あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第331夜~ のぼらんか

のぼらんか タイトル

第331夜。名作を出した後はカオス系を紹介したくなる。
という訳で、今回はデータイースト/コアランドの「のぼらんか」を紹介します。

同じランカ繋がりの「スペランカー」とは何の関係もありません。
多分。


****************************

のぼらんか ゲーム画面その1

のぼらんか ゲーム画面その2

大きな木の下でのデート中に、ワルサー大王に木のてっぺんまで連れ去られた「プリン姫」を救い出すため、てんとう虫の格好をした「ニュートン・J」が助けに向かう、というストーリーで始まる本作。

1レバー2ボタンで自機の「ニュートン・J」を操作。
8方向レバーで自機を操作し、ボタンはショットと空中浮遊に使用します。

木の上に張り付いている時は8方向に移動が可能。枝の上に乗っている場合は左右方向に移動、レバー上でジャンプします。ショットは連射可能なタイプで、溜め撃ちの類はありません。

空中浮遊ボタンを押すと、画面下に表示されているゲージを消費して、ニュートン・Jが羽根を使って羽ばたきます。羽ばたいている間は、どの場所でも8方向に移動が可能になり、画面下の「ILOVEYOU」ゲージが減少します。

空を飛んでいる間はやや機動力が高くなりますが、無敵ではありません。ゲージが無い場合は、当然空中浮遊は使用不可。空中浮遊に必要な「ILOVEYOU」ゲージは、木の上にいる間、少しずつ回復します。


のぼらんか ゲーム画面その3

のぼらんか ゲーム画面その4

自機はアイテムを取ることで、様々な効果を得ることができます。アイテムは敵が落とすものと、その場に落ちているものの2種類が存在しています。敵が落とすものはフルーツアイテムかドクロの2種類で、それ以外は全てその場に落ちているものになっています。

アイテムの種類は以下の通り。

・フルーツアイテム
敵を倒すと出現する。取ると100pts追加と共に、タイムが2秒増える。
りんご、みかん、桃、すいか、レモン、いちご、パイン、メロンの8種類。
1機倒すごとに、フルーツの種類がループする。

・ドクロ
敵を倒すと出現。取ると問答無用でミス(または泡が剥がれる)。
メロンが出現した後に必ず出現する。

・赤いラッパ
特定の場所に落ちている。取ると自機が泡に包まれる。
泡に包まれている間は、1度だけ敵の攻撃に耐えられる。

・ハンマー
特定の場所に落ちている。取るとハンマーの地響きで敵を全滅させられる。
ハンマーでの演出中も当たり判定があるので注意。

・時計
特定の場所に落ちている。取ると時間が30秒追加される。

・指輪
特定の場所に落ちている。取ると「ILOVEYOU」ゲージが全回復。


のぼらんか ゲーム画面その5

のぼらんか ゲーム画面その6

ゲームの流れとしては、画面右下に表示された時間が0になる前に、木のてっぺんまで登り詰め、ボスを倒すのが目的。頂上のボスを倒すことで1面クリアになります。

自機が敵・敵の攻撃に触れる、ドクロを取る、時間が0になることで1ミス。
残機が0の状態でミスするとゲーム終了となります。

全3ステージ構成。
本作はループゲームになっています。


****************************

のぼらんか ゲーム画面その7

のぼらんか ゲーム画面その8

グラフィック、タイトル、その他もろもろのセンスを見るに付け、実にバカゲー臭漂う作品の一つになります。まともなストーリーを持つゲームが沢山繰り出される中、ここまでのカオスな雰囲気を作り出せるゲームというものは、早々お目にかかれないでしょう。

タイトルに付けられた「のぼらんか」という言葉で既にインパクト十分(「やらないか」みたいな)。タイトル画面の、黒い画面に般若の怖い顔が強烈なインパクトを植えつけてくれます。

