あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第343夜~ 爆突機銃艇

爆突機銃艇 タイトル

第343夜。

今回はナムコの「爆突機銃艇」を紹介します。
タイトルは変わってますが、れっきとした「バラデューク」の続編。


****************************

爆突機銃艇 ゲーム画面その1

爆突機銃艇 ゲーム画面その2

バラデューク要塞が消滅して数年後、再び出現したオクティ族を壊滅させるために、勇者が再びオクティ族に立ち向かう、といったストーリーで始まる本作。

1レバー1ボタンで自機を操作します。
レバーで8方向に自機を操作しますが、前作のように振り向く事が不可能なため、攻撃方向はずっと右向きのままです。

ショットは文字通りのショット。連射式で溜め撃ちといった類はありません。自機からショットが出る他、パケットが専用機に乗ってる場合は一緒に攻撃してくれます。前作のようなノックバックはありません。


爆突機銃艇 ゲーム画面その3

爆突機銃艇 ゲーム画面その4

自機はアイテムを取得することでパワーアップすることができます。アイテムは所々に置かれてるカプセルを撃つことで出現させることができます。

カプセルの中に入ってる物は以下の通り。

・黄色パケット
一つ目の生命体。取ると自機の周辺を回転。
ステージクリアまで生き残っていたらボーナス得点になる。
敵弾に被弾したりすると、目玉を残して消え去る。
パケットの目玉は取ると1点。

・白パケット
白くなったパケット。取ると専用機に乗って一緒に戦う。
被弾はしないが、ボーナスにもならない。

・パケット専用機
味方のパケットが乗り込める機体。
パケットが攻撃出来るようになる他、弾に対するシールドにもなる。

・波動ガン
自機のショットがパワーアップ。
今回は硬い敵が多いため、ほぼ必須。青のカプセルから出現。

・プロペラ
自機のスピードがアップ。
速度がかなり早くなる。緑のカプセルから出現。

・バガン
前作同様、カプセルに潜んでいるパックマンみたいな敵。
今回は種類が多め。赤のカプセルから出現。

・黒パケット
偽物のパケット。敵キャラ扱い。
通常は一定の箇所をぐるぐると回ってる敵。


爆突機銃艇 ゲーム画面その5

爆突機銃艇 ゲーム画面その6

今作では「機銃艇」のタイトルが示すとおり、自機は機銃艇に乗って進むことができます。基本的に2面直後か、またはミス後の復活時に乗っており、乗っている間は攻撃力がアップします。

機銃艇は敵弾や敵の体当たりに1発耐える事が可能で、接触した場合は機銃艇を失うだけで済みます。

機銃艇には2連式3連式があり、通常は2連式の機銃艇に乗っています。3連式の機銃艇については、ルーレットで引き当てる事で乗ることが可能です。


爆突機銃艇 ゲーム画面その7

爆突機銃艇 ゲーム画面その8

機銃艇に乗っていない状態で、敵の体当たりや敵弾に被弾することで自機を失います。残機が残っている場合は復活できますが、残機が残っていない状態で被弾するとゲームオーバーです。

本作は全36面構成(ラスト6面はおまけ)。
ループゲームではありません。


****************************

爆突機銃艇 ゲーム画面その9

爆突機銃艇 ゲーム画面その10

ナムコの代表作「バラデューク」の続編と相成る本作。前作は、不気味でおどろおどろしい世界を表現してきた作品であり、過去ナムコ作品の中においては大きな話題となった作品でした。

前作が「バラデューク」にもかかわらず、タイトルが非常に心惹かれる漢字5文字になって、ちょっとしたインパクトを与えてくれてますが、グラフィックについては前作とは随分と様変わりしています。

前作のバラデュークは、異質なモンスターながらも光沢感のある独特の表現になっていましたが、今回はアニメチックな形になり、前作よりはよりファンシーな方面に傾いているように感じます。前作とはかなり差別化されているようにも見えます。


爆突機銃艇 ゲーム画面その11

爆突機銃艇 ゲーム画面その12

自機の「友達」でもあるパケットについては、表情は豊かになってはいるのですが、どうにも前作の丸っこい可愛らしいパケットに比べると、ちょっとした違和感を感じてしまいます。

前作の、あのまんまるなデザインを知っている身で言うと、歯が出てたり、耳が必要以上に動いたりと、可愛らしさはあまり感じられないようにも思えます。あまつさえ、敵のショットでやられる姿を見てると、必要以上にグロテスクに散っていくため、返ってパケットが「キモく」なっちゃったような感も…

