あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第345夜~ ストライカーズ1945II

ストライカーズ1945II タイトル

今回は45が付いたので、45にちなんだゲームをご紹介。

彩京の「ストライカーズ1945II」を取り上げます。
知名度的には申し分無いゲームになるでしょう。


****************************

今回はパンケーキも参戦

パンケーキの武器はバスターレーザー

前作「ストライカーズ1945」で襲いかかってきた謎の組織「CANY」との戦いの後、新たに襲いかかる脅威「F.G.R.」との戦いに赴くべく、新兵器開発実験部隊として駆りだされたストライカーズが新たに結成される…といったストーリーで始まる本作。

1レバー2ボタンで自機を操作。
ボタンはショットとボムに使用します。

ショットは通常は軽く叩くだけで連射してくれる、セミオート式のショットを放つことができます。ショットは自機の種類によって変化します。


チャージの一撃が強い震電

攻撃力最高・機動力最低のモスキート

ショットに関しては、画面左下(2Pは右下)のゲージを消費して、チャージショットを放つことができます。ボタンを押しっぱなしにしていると溜め動作を行い、ボタンを放すとチャージショットを放つことができます。

チャージショットはレベル表示がなされており、チャージショットを放つことで表示レベル分の強力なショットを放つことができます。ゲージはレベル表示に伴った分だけ消費します。

ゲージは敵にダメージを与えることで上昇していき、一定量溜まってレベル表示されたら放つことが可能です。チャージショットも選んだ自機によって変化します。

ボムはそのままボム使用。本作ではどの機体を選んでも援護射撃系の攻撃になっており、サポート機が一定時間援護するというものになっています。基本的にはピンチの時に役に立つ武器。ボムには使用制限があり、最大9発まで持つことができます。


防御特化型のフォッケウルフ

前作から続投のライトニング

ゲーム開始前に、6機の自機から好きな機体を選択する事ができます。6つの機体はどれもスピード、ショット、チャージショットやボムの性能が異なっており、キャラクターによって攻略法が大きく異なってきます。

選べる機体の種類は以下の通り。

・P38ライトニング
前作にも登場した、アメリカ製の機体。
ショットはストレートショット+ホーミングミサイル。
チャージショットはミサイル発射。爆風の範囲の広さが売りの攻撃。
ボムは宙返りの後に、前方に援護機「P51ムスタング」5機を呼び出す。
攻撃のバランスは取れているが、自機の大きさや遅さが目立つ機体。

・F5Uフライングパンケーキ
幻の機体と称される、アメリカ製の円形状の機体。
ショットはワイドショット+サーチレーザー。
チャージショットはバスターレーザー照射。直線上の敵に効果あり。
ボムは2機の大型機「B-35」を呼び出す攻撃。
速度特化の自機。チャージショットと通常ショットの併用が活きる機体。

・フォッケウルフTa152
今回初登場になる、ドイツ空軍の戦闘機。
ショットはストレートショット+ストレートミサイル。
チャージショットはプラズママイン。敵弾を防ぐ効果があり。
ボムは巨大ロケット「A9A10ロケット」を真正面に飛ばす。
マインの防御性能が攻略の鍵になる機体。サブウェポンの威力が高め。

・キ84疾風
前作零戦の位置付けにあたる、大戦後期の主力戦闘機。
ショットはワイドショット+小型機「秋水」によるサーチ攻撃。
チャージショットは小型機の設置。設置した小型機は正面に攻撃を行う。
ボムは巨大な「富嶽」を呼び出しての援護射撃。
ショットの使い勝手、チャージの威力面から、初心者向けの機体の一つ。

・J7W震電
前作にも登場した、日本製の幻の機体。
ショットはストレートショット+ヒートミサイル。
チャージショットはサムライソード。接近するほど強力な威力を持つ。
ボムは「流星改」が突撃攻撃からの援護射撃を行う。
攻撃力不足をサムライソードによる接近戦で補うことになる機体。

・DH98モスキート
今回初登場になる、イギリス空軍の爆撃機。
ショットはワイドショット+ミサイル弾。
チャージショットはロイヤルナパーム。正面に対して大きな攻撃力を持つ。
ボムはモスキートの援軍が上空からの援護爆撃の後、前方に援護射撃。
全機体の中では最も速度が遅いが、攻撃力が最強という両極端な機体。


零戦の後続機「疾風」

パンケーキの貫通レーザーはザコに強い

自機はアイテムによってパワーアップさせることができます。アイテムは中型機や赤い敵機を倒すことで出現。アイテムはメインパワーの他にも、地上の敵を倒すことで出現する金塊アイテムが存在しています。

アイテムの種類は以下の通り。

・Pマーク
自機をパワーアップさせることができる。最大で4段階まで。
最強状態でアイテムを取得すると4000点。

・Bマーク
ボンバーが1発支給される。最大9発まで取得可能。
最大状態でアイテムを取得すると10000点。

・金塊アイテム
地上の一部の敵を破壊することで出現する。
取った状態によって、アイテムの得点が変化する。
白く光った瞬間に取ると、最大得点の2000点。



置きナパームで敵を殲滅

ムスタングの援護射撃で15門を乗り切る

本作では、画面最深部にいるボスを撃破することでステージクリアというオーソドックスなスタイルで進行します。

ステージは8面構成。前半の4ステージはランダム進行になっており、ランダム面はステージが進む度に難易度が変化します。後半の4ステージは決められたルートを通ります。

全8ステージをクリアすると、リザルト画面の後に難易度の高い2周目をプレイすることができます。なお、本作は2周エンドのゲームです。


****************************

モスキートはボムも攻撃力特化

デカイ富嶽の援護射撃

彩京シューティングの中の一つであり、ストライカーズシリーズの中では第2作目にあたる本作。彩京の中では人気作の一つとなった「ストライカーズ1945」の正当な続編であり、第二次世界大戦終結後の世界を題材とした作品となります。