それでいてゲーム全体の背景ときたら、何だかポップではあるはずなんだけど、敵のデザインに妙にグロさが残っていたりと、不恰好なセンスが光る出来。釣り合いが取れていないのが、逆に妙に憎めません。


のぼらんか ゲーム画面その9

のぼらんか ゲーム画面その10

何よりも、このゲームの主人公は親父。
それも、ただの親父ではなく、青く残った髭の剃り跡の目立つ親父。

オヤジ主人公で変り種といえば「カルノフ」がいるのですが、このゲームの主人公は、違った意味で変わってます。まさに斜め上。


見た感じだと、当時流行っていた「オレたちひょうきん族」の鬼瓦権造みたいな感じにも見えます。そんなヒゲ親父が、てんとう虫の羽根を生やしてパタパタ飛んでいる様は、これまでの主人公像を覆すような、何かを感じ取ることができることでしょう。多分。


↓おすまし!!

おすまし顔


↓羽根で空を飛ぶ主人公「ニュートン・J」

羽根で飛ぶ青ひげオヤジ


↓被弾すると「あっ!」

「あっ!」

同じ羽根親父仲間であるカルノフとは違った味がありますね。
濃ゆい・・・


のぼらんか ゲーム画面その11

のぼらんか ゲーム画面その12

変な背景に対して、変な主人公とくれば、変な敵キャラクターも沢山登場します。眼鏡をかけたハゲオヤジの顔がくっついた芋虫やら、枝の上から攻撃するバカ殿様みたいなキャラクターやら、左右から突っ込んでくる工事現場のヘルメットを被ったアリンコやら、カオスにも程があるという。

背景なんかは良く見ると、所々に落書きがあって、それがより変な風景を増幅させているという。アイアイ傘とか一方通行マークとか所々に置かれており、普通に考えて理解し難いほどのインパクトを与えてくれます。背景も良く見ると、雲に「根性」と書いてあったりと、なかなかにシュール。

スコア表示のところも良く見ると、1Pが「BOKU」、2Pが「KIMI」になってたりとか、このゲーム独特のシュールな表現が目立ちます。ハイスコアに至っては「ICHIBAN」になっているのがまた微笑ましいというか。


****************************

のぼらんか ゲーム画面その13

のぼらんか ゲーム画面その14

デザイン周りは、もうカオスと言う他無いほどのインパクトを持っているのですが、ゲームとしてみると、割と普通のシューティングになっています。

緊急回避を兼ねた空中浮遊を使いこなしながら、ショットで敵を倒す、という比較的スマートな形に収まっているのが特徴で、大それたシステムが少ない分、シンプルなシューティングにも見えることでしょう。

自機を強化するパワーアップがシールド以外無く、大量に出てくる敵を正面のショットだけで捌くことになります。とはいえ、敵はそこまで多いわけではなく、ボス以外耐久力のある敵がいないために、ある程度の連射さえあれば無理なく敵を撃ち取ることができます。


のぼらんか ゲーム画面その15

のぼらんか ゲーム画面その16

ショットで敵を撃つと必ずフルーツが出現するため、撃ちまくればフルーツのフィーバー状態。取ればタイムが2秒加算されるので、ガンガン取っていくのが攻略では有効です。

面白いのは、フルーツの中に取るとミスになる「ドクロアイテム」があるところ。一定数の敵を倒すことで出現しますが、フルーツに紛れて早い速度で落ちてくるので、うっかり存在を忘れていると誤って取ってしまうこともあります。

ただし、出現にはきちんと法則があって、メロンが出た後に必ず登場するので、直前のアイテムによる予測を踏まえれば、綺麗に見切ることができます。1発分のバリアがあれば、強気のプレイでドクロをギリギリで交わしてフルーツを取ることも可能です。

