せる距離は、かなりまちまちです。

お客は常に補充されていくので、もたついてると、ほとんどの場合は終始が付かなくなります。また、お客によってはビールの飲むペースが違うので、これも計算に入れる必要があります(女性客はビールを飲むペースが遅いなど)


タッパーゲーム画面その3

タッパーゲーム画面その4

給仕は4つのレーンを行ったり来たりすることが可能ですが、基本的に左右に歩くのは、ジョッキを拾うときと、ボーナスであるチップを拾うときぐらいです。また、レーンの途中でボタンを押すと一瞬でサーバーの前まですっ飛ぶ事ができます。

レバーを上下に動かす事でレーンの間を移動することが可能です。その時は必ずサーバーの前まで飛びますので、時間短縮を狙う場合は必須のテクニックになります。

時々、ジョッキを投げるお客がアイテムであるチップ(1,500pts)を置くことがありますが、このチップを拾うと、ビール店の前でショーが始まり、一部の客がショーを見ることがあります。このときのお客はショーに見とれているので、動かなくなります。ただし、注いだビールも素通りしてしまうので、注意が必要です。

ミスになる条件は次の通り。

 ・客のいない場所にビールを投げてしまう(または素通りで端まで飛ばしてしまう)
 ・空になったジョッキを拾い損ねる
 ・客がサーバーのある場所まで進んでくる

全てのお客を店から追い出せば、1面クリア。


なお、一定ステージ毎にボーナスステージがありますが、マスクを被ったキャラクターが振ったビールを避けて6つの缶の中から振ってないものを空ける事ができればボーナス得点(3,000pts)を得る事ができます。

動体視力があれば、大概の場合は外す事なく空ける事が可能でしょう。


****************************

タッパーゲーム画面その5

タッパーゲーム画面その6

本作はベースが海外の作品になりますが(海外版のビールの銘柄はバドワイザーorルートビア、国内版はサントリー)、セガが発売元として日本にもリリースしていたという経緯があったというゲームになります(この辺の事情は詳しく知りませんので、指摘求む)。

驚くのが、1983年リリースにして、グラフィックがすさまじく綺麗に描かれている事でしょう。太い線を主線にしているのが特徴的なのですが、これを上手く利用して、綺麗に動くアニメーションを実現させているのが、実に見事な出来です。

キャラクターも非常に個性的で、ウエスタンな人から、女性客、スポーツマンに荒くれ者に宇宙人まで、よりどりみどり。どれも個性的にビールを飲む姿が実に印象的に映ります。


タッパーゲーム画面その7

特にアニメーション方面での力の入れようがハンパ無くて、古い年代物の作品にしては、芸が凄く細かい出来になっています。

例えば、クリアした後の給仕係のパターンも様々なバリエーションがあり、楽しめます。空になったビールのジョッキを投げて足で砕くパターンから、足で砕くのを失敗して足を痛めるパターン(しかも2種類ある)、頭にジョッキがすっぽりハマるパターンから、ジョッキが空まで飛んでいって、鳥が頭に被さるパターンなど、決めポーズだけでも実に細かいのです。


↓給仕のクリア後のパターンも様々

ジョッキをカカトで割ってます


頭にスポッとな


鳥も降ってきます

鳥が降ってくるパターンが一番笑えますね。


また、先程行ったとおり、客のパターンも色々とバリエーションがあり、アニメーションも細かで楽しめます。ステージによって、キャラクターのバリエーションが変わるのも面白い点ですね。

1、2面だったらカウボーイの客がメインで、3~5面の野外ステージはスポーツマンがメインの客、6~9面だったらいかにもアンダーグラウンドらしい雰囲気のある客が、さらに10面にもなると宇宙人までもが対象になる始末。
このバリエーションの豊かさが、本作に彩りを与えてくれます。


