あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

ベヨネッタの感想でも書いてみる

更新が遅くてすいませんですなぁ。
いやー、だって面白いんだもん、ベヨネッタ。


スタイリッシュ!なベヨネッタさん


というわけで、今回は皆が面白い面白いと言ってやまない
ベヨネッタの感想でも書いていくことにしましょうか。


****************************


とりあえず、これを見てもらえればどんなゲームかわかりますので

↓↓↓↓↓↓↓↓



紳士用テキストリンク


信じられないだろ、これでもCERO Dなんだぜ・・・
ナイス、ベヨ姐さん。



ウィッチタイム発動中


というのはともかく


ひとまずプレイしまくって思ったのですが、純粋に面白いゲームだと思いました。いや、本当にここまで爽快感のあるゲームって、そうそう無いのではなかろうかと。

何よりも、単純にボタンを叩きまくっているだけで、連続技が繰り出せるのがいいですよね。技のコマンドがあるノーマルモードでも、P連打やK連打、時々PKを混ぜてみたりするだけでもスタイリッシュに動かせる、というのがなかなか面白いです。

技が分からない人にとっても、チュートリアルを用意してくれてたり、イージーモードだと「永遠なるマリオネット」のおかげで、技ボタン連打で勝手に技が出まくってくれるのが面白いのです。まずはとりあえず、頭で何も考えずに遊ぶ事を念頭に置いた作りが素敵ですね。アクション苦手であっても、これは自信を持ってオススメできますとも、ええ。まぁ、自分が元来アクション苦手なタチなもので。


シビアなコマンドも一部あったりはするのですが、基本は連打で大丈夫だと思いますので、とりあえず理屈よりも先に遊びたい!という人にも安心の出来だと思います。

本作はザコもスーパーアーマー常備で、こちらから一方的に攻撃しても簡単に割り込まれてしまいますが、ベヨ姐さんも連続技の途中で回避行動が取れますので、これでウィッチタイム狙って反撃ということもできます。というか、むしろこちらがメインの動きだったり。エアダッヂやダッヂオフセットを極めると、手数も増えてお得ですよ。



巨大なボスもぐりぐり動くの


ジョイさんエロい

敵も色々な種類があって、飽きさせない作り。
使い回し系ボスはいるものの、そこはしっかり魅せ方でカバーしていたのが好感触でした。

チャプター7ボスの「テンパランチア」(上スナップにあるデカブツ)なんか、結構色々なところで登場するのですが、スペハリ面のボスになってたり、GoWよろしく砲撃の的になったりと、妙に憎めないキャラとなって登場しまくるのが面白かったです。

シリアスなストーリーがベースでありながら、ギャグ成分やゲームマニアを唸らせる部分が多く、しかもそれがほぼ全編にわたって繰り広げられていたのが素晴らしかったですね。前半に演出を詰め込むと、後半息切れを起こすことがよくあったりするのですが、そのあたりも気を抜かずに作っていたのは、すごくプラスになっていたと感じる次第。

動画でもありますけど、ほぼ一撃必殺のトーチャーアタックをジョイにかました時は、いいのかコレ?と、こちらが心配するほどのおしおきっぷり。ゴーレム戦の大魔獣召還イベントだとか、後半ジャンヌ戦のフュージョンからのオラオラ合戦とか、奇想天外な演出がツボにハマりました。



気分はスーパーハングオン

過去作品のオマージュも結構多いですよね(主に往年のセガ作品)。

スーパーハングオンよろしくのバイクチェイス、スペースハリアーよろしくのミサイル上での戦闘など、過去のセガ作品を知っていれば、より面白さが深まると思います。バイクチェイスのBGMで、アフターバーナーIIのアレンジが使われててビックリ。しかも、裏技で過去の音源で再生可能!!

あと、ピュアプラチナ鉄山靠の「ジュネンハヤインダヨ」には驚いたw

スラッシュアウトとかダイナマイト刑事とかのオマージュもあるのかな。
ヴィグリッドの街並みがスラッシュアウトの1面に似ていると思ったのは自分だけ?



