あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第316夜~ ステッガーI

ステッガーI タイトル


第316夜。
この流れで「雷電II」が来たら、次はこれですね。

そうです、今回紹介するのはアフェーガの「ステッガーI」。
皆さんもこの流れは予想できたのではないでしょうか。


・・・何か問題でも?


****************************

ステッガーI ゲーム画面その1

ステッガーI ゲーム画面その2

ストーリーはぶっちゃけよくわかっていません。

1レバー2ボタンで自機を操作します。ボタンはショットとボンバーに使用。
ショットは叩いて連射できるタイプになっています。押しっぱなしにすると画面下のゲージが上昇し、最大になったところで放すと、チャージショットが発動します。

ボンバーボタンで、緊急回避用のボンバーを発射します。
画面下にあるボムマークの数だけ使用可能です。押した瞬間から一定時間無敵。性能は全キャラクター共通になります。


ステッガーI ゲーム画面その3

ステッガーI ゲーム画面その4

ゲームスタート時に自機を選択することができます。
自機は4種類から選択可能で、それぞれ通常ショットと溜め撃ちの種類が違ってきます。

自機の種類は以下の通り。

・トーネード
ショットはバルカンを前方に発射。
チャージショットは細長いものを回転させて四方に撃ち出す。
ボンバーは大量に爆弾を投下する攻撃。

・P-38
ショットはミサイル状の弾を前方に発射。
チャージショットは細長いミサイルを大量に発射する。
ボンバーは巨大なミサイルを突き出す。

・スーパースター
ショットは赤いショットを前方に発射。
チャージショットは鳥型のレーザーを前方に大量に発射する。
ボンバーは巨大な火の玉を発射。

・レッドホーク
ショットはレーザー状のショットを前方に発射。
チャージショットはウェーブ状の弾を前方に発射する。
ボンバーはレーザーの波を全方位に飛ばす。

ちなみに1Pと2Pとではキャラは同じですが、(何故か)国籍が違っています。


ステッガーI ゲーム画面その5

ステッガーI ゲーム画面その6

また、自機はアイテムを取ることでパワーアップします。
アイテムは中型機や敵編隊を破壊することで取得できます。

アイテムの種類は以下の通り。

・Pマーク
ショットのパワーアップ。最大4段階。

・Bマーク
ボンバーを1発補充。最大5発まで。

・小型飛行機
攻撃範囲の広い爆弾を落とすオプションをまとう。

・円盤
稲妻を前方に撃ち出すオプションをまとう。

・得点アイテム
地上物を破壊すると出現。表示では1000点(実際は1400点入る)。

敵や敵弾に当たることで残機が減っていき、残機が全て無くなった状態で被弾するとゲームオーバーになります。
全8面構成。本作はループゲームではありません。


****************************

ステッガーI ゲーム画面その7

ステッガーI ゲーム画面その8

ステッガーI・・・
この作品には、並々ならぬ思い入れがあったりします。


それは、10年前のことであった。


とあるシューティング同人誌に関わっていた、専門学生時代。丁度この頃といえば、自分はライデンファイターズJETやら、アームドポリスバトライダーなどにハマっていた時期でありました。シューティングとしても脂の乗り切ったシステムが沢山リリースされていた時代です。

当時の同人誌の中で、自分のハイスコアやらコラムやらを掲載させて頂いてたのですが、そんな同人誌のレビューの中に一つ、とても気になるゲームがありました。それが今回紹介する「ステッガーI」というゲーム。

その中には、脂の乗り切ったシューティング界の中にあるにもかかわらず「古臭いシューティング」だったと大っぴらに紹介されていて記憶があります。自分の記憶が確かなら、ネーミング画面にバグがあるだとか、ボタンを押さなかったらデモ画面が何時まで経っても終わらないとか。


ステッガーI ゲーム画面その9

ステッガーI ゲーム画面その10

地方のゲーセンを畑にしていた自分にとっては、こういったゲームはそうそうお目にかかれないことだろうなぁ、と思いながらその記事を見ていたのですが、ある時、就職活動の際に東京に出向く事になって、四ツ谷方面まで行く事になりました。