面白いのは、客がサーバーの前まで辿り着いた時でしょう。
この時はミスになるのですが、コントの如く客に店の奥まで投げ飛ばされるのは、実に笑えます。

また、慣れると滅多に起こらないのですが、ボーナスステージの失敗場面もまた笑えます。噴き出したビールを浴びてがっかりする給仕の姿がもう。
ミスにコミカルな点を混ぜるのも、実にエスプリが効いていて素晴らしいのです。

↓動体視力さえあればなんて事無いボーナスステージ

普通に見切れば楽なボーナスステージ



↓ミスして顔面シャワーの図

顔面ぶっかけ


これを1983年の段階で実現させてるのだから驚き。
子供の頃これを見ていた事があるのですが、実際見ているだけでも楽しいゲームだな、と思ったゲームでもありました。自分もプレイしてみたのですが、思ったようにはいかなかったというw


****************************

タッパーゲーム画面その8

タッパーゲーム画面その9

ゲームとしては、かなり骨のある内容です。

1面、2面はきっちりと基本を覚えるという意味でも、楽なステージではあるのですが、3面の野外ステージにもなると、レーンの上に3~4人いるのが普通になってくるので、かなり骨のあるアクションと化します。

きっちりとビールを注ぐ上に飛ばさないといけないために、速攻もままなりなくなります。場合によっては空のジョッキも幾つも飛んできたりするので、これも取りに行かなければならない分、とても大変な状況になります。

ボーナスアイテムであるはずのチップも、なかなか取りにいけなく、利用するのもままなりません。上手になるとかなりの利用率にはなりそうなのですが、空ジョッキを落とすリスクを考えると、簡単に取りにいけないのが玉に瑕です。


タッパーゲーム画面その10

タッパーゲーム画面その11

本格的に難しくなるのがアンダーグラウンドステージである6面からで、一部サーバーのある場所の左右が入れ替わっており、さらに客の登場するペースが非常に速くなっていくために、本当にゲームに慣れていないとついていけないステージです。

全員のお客を外に追い出したと思っても、次から次へと補充されるので、終始がつきません。時々背景と紛れる客まで登場するのもまた、難しくしている要因と化しています。うっかり空ジョッキの存在を忘れて落としてみたり。

後半はかなりのレバー捌きが必要となりますし、運もある程度絡んできます。
ビールを遅いペースで飲む女性の存在が、思いの他厄介ですね。


タッパーゲーム画面その12

ただ、当時のゲーム事情を考えたとしても、ここまで熱くなれるゲームというのも他にありません。サーバーでビールを注ぎつつ、投げられる空のジョッキを拾い、さらにたまにチップを拾いながらショーを見せつつ、お客様を満足させる…

実にビール店の給仕係になった気分でプレイできるのが好感触です。
ゲームとしては、後半に進むほど非常にハードな部類にあたるものなのですが、うまく全てのお客を捌けた時の爽快感は、他のゲームでは味わえないものを感じることができることでしょう。

何よりもアニメーションがとても綺麗なので、難しくとも、あらゆる場面で楽しませようとする意気込みが感じられるのが面白い点だと思います。


****************************

タッパーゲーム画面その13

タッパーゲーム画面その14

元が海外作品なので、ゲーム的には非常にマイナーな部類にあたると思うのですが、今プレイしてもなかなか遊べる作品の一つだと思うので、プレイしても損のないゲームでしょう。
色々と忙しいゲームにはなっていますが、ゲームのツボは突いてると思います。プレイできる環境は限られますが、是非ともプレイしてみましょう。

なお、使われてる音楽は、メイン音楽がフォスターの「おおスザンナ」、チップを取った時のショーの音楽にはオッフェンバックの「天国と地獄」が使われています。天国と地獄と言えば、ダンスでも取り入れられた定番の楽曲ですね。
音に関しても、割と思い入れがある方もいるのではないでしょうか。

