あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第319夜~ ブラックドラゴン

ブラックドラゴン タイトル

第319夜。今回は遡って・・・
カプコンの「ブラックドラゴン」を紹介します。

そういえば、カプコン勢は久しぶりの紹介になりますね。


****************************

ブラックドラゴン オープニング

ブラックタイガーの武器は鎖鎌とダガー

一つの王国を闇に葬った三匹の邪悪な竜を倒す為、勇者「ブラックタイガー」が討伐に出向く、というストーリーで始まる本作。

1レバー2ボタンで自機のブラックタイガーを操作。
ボタンは武器の投擲ジャンプに使用します。

ブラックタイガーの武器は鎖鎌とダガーの同時発射。鎖鎌は威力とリーチに勝る武器で、敵に直撃させることで早く倒す事ができます。ダガーは3本1組で投げるタイプであり、画面端まで飛んでいきます。画面上では最大3連射まで発射可能です。

ジャンプボタンで文字通りジャンプします。空中制御できないタイプで、一定距離飛ぶまで他の方向に移動することが出来ません。また、垂直ジャンプ後すぐにレバーを入れる事で、いつもより高いところまでジャンプすることができます。


柱につかまって攻撃も可能

落下前の岩は1個3万点

敵を倒したり、マップ上に点在する壷を壊すことで、ゼニー(お金)を拾う事ができます。拾ったゼニーの数は画面右上に表示されており、ショップにて各種武器やアイテムと交換することができます。

ゲーム中、そこら中に点在する「お爺さん」を救出することで、様々な恩恵を受けることができます。効果としては主に時間の回復やゼニー取得などですが、特定の場所のお爺さんを救うことで、ショップに入る事が可能です。

ショップでは、ゲーム中で取得できるゼニー(お金)と引き換えにパワーアップを施すことができます。パワーアップの状況は画面下を見る事で確認可能。アイテム系の鍵と毒消し薬、鎖鎌とアーマーの状況が確認できます。

パワーアップの種類は以下の通り。

・鎖鎌
 自機の武器である鎖鎌。最大5レベル。
 強化させると、ダガーと鉄球攻撃の攻撃力が増す。

・アーマー
 攻撃を防ぐアーマーを装着。最大8レベル。
 アーマーを着ている間は、攻撃を喰らってもアーマーレベルが下がるだけ。
 レベルが0になるとアーマーが砕ける。

・鍵
 マップ上に点在している宝箱を開けるために必要。
 店で買うだけでなく、道中にも落ちている。

・毒消し薬
 特定の敵が持つ毒を喰らった時に、自動的に消費して毒効果を防ぐ。
 また、ボス系の混乱攻撃にも効果がある。


お爺さんを救出

1ボスのトーテムポール

鍵で開く宝箱の中には、ゼニーが入ってる他、命の水(体力回復)火柱の罠が含まれてます。罠は音が鳴った直後に火柱が立つタイプのもので、発動したら離れる必要があります。

また、敵の攻撃の中には毒を含んでいるものがあり、毒を喰らうとダガーが一切投げられなくなります。ただし、毒消し薬を持っている場合は、薬を1個消費して毒効果を免れることができます。

アイテムはゼニーだけではなく、壷の中に入ってる砂時計(タイムアップ)、Pow(敵全滅)の他にも、特定の壁を破壊することで入手できる隠しアイテムがあります。隠しアイテムは弥七(1up)、タケノコ(タイムアップ)、タル(アーマー回復)など数種類。各ステージに隠されています。


ステージ間の決めポーズ

段差越しに攻撃

本作は残機バイタリティ制になっていて、アーマーが砕けた状態で敵の攻撃に触れると画面上に表示されているバイタリティが減少。バイタリティの上限は最初1で、一定のスコアを取る毎に1つずつストックが上昇。宝箱やお爺さんを救出することで得られる「命の水」で回復させることができます。