ドクロはアンチアイテムというよりは、変わった形での高速撃ち返し弾と見るのが自然でしょう。こうした形で撃ち返しを解釈するゲームというのは、他に無いような特徴です。


のぼらんか ゲーム画面その17

のぼらんか ゲーム画面その18

また、本作にはちょっとした難所が所々に仕込まれています。1つのステージには黄色い誘導弾を撃つ敵がそこかしこに仕込まれており、普通に歩くだけでは簡単には交わせません。

そこで、こういった難所で空中浮遊が役に立ちます。高速移動でどこへでも飛べるため、嫌らしい敵を素早く駆逐するのに便利です。敵が画面の一番上にいる間に駆逐すれば、先に進むのがぐっと楽になってきます。

また、空中浮遊はステージ中盤に登場する、ショットで駆逐できない虫を掻い潜るのにも便利です。弾消し能力とは無縁な高速移動ですが、場所によってはかなり役に立つ能力になるため、結構馬鹿になりません。


のぼらんか ゲーム画面その19

のぼらんか ゲーム画面その20

ゲームの性質上、ほとんどの動きがアドリブになりますが、空中浮遊があらゆる局面で役立つため、正面しかショットが出ないゲームではあれ、さほど難易度は高くない部類に当たるのではないかと思います。一部、不意に横から出て来る敵の位置さえ覚えておけば大丈夫です。見た目ほど、難しくはありません。

空中浮遊の移動速度の速さもありますし、時間制限はあってもフルーツが大量に出てくれるために、時間はさほど気にしなくても良いという強みもあります。じっくりと少しずつ進む事が攻略の鍵です。

難しいのは上述の誘導弾を撃つ敵の他に、最上段にいるボスが少々辛いかな?という程度でしょうか。若干連射が無いと追い詰められやすい上に、自機のショットを防ぐ撃ち返し有り。自機の当たり判定もやや大きく設定されているので、うっかり敵弾に当たることもよくあります。


のぼらんか ゲーム画面その21

のぼらんか ゲーム画面その22

残念な点は、先へ進んでもステージの難易度がそんなに代わり映えしないため、慣れてくるとずっと似たような展開に見えてしまうのが欠点になるでしょうか。

ステージの展開が3ステージ共によく似ており、しかもステージが進んでも難易度がさほど上昇しているようにも見えないため、1ステージが安定してクリアできるようになれば、他のステージも問題無くクリアできるのではなかろうかと。

ボスも動きが微妙に変化するぐらいで、全て同じ般若面の敵。攻撃方法も全く代わり映えしません。この辺り、同じコアランド開発の「ガルディア」にも相通ずるものがあると思いますね。


****************************

のぼらんか ゲーム画面その23

のぼらんか ゲーム画面その24

シュールな世界観があったおかげで、まさに知る人ぞ知るゲームといった感のあるゲームになります。開発がコアランドではありますが、販売が「あの」データイーストというのは何かの因果を感じて止みません。

ただ、いかせん出回りがあまり芳しくなかったようで、ゲーセンで見るには難しいゲームだったのが残念。タイトルだけなら良く知っている、という方は多いようですが、ネット上でゲーム性について言及しているサイトは割と少なく映ります。

非常にプレイしやすいゲームのため、ビギナーにもオススメなゲームではありますが、限られた環境下でしか遊べないので、今もってゲーセンでプレイするには、ちょっと苦しくなるでしょうか。


なお、本作は家庭用移植は一切ありません。



★のぼらんか プレイ動画



テキストリンク

音楽も密かに良いゲーム。
同じコアランド開発の「ガルディア」もそんな感じでしたよね。



人文字。

こんてぃにゅう?

| シューティング千夜一夜 | Comments(22) | Trackback(0) |

コメント

意外な共通項

2010年06月29日(火)20:47 わで~ん #txc726Mk URL 編集
昆虫をモチーフにした敵が出現して、フルーツやドクロも出て来る…こっ、これは!