海外版は、クリアの音楽などが差し替えられている模様で。
ただし、メインの音楽は一緒です。


ちなみに家庭用ではPS2版の「ゲーセンUSA ミッドウェイアーケードトレジャーズ」に収録されています。ルートビアタッパーというタイトルで収録されている模様?日本版とは違う?
| シューティング千夜一夜 | Comments(23) | Trackback(0) |

コメント

私も超下戸ですw

2009年03月14日(土)18:27 OKI #qbIq4rIg URL 編集
タッパー懐かしいですね~。
初回プレーでビールを連射して、いきなりミスをした…という想い出がありますw

このゲームって、なんかゲームウォッチの匂いを感じるんですよねぇ。ゲームの雰囲気とかキャラのミスの仕草とか。
しかし、シンプルの中にも熱くなれる要素…
1983年のゲームとしてはかなりの名作ですよね。

ボーナスステージは高次ステージになると結構キツかった想い出があるのですが、今見るとどーなんでしょうね。
(オーダインのドリームカンパニーの目押しと、どっちが上かなw)

ソフトドリンク一丁!

2009年03月14日(土)18:41 わで~ん #txc726Mk URL 編集
久々に見せていただきましたよ…この画面(笑)。
「SUNTORY」を始めとした背景の描写や、お客さんの一挙一動など、元が海外産のゲームだけあって、とても芸が細かいと思いますが、ゲーム内容はとにかく忙しかったという印象がありましたね。

あと、芸が細かいと言えば、他社作品になりますが、「ペーパーボーイ(アタリ)」でも、日曜版の新聞が平日版に比べて重くなっている…という記述をどこかで見た覚えがあります(笑)。

>※ちなみに管理人はビールが全く飲めません。
偶然かもしれませんが、私もビールを始めとしたアルコール類が、ほとんど飲めない人間であります(苦笑)。

俺も俺も

2009年03月14日(土)19:30 ・・・ #9eqvbf2I URL 編集
見た目は飲ん兵衛オヤヂだけど、アルコール全く駄目。父は最盛期、半月で日本酒1ダース空けてた(酒屋に配達させてた…木枠で)のにねぇ。

当時、ファッションビル内のナムコゲーセンでハマっていましたよ。高校生なのにね。
同時期の他のゲームとは明らかに違うセンスをバリバリ感じておりました。特に「ほんとにセガで作ってるのか?」と思ったものです。
なんというか、他のゲームが「あ、このゲームの流れだな」とか、キャラの表示や音楽など、ある程度想像できるクオリティのものが多かった気がします。
今から思うとシステム基盤の走りだったのかな?設計の共通化とか、作者のクセが表に出てたんでしょう。
それが、タッパーは、なんか突然変異的にポッと出てきたような印象が…系譜が見えないというか。当時やってたゲーセンでは、コンパネがセガ純正だった(ボタンが押しにくい)ので、ますます「セガ臭のなさ」が際立ったような。後にバリー製と知って納得しましたが。
黎明期のセガのバタ臭さは、結構「アタリ」「グレムリン」「バリー」等のライセンス生産モノが醸し出していたのかなぁと思っていたりします。「スターホーク」や「ミサイルコマンド」なんかを出してた時期のセガ自身の作品は、明らかに基盤の性能が違ってたもんなぁ。「ボーダーライン」とか…

しかし、シューティングというよりアクションでくくれるような気も(汗)

2009年03月14日(土)20:54 まりんらいなー #- URL 編集
http://www.xbox.com/en-US/games/r/rootbeertapperxboxlivearcade/
これはまた意外なものをw。
ということでこちらを。
但し、日本未配信なので、買うには北米タグと北米マイクロソフトポイントが必要ですがw。
これに限らず、LIVEアーケードの日本未配信作品には、隠れたお宝ゲームがたくさんあるんですけどねぇw。1942 Joint Strikeとか。