光の帯の上を歩いてます


球体に乗って上下反転してます

個人的な見所といえば、独特の高度表現でしょうか。

システムの中に「ウィッチウォーク」というのがあるんですが、ステージによっては縦になった壁の上や天井を足場にするような場所があり、それで高い所に登ることが頻繁に起こります。ウィッチウォーク発動中だと、溶岩が真横に壁っぽく映ったりと、重力の概念が散々入れ替わるのがすさまじいのです。今までに見た事も無いような視界が繰り広げられるというか。

カメラワークもおのずと激しくなる傾向にあるので、何でもないのに首を傾けながら画面を見ていた事もあったり。四六時中足場が縦になったり横になったりするため、マジで重力感覚が変になりそうな感触をうけましたとも。ええマジで。

おまけに高度表現もえらくリアルに出来てるから、大したもの。かなり高い場所も平気で歩いてくれるので、気分はさながらスカイダイビングでもするかの如く。高所恐怖症にはたまらないかもしれないですw



キンシップの上から見た風景

先程、何も考えずにプレイできると言いましたが、上級者に対するフォローもかなり整っているのも好印象の一つだと思います。

自分はかつて、真・三国無双シリーズにハマっていた時期がありましたが、それは大量の敵を思いのままにタコ殴りにできるモードがある一方で、条件の厳しいマニアックなプレイも用意してくれている、という「初心者でも上級者でもしっかり遊べるゲーム」の性質に惚れたからに他なりません。マニアックなプレイといえば、無双の場合は固有の武器集めになるでしょうか。


ベヨネッタの場合だと、各VERSEのプラチナメダル集めがそれにあたります(勿論これだけではないですが)。やった事がある方ならわかると思うのですが、ノーマルモードでも全チャプタープラチナ評価は非常に難しく、敵のパターンを読んだ上で、立ち回りを常に考えておかないとなかなか達成できるものではありません。

敵を倒す時間やコンボ評点、所々に置いてあるアルフヘイムなど、アクション下手でも遊べる性質がある一方で、マニアックに突き詰めるとかなり化けるゲームになると感じられました。アクションゲームを突き詰めたいという人にとっては、10万ヘイロウ相当のアクセサリを買ってからが本番と言えるかもしれないです。

最近は「マハーカーラの月」を使ったブロッキングを絡めた攻略を実践しています。ジャンヌ戦なんかでブロッキングしながらの修羅刃スティレットがガンガン決まると最高ですわ。


何はともあれ「ベヨネッタ」は、アクション苦手な人にも、そうでない猛者にも、今年最強のオススメ作品だと胸を張って言える出来だと思います。慣れれば慣れるほど面白い作品ですので、X箱かPS3持ってる方は迷わず買いましょう。ええ。


****************************


噂の衣装チェンジでござる

で、オマケ要素のブルマですか・・・
(ノーマル全チャプタークリアでとあるアイテムを買うのが条件)



ぬおう

そら噂にもなるわw

妙に細かいわw
胸の名札に上履きって、どんなマニアックプレイなのさwww



まだプラチナは少ないの

んでもって、現在の進捗状況。
ノーマルのチャプター2プラチナは骨が折れたぜ…。

あのラストのQTEがなぁー。最初何をしていいかわからずに5回もドクロマーク付けてしまいましたw タイミングが非常にシビアなので、すごく苦手な方も多いのではないかと。

チャプター2最後のQTEは、ボタン表示だけに目を向けるのでは無く、画面全体を見るようにして、収束する青い円がボタン表示部分にぴったり入った瞬間を狙ってボタンを押すようにすれば上手くいきますぜ。