以前、ウチのブログで開催した「レゲーセンター試験」の問題作成時に、この「のぼらんか」と「エグゼドエグゼス」との共通点に爆死しておりました(笑)。

さて…「のぼらんか」ですが、コアランドならではの妙なセンスと、よりによって(良い意味で)販売がデータイーストということで、タッグとしては恐らく最強レベルではないでしょうか(笑)。

当時、私が通っていたホームグラウンドのゲーセンにも入荷したのですが、高校の後輩がこのゲームを一目見て気に入ってしまい、安定して1周するまでハマっていたという記憶がありますね。

…あ、私ですか?

もちろん私もハマってましたが、同時進行で他のタイトルも色々とプレイしていたので、残念ながら安定して1周…というプレイ内容ではありませんでした(笑)。

もし、もう一度プレイする機会に恵まれたら、その時は是非…と言っても恐らくゲーセンだと絶望的なんでしょうね…。

2010年06月29日(火)21:01 名無しデルタトライ #- URL 編集
ゲージが「ILOVEYOU」である必要がどこにあるんだろう

2010年06月29日(火)22:01 ペイン #7JJSYrWQ URL 編集
音楽がみょーにテンポ良くてお気に入りの一品です。
駄げーだったのですがよくやりました。ミスったときの「あっ」とSEがみょーにツボだったですよ。
ボスのひねりが全く!なかったのが残念なゲームですね

名前すら聞いたことない(笑)

2010年07月01日(木)04:59 KEY #- URL 編集
けど、なかなか斬新ですね。
古そうですが、敵を倒すとフルーツになって降ってきますが、打ち返しの原点だったりとか???
あと、強制スクロールではなく、下がって回避できるというのは驚き。
これ、ずっと下がれるんだろうか。。。(笑)
クレイジークライマー+STGという感じがします。

コアランドらしいゲーム

2010年07月01日(木)10:55 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>わで~んさん
昆虫にドクロとくれば、確かにエグゼドエグゼスですねー。
データイーストの作品というかは、コアランド作品になるゲームですが、当時出していた作品の多くに不条理感があったが故に、デコみたいな趣も感じられるのが興味深いところですね。

さほど難易度が高くないレベルにあるゲームなだけあって、シューティングを嗜んでいると結構楽に感じられるゲームになるかもしれません。ただ、今プレイするとなると、できる環境というものは限られてくることが残念ですね。


>名無しのデルタトライさん
まぁ、田中角栄みたいな自機が主人公のゲームも出すメーカーですから。
この程度の不条理は朝飯前のレベルです(ぉ


>ペインさん
音楽は当時のコアランドだけあって、なかなかセンスがありますね。
ただ、ボスが全ステージ一緒だったのはいただけなかったかも。
もうちょっと変化が欲しかったところではあります。


>KEYさん
「のぼらんか」は、マイナーどころのゲームなので、知らない人はかなり多いと思いますよ。

>打ち返しの原点
撃ち返しの原点となると「サスケvsコマンダー」というゲームが外せないですね。他にも「ギャプラス」など、のぼらんか以前に撃ち返しを実現したものは幾らか見つかります。

>ずっと下がれるんだろうか
このゲーム、延々と下がることができます。ただ、永パ防止キャラが邪魔することがあるので、下がりっぱなしはさほど意味が無いですね。

名前すら・・・同意します。

2010年07月01日(木)13:07 kuma #- URL 編集
 画を見せて貰わなければネタだと思ってましたよ。
 色づかいがファンタジーゾーンぽくて、画だけ先見てSEGA製かと思ったら(販売とはいえ)DECO・・・。流石です。
 システムは面白そうですし、こんなの見せられたらコンシューマーでDECOメモリアル出してくれないかと思ってしまいますねぇ。

横レスれすが・・・

2010年07月01日(木)18:14 わで~ん #txc726Mk URL 編集
>田中角栄みたいな自機が主人公のゲーム
「ごんべえのあいむそ~り~」ですね(笑)。
主人公ばかりではなく敵も某有名アーティスト(故人)に酷似したキャラが出てきたりと、当時のコアランドの怪しさが大爆発したゲームでしたよね(笑)。ごんべぇがミスした時の「あの」危険度満点な絵面は必見でした。

コアランドは、ペンゴやガルディアみたいな正統派のゲームを出しているかと思えば、今回の記事になった「のぼらんか」や前述した「ごんべえ…」も出すという、そのギャップの具合がなかなか素敵なメーカーですね。

キラッ!