まぁ折角東京に出たついでなので、色々な所を回ろうと考えつき、環状線の人の多さやら、ダイヤの早さにビビりながらも(4分おきに電車が来るのはマジでビックリしたのよ、マジで)、秋葉原や新宿方面を回ることにしました。東京でゲームの代名詞とくれば、何となくアキバか新宿がうってつけかなぁ、と単純に思ったわけでして。

そこで、ちょうど同人誌にあったゲーセンを回ろうと思いつき、新宿のゲーセンを見てまわることにしました。都会のゲーセンは如何様にすごい場所なのか、を体験したかったのです。駅構内や駅周辺部の迷路みたいな土地に四苦八苦しながらも、ゲーセンを渡り歩いてたのです。これぞゲーセンゲーマーの性。そして昔から変わらない自分…


ステッガーI ゲーム画面その11

ステッガーI ゲーム画面その12

福岡のゲーセンとはまた違う別世界に来たような雰囲気で、唖然としたのが記憶に残るところなのですが、その新宿のゲーセンの一つ(確か西口のスポーツランドだったと思う)にあったのですよ、同人誌に載っていた「ステッガーI」が。

周囲のゲームは「エスプレイド」「スペースボンバー」といった、グラフィックが綺麗なゲームを目撃した記憶があるのですが、それとは全然違うような前時代的なグラフィックに度肝を抜かれましたね。初見の感想は「うわ、こんなゲーム出てるんだ!」と、まるで宇宙人でも見てるかのような衝撃でした。

前時代的なグラフィックに驚いた経験といえば、かのエクセレントシステムの迷作中の迷作「ヴァリアメタル」の時以来でした。ものすごく凝ったグラフィックが台頭している中で、このゲームのグラフィックのひょろさと来たら。冗談もほどほどに…と言いたくもなるレベルでした。


ステッガーI ゲーム画面その13

ステッガーI ゲーム画面その14

もう今しかできない!と思いつつプレイしてみたら、また弾の大きさやらグラフィックの粗さなどに驚くばかりで。当時は「ブルーホーク」みたいなものを想像していたのですが、弾がとても早くて意外と難しく、結局4面か5面あたりでゲームオーバーになったのを覚えています。

何か色々な衝撃と同時に、妙な感動がほとばしってたせいか、同人誌に載っていたネーミングのバグの事とかも忘れて、一心不乱にプレイしてたのを思い出します。今プレイしなければ、他でプレイする機会はまず無かろう、と思ったが故の行動だったかな、と今になって思う次第です。

東京から大急ぎで福岡に帰った際も、あの感動??は忘れられない衝撃でした。東京に就職できたら、あらゆるゲーセンを回って色々なゲームをもっと見てみたいなぁ、と潜在的に考え出したのも、もしかしたらこの頃からだったのかなぁ、と今になって思う次第です。


そして、福岡に帰った後は、バイト先によく来るゲーマーの人に「ステッガーI」の話を妙に自慢気に話してたのを覚えています。何度も「あれはスゴいものだ!東京に行ったら、一度は見て衝撃を感じるんだ!」と繰り返し言ってましたからね。

くだらない話ですが、本当に衝撃的な出会いだったのをしっかりと記憶しています。マジでこのようなゲームが世の中に存在するんだ、と、あの時は妙に血が騒いでいました。


まさに謎の感動と言うに相応しい…


****************************

ステッガーI ゲーム画面その15

ステッガーI ゲーム画面その16

と、思い出語りはこのあたりにして・・・

このゲームに対する評価ですが、まず目に付くのが、グラフィックがあまりに前時代的であること。はっきり言って、この年代にしてこのグラフィックはねーだろ!と思うほどの荒さ。まるで「ヴァリアメタル」と似たような印象を受けます。

本作が国内でリリースされたのが1998年になりますが、この頃の作品といえば、前述の「エスプレイド」「スペースボンバー」など、グラフィックが相当進化した作品が勢揃い。あまつさえ、この時期になるとポリゴンを駆使したリアル路線も台頭している時期だけに、グラフィックには相当気を使わなければならない時期になるでしょう。


ステッガーI ゲーム画面その17

にもかかわらず、本作「ステッガーI」の前時代的なグラフィックぶりには驚かされます。使っている色数は明らかに少なく、グラデーションに所々荒さが見受けられます。一部毛羽立っているような部分もあって、目を疑うほどのレベル。

