あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第295夜~ マジンガーZ

マジンガーZ タイトル

第295夜。
今回は「ウルトラ警備隊」以来の版権モノです。

お題はバンプレストの「マジンガーZ」。
この前、パチソン貼ったのは、ここへの布石になりますねw


****************************

パイルダーオン!!

ロケットパーンチ!!

地球上を侵略する敵を殲滅すべく、マジンガーZ、グレートマジンガー、グレンダイザーの3機が奮闘するというシューティングゲームになります。

1レバー3ボタンで選んだ機体を操作。
ボタンはショット、パンチ、ボンバーの3種類になります。

ショットはタメ撃ちのできるタイプ。通常ショットは短く押しっぱなしにする事で連射することができるタイプ。そのまま長く押しっぱなしにしていると、各自のショット状態に応じたタメ撃ちを放つことができます。

ショットは各自の機体毎に3つの種類があり、タメ撃ちもそれぞれ異なってきます。
ショットはアイテムによって変更することが可能です(後述)


光子力ビーム!!

アトミックパンチ!!

パンチボタンを押す事で、リーチの短い衝撃波を放つことができます。

衝撃波は弾を消す能力を有しており、ピンポイントで使えば弾避けを軽減することができる優れもの。また、パンチだけで敵を連続して倒していくと、徐々にスコアが伸びていき、最大1万点まで入ります。

ボンバーは、そのままボンバー。
使用することで完全無敵のボムを放つことができます。攻撃は、各機体に応じた性能のものが発射されるというものです。


新幹線を掴むベガ獣キングゴリ

本作では、ゲームスタート時に自機を選ぶことができます。
自機は全部で3種類。赤青緑のアイテムによって、違う武装を身に付けられます。

・マジンガーZ
搭乗者は兜甲児。平均的能力を持った自機の位置付け。速度は並。
 
  通常弾はドリルミサイル。前方に強い兵器。
  溜め撃ちは光子力ビーム。貫通力有りの威力の高いビームを放つ。
 
  通常弾はサザンクロスナイフ。前方のかなり広い範囲をカバー。
  溜め撃ちはロケットパンチ。貫通力とサーチ能力のあるショット。
 
  通常弾はミサイルパンチ。前方から広がるショットを放つ。
  溜め撃ちはルストハリケーン。画面全体を広がる武器。

ボムはブレストファイアー。前方に連続して攻撃を与え続ける。
赤と青を適宜使い分ける形が望ましい。緑はややアンチアイテム気味。

・グレートマジンガー
搭乗者は剣鉄也。攻撃力重視タイプ。速度は遅め。
 
  通常弾はブレストバーン。範囲は狭いものの、前方に強い兵器。
  溜め撃ちはグレートブーメラン。ダメージを与え続けるブーメランを放つ。
 
  通常弾はアトミックパンチ。前方の広い範囲で直進するショットを放つ。
  溜め撃ちはドリルプレッシャーパンチ。広範囲に広がるショット。
 
  通常弾はネーブルミサイル。広い範囲で爆発するミサイルを放つ。
  溜め撃ちはグレートブースター。緑色の貫通弾を放つ。宙返り中は無敵。

ボムはサンダーブレーク。5方向に稲妻を発射する。
赤の攻撃力がズバ抜けている。赤に限らず全体的に攻撃力の高い武器が多い。

・グレンダイザー
搭乗者はデューク・フリード。機動力重視タイプ。速度は早め。
 
  通常弾はサイクロンビーム。前方に対して強力な武器。
  溜め撃ちは反重力ストーム。徐々に範囲が広がる貫通性能有りのウェーブ。
 
  通常弾はダブルカッター。ホーミング性能があるショットを広範囲に放つ。
  溜め撃ちはスクリュークラッシャーパンチ。かなり広い範囲のショット。
 
  通常弾はスピンドリル。前方から後方斜め45度にかけてショットを撃つ。
  溜め撃ちはダブルハーケン。画面全体を飛び回る貫通弾を放つ。

ボムはスペースサンダー。前方のほぼ全体をカバーする。
範囲・連射力共に緑が総合的に強め。他の武器もピンポイントで役立つ。

ボスボロットがいる

デモが臨場感を高める

本作のアイテムは、アフロダイAとビューナスAをショットで撃つことで出現。
一部特殊条件下で出現するものもあります。


アイテムの種類は以下のものがあります。

・武器アイテム
に分かれているショットチェンジ用アイテム。
同じ色を取り続けることでパワーアップ。
最大3段階まで。最大段階で同じ色を取得すると1,000pts。