彩京のシューティングといえば、シンプルかつ遊び易さを重視した作風が特徴で、短い時間ですっきり遊べるようなゲームが大半。本作も彩京シューティングシリーズに則った作りになっており、いつもの彩京節といった趣を感じさせます。

グラフィックの洗練ぶりは前作など、過去作品に比べてさほど上昇しているというほどでもないのですが、彩京らしさがそこかしこに滲み出ており、安心して遊ぶことができるという強みがあります。独特の安定感と言いましょうか。

彩京の処女作である「戦国エース」や、その前身でもある「ソニックウイングス」に比べるとグラフィックの質の上昇が感じられます。平坦、ゆっくりながらも着実な進歩を感じられる作りにも見えます。


一番出しにくい金塊

パンケーキの援護射撃は攻撃力が高い

グラフィックは実に彩京らしいまとめられ方であり、シリーズの中ではとてもシンプルにまとまっています。前作「1945」もシックにまとまっていた傾向がありましたが、今回もこれを忠実に守った形になります。

操る6機の自機は、幻の機体(パンケーキ&震電)を2機も含んではいますが、実にシューティングらしい戦闘機達。P-38ライトニングはカプコンの19シリーズでもお馴染みであるため、ものすごく馴染みの深い戦闘機といえるでしょう。

それでいて奇抜なデザインの変化もまた前作譲り。前作では戦艦や戦闘機がロボットに変化するという破天荒な展開がありましたが、今回も忠実にこの展開を踏襲しています。

前作以上にあっと驚くような展開がある、という訳ではありませんが、こうしたロボ変形はまさに彩京シューティングの華であり、シリーズでは欠かせないファクターになると思います。奇形のロボット達を相手に、最新鋭の装備を搭載した戦闘機でバタバタと薙ぎ倒す爽快感こそが、このシリーズの売り。


プラズママインは小さくても使える

Lv3サムライソード!

地味にカオスなノリも含んでいる彩京ではありますが、ストライカーズ1945IIはそうした中において、純粋にシューティングで勝負していた作品であるともいえます。ちょうど脱衣麻雀「対戦ホットギミック」でハッスルしていた時期と重なりますが、正統派のノリもしっかりと忘れずにいた事はシューターにも喜ばしい事だろうと思います。

敵兵器が変形したり、レシプロが光線を放ったりと、一見破天荒な設定にも見えるのですが、兄貴のマッチョが脱衣する麻雀に比べれば遥かにまとも。驚きの部分が少ない分、本作にはあまり遊びの無い、ガチシューティングの香りが漂ってきます。

正統派だからこそ、安心して遊べる作品としての資質は十分にあると言えます。彩京のシューティングのジャンルでも割と遊びに走っている分(処女作の戦国エースも割と遊んでたところがあったぐらい)、本作はキャラクター性とか、ステージ間の会話とか一切無いゲームなので、遊び抜きで作品に取り組んでいたかのようにも思えます。


****************************

Lv3バスターレーザーは敵弾すらかき消す

本来はこうなる前に戦車を撃破します

本作のシューティングとしての資質は、背景面だけでなくゲーム性にも現れています。背景やグラフィックだけでなく、ゲームの進行もまた、従来の彩京シューティングに則っている作りになっており、非常に安定感のある出来です。

前作ストライカーズとは違い、ゲージによる溜め撃ちの形式にはなってはいますが、感覚としては前作や従来の彩京作品をプレイしていればすんなりと入り込めるようになっていて、やり易さに関しては問題の無いレベルに収まってます。

シューティングをあまりプレイしたことがない人にとっても、基本はショットとボンバーで勝負といった作りになっているので、複雑な操作を必要としない分、入り込みやすい作品になっています。初心者にも上級者にも、誰にでも安心してプレイできるような設計です。


この場面は割とパターン化しやすい

辛い場面でプラズママインを活用

肝心のシューティング部分は、いつもの彩京シューティングらしさを持った作品。デザインの統一性もそうなのですが、ゲーム性も似たようなところがあり、「ああ、これが彩京だなぁ」と思わせる香りを漂わせています。

彩京シューティングの特徴としては、少なく速い弾で確実に殺しにかかる傾向があり、ミス無しで進んでいくと、弾速が早くなって目で追えなくなっていきます。彩京シューティングの解説の度に話している高速弾になりますが、彩京シューティングの高速弾は、東亜プラン作品のような狙い撃ちといった飛び方でなく、自機の位置を起点として広範囲に弾(主に高速弾)を飛ばしているのが特徴的。満遍なくWAY弾を飛ばしているため、適当に避けているだけでは絶対に避けられないようにできています。

いわゆるこれが「彩京弾」の特徴であり、アドリブで避けるよりはパターンで避ける事が重要視される弾の飛び方をしています。前半面こそ速度は遅いので軽く避けられるものが多いのですが、後半面は適当に交わしているだけでは絶対に避けられないようになっていて、極めてパターン性の強い造りになっています。


ここはしっかりパターン化したいところ

早い弾こそが彩京の要

ストライカーズ1945IIも順当に彩京シューティングの特徴をなぞっているような造りになっていて、前半面はやりやすく、後半に行けば行くほど強いパターン性が要求されるように作られています。