お試しあれ。
| 日常 | Comments(10) | Trackback(0) |

コメント

体操着似合わねぇぇぇぇ。

2009年11月21日(土)15:38 げーむにん #- URL 編集
 次はジャージコスを配信してもらうとグッドかも。

バイオショックプラコレを購入しました。
 ラプチャー探索に暇つぶしに行く予定です。
 

Hardですか。

2009年11月21日(土)21:23 げーむにん #- URL 編集
 >SHIGEさん
 GameSpotやらGamewacthやらレビューで
みましたが基本ゲームオーバーがないそうですね。
 プラスミドの電撃&レンチとかかなり強力
そうです。
 アローンインザーダークとどっちにしよう
かずっと迷ってたんですがまぁおっさんになって全然やっていなかったせいもあり
再入門の意味でこっちにしました。

2009年11月21日(土)23:51 名無しデルタトライ #J6P4eWFU URL 編集
ベヨネッタ、面白そうですね。自分は次世代機持ってないので
今はEMPRESS+PREMIUM BESTで遊んでます。最近最後の隠し曲が出ました。
まぁ、すぐにHARD落ちでしたが(笑)。

2009年11月22日(日)08:02 SHIGE #Z6Y2eIvk URL 編集
連投失礼。
>げーむにんさん
アローンインザダークはやめておいて・・・。
箱○で唯一コントローラ投げたゲーム。
あまりにも、あまりにもムズ過ぎ。
こんなのできるかー!!!って。
幸いこっちもチャプタージャンプがあるので、
詰む事はないのですが。

しかしWiiのVCで超鉄ブリキンガー
配信されるみたいですね。
こう言うの見るとちょっと欲しくなる・・・。
そうそうグラディウス2は
「ぐらでぃうすつー」、って読むみたいですね。
VCでルビがそうふってありました。
いいじゃん、「ぐらでぃうすに」でさー。

個人的にはアリシアさんの方が良かったかも

2009年11月22日(日)16:29 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>げーむにんさん
ベヨネッタのコスチュームチェンジは誰得にも思えそうなところがありますね。
自分は花魁青コスとジャンヌと同じコスがお気に入りだったり。


>SHIGEさん
ベヨネッタのレビューは参考になりましたでしょうか。
結構やり込みの要素が多いので、オススメですよ。

RFは体験版を確保済み。
パターンの構築を忘れてるので、またやり直す事になりそうな予感。

>ブリキンガー
Wiiでまさかのブリキンガーですよね。
アーケードでもあまり出回っていない作品なだけに、そそられるというか。


>名無しのデルタトライさん
箱を持った時にでも、ベヨネッタ触ってみてくださいませ。

>EMPRESS
アーカイブは全部出したんですけどねー。
肝心のkors k曲アナザーAAランクが無理状態でして…
一番簡単なはずの乙女ハウスですらAランク止まり。解禁待ちかしらん。

つまり・・・。

2009年11月22日(日)18:06 げーむにん #- URL 編集
 >SHIGEさん

 アローンインザダークはスペランカーのFPAVD版ということですね。
 わかります。

 >K-HEXさん

 コスチェンジは、バイオハザードの方が
センスいいなと思ったり。
 
 次給料出たらシューラブ買おうかなぁ・・・。
 松島初音の6月号でみてて楽しそうだったし。

ベヨ…。

2009年11月23日(月)01:26 ugetsu #mQop/nM. URL 編集
ベヨネッタは体験版をプレイしました。
映像表現や演出などは凄いものがあって目を見張るほどでしたが、戦闘などゲーム部分がやけにシンプルだったのがちょっと気になる点だったりします。
率直に言うととにかく連打して戦ってる時間が長いように感じたのですが…。
1つ1つの戦闘シーンが長めに感じたんですよ。システムがシンプルな分、1シーンが長いと冗長感が出てしまう可能性があるのでもうちょっと短めでも良かったかな?と。

でもこちらの記事を読んでるとゲームが進むにつれて変化球も結構あるみたいで、最後まで飽きない工夫が色々とされているようなので、それならやってみようかなぁ…とも検討している最中です。
実はここが一番気になっていた点だったのでこちらのレビューが大いに参考になりました。
体験版はあくまで序盤ちょっとだけって感じですしね。

あと日本製なら音声は日本語でも良かったのでは?って気も(苦笑
せめて字幕が見やすければいいんですが、体験版でちょっと見辛かったのが日本の有能クリエイター集団「らしくない」なぁって気もしましたので。