これは果たしてシューティングと言えるのかどうかw

2009年03月14日(土)23:24 GALLOP #- URL 編集
ミッドナイトアーケードトレジャーズでプレイしましたが、正直シューティングというよりはゲーム&ウォッチ系のアクションゲームに近い印象でした。

ゲームとしては非常にシンプルな分、かなり楽しめました。
しかし3面から4面ぐらいになるとレーンとお客さんの数が増えて、チップやジョッキを取りに行こうにも間に合わなくなってしまう事が多々あった記憶がありますw

意外と知ってる方がいてホッ

2009年03月14日(土)23:44 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>OKIさん
タッパーをゲームウォッチの雰囲気と被せる方も多いですよねー。
言われてみれば、確かにそれっぽい雰囲気があるような。
例えるなら、グラフィックの豪華なゲームウォッチというところですか。

>私も超下戸ですw
おお、お仲間www
とりあえず最初はウーロン茶ですね。
誰が何と言おうとも!!!


>わで~んさん
知ってる方がいると、ホッとしますよ。
今ではまず希少価値のあるようなゲームの一つですからねー。
おまけに海外作品ですし。

ゲームの描写は、まさに当時としては芸術の域。
アニメーションの細かさは特筆に値すべきですよね。
ダッシュする時の一瞬のアニメーションからも伺えますよ。

>ほとんど飲めない人間であります(苦笑)。
接待だと、ビールを頼んでも、全然飲まない人間であります。
そして誰かにさりげなく飲ませとくw


>・・・さん

>アルコール全く駄目。
いやはや、こう見えても、自分も日本酒飲めてた時期があったのですが…
何時から飲めなくなったのやら。ビールが旨いと言う人がうらやましいい

ナムコとかカプコンとか、他のゲームとは違う雰囲気を持ったゲームの一つでありましたねー。色合いとかも全く違い、アニメーションが凄い。明らかに他の作品以上に毛色の違う作品のようには感じました。
自分も後期になってバリーミッドウェイ制だと知ったクチで。

>アクションでくくれるような気も(汗)
なんとなくそんな雰囲気もありますね。
でも撃つ要素があれば、シューティングとみなしますw
正確に射撃するインベーダーチックな雰囲気も見られますし…


>まりんらいなーさん
こうやって意表を突くのが好きなものでしてw
タッパーとかマジメに紹介するのはウチぐらいなもんだよ!!みたいな。
配信版はよく見たらルートビア版ですね。給仕の姿も違うのが印象的。

>1942 Joint Strike
ああ、これやりたい、本当にやりたいの!
その前にXBOX360購入しろって話ですかw


>GALLOPさん
撃つ要素があればシューティングなの!なの!というわけでございまして。
ゲームウォッチの雰囲気を連想するのはわかる気がしますね。

>3面以降
この面以降は忙しいですねー。
野外面は速攻が効くのですが、それ以降は速攻すらできないので辛いです。まさに地力の必要な世界。宇宙面に行くのは本当に棘の道だったですよ。なんで宇宙でビールなのかw

スミマセン、私の最初はコーラです(爆)

2009年03月15日(日)00:03 OKI #qbIq4rIg URL 編集
私は飲めない分、かなり喋るタチなので、「飲んでないのに、酔っ払ってる。」といつも言われますw

今日、夕飯食べながらテレビを見ていたら、JAVATEAのCMがやっていたのですが、タッパーが脳内にロードされていたせいで、金城武さんがミスしたタッパーの自機かと思いました…
公式サイトでCMが見れます。(^^)

ちなみに当時、「タッパーの基板は周波数高い」と脅されて、買うのを躊躇したクチです…
洋ゲーってアタリでもなんでも、周波数高いんですよねぇ…

自分と同じw

2009年03月15日(日)00:20 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>OKIさん
自分も飲んで無いのにハイテンションで絡む事がよくあるので、酔ってるん?とか聞かれることがよくありますね。