ただ、本作の場合だと、惰性でやっても5面あたりまでは行けるような出来になっていて、割と彩京作品の中ではやり易さが押し出されているような感じになっています。前半は溜め撃ちをしっかり使いこなすことで、パターンにハメなくてもそれなりに先に進めるようになっているために、入り込みの点において成功していると言えます。

流石に5面以降は難易度が高くて攻略必須ではあるものの、その辺りはやりこみによってカバーできるようになっているため、シューティングの難易度としては順当なところに収まっていると言えるのではないでしょうか。のっけから狂っている難易度にはなっていないので、触りの部分で安心できる造りになっていると思います。


弾を撃たせる前に倒したい

ある程度のセオリーを見切ることが肝心

敵弾は多めに見えるのですが、敵の攻撃には一定のセオリーがあるので、思ったほど避けにくいというわけでもありません。ランダム面の海ステージや炭坑ステージが後半に出て来た時などは顕著で、多めに見えるバラ撒き弾でも、動き方次第で楽に避けられるポイントが随所に出てきます。

キモになるボス戦なども、案外ヤバそうに見えてしっかりと動き方に気を付けていれば実は避けられない事は無いのがわかってきます。4面にくるステージはどれも厳しかったりはしますが、ボムに頼ることでカバーできるようになっているので、決して抜けられないようにできているわけでもありません。

まず敵の位置を把握し、敵の攻撃を知った上で望めば、短時間で6面ボスあたりまでは行けるようになるのではないでしょうか。難しくは見えるものの、弾速に慣れればさしあたって凶悪な地点は少ないため、計画的なボム次第で徐々に先へ進めるような設計です。

駆け出しだと、ランダムの後半にあたる3~4面はボムに頼る場面が多くなるのですが、前半面で貯めて一気に放出するのを考えると、このあたりのバランスはしっかり取れているように思えます。その先の5面がパターン性が非常に強く、ボスがあまり強く感じられないために、パターン次第ではノーミスでも何とかなるかもしれません。


砲台の向きに気をつけること

また、機体別の強さに関しても相当絶妙なバランスで調整されています。
その中において、初心者御用達でもある「疾風」の強さはストライカーズシリーズ屈指のものであり、ここでも入り込みの上手さが見えてきます。

疾風は前作のメッサーシュミットと零戦の溜め撃ちを持っているキャラであり、敵のパターンを覚えることでこれほどまでにない威力を発揮できるのが強み。秋水による置きチャージショットの威力が非常に高く、レベル1でもガンガン使えるのが疾風を強力キャラに仕立て上げている点でもあります。


↓強いぞ「疾風」

強力な機体「疾風」


「疾風」はボムの無敵に若干のラグがある以外は、使い勝手はまさに最高峰レベル。とりあえず1周クリアしたい、という人には迷わずオススメできる機体です。


このように「疾風」の強さこそ目立つものの、実際には他の機体にも他の機体なりに使い勝手の良い部分があって、キャラクター別の攻略がすごく楽しく思えるゲームだったりします。

例えば、本作初登場のフライングパンケーキだったら、威力は低くても、小出しにバスターレーザーを撃ちながらショットを浴びせることで、他の機体なみのポテンシャルを引き出すことができたりします。ザコに対する掃討力が高いので、割と使い勝手も良かったりするのです。

フォッケウルフだったら、プラズママインを溜めることでボスの弾幕を完全に無効化できる事、震電だったら中型機やボスといった類の敵をサムライソードですっ飛ばす事ができる事、といったように、各種各様の強さを引き出すことで、攻略がぐっと楽になるポイントがそこかしこに仕込まれています。

どの機体にも満遍なく利点が含まれているために、自分好みの機体を使いながらのパターン構築は非常に楽しく思えるものです。使いにくさに定評のあるライトニングとて、溜め撃ちの早さや重なり撃ちのホーミング連射による速攻パターンがあるため、決して弱いというわけでもありません。


6ボス弾幕の安全地帯

ここ最近のシューティングでも、一つのキャラが極端に強すぎて他のキャラの旨みが全然活きていないという傾向が見えたりもするのですが、このゲームに関しては、全キャラに強さと弱さが混在している傾向があるため、ゲーム内でのキャラクターの性格付けが非常に整っていると言えます。

作り手の立場になると、簡単なゲームですら、多数の自機キャラクターがいるゲームのバランス調整はとても大変なものになると思うのですが、本作は見事にこれを実現させているのが素晴らしい点。これまで作ってきた中での経験が活きた結果ということになるでしょうか。


****************************

6ボス本体「クロスシンカー」

複雑な弾筋にも活路はある

とはいえ、彩京のシューティングは非常に難しいという印象もあり、このストライカーズ1945IIも例外ではありません。シューティングの体裁は取れているゲームではありますが、それでも難易度の高さには定評があります。

「彩京弾」は少ない弾で確実に殺しにかかる弾であり、ケイブ作品の弾幕系とは違う避けにくさがあります。弾幕系のように当たり判定が自機の中央のみ、というわけではないので、何となく適当に避けていると被弾する怖さがあります。

基本的に覚えて避けるタイプなので、反復しながら覚えていくのがキモになります。やり込みこそが上達の要になりますが、知らないと避けられない高速弾が多く飛び交うゲームなので、覚えるまでの間は結構大変かもしれません。


後半面は道中も油断できない

高速弾が露骨に辛い弾道になるのが3面からで、ランダム面だけあって、どのステージが来るかで難易度が大幅に変わってきます。1面で撃ってきた時よりも弾数が多くなり、さらに弾の量も多くなるため、殺気の強さが半端ではありません。