・スピードアップ
自機の速度が上がる。最大3段階まで。

・ボンバー
ボムを1個補給できる。

・ライフアップ
ライフを1個分回復できる。最大8個まで。

・ボスボロットコイン
敵を何機かショットで倒す事で出現。
40枚集めることでライフが1個分回復する。
ちなみにライフ最大でコインを取るとボムが補充される。


キャラクターに見合った武器を使いこなしつつ、各ステージをこなしていくのが目的。
ステージ最後にいるボスを倒すことで1面クリアです。
ライフが0になるとゲームオーバー。

全8面×2周の16ステージを戦い抜きます。


****************************

2面のテーマは「おれはグレートマジンガー」

マジンガーZの兵器サザンクロスナイフ

テレビアニメやアニソンでは定番の「マジンガーZ」がアーケードのシューティングになってリリースされているという、これまでの常識ではあまり類を見なかったゲームという位置付けになるでしょう。

これまでバンプレストはガンダムやウルトラマン関係のゲームを何作かアーケードにおいてリリースしており、現実、この2作を主軸にしたゲームが多くリリースしていった印象がありました。

そういった流れの中では「マジンガーZ」は変化球的な存在であったと言えるでしょう。70年代ロボットアニメのアーケード化という珍しさもさながら、それをシューティングとして味付けするセンスはただならないモノがあります。

まぁ、バンプレスト後期は「ドラゴンボール」「セーラームーン」もリリースされていた事を考えると、ある意味、新機軸として他の作品もリリースしたいという意向があったのかもしれません。彩りを与えるという意味では「マジンガーZ」は良いアクセントにもなっていると思います。


反重力ストーム!

自由の女神に化けた機械獣

魅力は言うまでもなく、アニメ原作に沿ったキャラクターの多さになるでしょう。アニメで動いていたキャラクターがバキバキに動いている様子は、当時アニメとして見ていた人間にとっては、見ていて圧巻にも思えることでしょう。

自機が歴代マジンガーシリーズでお馴染みのロボット達であるだけでも、インパクトとしては十分でしょう。ボムを放つ時の必殺技の叫びもまた、ときめきを禁じえないものであるかもしれません。アニメではお馴染みの「ブレストファイヤー!」がボタン1発で拝めるだけでも貴重です。


さやかさん可愛いです

それだけでなく、敵キャラなども歴代マジンガーのキャラクター達で彩られているのも興味が深い点です。

例えば、最初の中ボスとして出る2体のボス(ガラダK7とダブラスM2)は、マジンガーZの第1・2話で登場したロボット。アニメのオープニングにも登場するキャラクターなので印象に残っている方も居るかもしれません。

それでいて、ボスはグレンダイザーに初のベガ獣として登場した「キングゴリ」だったりするので、ある種のコラボレーション感が感じられるのも面白いところです。まさにマジンガー好きには涙モノの展開です。


↓マジンガーZのテーマにも登場したガラダK7とダブラスM2

ガラダK7とダブラスM2

よく見ると、道中のザコの中にもマジンガーシリーズで出てくるロボットがいたり、主要な巨大物体がボスになっていたり(マジンガーZのサルードとか、グレートマジンガーのミケロスとか)、細かいところでもファンサービスを絡めるのは流石だと言えるでしょう。ステージ最初にボスボロットが顔見せで出てくるあたりも、わかってるなと頷かせる何かがありますね。


そんな中には本作オリジナルのキャラクターもいます。

自由の女神を模した2ボスのリバティM7はオリジナルキャラですし、3ボスのエビルマジンガーも実は本作にしか登場しないオリジナル。しかしデザインも当時のものに倣っているものになっていることもあり、違和感無く溶け込めているのがまた見事です。


↓エビルマジンガーは本作ならではのオリジナル

オリジナルボス「エビルマジンガー」


また、視覚だけでなく聴覚でも訴えている演出も見所の一つだと言えます。

ボンバーを放った時の「ブレストファイヤー!」とか「サンダーブレーク!」といった掛け声に関しては本物の声優を使っている懲りよう。デュークの声が今は亡き富山敬さんだったりするのも、ファンにとっては感慨深いものでしょう。

BGMの中にも、原作アニメで流されている曲が盛り込まれています。
ステージクリアの音楽が「マジンガーZ」のテーマの一部分、2面のテーマが「おれはグレートマジンガー」、さらに最終面のテーマになると「とべ!グレンダイザー」が流れてきます。

グレンダイザーのテーマが最終面だけに、モチベーションが上がろうというものです。これを聞きたいがためにやり込んだ人も多いのでは?