タッパーのミスした時の「アチャー」な顔はツボですね。
金城武というのはまた渋い。

かなりスッ飛ばされてますよ!w

2009年03月15日(日)01:07 OKI #qbIq4rIg URL 編集
すみません、言葉足らずでした(^^ゞ

CMの方は、金城さんが壁を突き破って飛ばされています。
タッパーで、オーダーが出来なかった時のミスシーン(体を一文字にして飛ばされる)の延長っぽかったので、なんとなくそう思いました…(^^ゞ

お詫びに、Mr.HELIの方にK-HEXさん向けの画像を載せますねm(_ _)m

A&W

2009年03月15日(日)01:10 irei #JZ2AL5Xs URL 編集
懐かしいです、芸の細かさがありましたね。RootBeerは若年層への(アルコールの印象を薄める)苦肉の策だったと思います。

On Tapp
http://arcadeafterdark.com/Ontapp/on_tapp.htm
もはやゲームキャラ寄合所

うはwww

2009年03月15日(日)04:44 ぷらむ #o3FgimTE URL 編集
これ、宇宙面なんて、他人のプレイで見たことすらない・・・
バリーミッドウエイのビデオゲームって良く考えたら珍しいですよね・・・

バリーには本来輸入代理店(バリーポンド)があったのですが、日本のゲームメーカーと相互にライセンスするようになってからは事実上休眠状態になっていて、メンテナンス会社(バーリーサービス:現バリーポンド東京支社)を吸収して数年前から専業ディストリビュータをしてるようです(http://www.bally.co.jp/
ちなみに、bally.comだとゲームとは全く関係のない会社がヒットします・・・

何故か近大前のUFO2号店の運営をしてる模様(7号転用機とMJだけになりましたが)。カプセルスロはヤバイと思うんですが・・・

On Tappカオスw

2009年03月15日(日)21:00 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>OKIさん
ああ、あっちのミスの方でしたか!こっちも確認不足でした!
あのドリフコントみたいな飛ばされ方は滅多に見られないですからw
あ、ゲーメストの記事参考になりました!!


>ireiさん
ルートビアは炭酸飲料なんですねー。
見た感じだとコーラみたいな。
若年層へのさりげない配慮と言うのは頷けます。

>On Tapp
主人公、後半に行くほど出番が少ない!
ブランカと本田が唐突に出てきたのには噴きましたw


>ぷらむさん
バリーミッドウェイなんて、日本ではほとんど聞かないようなメーカーですからねー。ゲーム自体も珍しいのかも(ロボトロンとかいうゲームが名作と聞いたことはありましたが…)

>宇宙面
あれは本当に撮るのに苦労しました。
ここまで難しい作業だったとは…スターフォースのゴーデスを出現させた時の苦労を思い出しました。とにかく6面以降の客の出現サイクルの早さには泣かされました。本作のハイスコアってどのくらいなんだろう…と想像したりする今日この頃。

宇宙面は早さはともかく、視覚的な難しさも格別な物がありました。
もう見た目がごちゃごちゃしてまして。これも計算のうちならすごいかも…

>バリーボンド
サイトの紹介ありがとうございます。
まだまだ地道に?存続している会社であって何より。

>7号転用機とMJ
オンライン麻雀ゲーには疎い方なので、MJをVJと見間違えそうになって頭を抱える今日この頃。VJの曲も好きだったのにー(話題と関係なくてスイマセン…)

私もアルコールは弱いです

2009年03月16日(月)21:39 へもぐろびん #3e8zs/Hc URL 編集
まぁ、それはさておき。
海外のレトロPC向けではなんとマウンテンデューになってるそうな。
まぁ色が近いっていえば、、、w

私の記憶が正しければちょい昔バリーミッドウェイのレトロタイトルがWEB上で遊べるってのがあって
その中にタッパーがあったと思うのですが、今でもあるのかなぁ?

これ、シューティングですかね……?