バイタリティが0になるか、持ち時間が0になることで1ミス。残機が1つ減ります。
持っている残機が0の状態でミスになってしまうとゲーム終了。

本作は全8ステージ。ループゲームではありません。


****************************

落石のトラップをジャンプで交わす

2ボスは数が増えてる

初期のカプコン作品の中ではアクションシューティングに属する作品で、同社の横スクロールアクションシューティングの代名詞的な存在である「魔界村」の正統進化型タイプのゲームです。ジャンプアクションの要素を色濃く押し出しつつも、ダガーナイフ連射による、ショットを撃ちまくる爽快感にも勝る作品になっています。

かの「魔界村」のブレイクからありとあらゆるジャンルの作品をリリースし続けているカプコン。この時期のカプコンといえば、ナムコやタイトーといった、グラフィック・サウンドの安定感の強いゲームというよりは、激しいほどの独特さを持った作品が多かったように思います。

一目見ただけでも、これぞカプコン製!とわかりやすいものが多く、主にそれはグラフィック面やゲーム性の観点で通用するでしょう。「ラッシュ&クラッシュ」「ガンスモーク」の項でも語っているのですが、この当時のカプコンの作風は、荒々しいグラフィックとクセの強い操作性が二枚看板で通用するほどです。


隠しキャラの「佐吉」を発見

Powは全滅の効果あり

注目したいのがクセの強い操作性が売りのゲームが多い点。自機や敵を撃つ際の挙動に至るまでの非常にクセが高い傾向にあり、そのクセを把握できるか否かによって、ゲームの見方が激しく変わってくるのではないかと思われます。

特に前述のラッシュ&クラッシュはその最たる物であり、車の制御を把握していないとまるで話にならないという、過酷なゲーム。慣れないと、動きがおぼつかなくなるのはもちろんのこと、ショットを撃つ方向だって全然思い通りに行かない作品だったりします。

CPシステム以前の作品では、このクセの強いゲームこそがカプコンの真骨頂だったように思います。1943サイドアームズといった例外はあるものの、プレイする人によってはハマり度がまるで異なるという、不思議なゲームばかりが揃っていたのが、とても印象的です。

前述のラッシュ&クラッシュの他にも、アクションゲームの「戦いの挽歌」や、ワイヤーアクションが主体の「トップシークレット」なども、操作性を把握していないと非常に難しく感じるゲームになると思います。基本操作を十分理解していないと、1面クリアすら満足にできないという始末。


ゼニーと引き換えにお買い物

エグゼドエグゼスからのゲスト「スピンスカル」

ブルードラゴン出現

さらに初期のカプコンといえば、独特の荒々しいグラデーションのかかったグラフィックも特徴の一つ。CPシステム以前の作品はグラデーションのかかり具合が本当に独特のものであり、見た目からカプコン製だとわかるタイプになってます。

茶色のグラデーションの使い回しがわかりやすい例の一つで、細かいつやつや感のあるグラデーションではなく、激しく色が切り替わっていくようなザラザラ感の強いものが多用されています。実際に、この点だけでカプコン製か否かがわかるほどの明白ぶり。

前述の「ラッシュ&クラッシュ」「ガンスモーク」は、地面が茶色で塗り固められているためか土気色の強さが目立つ造りになっています。グラデーションが細かくないおかげで、全体的にワイルド感漂うのが、当時のカプコンを象徴していた点の一つでした。

クセが強く好みが激しく分かれるタイプのゲーム。
これが初期カプコンゲームの大きな特徴になるでしょう。


隠しキャラの弥七は1up

罠の宝箱にはご注意を

ブラックドラゴンもまた、初期カプコンカラーを激しく継承している作品であり、見た目からして「これぞカプコンだ!」とわかるほどのインパクトを有しています。独特の操作性、グラフィックの荒さ加減など、見た目からして非常にわかりやすいです。

ゲームとしてはショットとジャンプを駆使する魔界村継承のジャンプアクションになりますが、操作としては割とクセの強いレベルであり、慣れないと意外と苦戦するタイプのものになるかもしれません。

独特のジャンプの軌道を掴むことが鍵になるでしょう。ジャンプは空中制御ができないタイプで、しかも普通に横っ飛びするだけで長い距離飛んでいくため、ある程度距離を測る必要があります。慣れないうちは、ジャンプの着地点に敵や落とし穴があることが頻繁に起こります。