特に3面以降に街ステージが来ると、かなりの難易度を実感できます。下手したら後半面の道中よりも難易度が高く感じられるかもしれません。

よくこのゲームで語られるのが街ステージ名物である「15門砲台」であり、4面の砲台地帯にやってくると、左右から飛んで来る弾速の早さとザコの大量の低速弾との複合に、思い切り泣かされるかもしれません。正直街が4面に来たらボム必須の難しさ。


↓この砲台地帯が激しく難しい・・・

厄介な15門砲台地帯


ここだけならまだしも、その後のボス「アイアンカスケット」の波状攻撃も弾幕の厚みとしては上級クラス。ほぼ全体に渡って難所が続くため、ここだけで持っていたボムが全部無くなってたという悲劇もありがち。街ステージが3~4面に来ないよう、運も味方につけないといけません。



前作アメリカボスが中ボスとして登場

こちらは前作ロシアボス


それ以上に大変なのが後半面の難しさ。5~6面道中まではパターンにしっかり収まるのでいいものの、6面ボスあたりから知らないと絶対に避けられないような弾が数多く出てきます。

複雑な弾道を描きながら高速弾やら低速弾やらが飛び交っているため、生半可な動きでは絶対に回避不能。6面ボス以降は終始弾速の速いものやら、特殊な弾道を描くものやらが多いために、ボム無しで抜けようとするのなら、動き方を覚えて立ち向かうしかありません。

後半面は固定ですが、弾速とその弾道の複雑さはこれまでの比ではないため、しこたまボムを貯めて立ち向かうのが良策と言えます。しかし残機が1機しか増えず、1面につきボム1個の制限があることもあって、結局はパターン作りをしっかりと行わないと抜けられません。

序盤でうっかりミスすると、残機とボムが必然的に少なくなるせいもあり、その後の展開がかなり苦しくなってしまいます。パターンを知るまでの間は、序盤でのミスはほぼ厳禁とも感じられる造り。彩京ゲームの難しさはこの辺りに大きくウェイトがかかっているように思うのです。


金塊ラッシュ地帯は赤戦車が厄介

ついにUFOも登場

このゲームに限らず、処女作の「戦国エース」「ガンバード」などにも言えることですが、彩京作品は精度の高い避けこそが全てと言えるものがほとんどであり、自機の位置合わせとレバーを動かすタイミングがわかっていないと楽しめないのが辛いところでしょうか。

性質上、弾幕系のように惰性で動いても何とかなるゲームではないため、骨太さはあるものの、逆に先のステージに進むには尻込みしそうな造りでもあるとも言えます。楽しさと辛さはまさに表裏一体。人気作のストライカーズであっても、それは例外ではありません。

この難しさこそが彩京シューティングの要。分かってしまえば抜けられるものの、パターンが分からないままだと、攻略はかなり大変な部類だと言えます。まぁほとんどのシューティングは覚えを要するゲームが多いのですが、精密な動きを要求される彩京作品は極端に覚えを要する部分が多いような気がします。


****************************

後半の強敵にも死角が多い

7ボス「ブロックエイド」のレーザー攻撃

そういう訳で、1周クリアは結構難しい部類にあたりますが、先程も言ったようにキャラクターの相性で楽になる場面も結構あるため、パターンの組み方次第で楽になってきます。それに緊急回避のボムも非常に強いため、撃ち方をしっかりと考えればこれほど頼りになるものはありません。

彩京シューティングの体裁こそあるものの、実は全彩京作品の中では「ストライカーズ1945II」は、極端な難しさを持つポイントが少ない部類だったりします。この作品の後発にあたる「ガンバード2」「ストライカーズ1999」などに比べたら遥かに良心的。本当に避け方が訳のわからない後期彩京作品の弾筋よりはまだまともに見えます。

自分の中では、彩京作品の中で一番バランスの取れたゲーム性を持っているのが実は「ストライカーズ1945II」ではないかと思うわけでして。多数の自機による攻略性や必要に応じてボムを使うパターン造りなど、やればやるほど面白さを感じる作品。

精密な動きは要求されるものの、敵の攻撃に対する死角がかなり多く仕込まれてるのもプラスに働いてるのではないか、と思います。後半ボスなんかは顕著に死角が多く仕込まれており、これを覚えておくだけでも、割と先に進めるのではないかと。


↓こうやって死角を見つけるとよりストライカーズを楽しめます

真ん中で全部やり過ごせる


不思議と誘導弾が避けてくれる



↓いちいち弾の中に入る必要はないよ!

ここは中に入るまでもない

ここも中には入らなくてよい


ちなみに、自分は前半のランダム面ボスに出て来る乱入ザコのせいでボムを使わされることが多いので、やり込んだ上だと逆に後半がボム抜きで楽になるんじゃないかなー?と思ったりすることはありますね(それでもラスボスは割と強いですが…)




パターンを作らないとヤバイ場面

また、必要以上に五月蝿さを感じないのも強みでしょう。他の作品に比べると濃さもなくスマートな印象がプラスに働いていると思います。それでいて戦略性の高さも半端ない出来。難しさはあるのですが、すんなり入り込める操作性もまた、スマートに遊べる点を後押ししているようでもあります。

やり込み要素も仕込まれており、例えば金塊を白くなった瞬間に取れば2000点とかがその代表例。特に狙わなくてもいいボーナスでも、腕が立ってくるとつい狙いたくなるものが沢山存在しています。敵の出現テーブルを早める「早回し」を導入してるなど、地味なところでも頑張っている部分があるのです。

