あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

ネット環境を手に入れたぞ!

やっっっっっとこさ
ネット環境が整いました!

道程が長いというか、自分が多忙かつNTTさんの都合もあったおかげで、福岡帰還1ヶ月半目にして、ようやくネット環境を整えることができました。これでネットカフェに通うことも無くなるはず?

いよいよ戻ってこれたので、ここで更新ラッシュ・・・と思いきや、自分の今受け持っている仕事が思いの外ハードなので、本調子というわけにはいかなさそうです。

仕事のせいで一時は脳みそクラッシュしかけそうになってました。手を付けるところがわかりにくいのもあり、色々とシゴかれながら日々を送っていますが、まだまだ忙しさは続きそうな予感。休日がオアシスやね~、と思う今日この頃です。



で、ネット環境がない間は、基本外に出たりテレビを見ながら過ごしていたわけですが、ネットが無いとダラダラと見るテレビが妙に面白く感じるわけで。ああ、オイラはやっぱり娯楽に生きる人間なんやな~、と痛感したものです。血涙流して見た、ロッテvs中日戦は最高やったね!(皮肉込め)

マーシャルビートキネクトも発売されたばかりの箱は全然手をつけず。なかなか触る気になれなかったのかな、と思いつつ。でもネットができるようになったので、はよ「ぐわんげ」ダウンロードせんと…と考えながらも、ここ最近は新型ワイドテレビを使っての弐寺ばっかりやってる日々で。


というか、休日のゲームはほとんど弐寺に費やしていたでしょうか。
過去作品を何度も反復しながら遊んでいましたとも。



真紅が漂白された瞬間

沢山遊べば、そりゃ真紅も白くなるよねwww
☆10も随分と白埋めが目立ってきたものですな。


灼熱はマジどないせえと



****************************



★なんかいつの間にか俺の過去が動画になってた件






テキストリンク



って、俺の自作ゲームじゃないッスか!


自作ゲームなのに、まるで他人事のような目線で見てた俺。
大味ってコメントあるけど、自分で見てて「大味やな~」とか思ってしまったわwww

あの頃は色々やってたなー・・・。


自作ゲーム「CyBreaker」を通じてシューティングのイロハを学んだものです。言うなれば自分の分身みたいに可愛い物で。千夜一夜の原動力の要なのかな~、とも思ってみたり。

故に思い入れは相当深いですよ。まさに自分の子供みたいなもの。
この気持ちは、ゲームを作ればわかるもの。いやマジで。

ベースはヴイ・ファイヴで、そこに色々な要素をあれこれ詰め込んだら、得体のしれないものができたという塩梅。作り手目線からしてみると、取り入れたい要素は何でもかんでも取り入れたくなるものなんですよ。あの頃なりの熱気があったもんだ、と今になって思いつつ。バージョンアップする際に、変身する自機の作成に色々と難儀したのを思い出しました。

当時のパソコンのスペックでTonyuSystem製のシューティングを作ろうとしたら、オブジェクト一つ一つがソースを持った作りになっているせいか、すごくもっさりした動きになってしまうんですよね。だから40フレームにせざるを得なかったという。今のスペックのパソコンを使うなら、バリバリ60フレームの作りになってたかもしれんです。シューターは割と低スペックで滑らかな動きを要求する傾向にあったと感じたので、その辺りはえらく難儀してました。

個人的には消えるボス(Evil Witch)の攻撃がお気に入り。
あれは真ボスとして、また登場させる予定でいました。そりゃウィッチだものwww


ちなみに、CyBreakerで使用している「Tonyu System」といえば、かのEden's Edgeの作者の方も実は豆乳システム上がりの方だったり。

Tonyu当時の氏のゲームをダウンロードして相当衝撃を受けたのも、またいい思い出。
「うわっすげー、ケイブのゲームをよく研究してるよなー」って本気で思いましたから。


****************************


そんな次回のシューティング千夜一夜は、CyBreakerと同じように、自分の運命を変えたといっても過言では無いゲームに関連する一作を紹介したいと思っています。多分シューターなら誰しもが知ってるはずのゲーム。


「あのゲーム」を紹介してから、このブログの方向性が決まったのだ…

| 日常 | Comments(7) | Trackback(0) |

コメント

タイトルを見て

2010年11月21日(日)17:23 智・Ⅱ #- URL 編集
「ねんがんの ネットカンキョウを てにいれたぞ!」
「ころしてでも うばいとる」
「な、なにをするきさまらー!」

 ・・・こんなやりとりが即座に脳内再生された私は変ですか?変ですかね?

 ともあれようやくネット環境が整いましたか、おめでとうございます!これでネットを巡回する楽しみがまた一つ戻ってくるなあ、という風に感じてます。
 しかし、仕事のほうが大変そうですね・・・。慣れない内は休日がオアシス、って何だか分かるような気がします。あまり無理をなさらず、何事にもマイペースで頑張って下さい!