それに、垂直ジャンプの対空距離の高いジャンプでしか乗り移れない地形も多く、これがすでに前半戦のうちに頻発します。レバーを入れるタイミングを覚えないと、中盤戦以降はグダグダになることでしょう。この操作性が後述する難易度にも影響してきます。


魔界村のレッドアリーマーもゲスト出演

またグラフィックですが、所々綺麗なグラデーションになっている部分はあるものの、岩や背景の壁の質感は、実に初期のカプコンらしさが見えてきます。

ガンスモーク同様、茶色系はいかにもカプコンらしい色使いだなぁと思うことが多く、見ていて非常にわかりやすいものだと感じさせてくれます。流石に魔界村より大幅に進化しているものの、年月は経ってもカラーは色褪せてないよなぁ、と感じさせてくれます。


****************************

Powで敵を全滅させたところ

落とし穴と落石の合わせ技

そんな「ブラックドラゴン」の難易度は非常に高めに設定されています。
初期のカプコンのゲームは一筋縄でクリアさせてもらえない作品が多く、ゲーム慣れしていても、初見で長く遊ぶのは至難の業。全面クリアにもなると、それこそ血反吐を吐くほどの努力が必要になるのが当たり前。残機制ではあっても、慣れないうちは1面で全機散らすことだってあり得ます。

ブラックドラゴンの難しさは、独特の操作性もそうなのですが、それ以上にトラップの多さが目立つ点から来ることが多いです。何と言っても、知らないと絶対に引っ掛かる罠の多さが印象的であり、これを乗り切れるかどうかで楽しめるかどうかも大きく分かれてしまうほど。

すでに1面のうちから罠が多く、落石・コウモリ・毒ガス・食人植物などの様々なトラップが仕込まれています。そのほとんどが見えないところから突然やってくるものばかりなために、正直「引っ掛かった上で全部覚えろ」と言わんかのごとく。先に進むほど罠の頻度が高くなり、それこそ極端なまでの覚えゲーぶりを見せつけてくれます。


すいません、知ってます・・・。

中盤の壁「ドラゴンナイト」

本作の難しさは前半から中盤にかけて凝縮されていると言っても過言ではありません。前半は自機のライフが1しか無いので、敵の攻撃を2~3回もらうだけで終了。ジャンプのクセと多数のトラップを覚えているうちは、本当に苦労するゲームです。

通常のマップにいる敵を倒す方法をパターン化するのはもちろんのこと、クセの強いジャンプ制御、罠全体の把握、マップ全体の把握に至るまで、とにかく覚えることが多いゲーム。まさに初期のカプコンの難易度に相応しいレベルだと言えましょう。

マップ上の敵だけならガチガチのパターンで収まるのですが、そこに壷の中のモンスターや宝箱の罠など、ランダムに左右される場面も多く、臨機応変にその場の対応を変える柔軟さも必要になってきます。思いも寄らないダメージなどが蓄積された上でミスということもよくあるので、遊ぶ上では根気強さも重要です。

以上の点からして、本作を遊ぶ上での敷居の高さはとても高いものだと言えます。遊ぶ人によっては、理不尽とも捉えかねない難易度に見えてしまうかもしれません。ちょっと遊んだだけでも敬遠した方も多いのでは。


明るい場所に出た主人公

随分と広々としたステージ6

レッドドラゴン登場

ただし、その敷居の高さを乗り越えることができるようになれば、途端に面白くなるゲームになります。覚えゲーなだけあって、とにかくパターン性の強さが際立つゲームであるために、一つ一つの罠を把握した上で遊べるようになると、華麗な動きで敵を捌けるようになるのが強みです。

さらに後半戦、主に最強のレベル5の鎖鎌を持ってからは、お金に余裕ができるおかげで、アーマーや薬を買う余裕も出てきます。こうなると操作の慣れも手伝って、ちょっとやそっとじゃミスしなくなります。さらにスコアによる体力が増えるという特典も手伝って、安心感も高まるのも大きいです。

隠しギミック(岩を壊せる事)や隠しキャラの位置などを覚えると、さらに長く遊べるようになります。隠しキャラの位置に至っては、ゲームの面白さを左右するほど重要な要素であり、これによる恩恵は計り知れません。