その極めつけは2周目の存在。前作「ストライカーズ1945」に続き、その難易度は容赦無い鬼畜レベル。スペシャルステージみたいな扱いなので、この激しい難易度はとても納得できますが、本気で2周狙うとなると、血を吐くほどの鍛錬が必要。少なくとも1周ノーボムで渡り歩けるほどの腕前は必要不可欠となってきます。


↓撃ち返しが鬼畜、攻撃も鬼畜な2周目ストライカーズ

弾速も速いし多いしで大変


ボスの攻撃も大幅に強化


そしてプレイ時間の短さもまた、今時のシューティングらしい造り。当時は対戦格闘ゲームが流行っていた中で、少ない時間で楽しませようとする作品づくりはメーカーにとっては命題とも取れる仕様だったりするのですが、彩京ゲームの強みは、このプレイ時間の短さにも現れています。

プレイ時間の短さに伴う回転率の高さ故、オペレータ受けも相当高いでしょう。
1周あたり大体15分程度の短さ。シューティングのプレイ時間は、昔からやり込めば平気で30分~1時間を要するものが多いだけに、プレイヤーにやさしい分、インカムの少なさでオペレータには敬遠されるという事態を引き起こしがち。

短い時間ながらも絶妙な難易度で楽しめるという「ストライカーズ1945II」は、オペレータサイドにとっては、とても重宝した作品になるでしょう。それ故に、長い期間置いてあったゲーセンもかなり多く、数年経った後でもゲーセンで現役稼働している姿を見掛けることが少なくありません。

現状、今でもゲーセンにさり気無く置かれてあるといった姿を見掛けることも少なくなかったり。今でも初代弾幕シューティング「怒首領蜂」と共に、ゲーセンでの目撃率の高さが半端ではない作品になりますね。


↓こんな感じで(AMショー記事より「スーク海浜幕張」の風景)

なんだかいつものメンツっぽく


色々な面で利点が働いてる「ストライカーズ1945II」は、まさに1990年代後半を代表する作品として持て囃されるべき存在になるかもしれません。ここまでのクオリティの高い造りは他では見られない分、貴重だと思います。


****************************

最終面中ボスの極太レーザー

実は一番ガチパターンになりやすい所


ちなみに、前作「ストライカーズ1945」は脱衣シューティングという変わった側面があったのを存じている方も多いのではないかと思います。当ブログを見て知った方も多いようで、知らなかった方はものすごくビックリしたかと思われます(でも自分は逆に「え?みんな知らなかったの??」って意外に思ったりはしましたが…)


(前作ストライカーズ1945より)

↓零戦のパイロットが脱ぎます

ぬお!



↓震電のパイロット(魁あいん左右衛門)も脱ぐ!!!

いいからだ


どちらかといえば巨乳率高し。
でもインパクトは全部兄貴が持って行っちまったがな!!


で、本作は1コインでプレイすると、ゲームオーバー後に壁紙のようなグラフィックが見られるようになっていますが、前作のように高成績で全ステージクリアすると今までとは違う絵柄が見られるという仕様があります。

1コイン全面クリアで特殊な壁紙を見られるだけでなく、前作の要素にあったリザルトでの金勲章を全て集めた上でようやく見られる「隠しグラフィック」も存在しています。


リザルトパラメータの金勲章の獲得条件は、前作同様
 ・ボスをなるべく早めに破壊する
 ・ステージ上の金塊を全て回収
 ・ステージ内の敵をなるべく多めに破壊する


ノーコンティニュー1周クリアの上で、リザルト画面で金勲章を全て集めると、通常の1周クリアとは違う一枚絵に変化します。



↓通常はこれ

お馴染みの通常グラフィック



↓金勲章を全部集めずに1コインクリア

1周クリアでグラフィックが変化する



↓金勲章を全て集めて1コインクリア

全部金勲章を集めるとセクシー系の絵が



脱衣というよりは、セクシー系の一枚絵になる感じでしょうか。今回の場合は、往年の海外のポスターみたいな趣を感じさせる絵になっていて、どちらかというと脱衣とはニュアンスが違いますね。

個人的にパンケーキの一枚絵は必見(かなり難しいです…)
残念ながら巨乳とか兄貴は無しですよw


最も、今回の「ストライカーズ1945II」は、リザルトの金勲章を取るのが非常に難しく、ホットギミック快楽天の如く脱衣ギミックでもあろうものなら、それこそ大変な思いをしなければ達成できないようになっています。

前作は惰性でも取れる節がありましたが、本作は流石にそうはいきません。使う機体によっては、ある程度妥協しながらのプレイが必須になるものもあり、上級者クラスでも取るのは難しいのではないかと思われます。

攻撃力の低いキャラクターだとボスの速攻撃破ができなかったり、攻撃範囲の狭いキャラクターだと敵の破壊数が足りなかったりと、全てのキャラにおいて金勲章集めが難しくなっています。意外にも、簡単な位置づけにあるランダム海面の金塊取得が鬼門になるかも(特に艦橋の裏の砲台の金塊を見落としがち)



最終ボス「F.G.R.」登場

叩きつけは中央に入り込める

個人的な思い出としては、本作は前作ストライカーズ同様かなりやり込んだ部類で、とにかく先へ進むのに鎬を削っていた時期がありました。

自分は震電を好んで使っていて、特にサムライソードで何でも大ダメージを与える接近戦に惚れ込んでいた時期があります。正面にしか攻撃できないので使いづらいとか言われてはいますが、中ボスなど一撃の元で葬り去れるサムライソードの魅力に敵うもの無し。ラスボスの形態が一撃で変わった時なんかは、ものすごいカタルシスを感じますよ。