2010年07月01日(木)22:19 ・・・ #9eqvbf2I URL 編集
ランカ繋がりということで(無理して若作りするのやめい!)
昔は「中の会社」なんて知りませんでしたので、「あ、またデコがやりやがった」としか思わなかったですが…
そこそこヌルい難易度が心地よくて、ちょいちょいやってましたね、私も(まったく気合入れずに、ヌルヌルやってました)。
しかし、こんな脱力系ゲームを出すメーカーが、バンプレになるってのも、世の中分からないものですねぇ。

あっ!!

2010年07月01日(木)22:46 メガ炉どん #- URL 編集
久しぶりに覗いたらデコ&コアランド最狂タッグゲームの紹介ですね。
怪しいてんとう虫親父が木登りをしているかと思えば身体を硬直しながら発射する様子は強烈です。そうかと思えば敵も常軌を逸した変態だらけで当時人気があった「県立地球防衛軍」のようで素晴らしい出来でした
しかしこの「のぼらんか」が20年近く後に「虫姫さま」という形でリメイクされるとはその当時は思いませんでした(うそ)

2010年07月02日(金)02:10 ばんちょ #orsCU7x2 URL 編集
今なら「ランカ・リー」の方も圧倒的ですし。

ところでこのゲームの権利って現在何処でしょうか?

デコの版権を受け継いだG-mode?
それともコアランド改めバンプレストを吸収したバンナム?

私も横レスでっ!w

2010年07月02日(金)02:59 OKI #qbIq4rIg URL 編集
>わで~んさん

>某有名アーティスト
http://blog-imgs-35-origin.fc2.com/o/c/k/ockeysprogramming/2009_11_22_2.jpg
ですよねw
自宅でたまに基板を動かしてます。
私、コアランド(´д`;ハアハアなんです。

…でも、のぼらんかは生理的に(ry

納得(笑)

2010年07月02日(金)03:24 KEY #- URL 編集
サスケのレビューに飛ぶと、「ベストゲーム2」なる見覚えのあるタイトルが(笑)
部屋の奥から発掘(笑)
掲載を確認(笑)<打ち返しの原点

コアランド良いですね~(笑)

2010年07月02日(金)08:21 わで~ん #txc726Mk URL 編集
>OKIさま
そうそう!まさしくもってこの御方です(笑)。
あと、ちょこっと右側に、某プロレスラー(こちらも故人)に似た御方も写ってますね(爆)。

それにしても「ごんべえ…」の基板をお持ちとは…OKIさんのブログの方もいつも楽しく拝見させて頂いておりますが、結構な数の基板を所有されてますよね。OKIさんの溢れんばかりのレトロゲーム愛を感じます(笑)。

コアランドで一番好きなのはペンゴです♪

2010年07月03日(土)00:40 OKI #qbIq4rIg URL 編集
>わで~んさん
>某プロレスラー(こちらも故人)に似た御方も写ってますね(爆)。

 www
みんな故人になってしまいますよねぇ~。
ムチで叩くサングラスの人と、ランニングでピョンピョン跳ねる人は、まだ10年はダイジョブだとは思いますが…(シミジミ)