何と言ってもエクステンドが隠しキャラの弥七でしかできない事が大きいと思います。2面の弥七に助けられた方も多いかと。他にもアーマー回復のタル・イチゴ・佐吉、お金を増やす象など、遊びやすさに貢献するアイテムが一杯あるのです。


武器レベル5になると、かなり強い

後半戦最強のザコ「ニンジャ」

後半戦でも難易度の高い場面は多いですが(忍者とか…)、前半面の理不尽ぶりを乗り切った上で見ると、ぐっと精神的に楽になる場面が目立ちます。とにかくやたらと死に直結するトラップが目立つ前半戦を如何にして乗り切るかが、楽しむための境界線だと言っても過言ではありません。

ひょっとしたら、ゲームの特性を全て覚えてからがスタートラインと言ってもいいかもしれません。罠に引っ掛かっているうちは全然楽しめないかもしれませんが、そこを乗り切ると、良い点が沢山見えてくるのではないかと。美しく描かれたドラゴンや、ドラゴンナイトといった強大な敵との戦いに没頭できることでしょう。

ブラックドラゴンは結構難易度の高い作品なのですが、魔界村同様に固定のファンが見受けられるように思います。カプコンの一連のゲームは、遊びにくさもありながらも、個々のゲームに対して根強いファンを持つのが強み。シューティングのガンスモークでもこの傾向が強く、今でも定期的に遊びたくなるゲームとして挙げる人も居るほどです。


7面のドラゴンナイトは一撃が重い

与太話になりますが、自分が昔、福岡の小倉のゲーセンをホームにしていた頃、自分が他のゲームを遊んでいる間に、ブラックドラゴンを毎日のようにプレイしてた人が居たのを記憶に留めています。

10数年前のカジノ京町にあった20円のゲームセンターだったのですが、そこでブラックドラゴンをやり込んでいるプレイヤーをたまに見掛けることがあり、自分は延々とプレイしている様を目撃してました。

後ろでちらっと見ると、それがまた芸術的な上手さでビックリさせられるのです。そのスーパープレイヤーが居ない時には、ハイスコアが200数十万で1位に登録されていることがしばしば。自分もプレイしてたものの、そこまでの上手さに辿り着くには遠いなぁと思い、その上出来さに感服させられたものです。

さらに昔の話になると、魔界村のエンドレスプレイヤーを思い出したりもするのですが、それはまたの機会の話ということで。とにかく、初期のカプコン作品には固定ファンを引き寄せやすいほどの魅力があるということなのだろうと感じるのです。


****************************

ニンジャは高いゼニーを持ってる

スピンスカルがいっぱい

初期のカプコン作品らしく、とてもクセが強いアクションシューティングになるのですが、長く遊べるようになると面白くなるという魅力をも持った作品になります。

ただし覚えゲーの度合は非常に強いため、アドリブや緩慢なプレイで何とかなるゲーム、という訳ではありません。何度も何度も遊び込んで、初めて面白さを感じるゲームだと思います。少なくとも、近年のゲーム向けでは無いのは確実です。

まさに硬派なゲームと言っても相応しい出来。
歯応えを求めたい人にはうってつけのゲームです。


ラスボスのブラックドラゴン

移植版は国内版には無く、代わりに海外限定で発売されている「カプコンクラシックスコレクション Vol.2」に、ブラックドラゴン(海外名:ブラックタイガー)が収録されています。海外ではPS2版とXbox360版がある模様。また、同じく海外版限定でPSP版「カプコンクラシックコレクション Remixed」にも収録されています。

また、PCエンジン版で発売されたNECアベニューの「ソンソン2」がブラックドラゴンをベースにした内容だとのことです。


<動画>

★ブラックドラゴン1コインクリア動画



テキストリンク
その1 その2 その3


序盤戦、ダメージをあまり喰らわずに、鎧の耐久度を隠しキャラで補填しているのが素晴らしいです。
2度目のドラゴンナイト戦はかなり際どいというか。

エグゼドエグゼスソンソンにいたスピンスカルって、結局破壊できないんですよね。



★ブラックドラゴン音楽集



テキストリンク

マジックソードと一緒にどうぞ。
今思うと、マジックソードってブラックドラゴンが有ってこそだったのかなぁ、と思うことしきり。

ブラックドラゴンの音楽担当は、レイフォースでお馴染みの河本圭代さん。
ラッシュ&クラッシュの時にも冴えてた音楽が、このゲームでも響き渡ります。
一つの音楽をベースに編曲してる構成。全ステージに渡って違った個性があるのがまたすごいというか。