そんなこんなで自己ベストは2-4でしたが、やはり2周目は街ステージがヤバすぎる…というか他も十分ヤバいので、どうしようも無かったのが本音。地方の定めか、他の人のプレイがあまり見られないのも原因の一つではあります。

そういえば、自分は大昔、東京のとあるゲーセンでストライカーズ1945IIのスーパープレイを生で目撃したことがありまして。確かそのプレイヤーはモスキートを使っていましたね。あんなに動きの遅い自機で、高い精度の動きであっさり2周クリアする姿は神々しさすら覚えたものでした。いやマジで。


震電のLv2で一撃必殺

ここまでくればあと少し

それより何より、シューティング千夜一夜を長々と続けられるきっかけを作ったのが前作にあたる「ストライカーズ1945」であった事も自分に取っては忘れられない事実でもあります。正直あのレビューがここまで注目されることになったとは、思いもよりませんでしたもの。脱衣ネタの強さを実感した瞬間。

ストライカーズ紹介前は細々と自分の気になったシューティングを紹介しようか、と思った程度で、継続するとかそういう事はあまり考えずにダラダラやろうと思っていた頃ではありますが、ストライカーズ1945が脱衣ゲーである事実を記事にした瞬間、それはもう怒涛の勢いのアクセスが流れ込んだ訳でありまして。あのショックは一生忘れようとも忘れられない…

ある意味、ブログの方向性が一気に転換した「事件」でもあります。三國無双系のサイト運営の時、大量のアクセスには慣れていたつもりではいたのですが、やはりゲームブログランキング1位になるほどのアクセス数にはびっくりしました。ここまでユニークアクセス上がるんか!!とか思いながら。

普段なら怖気づくものでしょうけど、自分の場合は逆にシューティングの古今東西を紹介しようとする意気込みが高まったタチでして。こうして継続できる原動力は、エロパワーストライカーズ1945があったからこそ成せるものなんだよなぁ、と今更のように思う今日この頃であります。


****************************

2周目で追い詰められるライトニングの図

2周目ボスのエゲつなさも半端ないです><

巧みなバランスと短くまとまったプレイ時間、決して媚びない方向性など長所が非常に多く、それ故に「ストライカーズ1945II」は長らく愛される作品として、今日に至っています。突き出た部分が無い分、安心してプレイできる、というのは、まさにこのゲームのためにあるようなもの。

ストライカーズの中、というより、彩京作品の中では最も秀でた作品の一つにあたります。これまでの彩京作品のノウハウがしっかり生きている作品であるとも言えるでしょう。後期の作品が難しく設定されてある分、本作の高精度に整ったバランスが際立って見えます。

プレイヤー受け、オペレータ受けの良さが両方揃っている類稀なる性質も本作の強みの一つであります。今現在でも目撃できるゲーセンも多いので、知名度の点でも申し分なし。まさに彩京シューティングの王道的作品に相応しい出来です。


流石本作は知名度も高いこともあり、家庭用移植にも恵まれています。本作はセガサターン版プレイステーション版、プレイステーション2版と移植されており、人気度の高さを伺わせるといっても過言ではないでしょう。

プレイステーション版の出来が良好とのこと。サターン版は若干パターンが違ってたり、処理落ちなどが発生しやすかったり、アーケードよりも遊び勝手が変わっているとのことです。


また、本作をベースにした作品として、ネオジオより「ストライカーズ1945 PLUS」という作品がリリースされています。溜め撃ちがストック式になっていたり、前作の要素がミックスされていたりと、ほとんど別物と言ってもいいほどの出来に仕上がっています。


↓外伝っぽさのある「ストライカーズ1945 PLUS」

ゲーム性がまるで異なる「PLUS」


敵が全体的に硬く、弾幕の要素が色濃いためか、これまでの彩京作品に比べて相当異質な出来栄え。画面の全体的な狭さながらも、後半面は彩京らしい弾の飛び交い方をする事もあり、1945IIに比べると、やや難易度が高くなった印象です。

なお、1945PLUSはPSPに移植されているようですが、移植具合が相当悪いということなので、購入する際は気を付けましょう。



<動画>

★ストライカーズ1945II モスキート1周ノーボム



テキストリンク

遅い機体でもやればできる。
攻撃力最強、機動力最低のモスキートノーボム1周動画です。
ロイヤルナパームLv1の使い方が鍵になるでしょうか。



★ストライカーズ1945II 震電1周目クリア



テキストリンク


★ストライカーズ1945II 震電2周目クリア



テキストリンク

テクニック解説が参考になる良動画。攻略の足がかりにもどうぞ。
とにかく金塊の回収が神懸り的。稼ぎの解説もナイスです。
スーパープレイとしては申し分無し。弾速に唖然とする2周目は必見。



★ストライカーズ1945II フライングパンケーキ2周目クリア



テキストリンク

2周目は全体的にすさまじい弾速なのですが、それをものともしないプレイは見ていて凄いと思える物です。そんな中でもしっかりとスコアを稼ぎに行ってる辺りが、本当にすごい事だと思いますね。

「臨死」のテクニックがとにかく絶妙。
バスターレーザーLv3も使用していますよ。


****************************


ああ、今回も長くなっちまったぜ。
でも思い入れが深いからしょうがない(^^


「350夜はもっと長いぞ、大丈夫か?」
「大丈夫だ、問題ない」
| シューティング千夜一夜 | Comments(28) | Trackback(0) |

コメント

友人がですね

2010年12月05日(日)17:42 まぁ #J7Ti0pLo URL 編集
友人が大好きな作品で、毎日ps版をやりこんでいるのですが、でっかい縦画面でプレイしたいとか言い始めて私のTVに寄生していた事があります。
f^_^;自分で買ってくれ...