2009年03月16日(月)22:41 てつぶし #KPRyFQWg URL 編集
まあ、射的みたいな要素はあるかもしれませんがw

ルートビアですが、みなさんのご指摘のように炭酸飲料で、日本だと沖縄にはたくさんあるA&Wバーガーで普通に売ってます。(セットドリンクにもなってたかと)
PS2版もXBLAもルートビアVer.になっているところから察するに、家庭用にはお酒に関する制約がいろいろあるのかと思われます。

ちなみに、ルートビアはDr.ペッパーを薬っぽくしたような味で、正直なところ美味しいとは言い難いですw。

Bally / Midwayですが、有名どころだとモータルコンバットシリーズがMidwayです。
また、Ballyはピンボールでは世界4大メーカーと言われていたブランドだったので、その筋には有名なブランドだったりします。

ちなみに、ロボトロンもXBLAにあるので、シューターならXBOX360買って損はないと思いますよ。

ルートビア、私ゃ好き

2009年03月17日(火)09:31 kuma #- URL 編集
 XBLAで日本配信されなかったときに「アルコール関係だからか?」と、同じ勘違いしてたブログを読んだ覚えがあります。

 地元だったので覚えてるのですが、A&W1号店は神戸大丸だったと思います。
 何故か関西にご執心で、神戸を撤退したと思ったら大阪みなみのフェスティバルゲートにオープンして、ルートビア小150円大200円で飲み放題とかやってました。
 でもね、だったら、みんな小頼むでしょ。
 お代わりしてるのは私だけだったですけどね。お代わりしに行くと、変な顔されましたよ。

 ただ、向こうの人はルートビアの甘草風味が結構好きらしくて、ファンタのラインナップにもありますし、日本上陸直後のサーティワンにもリコリス味と言うのがありました。
 ビジュアル的にも真っ黒で、インパクト大。すぐ消えましたが。

 ああ、ゲーム関係ない・・・

ルートビア関連熱すぎ

2009年03月18日(水)00:53 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>へもぐろびんさん
マウンテンデューという弱炭酸もあるわけですね(初めて知った)
色々なバージョンをお目にかけたりして。

>バリーミッドウェイのレトロタイトル
自分はグリーンベレーのWeb上で遊べるバージョンを見た事が…


>てつぶしさん

>これ、シューティングですかね……?
この突っ込みは予測の範囲内www
もう「いっき」を紹介した時点で、撃つものは全部シューティングをみなすことにいたしました。だから文句はサン電子に(ry

>ルートビア
日本でも普通に売られているものなのですね。
その手の箇所では普通に見られるので、知名度も意外と高いのかも…
家庭用は基本的にルートビアバージョンなんですね。
お酒をもろに出してはいけないとか、CEROみたいな制約が課せられてるものなのでしょうか。

ルートビア飲んでみたいですね。
個人的には北海道でよく売られていたガラナコーラあたりを想像いたします。
あれもちょっと…な感じだったものでw

>モーコン
このサイトで、この言葉を聞くことになるとは!危険です!!!
いつサブゼロあたりが脊髄抜いてもおかしく…ぎゃあ
ロボトロンはいいゲームらしいですね。これは期待大。


>kumaさん
ルートビアは割と有名な飲み物になるのですね。
神戸にも存在する飲み物だとは。

ある種のマックスコーヒーみたいなものなんでしょうかね(つい最近話題になったものでして…)。個人的にルートビア飲みたくなってきました。自販機あたりでは売って無さそうなブツですが…

調子に乗ったついで

2009年03月18日(水)09:31 kuma #- URL 編集
 このぐらいは勘弁して貰えるかと・・・

 有名と言えば、マンガのスヌーピーが在郷軍人の日のお祝いに飲むのもルートビアです。ゲームとA&W以外で日本人がその名を聞くのはまずここぐらいではないかと。

 関東ではカルディと言う輸入食品チェーン店で、ダッツという銘柄のが手に入ります。
 ピンポイントですが、秋葉原は、おでん缶で有名な店を西に20mほど行ったところに、妙なモン専門の輸入食品店があり、ルートビアは元より、インカコーラなんかも売ってます。
 この店は話の種には良いとこですよ。四川花椒が私のお気に入りです。