昔カジノ京町でゲームしてた時は、他のゲームをプレイしている後ろで、ブラックドラゴンの音楽が響いていたのを思い出します。妙に印象に残る音楽なんですよね。

| シューティング千夜一夜 | Comments(18) | Trackback(0) |

コメント

2010年02月28日(日)22:04 けゐん #- URL 編集
カジノ京町の20円コーナーといえばたしかテーブル台だったな
20円でR-TYPE LEOやりにいってたなあ

私の中でトップレベルのアクションゲーです(^^)

2010年02月28日(日)22:07 OKI #qbIq4rIg URL 編集
先日もクリアしましたw

>その敷居の高さを乗り越えることができるようになれば、
>途端に面白くなるゲームになります。

なんですよね。もう全ステージが庭です。(^^)
「ちょっとクリアしよう。」で全面クリアしたらゲームが終ってくれるので、寝る前にクリア(基板)。通勤の往復でクリア(PSP版)みたいな感じです。
正直、魔界村よりもバランスが良いと思うので、とても大好きです。

もっと評価されてもいい作品です

2010年03月01日(月)02:52 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>けゐんさん
1Fにテーブル台があった頃から、京町はお世話になっておりました。
当時のあそこのゲーセンはまさに聖地みたいなものでした。
遊BOXと共に、20円で色々遊べるのが大きかったですね。


>OKIさん
ブラックドラゴンお好きでしたよね、確かww
このゲーム、とにかく敷居が高くて、初めての人がプレイするといつの間にか終わるようなゲームなんですよね。そこを乗り切れるか否かで、本格的に楽しめるかどうかが分かれてたような気がしています。

後半、最強の鎖鎌持ったら薬と鎧買い放題なので、全ステージクリアまでは一気に楽になっていったような気がしています。ニンジャは強いですけどね。


>ペインさん
何度か遊んでみて、ようやく良さがわかるゲームの通例ですね。
カプコンはこういったタイプのゲームが多いです。

>タイムアップ
もたもたしてるとすぐに時間が足りなくなっちゃいますからね。砂時計を全部回収した上で、点稼ぎや買い物した方がいいステージもあるほどですから。

初めてコメントします

2010年03月01日(月)02:54 ル~クでぇ~す #- URL 編集
毎日楽しみに拝見しています

暇な時によくheyでプレイしてます
このゲームは骸骨ナイフ三本当てと岩稼ぎが熱い
プレイヤーによって稼ぎ場所が違うので、上手い人のプレーを見ると
こんな稼ぎ方あるんだと未だに関心します。

運(壺)しだいで難しくなったり簡単になったりと
何回遊んでも飽きないゲームって中々ないですよね

このゲーム難しいのは1~2面と7面ドラゴンナイトやり直しが・・
しかし、思わぬ場所で敵だらけになると、もうマゾには堪りません


コメントありがとうございます

2010年03月01日(月)03:03 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>ル~クでぇ~すさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

岩稼ぎや骸骨稼ぎは確かに燃えますね。
特に岩は効率良くナイフを当てると3万点が多く入るので、自分なりのタイミングを掴むのが楽しいです。

あと壷ですか。紫ミイラが出た時のビックリ感は計り知れないものがありますよ。
7面ドラゴンナイトもキツいですね。ミスると鎧が弱い状態で再戦ですから…

BGMはグラディーションにしよう!!とは企画者の言。

2010年03月01日(月)14:26 げーむにん #- URL 編集
 作曲者の人は頭がウニになったとか。

20年前、仙台で見かけた事があります。
一度プレイしましたが時間制限が厳しく
挫折しました。

 カプコン・ゲーム・ミュージック
VOL.3はテープで今でも持ってますよ。

音楽最高

2010年03月01日(月)16:52 hamu #GaenHm5U URL 編集
基板を保有している方が結構いらっしゃるようですね。
私もその一人。今でも引っ張り出して遊んでます。
CPシステム2のように、内蔵電池によるデータ消失がないのが安心。
ところで、バイタリティUPは、一定スコアになったとき。
コンティニューするとスコアが0に戻るため、バイタリティUPはかなりキツイですよね。
その辺も、初心者離れの一因かなと思います。