ついに!

2010年12月05日(日)19:45 TKS #dDm6s.8Q URL 編集
はじめまして、いつも楽しく読ませてもらっています。ついに大好きな1945Ⅱが取り上げられたので初めて書き込みさせてもらいます。
1945Ⅱは自分をSTGの世界に引き込んでくれた思い入れのある作品です。
当時はSTGなんてやったことのなかった自分でしたが、初めて触ってからは狂ったように遊んでいました(笑)初めて一周クリアできたときの達成感は忘れられません。ちなみに使用していた機体はモスキートでした。自分は強いと思うのですがあまり評判は良くないようですね・・・
それ以降多くのSTGに手を出しましたが、自分の中でこの作品を超えるSTGはありません、1945Ⅱ最高!
とにもかくにも管理人様、紹介してくださってありがとうございました。これからも更新楽しみにしています。

超名作!

2010年12月05日(日)21:16 黄魔術士 #RFphBmaY URL 編集
まさかここまで有名な作品が未レビューだったとは意外でした。
自分がフォッケウルフ使いだと言う事もありますが、パターン組みの面白さを存分に味わえる名作と思います。1ステージボム1個支給の分かりやすさも相まって、ある意味リソース管理ゲーとも言えるかも?
パターン組み、ではあるものの前半4ステージがランダム編成なのも飽きさせない良い作りです。
にしても、稼動から13年経つようですが、未だ至るところに置いてありますよね。天地IIもそうですが名作はいつまでも色あせないものです。

余談ですが移植の際にファミ通だったかで「硬派なシューティングゲームの登場!」みたいなアオリに「ボスが変形するゲームのどこが硬派やねん」と独りで突っ込んでいましたw 今思えばゲーム性は十分硬派なものですな。

さて350夜は何が来るんでしょうか。気が早いですが楽しみにしています。

まさに心の名作

2010年12月05日(日)22:42 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>まぁさん
画面が大きい方がすごくやりやすいですからねー。
でも他力本願は自分もいかんですな、と思うタチなので、自分で買えと言ってあげるしかないですねー。自力で買ってプレイすると感動もひとしお!みたいな説得で行くといいかも。


>ペインさん
ロボット変形は彩京シューの華なのですが、この辺りは好みの問題になるでしょうか。とはいえ、まずは「嫌い」という先入観を忘れて、プレイするのがいいと思われます。視点が変われば、見方が変わるのはよくあることですし。


>TKSさん
はじめまして。書き込みありがとうございます。
割と入り込みやすいゲームなので、のめり込み度も半端ないかもしれませんね。早い時間で終わるので、断続的に何となくプレイできるゲームでもあると思います。

>モスキート
使いにくさに関しては、速い弾に対しての動きの遅さがあるかもしれないですね。弾道をしっかりと覚えられれば、これほど強力な機体は無いと思います。敵を速攻撃破できるのが強みですね。

何はともあれ、1945IIは自分も本当に名作だと思っています。
だからこそ今回は気合を入れさせていただきました。
労いのお言葉ありがとうございます(^^


>黄魔術士さん
意外にも名作がまだ未レビューというのは往々にしてあったりしますね。隠し玉はまだ幾らでもありますから。というか、数えてみたら名作まだ結構残ってるよなー、って印象だったりもしますがw

>ある意味リソース管理ゲー
まさしく。ゲージ管理がこれほど大事になるゲームというのは、他には無さそうですね。フォッケウルフなんかは、Lv1とLv2では命に関わるほどの差になったりするため、ミサイルの性能も手伝って、ゲージの使いどころにすごく悩まされるキャラだと感じます。

>ボスが変形するゲームのどこが硬派やねん
こういった破天荒なギミックが、不自然に見える節もあるのかもしれないですねー。ちなみに、自分は割とすんなり受け入れることができました。飛行機が多くて、人間的なキャラクター色が少ないからかもしれません。

2010年12月05日(日)23:41 何誰 #- URL 編集
ストライカーズ1945Ⅱと聞いて飛んできました
家庭用はかなりやり込んだんですが
クリア出来たのはやっぱり一部ボスの攻撃に安置が存在するという事ですね
(ラスボスの最終形態とか7面のボスとか)
安置のおかげでパターン化もしやすいし
1周するのにそれほど時間もかからない
ストライカーズ1945Ⅱは本当に良いゲームだと思います

一般人でも遊べる

2010年12月05日(日)23:46 となほ #- URL 編集
普通の人でも「とりあえず出来そう」というのは重要ですよね。
やっているうちに上手くなったりしますし。

1面から殺意高いゲームは、普通の人は2度とプレイしないと思います・・・。

ともあれ、ストライカーズシリーズは頑張って1周しか出来ませんでしたが、楽しくプレイしていました。
個人的にはPLUSが一番好きなんですが(笑)

グラフィックの進化とかよりも、まずはゲームバランス(ゲーム性)ですよね・・・。
最近のゲームは何か勘違いしている気がします。(家庭用含めて)

いいですよねー

2010年12月06日(月)01:54 MASU #omuPFJPc URL 編集
ストライカーズシリーズと云えば、彩京弾ですが、BOSSの自機を碌に見ない高速ばら撒き弾とかが印象に残ります。
あとは2周目で本気を出した戦車とヘリはロマンですよねーw