スプライト処理も変な部分がちらほら見えますし、アニメーションパターンも非常に少なく、ことグラフィックに関しては1980年代後期あたりの作品ではないか?と錯覚させられるほどの荒さ。他のゲームと見比べると、びっくりするほどグラフィックの荒さが際立っています。

テイストとしては同じ韓国製の「ポラックス」「ブルーホーク」を思わせるのですが、個人的にはそれよりもさらに劣化しているようにも見えます。


ステッガーI ゲーム画面その18

ステッガーI ゲーム画面その19

それにプレイヤーキャラクターのぞんざいぶりも、リアル嗜好が浸透しつつある時代的には、相当場違いなレベル。選択画面でこのグラフィックはないだろう、と。同キャラを選ぶと、キャラクターが変わらないのに国籍が変わるという変な仕様も新しい。

キャラクターの性能も、それぞれ溜め撃ち・ボムが違うというものだけで、ノーマルショットに関してはさほど違いが見られません。ノーマルショットはどれも正面に出るものばかり。個性なんかそっちのけで、いかにもダメダメ感が漂う出来。キャラクターは作ってるけど、特に会話とかも何もなし。

グラフィックとキャラクターの性能に関しては、ありえないほどに練り込みが甘く、当時のシューターなら、アップライトごとひっくり返したくレベルと言わざるを得ません。こういうタイプのゲームが市場に出てくる事自体が奇跡に近いというか…


ステッガーI ゲーム画面その20

ステッガーI ゲーム画面その21

それでも、ゲームとしては速い敵弾をパターンで交わすのがメインになっていて、それなりに歯応えのあるゲームにはなっています。グラフィックの酷さに目をつぶれば、そこそこシューティングとしては遊べる出来です。

まぁ、道中のザコ敵の大半はショットを撃てばほとんど弾を撃たせずに葬り去れるので、ウェイトは中型機・ボス戦との戦いに集約されるでしょう。とにかく密度が濃い弾が高速で飛んでくるため、パターン化ができないと簡単には交わせないものになっています。

主にボス戦の高速弾の弾避けが熱いので、初見でのクリアはかなり難しいと思います。何度かプレイして、敵のパターンを知った上で望めば、全ステージクリアは見えてくるのではないかと。ボムが適度に出てきてくれるのが救いと言えるでしょう。

高速とくると彩京のシューティングを思わせるものがありますが、彩京シューに比べてトリッキーな撃ち方はあまり無く、大概が単調な動きに終始して動けば交わせるものになっているため、落ち着いて行けばノーボム安定もできるほどです。


****************************

ステッガーI ゲーム画面その22

ステッガーI ゲーム画面その23

とはいえ…

それなりに弾避けが熱いゲームなのですが、それでも変な仕様が目に付きまくるのが「ステッガーI」の凄さ。前時代的とかそういう問題ではなく、所々に変な仕様が目立っているおかげで、グラフィックがああだとか、ゲームとしてどうだとかの面なんかどうでもいいや、って思ってしまうほど変なんです!! ぶはっ

色々と列挙すると・・・


1.ボーナスの入り方が色々と変

サブショットとか溜め撃ちで敵を撃ってもスコアは全く入らず、敵をノーマルショットで撃ち込んだ時でしかスコアが入らないという素敵仕様。ノーマルショットだけでクリアした時と、溜め撃ちを使いながらクリアした時とでは、スコアの入り方が天と地の差レベルで違うという凄さ。

というか、敵自体にスコアが全く設定されていないんだな、これが。
うぉいwww

あと、アイテムボーナスも表示上では1000点なのに1400点入ってるとか。



2.ネーミングが変

このゲーム、ネーミング画面も色々と変です。最初の方にも書いてありますが、バグがあるんです。
なんと「X」の文字が無い!その「X」の代わりにあるのが「R」で、ネーミングでXを使う人は間違い無く涙目の仕様。ネーミングにS○Xと入れるのを封じる狙いでもあったのでしょうか(多分、何も考えてはいないと思う…)

さらに「END」の文字を選択すると、ネーミングが終了するのではなく、そのまま「END」の文字を入力できてしまうという酷い仕様。なんなんだこれ。


↓「END」は文字です。

「END」「END」「END」



3.BGMが全くもって変

でもね、今回一番言いたかったのはこれなんだよ!
詳しくは、下の動画を見ていただければよろしいかと。


★都筑てんがさんによる「ステッガーI」のプレイ動画



テキストリンク
その1 その2 その3 その4


その1のタイトル画面に注目。

何で雷電IIのBGMが使われてるんだよ!!!!