****************************

ブロッケン伯爵の指揮する巨大要塞グール

エビルマジンガーにグレートブーメラン!

ゲーム性に関してですが、本作はかなり弾速の早いゲームで、やや覚えゲー的な要素が垣間見えるもののように思えます。

1面からして、緑色のザコや中ボスの2体が速い弾をガンガン飛ばしてくることもあり、東亜プラン系の弾の速度に慣れていないと、ちょっと難しく思えるかもしれません。全面通しで出現する緑ザコは、先のステージほど弾を早い段階で飛ばしてきますので、難易度が徐々に上がっていくのを実感できると思います。

また、敵の攻撃にも特殊なものが散見され、ここは覚えていないと絶対に避けられない!というような攻撃だってあります。具体例で言えば、2面ボスのリバティM7や、3面のグールの攻撃とか。

中にはランダムによる攻撃も意外と多く、意外と苦しめられるかもしれません。
3ボスのエビルマジンガーはランダムの塊のようなもので、中ボス段階とボス段階でそれぞれ予測を絡めさせる動きを要求されます。5ボスのサルードの第2段階も、ランダムでホーミングミサイルが来たら大変なことになったりとか。


ブレストファイヤー!!

オリジナルボス「ダングーンN5」

シューティングとしては、全体的に要求されるスキルはやや高め。
速い弾に慣れないといけない、というのが一番のポイントになっていて、速弾に対処することができるか否かで、面白さの水準が変わってくるだろうと思います。

また、先程の説明のように、各所の攻撃パターンをしっかり記憶しておく事も重要。何度もプレイして慣れた上で、動き方をしっかり定めておかないと、抜けるのもままならないポイントが数多くあります。

マジンガーZは、敵の攻撃の熟知や地力を問われるゲーム性など、かなりのスキルを要される意外とハードなゲームだという印象です。人によっては、あの日本中に浸透しているアニメの「マジンガーZ」なのだから、誰にでも遊べるようなゲームだろう、とたかをくくって挑んだ方も多いのではないでしょうか。


弾をパンチで消すと道中が楽になる

マジンガーZではお馴染み 海底要塞サルード

版権モノのアーケード参入ゲームというものは得てして難しく作られる傾向が多く、ガンダムやウルトラマンのゲームとて、それは例外ではありません。

バンプレストアーケード参入初のゲームである「サイコサラマンダーの脅威」ですら、激烈な難易度で登場した事を考えると、ある意味、たとえ版権であっても強烈な難易度のものをリリースしていくという不文律が守られているようにも思えてきます。

その後のガンダム作品もとても難易度が高く作られていましたし、バンプレスト一連の版権モノのシューティングの中では良くできていた「ウルトラ警備隊」とて、先に進むほど高いスキルを求められてきます。懐かしさに見とれると、案外痛い目を見るようなゲームにも思えるかもしれません。


ドラゴノザウルスにダブルハーケンをぶちかます

万能要塞ミケロスは本作では稼ぎ頭

ただ、マジンガーZは難しすぎるというものでもなく、敵のパターンを覚えることで先のステージへ進めることを考えると、実は考えて作られているシューティングかもしれません。

例えばランダム攻撃を織り成してくる3ボスのエビルマジンガーとて、敵の攻撃のクセを掴むことで最小限の被害に留める事だって可能ですし、アイテムチェンジの位置が固定になっているのがわかると、適切な武器を使ったパターンで敵を捌くことだって可能になってきます。

敵弾を消すパンチの存在も、攻略に一役買っていると言ってもいいでしょう。
2ボスや4ボスの通常弾バラマキなど、真面目に避けることが可能なものでも、パンチを使う事でもっと楽になります。慣れてくると、まともに避けられないものはパンチで敵弾を消して、避けやすくする、といった芸当も可能です。