>CyBreaker
・・・そういえばK-HEXさん自作STG作ってたか、という事を思い出しましたが・・・そうですか、このゲームがそうでしたか!何気なくニコ動で見てましたわ。大味、とは称されてますがSTGの熱さやノリは十分に伝わってきます。

 でもどんな形でも自分でSTG作ってしまえるって凄いなあって思うんですよ、いつも。私はイラストとかゲーム音楽とかゲーム作成とか興味はあっても、自分でやってみるイメージが湧かないんですよね・・・。本気で取り組んで学んでやってみろよ、とか言われそうですけど、何だかゲームで遊ぶだとか、ゲーム音楽をMP3に変換するとか、ネットの動画見てるとか、で時間がとられて・・・って、これまた言い訳なんでしょうけどね・・・。

 フリーゲームとか同人ゲームなんかも探ると色々と面白いものが見つかりますね。私は同人STGはBLUE&WHITE(旧「O/Ssoftware」)さんのX68kのゲーム、ブルーナイツをとある筋から知った事から始まりまして・・・そこからはもうほとんどのフリー、シェア問わず触れるようになりましたね。
 Eden's Edgeの作者の方のゲームはどれも素晴らしい出来だと思いますよ。全部ケイブゲームっぽく、物によっては今ケイブが忘れかかっている部分を思い出させてくれたりする所もあったり、ストレス無く遊べますよね。
 ケイブクローン作品といえばkt.softwareさんのSolidStateSURVIVORも素晴らしい出来だと思うんですが、ここの作者さんがブログを読む限りではどうも私と行動範囲が似てるようなんですよね・・・シューティングラブの曲のアレンジという商業作品にも参加されてたりする、多方面の活躍をされている方に会えるのなら会ってみたいなあ、とか思いますよ。

 >個人的には消えるボス(Evil Witch)の攻撃がお気に入り。
あれは真ボスとして、また登場させる予定でいました。そりゃウィッチだものwww

 こんな所にもぷよぷよのウィッチ好きが如何なく発揮されてると言うのかーッwww
 まあ確かに登場演出だとか攻撃の多彩さだとか、明らかに力入ってるなあ・・・と感じましたよ、ええ。でも更に真ボスにさせるとは・・・あれより更に酷い攻撃を披露するつもりだったんですか・・・?

 さて、今度のレビューはまた力入ったものになりそうですね!色々とメジャーものも過去にレビューしてるから何だろうな・・・?と思うところがありますが、それはまた明らかになる時の楽しみとさせてもらいますね。

なんと

2010年11月22日(月)03:01 KEY #VWFaYlLU URL 編集
実力者だったんですね<自作
私もプログラミングの方はできるんですが、自分で作ろうという気にはならないんです。
自分が楽しいと思うものを作ってみたい気はするんですが、多分、作るとシューティングじゃなくなるような気がする(笑)
作るにあたって、自分が楽しいと思うことをつきつめていくと思うんですが、シューティングの中で更にそれをすると、部分的になってしまって、シューティングという形態ではなくなる気がします。
シューティングの面白さを伝えるために作るのもいいんですが、多分、その内容だと自分が楽しめない(笑)
敵配置やシステムなど、そのゲームの全てを知った上で楽しめるものを作るというのは、簡単なことではないと思ってます。
から、私はもっぱら遊ばされる・遊ばしてもらう側(笑)
作り手はその辺り、どう気持ちを整理してるんだろうと思います。
私はパターン性が少なく、弾避けが楽しいものが好きなので、自分で作って楽しめるとしたら、初代1942を激しくしたものかなぁ(笑)

ドットバカ一代

2010年11月22日(月)23:26 市民ジョー #- URL 編集
実は僕、ちゃんと本家の方も覗いていたのでHEXさんが豆乳ユーザーでウィッチ大好きっ子って事はしっかり分かってたんですよね。(笑)
僕も一時期、友人の紹介で豆乳に手を出してはいたんですが、やはりSTG作ろうかと思っていたけどメカのデザインばっかり時間費やして、その後色々と勉強やら忙しくなって来たので放置しっ放しなんですよね・・・
僕は結構前から趣味で絵を描いていたので、どっちかって言うとドット絵描いてる方が楽しかったり。(余談ですが僕の妹も絵描きやってる)
一応普通の絵も描いてるので、時間が出来たらPixivなんかやってみようかと思ってます。
にしてもHEXさんの描くウィッチは可愛いですね。絵を描くのは良い趣味ですので、是非とも続けてください。

今の自分はデザエモン止まり

2010年11月23日(火)11:31 DWS #- URL 編集
ネット接続おめでとうございます!
自分もゲーム製作は考えてますが、C++を学ぶ時間が無いんですよね。
もし自分がゲームを作るなら、S的楽しみとM的楽しみの両立を意識しますね。ゲーム全体のメリハリ付けにもなりますし。
あと、ジャンケンでお馴染みの「3すくみ」を取り入れたいです。

先は長い

2010年11月26日(金)00:44 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>智・Ⅱさん
忙しさは潮時を迎えてはいますが、まだまだ気の休まる日が来るには、もうちょっと時間がかかるかもしれませんね。マイペースで頑張っていきたいと思っています。