どうしてこうなった…。どうして…



他にも前述のような国旗が変だとか、給油シーンが謎だとか、1Pと2Pが同色になって区別がつかなくなってたりとか、「デバッグ中の作品でないかい?」としか言い様の無いほどのカオスな仕様が、B級・C級・Z級ゲームプレイヤーのツボを突いたのは言うまでもありません。だからこそ、当時のシューターはこぞって話題にしていたのでしょう。一部界隈で話題になるのも、頷けるというものであります。

あと、エンディングは一度見ておくべき。発狂する。


****************************

ステッガーI ゲーム画面その24

ステッガーI ゲーム画面その25

ちなみに、このゲームの続編?として、同アフェーガ社から「戦神」というゲームがリリースされています。ゲームとしては若干ばかり洗練されているようですが、これまたステッガーIの使い回しが多かったり、相変わらずエンディングがカオスだったりと、ステッガーを知ってても知らなくても発狂する出来になってたのが微笑ましいです。

カオスなゲームが好きなシューターなら、押さえておいても損はないかと。
誰が得するかはわかりませんけどねっ!!
| シューティング千夜一夜 | Comments(21) | Trackback(0) |

コメント

2010年01月31日(日)16:57 ペイン #HfMzn2gY URL 編集
>皆さんもこの流れは予想できたのではないでしょうか。
なんというヘアピンカーブ。
パチモンなんですよねぇ・・・ネットで話には聞いた事はありますがやったことなかったです。

2010年01月31日(日)17:23 名無しデルタトライ #- URL 編集
ステッガー1=レッドホークらしいのでブルーホークは関係あると思われ
よし次はスーパーXだ

わからん、わからん、まったくわからん

2010年01月31日(日)19:15 MASU #omuPFJPc URL 編集
K-HEXさんがこのゲームのどこに感動したのか全然分からないです。
C級STGとして当時ゲーセンのSTG仲間とひとしきり話題にした事があるのですが、少なくとも感動する内容じゃなかったと思います。プレイしてると退屈で途中で飽きてきますし。当時はライデンファイターズJETにシルバーガンとESPにと他に素晴らしいSTGがありまくりましたしね、、、

そんなK-HEXさんにはPSでシュタールフェーダーをプレイするようオススメしときます。

たまには変化球投げないと

2010年01月31日(日)19:19 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>ペインさん
超絶級の変化球ですが、こういう作品を紹介するのは血が踊りますよw
誰も紹介しそうにないゲームを紹介するのが好きなものでして。
ネットでも案外話題になっていますよね。


>名無しのデルタトライさん
そういえば確かに海外版が「レッドホーク」というネーミングでしたよね。
自機にも「レッドホーク」がいますし。

>スーパーX
それにしても、自分の周囲はドーヤンゲー好きが多いものよ、と実感したり。
フライングタイガーとかラストデイとか。
スーパーXって、確かHeyで見たような。

分からなくて当然かも

2010年01月31日(日)19:30 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>MASUさん
あの時期にしてあのグラフィックでは、普通は引いちゃうか、疑念の目で見る事でしょうけど、何でもやってしまう性格のせいか、こういった変り物はやっちゃいたくなるのが自分の性分でして。だからこそ、あの「ヴァリアメタル」をはっきりと覚えてるんだろうなー、とも思ったり。
まぁ、数回やって飽き飽きするのが普通だと思います。骨のあるシューティングに比べてひょろい出来ですから。