編曲って大変だったんですね

2010年03月02日(火)10:56 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>げーむにんさん
ブラックドラゴンの編曲は確かに結構大変そうですね。
それでも、しっかり通して作られている辺りはプロ根性の片鱗を見せてくれたというか。

時間制限は相当厳しいゲームですよね。
砂時計をきちんと取れないと、タイムオーバーなんてザラに起こりますから。


>hamuさん
CPシステムの内蔵電池切れって怖いですよね。
政さんのブログを見てて痛感するところ。

>バイタリティUP
何かしらのアイテムか何かでバイタリティUPとかだったら良かったかも。
最初から3ぐらいライフがある状態なら、もっと良かったかもしれませんね。

遊れば遊るほど面白い!

2010年03月04日(木)23:50 武紳 #BikgAKP6 URL 編集
ご無沙汰しております。生来の偏食故、食い付く話題がどうしても限定されてしまいますが、ご容赦の程を。

掲題はインストカードのコピーですが、残念ながら面白さを理解する前に挫折した一人です。初見殺しの陰険なトラップ配置、特に甲高い落下音と共に迫る岩は今でもトラウマ…。世界観には強く惹かれたものの、全ステージ踏破は後年の「マジックソード」までお預けとなりました。

どこかコミカルな雰囲気を残した「魔界村」シリーズ対して、頭身の高い正調ヒロイックファンタジー路線はその後も脈々と受け継がれ、「D&D」で大成する事になります。
カプコン名物通貨「ゼニー」も初登場。シルフィーの印象が強すぎて忘れがちですが、この頃同社のSHOP店員は爺ばかりです。(ウィロー、エリア88、U.S.ネイビー等)

マッコイじいさん・・・

2010年03月05日(金)02:37 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>武紳さん
どうもこちらもご無沙汰しております。
初見の難易度の高さゆえ、敬遠されがちな傾向のあるゲームですよね。隠しキャラや砂時計の位置をしっかり把握していないと、全ステージクリアは本当に至難の業だと実感する思いでございます。

それにしても、カプコンはファンタジー系との相性が格別ですよね。魔界村もそうですが、その後のD&Dやヴァンパイアシリーズ、現在流行っているモンハンなど、その源流は確かに脈々と受け継がれているような気がしています。

>爺
エリ8もUSネイビーもそうでしたね。
ショーンコネリー似の司令官?がいい味出してました。

X-BOX版持ってますよ。

2010年03月06日(土)02:53 しかくたん #- URL 編集
ゲーセンで遊んだときは難しすぎて1面クリアがやっとでしたが北米版「カプコンクラシックスコレクションVOl.2」を入手してゲーメストの攻略記事見ながらやってみたら先に進めるようになり、いきなり楽しくなりました。

カプコンのアーケード作品は前半からムズイけど苦労した人は、かならず長く遊べる仕様なのが良かったですね。

アーケードのアクションゲームが壊滅状態の今だからこそ、こういう作品がまた遊びたくなります。

2010年03月06日(土)12:27 通りすがり #- URL 編集
相当前にはまってました
魔界村タイプなんだけど落石や火を噴く壁が度リフのコントのように憎たらしいところに満載だったのが印象的でしたw

2010年03月06日(土)23:03 彷徨う禿 #wLMIWoss URL 編集
なつかしいなあブラックドラゴン。
私も散々はまってました
ドラゴンやドラゴンナイトのデザインが秀逸でしたね
でも周囲にやりこんでる人が居なくて寂しかった記憶が…