それを補完する意味で出て来たのが、ステージ間に登場する「パケじい」になるでしょうか。ポジション的には「カイの冒険」のイシターや「超絶倫人ベラボーマン」の爆田博士みたいなもので、最初はサポートしてくれるのが、次第にどうでもいい事ばかり話すようになるという、ある意味「爆突」の顔でもあります。


↓これが「パケじい」

変な愛嬌を振りまく「パケじい」



↓めっちゃどうでもいい話

手も無いのにビリヤード五段


愛嬌がある・・・のか??


爆突機銃艇 ゲーム画面その13

爆突機銃艇 ゲーム画面その14

ともかく、「爆突機銃艇」は全体的に光沢感が薄くなっているので、グラフィックに関してはやや好みが分かれそうなところであります。前作にインパクトを感じた身だと、こういった塗り方はあまり好まれなさそうな所ではありますが…

モンスターのデザインも非常に独特で、前作から不気味だったオクティはともかく、パケットのデザインは大きく変化しているため、これにも違和感を感じてしまいそうではあります。自機の頭で回転しているプロペラなんかも、妙な味が出ているのですが、これにもちょっとした違和感があったりとか…

「バラデューク」のデザインがシャープに整っていたせいか、今回はかなり荒っぽさが目立つようになっています。背景・文字のデザインなどがかなり荒々しいので、続編がこんな感じなのか!と驚いた方もいるのでは。その割に、所々に登場するクリスタルブレインには光沢感がアリアリだったりするのが謎。

また、パケじいの登場により漂うおふざけ感も好みが大きく分かれるところでしょうか。こちとら戦っている間に、脳天気に「ぐわむばっていきなされ!!!」とか言われるとムカつくわ!みたいな。


****************************

爆突機銃艇 ゲーム画面その15

爆突機銃艇 ゲーム画面その16

ゲームとしても、前作とは変わっていて、「バラデューク」のような迷宮探索ではなく、今回は軽い分岐ありの一本道ステージがメインになっています。自機は振り向くことができないため、実質右スクロールシューティングみたいな形です。

迷宮探索型の前作に比べると、今回は完全に一本道になっているため、戦略性というよりは単純に敵を撃って前に進むことに特化したような出来になっています。

ステージの特徴はと言うと、とにかく幅が狭い場所が目立つ印象で、特に上下幅は全般に渡って狭くできています。そのため、敵弾が多くなると縦に大きな自機だと避けられないという弊害が出てきます。

機銃艇に乗るとさらに当たり判定が大きくなるため、避けにくさが顕著に出てきます。弾を撃つ敵が意外と多いので、敵弾を撃つものは確実に仕留めておかないと、正直しんどいです。


爆突機銃艇 ゲーム画面その17

爆突機銃艇 ゲーム画面その18

全般的に言えることなのですが、非常に耐久力のある敵がそこかしこに置かれているのが印象的。主に迷路状のポイントでは、固めの物体が大量に置かれており、それが縦横無尽に動きまわるので、避けにくいことこの上ないです。

硬い敵というのは、黒パケットやクリスタルブレインなどが該当する敵なのですが、特に今回初登場の黒パケットは機動力が高いせいもあってか、残しておくと非常に厄介極まりありません。先に進むと、通路上の一定の箇所でぐるぐる回ってたりするため、鬱陶しいことこの上ない状態。

硬い敵の間でやり過ごす場面が必要以上に多く仕込まれてるため、前に進むにもちょっとしたイライラ感が募るような出来になってしまっています。広々としたフィールドを行き来できないのは、とても窮屈に映るものです。


爆突機銃艇 ゲーム画面その19

爆突機銃艇 ゲーム画面その20

自機の当たり判定が極めて大きく、普通に前に進ませようとすると、硬い敵に動き回られて、にっちもさっちもいかないのがオチ。避けにくい方向からの体当たりなどもあって、正直前に進むこともままなりません。

硬い敵に大きい自機と、狭いフィールドが重なってか、全体的に見られる大味感は半端ありません。前作がかなり秀逸に出来ていた分、どうにも本作には作り込みが根本的に足りないような気がします。