>シュタールフェーダー
動画があったので見たのですが、ああ、これは確かに自分向きかも。音楽はいいゲームですね。

シュタールフェーダー

2010年02月01日(月)10:34 kuma #- URL 編集
 続編だか、なんだかも有りましたよね?
 ・・・どっちが続編だったか・・・

 ロックオン兵器があったので、レイフォース以降の作品だったと思います。
 自機グラフィックと、当たり判定がとてもデカかったという記憶があります。

 ブログ本編の方は・・・残念ながら分かりません。
「ENDは一文字」は、ウケましたが。

うへへ

2010年02月01日(月)11:14 uch #- URL 編集
これ持ってるwwwww
インスト取説純生でwwwww

B級マニアにはたまらんwww

クソゲーにはクソゲーの生き方があるッ!
たまにプレイするとなんだか和みますね。

身の毛も凍る

2010年02月01日(月)13:39 政 #- URL 編集
初回プレイでこんな感じでした。
基板があっと言う間に1万割れだった記憶しかありません。
買う気もおきなかったなあ(笑)

久しぶりにコメントします

2010年02月01日(月)17:15 レバニラ #LkZag.iM URL 編集
自分はこのゲームに思い入れなんて全くありませんが
何故か全部一気に読んじゃいました
やはり感動を知る人間でなければ、ここまで読ませる文章は書けないと思います

では、これからも頑張ってください

2010年02月01日(月)20:03 hake #- URL 編集
やあ、飛鳥&飛鳥を取り上げるぐらいですから、ステッガー1なぞ朝飯前、といった塩梅でしょうかw
でも真面目な話、こういうゲームがリリース出来る状況というのは、ある意味業界に活気がある証拠と言えるのではないかと思うのです。
それにしてもよくこんな記事を書けるほどやりこめたものですねw

あぁ、戦神、、、、、

2010年02月01日(月)21:50 piyo #- URL 編集
いつもオツカレサマデス!

戦神がブルーホークとステッガー1とポラックスとスーパーXを足したみたいなのでもうやってて辛いです、、。しかもあの音でいいフレーズとかたまに入っている所がもっと辛いです、、、、、、。

辛いです、、、、、、、、、、w

オツカレサマデス!

みんなB級ゲーム大好きだなあ

2010年02月01日(月)21:57 智・Ⅱ #- URL 編集
 超絶級の変化球・・・というより、むしろ自分へのデッドボールという気がしないでもないチョイス。この発想はなかった。

 私もこのゲームはよく知らないんですが、雷電ⅢDVDの小冊子で木之本まい’ん氏が熱く一押しされていた気が。何でも撃ち込み点を稼ぐのがハイスコアへの道なので、突き詰めると敵に超接近して撃ち込みを繰り返すタイトなスタイルになるので、カッコよく見えるそうです。こういうぶっ飛んだセンスもお気に入りだそうで。

 他には自国びいきなのか韓国機体が高性能という話も聞いています。

 韓国のSTGというと、「1945k Ⅲ」が出来のいいゲームですよね。もろ彩京シューなんですが、普通に遊べる良作だという・・・玉石混合、韓国侮りがたし・・・。

 それより「シュタールフェーダー」で反応する方が多いのに笑いました。・・・まあ私もソフトは持ってるわけですが(笑)。このゲーム、BGMとラスボスの強さは一級品と言えるはずです。今までずっとヌルゲーだったのにラスボスだけが別作品並みに強すぎるという・・・私もボム無しでは勝つ事が出来ません!!

 ・・・これの続編というと「エアグレイブ」ですか。シュタールフェーダーの後にこれを遊ぶとその進化に感動するかと。レイフォース+蒼穹紅蓮隊というような印象を受けますね。ストーリーが凝られて作られており声優さんも豪華でしたな・・・。この作品もまた音楽がいいんですわ。

 しかし・・・このエアグレイブは某STGと深く関係があるみたいですね。それは某STGの製作者にとっては黒歴史のようですが、ボスの名前だとか戦闘の背景だとかまるっきり同じだったりしますからね。まあその辺は察してあげるべき事なのかもしれません・・・。

2010年02月02日(火)03:50 しかくたん #- URL 編集
このゲームが紹介されているという事は、そのうち1コインクリア無理ゲーな「ナーク」や「トータルカーネイジ」のレビューも普通にありそうで怖いです。(笑)

エアグレイブ、近所の中古ショップにて280円で入手しました。なんか需要ありそうなので、あんまりうまくないけど、そのうち動画にしてみますね。

2010年02月02日(火)16:12 ml3 #- URL 編集
懐かしいゲームですね
自分もあまりの古臭さに面食らった覚えが

昔、にんさぶろーの部屋(だったっけ)で
これとシルバーガンのインカムが同じぐらいだったという話見たことあるけど
本当なんでしょうか?