遊び慣れていけば卒なく遊べるゲームの典型とも言える出来のようにも思えます。

ある程度のスキルが備わっていないと面白さは見えてこないかもしれませんが、要パターンで楽になるポイントも数多く存在するので、1周クリアだけを目指すとするなら、実際は無理のない出来になっている、と言えるかもしれないです。


岩場を突っ切るグレンダイザー

これもオリジナルボス「ウインダールG3」

惜しむらくは、このゲーム、上級者にウケの悪かった部分があったことです。

実は本作には点稼ぎが異常なポイントが幾つかあって、すでに1面から異常な点稼ぎのできるポイントがあったりします。パンチで連続的に敵を倒して高得点を稼ぐものですが、1ボスキングゴリまで行って「あること」をすると、1万点を荒稼ぎすることができます。

流石にこうしたバグ?稼ぎがあったせいか、カンストもすさまじく早い段階で達成されてたような気がします。5ボスサルードの火山弾や、6ボスミケロスのミサイル稼ぎなどを含めると、1周クリアで700~800万ほどの異常なスコアを叩き出す事ができ、2周目の早い段階でカンストが可能になってしまいます。


↓下手したら1面クリアで既に300万点以上のスコアが…

1面で300万取れる



↓カンストも楽な部類

早ければ2周目の前半面でカンスト達成可能


自分も1周クリアを狙える段階で、カンストを数回達成しています。
ハイスコア欄に9が並ぶ姿は圧巻ではありましたが、上級者にはちょっともの足りなくも感じさせる要素にも思えた記憶があります。

1千万点の桁が用意されていれば、上級者のウケがもっと取れていたかもしれないだけに、惜しまれる点です。実際に敵の配置などを見ていると、パンチで点稼ぎを意図的に行わせようとしている配置も幾分か見受けられますし(5面のコンビナート地帯とか)。パンチだけだと、体力回復に繋がるボロットコインが出なくなるのも、暗に点稼ぎが危険行為と隣り合わせというのを強調したかったのかも、とも考えたりします。

もっとも、本作は2周クリアが苦行なゲームなだけに、本当にやり込みを自負するのであれば、いっそスコアを捨てて、全2周クリアに鎬を削るのが正しい遊び方であるのかもしれないです。2周目は撃ち返しがあるので、かなり歯応えがあります。


****************************

鉄也の闘志がみなぎる

サンダーブレーク!

知る人ぞ知るロボットアニメの大御所とも言うべき存在ですが、アーケードゲームになると一味違う難易度でプレイヤーを苦しめてくれる印象。ライトかと思いきや、全然そうでない硬派なシューティングが、いかにもアーケードテイスト、といった雰囲気に見えるようでもあります。

シューティングが好きなら割とハマれやすそうなゲームかもしれませんが、一見さんには弾の速さがあるせいで楽しめなく映る可能性も無きにしも非ず。

しかしパターンの組み立てができていれば、きちんと進めるゲームになりますので、実は結構作り込んでいるゲームであるかもしれません。シューティングというジャンルでありながらも、実際にマジンガーZシリーズに登場した、敵・味方の機体が違和感無く溶け込めているのが、その証拠ではないかと思うのです。


最終面のテーマは「とべ!グレンダイザー」

ラスボス「星獣王ダルカイザー」

ゲームとしては典型的なパターンゲーですが、一連のバンプレスト作品の中ではスマートに入り込める部類の作品ではないかと感じました。カンストが簡単にできるのが心惜しいところですが、腕に自信があれば2周クリアを目指すのもオツかもしれないです。

今現存する場所は少ないと思われますが、やり込んでも損の無いタイプのシューティングと思います。見かけたら是非ともプレイしてみる事を薦めます。

なお、家庭用移植は一切ありません。



★「マジンガーZ」全2周クリア動画



テキストリンク
1周目前半 1周目後半 2周目前半 2周目後半



マジンガーZ使用での2周クリア動画。
点稼ぎはしていませんが、色々な武器を使ってます。

しかし緑・・・
| シューティング千夜一夜 | Comments(23) | Trackback(0) |

コメント

2009年07月26日(日)02:44 ペイン #7JJSYrWQ URL 編集
実はいいゲームなんですよね。
惜しいのはカンストしてしまうというところなんですが・・・

…あれぇ!?