節々に滲み出しているおふざけ感(主にパケじい)に加えて、ゲーム性での甘さも目立つために、正直あまり良い評価をもらっていないゲームにも見えてしまいます。


爆突機銃艇 ゲーム画面その21

爆突機銃艇 ゲーム画面その22

攻略もできなくはないのですが、その攻略の仕方も異質で、少しずつ前に進めながら、タイムアップキャラ(ターニングアイ)を出さないように進ませるというものになっています。

その場に長く留まっていると「Hurry Up」の文字が出て来て、後方から永パ防止の「ターニングアイ」が出て来て自機を駆逐してくれる、という仕組みになっているのですが、ターニングアイを消すように前に進めると、タイマーカウントがリセットされて、再び立ち止まれるようになっています。

これを利用しつつ、少しずつ前に進めながら鬱陶しい障害物や敵を駆逐するのが本作の攻略…になるのですが、それでも思いっきり前に進ませることができないため、かなりストレスの溜まる攻略になっている気がします。

黒パケットやクリスタルブレインといった障害物は、相当な弾数浴びせないと壊れないので、破壊するだけでも根気が必要です。ショットパワーが無いと、本当にどうしようもなかったり。敵一つ倒すにも相当な神経を払うゲームって他に無いでしょう。


爆突機銃艇 ゲーム画面その23

「爆突機銃艇」はナムコ作品の中では駄作扱いされやすい存在なのですが、これはやはり前作の存在が大きく映った結果になるのでしょう。迷宮探査を上手にゲーム性に活かした前作に比べると、爆突はとてもゲーム性の伴っていない出来。あまりに残念さばかりが募る作品に成り下がった感があります。

本作はナムコの「源平プロ」の作品の一つとされています。源平プロ作品の代表作としては「源平討魔伝」「超絶倫人ベラボーマン」がありますが、2作とも大きなキャラクターを使ったアクションとして非常に秀逸な出来になっており、ナムコ作品では一際輝かしい作品として知れ渡っています。

しかし「爆突機銃艇」は前2作とは比べ物にならないほどのゲーム性の薄さのせいで、源平プロの評価を地に落としてしまった感があります。その後に登場する「ピストル大名の冒険」で止めを刺したような形になってしまうでしょうか。

「ピストル大名」も操作性の悪さや敵の撃ちにくさなど、あまりゲームとしての体を成していなかった作品。初期の作品が名作であるにもかかわらず、晩節の濁しっぷりは如何ともし難いものを感じてしまいます。


****************************

爆突機銃艇 ゲーム画面その24

爆突機銃艇 ゲーム画面その25

前作の威光が続編でさらに花開く、というケースはジャンルを問わず多い傾向ですが、本作の場合は、続編で花が開いたどころか、面妖な花に化けてしまったような印象も受けます。

デザインが(特にパケットのデザインが)すさまじい変わり様になっているため、生理的に受け付けない方もいるかもしれません。ゲーム性もそこまで深くなく、大味感漂う作品です。硬い敵を根気良く撃つ忍耐力が無いと、絶対ついて行けないだろうと思います。

加えて、ナムコの作品の中では出回りが極端に悪い傾向にあるため、知名度にも大きく影響していると思います。自分の周囲のゲーセンでも、1~2箇所でしか見かけなかったような。当時からさほど評判が良くなかったのでしょうか。


爆突機銃艇 ゲーム画面その26

なお、家庭用の移植作として、Wiiのバーチャルコンソールでダウンロードが可能になっています。過去の家庭用のナムコミュージアムに移植されていないあたり、これまた不遇な扱いというか。


<動画>

★「爆突機銃艇」全ステージクリア



その1 その2 その3 その4

30面が実質ラスト。
取って付けたようなデザインのキングパケットが何ともシュール。
| シューティング千夜一夜 | Comments(13) | Trackback(0) |

コメント

2010年11月04日(木)00:14 AB-SEIYA #- URL 編集
当時ナムコの作品では僕はこれがプレイしていないためか、爆突機銃艇1回もプレイしたことがありません…。ただ前作と違って…残機設定?残機設定ではデフォルト残機は0なんですが1面でいきなりミスするとゲームオーバーになるリスクがあるんですが…。残機0で面を進むのが難しいです。残機1以上に設定しなければいきなりゲームオーバーになるリスクもあります。うーむ、12年以上で家庭用が出たことだし、家庭用は残機設定も変更できますが…。
Wiiのバーチャルコンソールは800Wiiポイント必要だが…購入してみようかしら?