>OKIさんのブログの方もいつも楽しく拝見させて頂いておりますが

 エッ!? そーだったんですか!?
それは大変恐縮です。m(_ _)m

>OKIさんの溢れんばかりのレトロゲーム愛を感じます(笑)。

 ありがとうございます~。(*^^*)
でもですねー。わで~んさんの方が何倍もレトロゲーム愛を感じますよ。
やりこみ度がハンパないです。
先日のグロブダーの記事に感動しました。現時点であーいうのをやり込めるなんて、普通ありえないですよw
流石ゲーム雑誌の編集をしていた(のですよね?)方は、レベルが違うな~と思います。

 では、これからは、わで~んさんのブログにコメントをカキコしますね♪
よろしくお願いいたします~。m(_ _)m

コアランドの中でもペンゴは絶妙でした

2010年07月03日(土)02:32 わで~ん #txc726Mk URL 編集
>OKIさま
ペンゴは私も好きなゲームの1つですね。
昔、あちこちのゲーセンで、デモ中にダイアモンドブロックが揃った時のボーナス加算音が響いていた光景が懐かしいですね(笑)。
各面開始時のダイアモンドブロックの配置に、一喜一憂していたのも良い思い出です。

>先日のグロブダーの記事
99面スタートとは言え、1箇所でも動きが繋がらないと「あぁ~失敗だぁ~」…ってなっちゃいますので、あれはなかなか大変でしたね(笑)。

>わで~んさんのブログにコメントをカキコしますね♪
ありがとうございます!私もOKIさんのブログの方にもコメント入れさせて頂きますね。
今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

>ゲーム雑誌の編集
某ゲーム誌時代の事ですね(笑)。約1年位の期間で辛い事も有りましたが、ゲームに対する見方や考え方をそこで学ぶ事ができましたので、実に貴重な体験だったと思います。

>K-HEXさま
こういった出会いもまた、K-HEXさんのブログがあってこその物だと常々感謝しております。
コメント欄では私も色々と脱線する事が有るかと思いますが(笑)、今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

のぼらんか、懐かしいですね

2010年07月03日(土)10:35 目撃(Down Town) #SRwjJ.Hc URL 編集
こんにちわ。
データイーストとコアランド(現バンプレスト)の最凶タッグが送る奇ゲーとして名高い「のぼらんか」。
コスプレ変質者にしか見えない主人公・ニュートンJ、最終面以外はがっかりする外見の
お姫様(?)、奇妙奇天烈なデザインの敵キャラ群。
そしてニュートンJを使った立腹もののコンティニュー画面。
正に怪作です。基盤の出回りは悪かった様なのですが、データイーストの大株主であった
ナムコの直営店では普通に稼働していたのが印象的でした。

本作のカオスぶりは他に無いもの

2010年07月03日(土)13:22 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>kumaさん
作品としては彩りがあるはずなんですが、どこかしらシュールな色があるのがコアランドの作風になりますかね。過去のコアランド作品を見ていくと、ああ、確かにコアランドらしいや、って思えるかもしれません。

ゲームのシステムはいいですが、やや単調なきらいがあるゲームになるので、今時の人にはなかなか興味を持たれないかも。


>わで~んさん
「ごんべえ」は右から左までシュールなゲームだったと実感しますよ。最初のザコがタモリという時点で、このゲームのカオスぶりが伺えるという。やられシーンを今のタモさんが見たらどう思うことやら。

>K-HEXさんのブログがあってこその物だと常々感謝しております。
どうもありがとうございますー。
今後ともうちのブログをよろしくお願い致します(^^


>・・・さん
キラッ!は流行りましたよねー。
元ネタはさほどよくわかってないタチですが。

>デコがやりやがった
当時は(今でも?)開発がどことか意識しないと思うので、純粋にデコゲーと見られそうではありますね。実際に、のぼらんかをデコゲーとして認識している方もネット上で数多くいるようですから。作風がデコらしいというのもあるのかも。


>メガ炉どんさん
お久しぶりになります。久々にカオス作品ということで。
敵も味方も変なキャラクターが多いので、そのカオスぶりは計り知れないものがありますよ。背景も80年代らしさ溢れる落書きだらけで、泣かせること請け合い。

>虫姫さま
なるほど!!!!!!(納得!?)