2009年07月26日(日)09:23 達人王 #- URL 編集
鮫!鮫!鮫!だとばかり思い込んでいました…

しかしマジンガーZのSTGが出ていたとは知りませんでした
見かけたら是非やってみたいですね
ところで開発はどこなのでしょうか?

良作だと思いますよ

2009年07月26日(日)17:08 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>ペインさん
武器の使い分け、適切な難易度など、実はいいゲームだとつくづく思います。
一連のバンプレスト系では良い作品の一つと見てもいいのではないかと。

カンストするのは惜しいところですが、9が並ぶ場面を見たいがためによくやってました。
普段では絶対できないことですからね。


>達人王さん
鮫!×3も緑が厄介な兵器でしたね。
このゲームの場合は、マジンガーZの通常兵器で緑が最も使えない武器になってました。
動画でも確認できるので是非。

>ところで開発はどこなのでしょうか?
ネット上で確認するとライジングみたいですね。
MOSSっぽくも見えるのですが…

開発の推測

2009年07月26日(日)23:41 Florian #- URL 編集
多分開発は東亜プランが無くなり、Caveに合流する前のGazelleだと思います。
-基板がCaveの基板(リンク先のSystem16と、MAMEのドライバーより)
-アクウギャレットやセイラームーンでGazelleはBanprestoとつながりがあった
そう思ってみると、音楽が東亜節に聞こえてきますね。

リリース当時、音楽目当てでよく遊んでいましたが、パンチをうまく使いこなせませんでした。弾が消せて便利なんでしょうけど。それにしても緑使えないなー。

ダーッシュ!ダーッシュ!ダンダンダダン

2009年07月26日(日)23:55 メガ炉どん #- URL 編集
じつは二ヶ月程前に近くのゲーセンで見つけてプレイしましたがなかなかツボを得られずに二面あたりで終わってしまいました。
しかし何かあるんじゃないかと思ってましたが…気がつかなかったです。
そういえばグレンダイザーはフランスでは視聴率100パーセントをたたきだしたアニメとして一部では有名ですがさらにイラクではテロリストさえも知っている程の人気だったそうで…色々な意味で日本人でよかった

お~れは~ 言葉を喋らない~ ダダッダ~♪←代々木上原から仕事へ直行した小堺一機

2009年07月27日(月)00:06 全ア愛 #AQvzauzI URL 編集
まさに発想の勝利ってなゲームでした。
初めて広告を見た時のインパクトは大きかったですね。
ただ、やはりゲーム自体の完成度は高かっただけにあっさりカンストしなければ…と思うと惜しいゲームでしたね。

ところで、実はこのゲーム、初期出荷分には色々と違いが…
光子力ビームが2連じゃなかったり、3面がグール戦じゃなかったり…
このver.違いはカプコンのX-MENよろしく複数あったような記憶もあるのですがなにぶん古いので曖昧な部分も…

ただ、Zの緑の使えなさについてはガチ(笑)

コサキンネタw

2009年07月27日(月)01:36 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
風呂場で
俺は~ 身体を流さない~ ダダッダー!ってのもあったなぁ。


>Florianさん
あ、これガゼルなんですか。
実はつい最近、ガゼル関係の方に会ったばかりだったので、早くに知ってたら聞くネタとしてストックできたのに、ちょい残念(この件に関しては今度ブログ内で明かします)

パンチは敵の攻撃を知ることで、有用な武器になりますね。弾が消すことができるので、余計な弾避けをせずにするのがマル。


>メガ炉どんさん
遊ぶにあたっては、要領を得ないとなかなか難しいかもしれないですね。
無駄に弾が早いので、見切れないと簡単に落とされますし。

>グレンダイザーはフランスでは視聴率100パーセント
外国では意外な作品がウケるという傾向があるようですね。
確か、ボルテスVがどこか別の国で相当人気を博してたという話を聞いたことが…


>全ア愛さん
マジンガーZを自機にシューティング、というのは当時にしてはなかなか思いつかない発想になるでしょう。敵もマジンガーシリーズのキャラとなると、モチベーションも上がろうというものです。