ベヨネッタに実際に触れて見た感触は『大神』に非常によく似ているといった感じで、同じ神谷氏が関わってるので似てくるのかな?とも思いました。
戦闘時の縦横無尽な動きや何もないところからオブジェクトを召喚したり、戦闘後リザルトが簡単に表示されたり、MAP中のモノを壊してアイテムをとったりといったプレイ感が本当に良く似てて。
(DMCはやったことないのでそちらは比較としてはよく分かりませんが)


ところで箱持ってるならFPSなんかも如何ですか?
最近話題のコールオブデューティシリーズもなかなか面白いですよ。
マケプレに「2」の体験版があって、これがデモとしての構成もよくできてるのでそれをやればCODがどんなゲームかは大体分かると思います。

色々と手を出してみたいもんです

2009年11月23日(月)15:53 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>げーむにんさん
シューティングラブ。は、いずれ自分も手をだそうかと考えております。
何となく憎めないゲームなんですよね。


>ugetsuさん
体験版と製品版とでは、やはり作りが大幅に違ってきてるという話ですね。
演出周りはかなり増強されておりますので、興味がありましたら是非。

>戦闘などゲーム部分がやけにシンプル
確かに適当にP連打とかK連打でもサマになるので、シンプルではありますね。とはいえ、コンボの存在、華麗な技の数々、武器の個性などがあるおかげで、シンプルながらもあらゆる事ができるようになっています。

連打については・・・
これは他のレビューの記事でも結構言われていたのですが、トーチャーアタックやスペハリ面などで尋常でない連打が必要になるため、結構手が疲れるという話もあります。まぁ、特に評価を気にせずに戦うのであれば手が痛くなるほどの連打はいらないですが、それでも色々な局面で連打を使いますね。

>冗長感
これも他所のレビューを見て思った事ですが、ハングオン面やスペハリ面がかなり長くて疲れる、という話が多いですね。個人的には曲がイカしてるから特に気にならなかったのですが、これがたまらなく嫌と言う方もいるようで。

>こちらのレビューが大いに参考になりました。
ありがとうございます。参考にしていただけるとうれしい限り。
実は、自分はレビューを書く時、他所のレビューを沢山見て参考にするタチなのですが、何故か酷評の方ばかりが目についたもので、そういうの何だかやだなぁ、とか思いつつ、今回プッシュ寄りのレビューになってしまった次第でして。改善すべきだと思う箇所は確かに見受けられるものの、結構システムが良くできてると思ったので、超オススメだと思った次第なのでございまする。

>大神
同じスタッフが関わっているので、自然とそうなるでしょうね。
ベヨネッタのいたずらメイクは必見。

>FPS
箱持ってる方からは、必ずと言っていいほど何かしらのFPSを薦められますw
CODの他に、GoWとか、L4Dとか、HALOとか…。

かなり興味湧いてきてますw

2009年11月25日(水)01:05 ugetsu #mQop/nM. URL 編集
>体験版と製品版とでは、やはり作りが大幅に違ってきてる
そうなんですか!体験版のリリース時期からほぼマスターに近いモノから抜き出したものかと思ってました。製品版と印象が違うとなると体験版をやって誤解する人も多いかもしれないのでちょっと損な気もしますね。
処刑具みたいなのに敵を掛けるところが正直何をやってるのかよく分からないことが結構あったんですがそういうのもちゃんと改善されてるんでしょうか…。

本来のゲームプレイとは関係ない、ミニゲーム的な面が長いとか難しいとかだとちょっと苦しいかもしれません。
例えば昔やったシェンムーのバイク面は移動シーンを兼ねているので必須なんですが異様にタイム制限が短くて物凄く苦労したりと、進行に必須のミニゲームが難しくて結構苦痛に感じる点も多かったです。
あそこまでバランス的に問題あるわけではないのであれば変化をつけるために色々な要素が入ってるのは全然OKなんですけどね。