>ばんちょさん
ランカだったらランカ・リーですかね、やっぱり。

>権利
このゲームに関してはうやむやっぽく、公表も全く無いので、どこが権利を持ってるかわからないのが現状ですね。


>OKIさん
スリラーのマイケルもいましたねー。
他にも馬場とか瀬古とかいたり。色々カオスでしたね。
のぼらんかはラフレシアみたいに苦手なのですかー。


>KEYさん
ああ、これベストゲーム2に載ってたのですか。
ベストゲームは初代は持ってたのですが、2は未所持だったんですよー。


>目撃(Down Town)さん
主人公はどう見てもコスプレ変質者ですねw
青ひげたくわえた人間ってのも、他に見ないですし。
所々にカオスぶりが目に見える印象の高いゲームでございました。

>ナムコの直営店
当時のうちの近所のナムコランドは、デコゲー以上にテクモのゲームの稼働率が高かったですね。それぞれのゲーセンで特色があるのかも。

あいむそーりー!

2010年07月03日(土)22:19 市民ジョー #- URL 編集
ついに出ましたねコイツ。
いやはや、CORELANDつったら「ごんべえ」とか「のぼらんか」ばっかり頭に浮かびます。
そういや、ナムコが販売を担当したブラックパンサーなんていうヘンテコアニマルアクションがあるのをご存知でしょうか。
こちらも「なんだかなー」って感じでしたね。
加えてコアランドのSTGなら他にラフレシアとか何だかいうのが有りましたね。

2010年07月03日(土)23:33 名無しデルタトライ #- URL 編集
ブラックパンサーはナムコではなくコナミでは

ブラックパンサーもコアランドでしたよね

2010年07月03日(土)23:42 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>市民ジョーさん
コアランドの代表作というわけでもなさそうな「のぼらんか」ですが、インパクトは十分でしたよね。個人的には「あいむそ~り~」が一番コアランドらしいゲームだとは思います。あれだけのカオスは他に無い…

>ブラックパンサー
名無しのデルタトライさんが仰られている通り、ブラックパンサーはコナミ販売の作品です。一時期自分はUPLが開発したかと勘違いしてましたが、れっきとしたコアランド作品の一つですね。基板枚数が少ないだけあって、基板で動いているところを見たことがなかったり。

>ラフレシア
これもコアランド開発ですね。敵の顔がことごとくカオスだという。


>名無しのデルタトライさん
ブラックパンサーについての補足、ありがとうございます。

コアランドラヴ

2010年07月04日(日)23:30 へな #JalddpaA URL 編集
大好きなんです。コアランド。
悪夢のような色遣いとか,強迫観念をそのままシステムにしたような内容とか。
コアランドのデザイナーさんと一度お会いしてみたいと,常々思っております。

でも,のぼらんかは,SWATやラフレシア,4-Dウォリアーズのようなダークサイドをあまり感じない,『健全系』のゲームだったような気がします。

普段は木を登り,緊急回避で空中を飛ぶ。
システムに『あ。面白い!』と感じ入って遊び始めましたが,
どうもドクロの存在が性に合わず,あまり遊びこまなかったゲームです。
幹の湾曲に合わせてプレイヤーキャラがしっかり傾いたりするのが細かくて,妙に印象に残っています。

独特の味があります

2010年07月05日(月)21:43 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>へなさん
コアランド作品はどの作品にも、独特の味があるゲームだと思いますね。今の人にはいまいち理解されそうにないようなグラフィックではありますが、インパクトは非常にもって高いと思います。

>健全系
ゲーム性にクセをあまり感じないあたりが、スマートに移る原因になるかもしれません。
意外とドット絵はしっかりとしているゲームなんですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/916-c02228c9

| HOME |

Calender

<< 2017年04月 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。