これが私の生きる道

2010年02月02日(火)23:03 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
B級C級は我が心の糧

>kumaさん
続編は「エアグレイヴ」の方ですね。シュタールフェーダーからは約1年後のリリースということで…どこかの中古店でも漁れば見つかるかもしれません。

ステッガーはマイナーだから、大半の人は知らないと思います。
基板でどのくらい流通したのやら…


>uchさん
と言ってるそばから持ってましたかwwwww
流石はへっぽこ、伊達じゃない(´・ω・`)
レビュー喜んでいただけると光栄なりね

そう、クソゲーにはクソゲーなりの生き方ッッ
大切にせねばならんのですよ、ハイ。


>政さん
エイトフォースでポカーンとしたら、こちらではまさに身の毛も凍ると表現してもおかしくない出来でございますよ、ええ。どうしてこれが通ったのかが謎といえば謎。
1万割れっていうのもスゴいもので。今なら値段いくらなんだろう…。


>レバニラさん
思い入れが無くても、このゲームの存在を知ってもらえれば光栄であります!
今ではあまり見る機会は無いでしょうけどね…
ゲーセンで実際に見た時に驚愕することがあればいいかな~と思いますね。


>hakeさん
飛鳥&飛鳥ぐらいはまだ序の口、他にも色々とマイナーものを知っていますので、チェックを入れていただければ光栄でございまするw
手の内にはまだ幾つものシューティングが残っていますゆえ。

>こういうゲームがリリース出来る状況というのは、
>ある意味業界に活気がある証拠と言えるのではないかと思うのです。
思えばこのゲームがリリースされた1998年はものすごいシューティングラッシュだったのを記憶しております。シルバーガン、ライデンファイターズJET、エスプレイド他もろもろ…。活気がありましたよね。


>piyoさん
オツカレサマデス!

戦神もまたステッガーに次ぐほどのアレな出来でございました…
ネコミミキャラに何か意味があったのだろうかと…
辛いのは・・・わかりますよ・・・・・・・

オツカレサマデス!!!


>智・Ⅱさん
まさに超絶級の変化球でございます。
ボールを投げたつもりが、キャッチャーやバッターどころか一塁塁審に当たるような大魔球でございますけどねw

溜め撃ちやサブショットでは点は入らないので、点稼ぎする場合は通常ショットだけで進むのが定説ですね。どのような点の入り方になるかはよくわかっていなかったのですが、接近したら撃ち込み点が高いとか?

>1945k Ⅲ
テイストはああ、韓国のゲームだなぁ、って雰囲気はあるのですが、彩京シューティングの雰囲気はよく出せていた作品でしたね。ワイバーンウイングスも似たような感じになるかも。

>エアグレイブ
自分はまだ未プレイですが、調べてみるとシュタールフェーダーよりはより遊べる作品に仕上がっているみたいですね。いずれは中古品で購入しようかと考えてます。


>しかくたんさん
ナークとかは個人的に紹介してみたいですね。
ミッドウェイ系であれば「ロボトロン2084」は個人的に紹介してみたいかな、と。XBOX360のダウンロードでプレイしてみて、鮮やかさに惹かれました。

>エアグレイブ
動画が無いのでしてもらえると結構助かります。
時間を見つけて是非。


>ml3さん
あの古臭さを見ると、アーケードシューターであれば変な意味でインパクトを与える作品になりそうですね。どうしてこんなものが…といった具合に。

>シルバーガンのインカムが同じぐらい
どうなんでしょう。割と興味本位でステッガーやる人が多かったのかも。
シルバーガンについてはどうだったんでしょうか…

…すごい漢だ。

2010年02月03日(水)03:19 えてきち #- URL 編集
このゲーム知らなかったのですが…色々と、なんと言うかもぅ、すごいですね…何だか強烈に惹かれるモノがあります。

全てのユーザーが、このようなゲームを笑って楽しめるような余裕を持てることこそ、今の閉塞気味なゲーム業界に必要な事なのかもしれない…とか無理矢理真面目に纏めてみようとしてみたり。無理有りまくりですが。

とても遊んでみたいのですが、ゲーム自体の難易度よりも、稼動している所をみつける難易度の方が高そうな気がします。

2月13日お暇でしょうか?