あとレビューを拝見して気になった点としては「QTE」があるという点。
これはベヨに限らず、QTEってゲーム的な面白さとしてどうなのかな?と思うことがよくあるんですよ。せっかくゲームをやるなら何事も自分で操作して解決したい、と思ってしまうタチでして。
頻度が大して多くないとか簡単なものであれば演出としてはいいかもしれませんが、頻度が多かったり難しくて何度もやり直し必須とかだと…(汗
(QTE全否定ではなく、ダイナマイト刑事のQTEは好きでした。演出としても面白いし、成功時のメリットと失敗しても進行テンポそのものを邪魔しないバランスが理想的な設計だったかと)

あれこれ言いつつもレビューを拝見していていろいろ分かってくると俄然興味がわいてきますね。今すぐとはいかないかもしれませんが近い内にプレイしたいという方向にかなり傾いてきてますw


>FPS
COD以外でイチオシは断然「オレンジボックス」ですね。5本入っててお得です。
メインのハーフライフ2はストーリーが中途半端なのを除けばSF系FPSとしてはベストな作品です。リアリティ溢れるグラフィックの凄さや、物理エンジンの働きを利用した重力銃による謎解きなど、ゲームに内包されている様々な要素が高次元で絡み合ってとにかく面白いですよ。リアル系FPSにはあまりない「ボス戦」が楽しめるのもSF系の良さかと。あとはこのゲームの象徴「バールのようなもの」ですかね(笑
一緒に収録されているFPパズルの「ポータル」がまた物凄くいい作品なのでこちらも併せてオススメです。

Haloは3のみプレイですが自分にはちょっと合いませんでした。全体的に爽快感が弱く、FPSに求めていた要素が何か「違う」と感じてしまいました。ヒット作だけあって基本的な作りはそこまで悪いわけではないと思いますし、ストーリーや世界観の壮大さ、主人公マスターチーフのキャラクターなどは魅力的だったのですが。多分初代箱からの流れでこういうゲーム性になってるんでしょうけど、もっと時代に合った変化が必要かな~と。あくまで私個人の感想ですけどね。


最近初代箱の「パンツァードラグーンオルタ」(互換性あり)を入手してプレイしてたのですが非常に面白いです。
PS2~次世代機になってFPS・TPSやフライトSTG(エースコンバット等)のようなプレイヤーの行動の自由度の高い3DSTGが主流になって以来、こういう強制スクロールでリニア進行の3DSTGはすっかり下火になってしまいましたが、今の時代にプレイしても十分面白いんですよね~。
特にこのオルタはバランスもテンポも良く、私はシリーズ中でも一番好きかも(箱なのでグラフィックも綺麗ですし)。
このまま終わらせてしまうには勿体ない作品ですね。手に入るならオススメの逸品ですw

…長文乱文失礼しました。

評価がお役にたてれば

2009年11月27日(金)18:11 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>ugetsuさん
体験版でもあらかた色々な事ができるようですが、製品版だと大幅にやる事が増えてますから、体験版だけ楽しんだ方でも満足の出来だと思います。ボタンでの操作はチュートリアルをやっていくうちに覚えられる安心設計ですね。少なくともバレットウィッチのような、いきなり放り出されるという仕様が無いので安心だと思いますよw

>QTE
ベヨネッタの不評の部分は、主にこのQTEの部分に集約されているといっても過言ではないですね。何しろ、QTE絡みのほとんどが即死トラップという有様。それもチャプター前半に厄介なQTEがあるのが、頂けない部分として認知されているようでして。

即死といっても評価が下がるだけなので、評価を気にしない人にとっては特に問題にならないのですが、最も高いプラチナ評価を狙っている人にとっては一度のミスが全ての終わりに繋がるため、このQTEは不評のようですね。覚えれば何でもないのですが、タイミング操作が苦手な方には酷な仕様かもしれません。

>FPS
色々とオススメのコメントありがとうございます。
自分もある程度手に取って評価したいタチでもあるので、ここは色々と買ってみて評価してみたいところでございますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/854-b955df6d

| HOME |

Calender

<< 2017年07月 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。