カンストの件はちょっと惜しいと思いましたね。
割と完成度高く作られてるだけに…

>初期出荷分
当時は色々とバージョン違いのモノがリリースされていましたね。微妙に違ってて、プレイの感触に影響することもあるので、ちょっと戸惑うこともありました。

>Zの緑の使えなさ
あのショットが…
ルストハリケーンもそうそう強い兵器というわけではないので辛いですよね。

2009年07月27日(月)07:02 び~まっくす・つぅ~ #- URL 編集
初めて書き込み致します。

『マジンガーZ』は当時結構プレイしてました、数回ですが1周クリアもできたので覚えてます。

パンチによる点数稼ぎはホントやってましたね~確か1面だけで400万点いってたかな?
最近になってまたプレイしたくなってますが以前みたいに稼げるかなぁw

ちなみにグレンダイザーがやっぱ使いやすかったですね、主役のマジンガーZはホント緑ショットがトリッキー過ぎて(笑)

俺とあの子がバロローム(ロケ地:南砂町?)

2009年07月27日(月)07:08 ・・・ #9eqvbf2I URL 編集
突然コサキンネタが氾濫してるなぁ。皆さん好きですね。

>確か、ボルテスVがどこか別の国で相当人気を博してたという話を聞いたことが…
フィリピンですね。子供の人気は絶大だったみたいで、危惧した大人が
「日本のアニメ」「武器が剣」ってところを「軍国主義を賛美している」とか言い出して放映を中止させた、なんてことがあったみたいです。
軍国主義/独裁・圧政を否定する話なのにね。天空剣なんてどうみても青龍刀だろうに。

なんか本編とは関係ない話で失礼しました。

2009年07月27日(月)14:10 キュウ #- URL 編集
これ東京方面行くと割りと見ましたわ。
このゲームそんなにカンストするんですか。
結構いい加減なんですね。

ところで8月下旬にビデオゲームロボティクスが出るみたいですよ。
サイバーボッツに狼牙にレイノスと結構いいもん揃いですわ。
後、狼牙に出てくるドムも別で製品化されるとか。

コサキン世代多し

2009年07月27日(月)15:15 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
真空片手バロローム~なんてのもあったなぁ。


>び~まっくす・つぅ~さん
どうもはじめまして。コメントありがとうございます。

本作は1周クリアにあたってのバランスは比較的取れていたゲームですよね。
グレンダイザーは速度があって、ショットも意外と強いので個人的にもオススメだったりします。

>パンチによる点数稼ぎ
1面で荒稼ぎしてましたねー。
こんなにスコア取れていいの?っていうぐらいモリモリ点数が入るサマは見てて爽快でした。


>・・・さん
ナムコスポンサーのラジアメ→コサキン(逆も可)で入った方が多いのではないかと。
どちらも鶴間さんが関わってますからねー。
グロブダーのレビューを見ると、ラジアメ世代を匂わせるコメントが多いので、チェック。

http://khex.blog42.fc2.com/blog-entry-371.html

>フィリピンですね。
あ、これフィリピンなんですか。
近所にフィリピーナの友人がいるので、ちょっと聞いてみるかなw


>キュウさん
この作品って結構出回ったのでしょうか。
割とお目にかけてる所を見ると、そこそこの数は流通しているようですね。

>ビデオゲームロボティクス
サイバーボッツからはブロディアがリリースされるようで。
ボッツでは、個人的にはヘリオンが好きですね。

2009年07月28日(火)00:15 hake #- URL 編集
バンプレストの版権シューティングの中では、最もよく出来てるシューティングだと思いますね。シューティング的に、敵の配置や攻撃パターンが結構「魅せる」ものになっているのが好きです。
その凝ったゲーム内容から、何の根拠も無く、ライジングや東亜あたりが開発に関わってるんじゃないかと思ったりしてます。僕だけでしょうけど。
…と思ったら、ガゼルが関わってるのでは、とコメントしてる方がいましたね。なるほど、言われてみれば確かに。アクウギャレットよりもこっちの方が面白いのがなんともw

2009年07月28日(火)02:16 zax #qZANlTyM URL 編集
http://www4.big.or.jp/~macgyver/work/
こちらだとイレブン制作ということになっているようですが…?