>でもどんな形でも自分でSTG作ってしまえるって凄いなあって思うんですよ
どうもありがとうございます。ともあれ、他人事と書いたように自分でもよくここまでやったなぁ、と思ったりはしますね。作る方向に情熱があったからこそなのかなぁ、とも考えてみたり。

作っている間は、自分もいろんな方向に時間を割かれてはいましたね。我欲みたいなものでしょうか。だから時間が結構あったのに、できるペースも滅法遅かったという。誰でも時間が取られるのは良くあることですが、そこに情熱を一気に傾けるのは本当に簡単ではないことなんだと実感する思いです。

>SolidStateSURVIVOR
HSP製のシューティングですね。HSPは処理速度からしてTonyuよりも格上の印象があるため、言語の意味さえわかってしまえば良いゲームが作れたりするんですよ。

>消えるボス
蒼穹紅蓮隊の黒瞥(改)みたいなイメージになるでしょうか。
あれとは比べ物にならないぐらいエグくする予定でした。ただし、耐久力はそこまで高くないようにしようかと思ったのも黒瞥改らしくw


>KEYさん
今だったら絶対にここまでできないかもしれないですw
やはり情熱がゲーム作成に傾いてたからこそなのかなぁ、と思ってみたり。

>作り手はその辺り、どう気持ちを整理してるんだろうと思います。
CyBreakerの場合は、テストプレイは実質自分一人だったのですが、とにかく自分でプレイヤーの立場になることになるでしょうか。月並みな意見になるのですが、制作する時はなるべく自分でもハマれるゲームを作る事を心掛けていました。だから自分でプレイした回数は相当な回数になると思います(500は確実に超えるかも)。

色々なゲームの「面白さ」がある部分を考えつつやっていましたね。色々と出るものだから、なかなか先に進まないのが玉に瑕ですがw 例えばドギューン!というゲームがあって、5ボスの全放射レーザーのギミックが面白かったから取り入れてみたいよなぁ、とか。あえなく没になった部分ですよ、ええ。

もちろん他人の意見は重要だと思ったので、最初のバージョンを出した時に2chの意見を見ていたりもしていましたね。今はネット時代でもあるので、最初に出す勇気を持てば、自分の立ち位置がわかってくるんじゃないかなぁ、と思いました。言うは易く行なうは難しとは言いますが、ここを乗り越えられれば…


>市民ジョーさん
一つの事にこだわりはじめると、他の事に手がつかないのが悩ましいところではあるんですよね。ゲーム性ばかりにこだわりはじめると、今度はデザイン部分で中途半端な部分を見つけて、結局どっちつかずになってしまうとか。

普段やる仕事みたいに「できるところからやる」が重要なのかな、と思います。例えば自分は絵とプログラムはそれなりにできるのですが、音楽はほとんどできない(MIDI作成経験はありますが、レベルの低さから挫折)ので、自分は音楽を捨てて他の方向に努力を傾ける方を選びました。今は制作よりも寧ろゲームレビューを重点的にやってるような感じではあるんですけどね。

pixivは楽しみにしています(^^


>DWSさん
ネット接続は頻繁とはいきませんが、まぁ何とかブログのチェックなどはできる環境にきたので、ようやく理想に近づけたかな、と感じる今日この頃です。

>S的楽しみとM的楽しみの両立
昔から自分が言うことなのですが、SとMって二律背反なんですよね。MはSであり、SはMであるみたいな。攻撃は最大の防御なりとはよく言うものでw防御と攻撃の一体型といえば、自分の中ではリフレクトフォースみたいなものを想像しますね。

とにかくシステムを確立させるにあたっては、これ!といったものはなかなかできないものなので、経験に頼るところがあるでしょう。3すくみのシステムなども、面白さの反面、ややこしさもあってプレイヤーに煩雑さを感じさせるリスクがあったりとか。

あこがれのゲーム製作・・・・。

2010年11月27日(土)12:34 げーむにん #- URL 編集
 素直にすごいと思います。
自分はC++分からず挫折したんで・・・。
遊ぶ方ばっかりですわ。_| ̄|〇

STGはゲーム製作の基本と聞いた事が
ありますね。
キャラデザ、システム、ステージ数を
どう組み立てるのか重要になりますしね。

 GIMPに一時期ハマッて画像を2枚ほど
作った事ありますが結構時間かかった記憶あります。

根気あってこそのゲーム作り

2010年12月01日(水)00:04 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>げーむにんさん
自分でゲームを作ろうとすると、言語を覚えようとする意思と根気を持つことが重要になりそうですね。それ以前に時間が大量に必要になってくる、というのがありますが…

>STGはゲーム製作の基本
STGは作りが簡単なので、ゲーム作成にはうってつけなのでしょう。
まずはインベーダータイプのものから入るのが良さそう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/947-ce2425b5

| HOME |

Calender

<< 2017年03月 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。