うーん・・・

2010年11月05日(金)14:28 智・Ⅱ #- URL 編集
 これまたやった事が無いんですよね・・・しかし、レビュー見る限りでは随分と窮屈そうな印象を受けますが・・・。大阪のゲーム探偵団でこのゲームのプレイDVDが流されてて、じりじりとしか進まないなぁ、という風に感じたんですが・・・そういう訳があったんですね。確かにバラデュークは結構好き勝手に動き回れた印象ありましたしね。

 しかしパケじいはパケットし放題のキャンペーンとかのマスコットに使えるんじゃないんですか?ぐわむばっていきなされ!に不覚にも笑いました。

 さて、やってないしゲーセンでも見た印象が無い私がこのゲームのタイトルに惹かれた理由がありまして・・・PSでワイルドアームズ2ndという息の長いシリーズのRPG作品があありまして、ウルトラ警備隊の時でも書きましたが円谷プロが関わっているせいかボスに登場シーンがあって、それが赤い背景に怪獣のシルエットが浮かび上がり、通称と名前が表示されるという往年のウルトラマン演出が施されています。その中でベルクレイルというボスモンスターがいるんですが、そいつの通称が

「爆突騎獣帝」

 ・・・初めは分かりませんでしたがこの作品の名前を見て、「これ絶対爆突機銃艇が元ネタでしょ!!」と思いましたとも、ええ。確かに立派なドリル角が付いていたり機銃艇をイメージさせるような姿でしたしね!

 ここのスタッフは特撮マニアだけではなくかなりのゲーマーでもあるようですね。ワイルドアームズ4thでもバルガインという渋いオッサンが出てくるんですが、この人どう考えても魔界塔士Sa・Gaを連想するしかないチェーンソー使いで・・・(「我が一撃は神をも屠る!」とか言い出すし、実際攻撃すべてが一撃死だし・・・)。他にもガウンとかラムダとか素晴らしいオッサンばかり・・・メディアビジョン、恐ろしい子・・・!!

2010年11月06日(土)00:50 石 #- URL 編集
36面クリアで唐突に終わってしまう結末に疑問を抱き、根拠もなく「パケットの目玉を100個集めれば何かが変わる!」と思い込んだことがありました。
結果、何も変わらず。
2時間近く苦闘した、苦い思い出だけが残っています。

2010年11月06日(土)19:36 lov #3/gdbpZI URL 編集
バーチャルコンソールのラインナップは担当者の好みが多分に反映されているそうで
(そうでなきゃファイネストアワーとか出さないよな普通…)
本作もたぶん好きだった人が社内にいたんだろうなぁと推測してます。

ただバラデュークそのものと同じ日に配信だったのでぶっちゃけオマケ扱いされたんですよね(泣

爆突騎獣帝と言えばドリルドリッガーですな

2010年11月06日(土)21:41 5150 #- URL 編集
このゲームのバカバカしいポイント

1. デモ中にレバー入力すると頭のプロペラの回転速度が変わるという無意味な仕様

2. ネーム撃ち時のパケットが瞬きしているかと思ったら白目ムキして遊んでいる気持ち悪さ

3. 当時ナムコから来たセールスカタログには「目玉を集めると何かが起こるかも・・・?」と書かれていたので、石さんと同じように100個集めようとする人が続出した事(笑)
まぁパケットは死にまくるので簡単に100個集まりますが・・・。
「100個で駄目なら256個だ!」という人までいました。


因みに爆突発売当時のナムコ営業サイドでは「開発中のアイスホッケーゲームでSYSTEM1は終わり」という『これからはSYSTEM2』発言があった。
まったくもって謎な大嘘発言で、3年後のタンクフォース発売時には一部のナムコ事業所にSYSTEM1基板が無くて困った。

2010年11月07日(日)14:59 zofy #GCA3nAmE URL 編集
はじめまして!色々とネットをさ迷ってて、先日こちらに辿り着いた者です。

爆突機銃艇はゲームそのものは知らず、CD(ビデオゲームグラフィティ3)で曲のみ知ってて
ネームエントリーなど好きな曲が多くて興味はありました。
それで、今回初めて動画をチェックしたのですが・・・こ、これはダメかも・・・

PS
御ブログのお陰で、大往生デスレクリアを知ることが出来ました。
そして、勢い余って初代怒首領蜂の曲をミクさんに歌わせてみました。
よろしければ、見てあげてください。m(_ _)m
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12389428