2009年07月28日(火)03:30 Florian #- URL 編集
作者の方が書いているのであれば、そっちの方が正しいと思います>イレブン
私のはあくまで状況からの推測ですので。
しかし、ふぁみべのたけうちさんですか……。凄い方が関わっていたんですねぇ。

興味深い資料ががが

2009年07月28日(火)07:30 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>hakeさん
バンプレ作品の中では、骨の通った作品の一つと見て良さそうですね。
配置パターンも、よく見ると左右対称の敵出現パターンをきらうあたりが、個人的には見事だと思いました。攻撃パターンも比較的面白いものが多いので楽しめますよね。

>ライジングや東亜あたりが開発に関わってるんじゃないかと
ボスの攻撃の中にランダム攻撃が絡んでるものがいたり、赤青緑の3色パワーアップな辺りが、何と無くライジングの匂いを思わせるんですよね。


>zaxさん
本当ですね。作者の方がそういうのであれば正解なのでしょう。
イレブンという会社がどのようなものなのかが謎なのですが…
もしかしたら、ウォーオブエアロのケースみたく、何社か関わってるとか。


>Florianさん
ファミリーベーシックのくだりは確かにすごいですね。
今でも頑張られているのが素敵。
個人的にはエアバスターに絡んでいるのもすごいな、と思いました。

パンチの弾消しが基本とゲーメストにあった。

2009年07月30日(木)18:15 げーむにん #- URL 編集
 一度見かけたのみで触ったこともありませんでした。
 グレンダイザーが3機目とは珍しい。
雰囲気を楽しむだけというプレイもあり。

「惑星ロボ ダンガードA」なんかあっても
よかったような。

 「ウルトラ警備隊」は何度かやりましたが
中ボスの固さに泣いた記憶があります。
 ザラブ星人とかビラ星人のうっとおしさ
ったらもうね・・・。

また完全に出遅れた…orz

2009年07月30日(木)23:35 CF-345 BLACK FLY #q36Pa3e. URL 編集
「ウルトラ警備隊」の時に、このゲームの名前を出しておきながら…御覧の有様だよ!…orz
個人的に好きなゲームの1つだったので、そこそこの評価が得られている様なので少し安心しました。
やっぱり、このゲームと言ったらパンチ攻撃だよねぇ。攻撃にも防御にも使えて、しかも
荒稼ぎの原動力でもありますね。何となく後のレイディアント ソードを思わせる所もありますよね。
個人的に…ジャレコだったか…「サイバトラー」のビーム ソードにも、こういう機能があったらなぁ…
とか良く思っていたものです。地味にビーム シールドに弾消し能力があったよね…
スコア表示は当時の常識では、それが普通だったのですよね…今ではインフレが進んで
スコアが億とか…ギガウイングだったかサイヴァリアでしたっけ?兆までスコアがあるのは…?
私もグレンダイザー使ってましたが以外と緑は使えた気がしましたけど…他の機体は雑魚ラッシュの時は
もう、お手上げの状態ですよね…究極タイガー の黄色を取ったぐらい絶望します罠。

ビデオゲームロボティクスのウルフファングからは、あの緑色と茶色のコンビが憎たらしい、あの中ボスの「通商 ドム」が出る
(製品版では普通の紫ドムの様ですが)みたいですよ?

やっぱりヘリオンと言ったらダッシュ連続パンチ攻撃とか急降下爪&爆撃攻撃とか大型爆弾攻撃とかが好きだったり

スパロボでも聞けない本物の「スペースサンダァーー!!」

2009年07月31日(金)00:02 東方衆徒 #vGP6QIxM URL 編集
何故か地元や勤務先の近くに入荷されていたのでそこそこPLAYしていました。
当時はグレンダイザー+青のみで進み、キングゴリ戦で稼いでライフを5個にして
エビルマジンガー戦で緑に切り替えてたくらいですね。
もっと武器の切り替えを考えていたらもっと先に進めたかもしれません

個人的に凄く気に入ってるゲームなんで移植or配信して欲しいなぁ・・。

版権モノとしては出来がいい

2009年07月31日(金)01:49 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>げーむにんさん
シリーズ連作としては、グレンダイザーは相応しいでしょう。
他のロボットが出たら、それこそスパロボっぽくなりそうな予感。
でもそれはそれで楽しいかもw

>ウルトラ警備隊
ビラ星人は強敵のひとつですねー。
ショットを当て損ねると体当たりで潰されるという。


>CF-345 BLACK FLYさん
パンチ攻撃は攻撃と守備の両面で使える上に、稼ぎにも使える優れものなんですよね。点数がボコボコ入るサマは見ていて気持ちの良いものです。

>グレンダイザー
マジンガーの緑は目も当てられないほどの弱さなのですが、グレンダイザーは逆にメインで使っていきたい武器になるでしょう。連射性能と貫通性能があるのがいい感じです。ダブルハーケンは個人的に好きな武器です。

>ヘリオン
やっぱり爆弾でしょう!投下投下!!