助けたジジイが「お礼に」と称して商売を始めるのが凄いシュールでしたw

じいさん、いきなりタメ口を吐くの巻

2010年03月07日(日)01:23 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>しかくたんさん
おお、XBox版持ってますか!
このゲーム、攻略法がわかると、途端に面白くなるゲームの筆頭ですね。
特に隠しキャラの位置がわかってからになると、なかなかミスしなくなるという。
前半から難しいゲームですが、遊べるようになると長々と遊べる良いゲームでした。


>通りすがりさん
確かに、あの罠の貼り方はまさしくドリフのコントですね。
柱にしがみついてたら、横の壁から毒ガスが噴き出してどんだけー、と思ったのもいい思い出です。


>彷徨う禿さん
ブラックドラゴンは荒々しいグラフィックの中に、CPシステムに継承される繊細なグラフィックがあったのも印象的でした。挙げられているドラゴンやドラゴンナイトの造形は本当に綺麗でしたよね。

>助けたジジイ
折角救出したんだから、お店開かずに何か下さいって言いたくなりますよね。
シルフィーの方がまだマシというもの…
助けたのに「どこかに弥七と佐吉が隠れているぞ!」とかタメで言われると戸惑いますしw

初めて買った基盤

2010年03月18日(木)23:29 もり3 #- URL 編集
例によってカプコン特有の
前半面目が難しく、1ミスで死ぬ世界。

後半は、体力ゲージも増え、鎧の耐久力とゼニーもあるので
結構建て直せるので楽だった。

MAP覚えるところから始めないといけないとっつきずらさと
当時は他に魅力のあるゲーム(R-TYPE、ライフフォース、モンスターランド等)が
多かったので当時は2面で諦めました。

数年後に20円でヤマザキデーリーストア軒先にあったので
古いゲーメスト引っ張り出してクリアしました。

4面ボスのレッドアリーマーには、びびった

他にプレイしてる人いなかったので
7面目のドラゴンナイトが一番強かったな。
(参考プレイ見れないので)

あとゲーメストの何ですか?に「岩崩しの法則」質問送ったな。

壊れる寸前までナイフ当てて、落とした瞬間にナイフ当てる本数で3万~30万入る。
(結局面倒だったのでナイフ本数数えなかったですがw)
でも最初の3万とか体力ゲージ増えるので、結構おいしい。


PS 行きつけの駄菓子屋俺プレイ クリア後即撤退はやめて(笑)
   他の子に悪いので、ちゅうちょしてプレイできなかった。

カプコンはステージ難易度が特有

2010年03月19日(金)06:05 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>もり3さん
初期カプコンの難易度のバランスは独特なものがありましたよね。ガンスモーク然り、セクションZ然り。前半が乗り切れなければ、そこから先はほぼついて行けない世界。でもそれだからこそのカプコン。こういったカラーは好きですね。

ブラックドラゴンの場合は、やはり前半ですね。即死に繋がるトラップをどれだけ覚えられるかが鍵になるでしょうか。根気良くやり込まないと、精魂果てるタイプのゲームになるでしょうね。

>ドラゴンナイト
一撃のダメージが大きいのが痛いですね。
それでいて、かなりギリギリのジャンプを要求されるところとか。

やるほど味が出ますね。

2010年10月26日(火)21:25 ヌエベ #- URL 編集
こんばんわ。

ブラックドラゴン、私もプレイしました。
言われる通り罠覚えゲーですね。ゲーセンでやると音が聞こえない時があって落石や罠の音が聞こえずらい。
のっけからともかくキツくてこれ無理だろうな~と思ってましたが、どんどんプレイするたびに面白くなりますね。

そういえばブラックドラゴンのボスのドラゴンナイトはキングオブドラゴンにもいたみたいですね?

最初が肝心

2010年10月28日(木)00:50 K-HEX(in 福岡) #MItfUjoc URL 編集
>ヌエベさん
最初がかなり難しいので、ここで詰まると後々に響くような、そんなゲームのような気がします。知らないと絶対に引っ掛かるトラップは序盤からかなり多めですし。

>キングオブドラゴン
後半戦にいますね。伸びる剣と体当たりが武器ですが、実はそんなに強くないですw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/887-4d5d4c57

| HOME |

Calender

<< 2017年10月 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。