 井の頭線渋谷駅の高架下には渋谷食品という輸入食品店があった(今もあると思います)のですが、ダッツのとA&Wのを置いてましたっけ。今は分かりません。

 ちょっと自信ないですが、ドンキでも見かけたような気がします。
 以上、脱線ルートビア情報でした。

バリーミッドウェイならば

2009年03月19日(木)12:33 メガ炉どん #- URL 編集
手首から体液発射害虫殺戮シューティング「エクスターミネーター」もお願いします

A&Wがルートビアなんですか

2009年03月19日(木)22:20 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>kumaさん
ルートビアはA&Wが日本ではメジャーなのでしょうか。
渋谷でも飲めるのかもしれないですね。
ドンキでも売ってたらすごいですな…


>メガ炉どんさん
海外版だったらそのうち「スマッシュTV」もやったり…

ひるいなきスタンランナーズ

2009年03月23日(月)01:13 しかくたん #- URL 編集
「ミッドウェイアーケードトレジャーズ」なら国内版より北米ゲームキューブ版のほうがオススメです。
3本に分けて発売されているのですが、フリーローダーというソフトを使えば日本の初期型GC本体でも遊べますし、
日本版には未収録の「デイフェンダー」と「スタンランナー」が遊べますよ。
(他にモータルコンバット3、プライマルレイジ、ナーク、スマッシュTVなども入っています。)

えぇぇ?

2009年03月23日(月)07:08 ・・・ #9eqvbf2I URL 編集
>ミッドウェイアーケードトレジャーズ
国内版はディフェンダー、スタンランナー入ってないんですか?
…とほほほ
まぁ、前者は旧Williams、後者は旧ATARIですからね…そういうことなのかな?
どうせ出すなら、Williams編、ATARI編、Midway編で出して欲しかった気もするが(無理)
それと、せっかくWilliams、Ballyが一緒になってるんだから、GottliebとSternも加えてピンボール傑作集みたいなの出してくれないかなぁ?(無理無理)

黒歴史か?

2009年03月23日(月)09:35 kuma #- URL 編集
 今のA&Wを知らなかったので、ググってみたのですが、てつぶしさんの書かれているように、今は沖縄にしかないようで、返還前の沖縄に一号店があったようです。
 HPによると、返還前から続く会社で、その他の地域にはノータッチなのでしょう。沖縄以外への出店の経緯については一切書かれていませんし、wikiなどにもそのあたりの詳しい記述はないですね。

 ですが、あそこの飲み物と言えば、ルートビア、と言うセールスポイントには変わりがないようです。
 沖縄でも大中小全て飲み放題でした。やはり値段は違いますけど。

フェイタリティー

2009年03月23日(月)21:26 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>しかくたんさん
ディフェンダーとスタンランナーは、日本人からしても魅力的なブツですね。
伝説の「コインいっこいれる」は誰にも真似できない…
あと、ディフェンダーは左右振り向きが決まった時は楽しいですね。

>プライマルレイジ
ああ、このゲームのノリ好きですなーwww
CHAOSは何がしたいんだ…


>・・・さん
収録で言うなら、国内版と海外版で色々と違いが出てきますよねー。
ピンボールとかなら、資料的な意味合いの強いものになりそうな。
通向けになりそうですね。


>kumaさん
沖縄に行かないとA&W飲めないわけですか…
ただ、飲めるだけラッキーということで。
なかなか飲めない珍味にも近い部類になりそうですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/779-46ca8cb5

| HOME |

Calender

<< 2017年09月 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。