>東方衆徒さん
ゲームとしては、意外と武器の切り分けもできるようになっているんですね。
グレンダイザーなら、ボス戦は赤が使えて、ザコ戦は青や緑がメインになるという。

今の状況で配信は難しいかもしれないですが、ゲームとしては良く出来ているので、是非とも何かしらの機会に移植してもらいたいものです。はい。

エビルマジンガー

2009年08月04日(火)07:52 名無しデルタトライ #- URL 編集
エビルマジンガーがマジンカイザーのモチーフになっていると思えるのは私だけでしょうか?顔つきとか背部のスクランダーとか・・・
彼は強敵でしたよね。攻撃が基本的にランダムで移動しながらの高速レーザーが非常に避けにくかったです。ここで攻撃を食らって何度も悔しい思いをしました
六面の中ボスをみてゲッターロボGも隠しキャラ扱いで出して欲しいと思ったのは私だけでしょうか?
最後にパンチの性能は明らかにマジンガーが一番悪い気がするのですが気のせいでしょうか?
しかし、移動速度が速い分グレートよりカンストやクリアは楽かもしれません

ベースとしては確かに似てるところが…

2009年08月05日(水)04:02 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>名無しのデルタトライさん
背中のスクランダーは、確かにマジンカイザーのモチーフにも見えそうですね。
悪キャラとしてはインパクトがとても素晴らしかったです。
ランダム攻撃、特にレーザーは動きを予知してないと交わしにくい攻撃ですね。
前兆がほとんど無いので、完全に地力も問われそうです。

>パンチの性能
マジンガーのみ、縦に長く出る衝撃波になっていますね。だから弾が消しにくく思えてしまうかも。
マジンガーは赤ショットとの相性が抜群なので、メインで使っていくべきでしょう。

早すぎた?遅すぎた?名作

2013年07月14日(日)19:24 くろふ #- URL 編集
この作品が発表されたのが1994年。
アーケードシューティングは既に下火で、格闘ゲームが主流の時期。
その中で、ウルトラ警備隊といい、懐古ゲームを出して何になる?と当時思いました。

ある意味、懐古ブームを作るきっかけになったのかもしれませんね。
市場が低いアーケードは、何らかのチャレンジをするのはもってこいですから。
この後、スパロボ対戦などで懐古ロボットブームが起きるんですよね。

ゲームとしてみれば、見た目から考えるとかなり難しいゲームですね。
版権を扱う以上、バンプレゲームは簡単そうに見えるのですが、実は難易度は総じて高い。
マクロスと格闘ウルトラマンくらいがそこそこで、あとは難しいゲームのオンパレード。
マジンガーも結構骨が折れるんですよね。

何にしても、富山さんのグレンダイザー最後の作品になるんですかね?
スパロボで音声が付く少し前にお亡くなりになったので。
動画などで、「グレンダイザーGO」とか懐かしいですね。

アーケードで版権物は珍しい傾向

2013年07月22日(月)21:23 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>くろふさん
当時の情勢からして、1980年後期辺りはアーケードゲームというものは、アニメ版権とは縁がないような感じでしたけど、バンプレストの参入によって、積極的にアニメの版権作品をガンガン出していってるような感があるんですね。

この参戦があるかないかで、今後の情勢が変わってきたとなると、ちょっと興味があります。もしかしたら、今やゲーセンの半主力ともいえる戦場の絆シリーズ他、ガンダムのアーケード対戦作品にも繋がっているのかもしれません。

>難しいゲーム
難易度的には制作サイドにも拠るところではありますが、アーケード作品という特性からして難しめに作るのはある意味必然かなぁ、とは思っています。ただ、総じて強烈な難易度となって作られる傾向ではあるようですね。最初のサイコサラマンダーから察するに。マジンガーはパターン性が強いので、まだ良心的な範疇ですが、非常に骨のあるシューティングなので、簡単にはいかないかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/821-91ad6f8f

| HOME |

Calender

<< 2017年08月 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。