2010年02月03日(水)09:31 政 #- URL 編集
またうちでゲームでもするのですが、大丈夫でしょうか?

地元のゲーセンでは奇跡が

2010年02月03日(水)12:19 ACLR #- URL 編集
当時はストライカーズ1945Ⅱにはまっていた時期に地元の行き着けのゲーセンで設置されていてたけど、確かに画像の荒さやボスの理不尽な攻撃などは気になっていたものの。当時はこのゲームがこれほど酷いゲームと知らなかったものあったのかかなりプレイさせてもらいました。
 私が一番驚いたのは、撤去されてからしばらくたったあとでそこのゲーセンに行ってみたらこれが再設置されていたとう奇跡が・・・・確かにプレイしている人は割りといたが再設置するほど価値ほどは無いとおもっていたのでさすがに驚きました。そう思っている割には即行でプレイしていましたが・・・。
 ステッガーI、確かに出来は酷いものの妙にプレイしたくる等々・・いろんな意味で強烈な印象を私に与えてくれまし(事実ステッガーIを紹介しているサイトが結構ある)。
 なぜあのようなエンティングが採用されたのか自分には理解不能です・・。

カオスだけどほっとけない

2010年02月03日(水)23:16 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>えてきちさん
初めて見ると、その年代とグラフィックのギャップに驚かれることかと思います。
10年前のゲームなの?と思うような形ですからね。なかなか見られない分貴重だと思います。

それでも、こういったゲームでも何とか楽しんでみようとするのは良い心構えであると思います。理解され難い事でもあるのですが、こうして情報共有できるだけでも得をしたような感があるのではないかと思うわけで。
でももうこのゲーム、どこにも置いてないかもなぁ・・・


>政さん
2/13…はちょっとマズいですねー。
この日は用事があって、渋谷まで行く予定があるんですよー。PM2:00~5:00までは予定が入ってるので、流石に無理かと思います。日曜ならいいのですが…
他の日はどうでしょうか。メールでも送ってきて下さいw


>ACLRさん
ストライカーズ1945IIも、この時期は色々な場所で稼働していた時期ですね。全時代的ではあるのですが、非常に珍しいゲームなだけあって、ついついコインを入れてプレイしたくなるゲームではありますよね。

本当に色々な意味で強烈な印象を与えてくれたゲームだと、つくづく実感するものでございます。酔狂でも、このゲームを置いたらある意味、そのゲーセンは英雄視されるかも…

エンディングの意味不明さは、本当に語り継がれるところでございます。

首が痛い肩が痛い腕が痛い

2010年02月05日(金)03:34 都筑てんが #- URL 編集
どうもです。

頚椎ヘルニアで首と肩に猛烈な痛み、腕と指に痺れが出てて涙目な今日この頃です。

当分の間、ゲーム動画の投稿が滞りそうです…。

(現在はWiiの「メタルファイトベイブレード ガチンコスタジアム」の動画の収録にチャレンジしてますが…完遂できるか不安。)

>ステッガー1

ステッガー1は、いきなり雷電ⅡのBGMが流れるところが容赦ナッシングでしたねぇ…。

ドーヤン系でもあからさまなパクリは自重してるのに…。

某伝説のガンシュー並に、時々プレイしたくなる味のあるゲームですね…。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9320656

お気をつけて・・・

2010年02月06日(土)00:37 K-HEX #xHucOE.I URL 編集
>都筑てんがさん
ヘルニアとは…大変ですね…。身体の調子を整えてから、またご投稿ください。

>ステッガー
いきなり雷電IIですから、インパクトはかなり高いかもしれないですね。
ドーヤンでも頑張ってオリジナルのBGMで勝負してたというのに…
でも忘れられないゲームではありますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/879-41adcdb3

| HOME |

Calender

<< 2017年05月 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。