2010年11月07日(日)23:38 ヌエベ #- URL 編集
何かとてつもなく狭苦しいゲームですね。
前作は狭くても結構広く動けましたけど、これもうホントに狭くて閉鎖的としか思えない。

これナムコクロスカプコンに出たのを覚えてます。当初は普通にマスヨの技かと思いましたがこれがゲームの名前でしたとは。

はじまりはじまり~

2010年11月09日(火)20:30 市民ジョー #- URL 編集
バラデュークの続編って事で知ってはいても未プレイですね。
タイトルは迫力が有って個人的には好印象でしたが、周りの評判がなんとも残念・・・
マスコット的なパケじいはどことなくデコゲーっぽいかも、でもやっぱりピストル大名の方が好きな自分でした。

散々・・・

2010年11月14日(日)19:55 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>AB-SEIYAさん
ゲームとしての出回りが芳しくないので、プレイしたことの無い方もいれば、存在すら知らない人がいるのも不思議ではないでしょうね。ゲームとしての評価がやや厳しいため、購入するにはちょっとした勇気がいるかも。


>智・Ⅱさん
ゲームとしては狭苦しい中で硬い敵を地道に倒しまくるというゲームなので、若干ストレスの溜まりそうな出来になるでしょうか。動画で見ると、そのストレスぶりを感じられられるのではないかと。でもパケじいはちょっとした愛嬌があるので、何かのマスコットには最適かも。

>ワイルドアームズ2nd
自分は90年代のRPGを全然やらない人なので、それは初耳ですよ。意外なところで接点があるものなんですね。結構知ってる人って多いのかしらん。


>石さん
ゲーム中にも「パケットの目玉を集めると何かが起こる」みたいな事を言ってましたね。結局、何も起こっていないという・・・。見えないところで何か起こってたりするのでしょうか。謎ですね。


>lovさん
ファイネストアワーも出回りが著しくなかった割に、バーチャコンソールに移植できたものだと思います。ちょっと前にリリースされたソルバルウも然り。やはり地味に好きな人がいるんでしょうね。


>5150さん
あー、意味も無くデモ画面でプロペラ回してましたねー。
ネーミングの白目むきは、まさにシュールな絵図・・・

>SYSTEM1
結局タンクフォースが最後になりましたね。
アイスホッケー(フェイスオフ)は近所のナムコランドにも入らないままでした・・・


>zofyさん
はじめまして。当ブログは楽しんでいただけているでしょうか。
爆突はあまりゲームとしての体制が取れていないので、やはり好みの度合いが大きく分かれやすいゲームになるでしょうか。硬い敵に行く手を遮られまくるのがキツイかも。

>動画
ありがとうございます。
ネット環境が整ったらゆっくり見させて頂きますね。


>ヌエベさん
本当に上下幅が狭いために、動き辛さが半端ないですね。そこを硬い敵の群れが動くものですから、その幅の狭さは計り知れないという。

>ナムコクロスカプコン
技名に爆突機銃艇がありましたね。
当初の黄色いファイターも「トビマスヨ」で定着しつつあるようで。


>市民ジョーさん
続編だからといって、良い出来を期待すると痛い目を見るような例の一つになるでしょうか。
ゲーム内容がタイトルにインパクト負けしているようにも見えたり。

2010年11月20日(土)04:07 名無しデルタトライ #- URL 編集
30面クリア時にパケットの目玉を21個集めてれば36面まで行けるだけです。
逆に集めてないと30面で終わります。

それは気がつかない

2010年11月21日(日)02:34 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>名無しのデルタトライさん
なんと・・・・・
エキストラのフラグだったとは・・・
パケットが21個なんてあっという間に達成できるので、全然気がつかないですよ。

逆に未達成の方が難しかったりして。

爆突機銃艇と聞いて。

2011年09月03日(土)03:27 リボドゥカン #Kj0LgFpg URL 編集
http://ugsf-series.com/
UGSF関連作品の公式サイトだそうですーの。

みずいろブラッドが異彩を放ってます(汗

面白い試みですねー

2011年09月04日(日)20:07 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>リボドゥガンさん
ナムコの宇宙関連のゲームって、沢山あるんですねー。爆突機銃艇が妙に浮いてます。

それはそうと
ネビュラスレイとデンジャラスシードが豪快にハブられてる件

あれらはUGSF対象外だったかー・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/945-7546c289

| HOME |

Calender

<< 2017年10月 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。