シリーズ最後の1999が、いまだに移植作が無くてやきもきします

東京でモスキートと言ったら

2010年12月06日(月)03:05 MAY #mQop/nM. URL 編集
某大久保の○ンタゴンですか?
1945IIと言ったら、震電やってた中野君とか。
懐かしいです。
東京に住んでた時代はよく通ってました。

暗いコメントでスミマセン

2010年12月06日(月)09:28 zofy #- URL 編集
ストライカーズシリーズは、亡くなった友達がハマってました。
彼のことを思い出して、ちょっとグッときました・・・。

やっぱSS

2010年12月06日(月)12:56 kuma #- URL 編集
 ここの所、シャレでいじるほども知らない作品が続いてタダ見ているだけでしたが、ようやくぼやけます。
 まぁ、例によってサターン版をやって居たクチなのですが、リソース管理が根本的に出来ないクチなので、
「ゲージ見ながらいろいろ考えて避けたり撃ったり、もうつかれたよん、ママン。1に戻ろう」
 と、1のノーマルクリア挑戦に戻ってしまいました。
 機体は確かに疾風が使いやすかったですが、フライングパンケーキのレーザーも結構卑怯な感じで好きでした。
 逆にタンクが凄く使いにくくて、実機ではファンなので、悶々としてましたっけ。
 で、SS版を持っているのに、PS版の1500シリーズが出たら、やっぱり買ってしまったという・・・業ですよ、業。

ガチの傑作

2010年12月06日(月)18:53 DWS #- URL 編集
カジュアルにもガチにも楽しめる作品で、幅広く楽しめる作品ですよね。
PS版はアレンジモードの出来が良く、500円で買えたのがかなり嬉しい思い出。

>PSP版PLUS
まともに操作できるだけマシですよ。
iphone版は操作性の時点で既に終わっていて、1面クリアが困難なレベルですから。移植度自体は、こちらが上ですが。

2010年12月06日(月)22:38 ・・・ #9eqvbf2I URL 編集
気楽に、何も考えずにプレイするには最高のゲームの一つでは?
まぁ、クリアとか言い出すと大変なんですけど。

あと、実在の(子供向け図鑑なんかで昔見たことのある)戦闘機が自機ってのも、ゲーマー以外への希求力になってたような気がします。女の子とかが空飛んで弾撃つってのは、ヲタには受けますけど一般層は拒絶反応起こすんじゃないかな、なんて思ったり。

蛇足:厳密には「疾風」は「零戦」の後継機ではありません。「零戦」は海軍機、「疾風」は陸軍機。当時の日本陸海軍は犬猿どころじゃなく仲悪かったですからね。

程良い手軽さが良いのかも

2010年12月07日(火)00:19 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>何誰さん
後半面の安地、結構多いですよねー。
6面ボス第一段階とか、7面中ボスなど、見つけると有利に働く場所なので、知れば知るほどやりやすくなるのが良かったです。前半のミスをフォローするなら、迷わず活用すべきでしょう。


>となほさん
最初の面は、かなりやりやすかったですね。殺意が全然無いので、慣らしには絶好の機会と言えるでしょう。頑張れば1周クリアできるような設計は好感が持てますよ。
1945IIは、ゲームバランスが大事だと思わせる一作になってると思います。


>MASUさん
ボスの高速弾は独特の殺意がありますね。
自機を見ていないようで実はみているような弾道がなかなか厄介で。位置取りとレバー捌きのタイミングが全てと言えるほどです。


>MAYさん
東京で知り合ったシューターの方にゲーセンに連れて行ってもらったのは覚えているのですが、実は場所まではきちんと覚えていないんですよ。山手線に乗ったのは覚えているのですが…そこにはギガウイングの上手い人も居たでしょうか。

でもスーパープレイの内容ははっきりと覚えていますね。あのプレイは地方では全然見られなかっただけに、衝撃的でした。


>zofyさん
ああ、そういった悲しい思い出が…
追悼の意を込めて、ストライカーズをプレイしてあげるといいかもしれません。


>kumaさん
久々のカキコになりますね。
ゲージを気にしない方向で行くなら、やっぱり疾風ですね。少ないゲージでガンガン連発するのがいいかも。

>フライングパンケーキ
サーチレーザーの強さはザコに対する掃討力にありますね。ボス戦のザコに対しては、これほど強く思える武器は無いですし。足りないショットの威力に関しても、バスターレーザーと接近戦での撃ち込みでカバーできるので、結構強いキャラです。


>DWSさん
カジュアルとはなかなかいい表現。
今時のゲーセンにも割とフィットしそうなゲームであります。
PS版・SS版は中古店でも意外にお手軽な値段で買えますね。

>PSP版PLUS
今の技術レベルで行くと、移植度に対する目はすさまじく厳しくなっている気がするんですね。SS版であれだけできてたのに、今時のハードで何故できない?みたいな。そういう意味で言うと、待ちに待ってたプレイヤーにとっては、アーケードに極めて近い出来を要求してくるのは無理のない話でありまして。

でもシューティングの体裁が取れてる分、マシと言えるのでしょう。


>・・・さん
先程のコメントにもありましたが、気楽さ、カジュアルな方向性こそが本作の要になるかもしれないですね。全面クリアしても15分とかかるかかからないかといった具合なので、長さ的にもすっきりしていると思います。

自機が往年の戦闘機というのも、入り込みやすさとしては良い線行ってると思います。人が空を飛ぶ不自然さに比べれば、割とフィットする方ですから、

>「疾風」は「零戦」の後継機ではありません。
ご指摘ありがとうございます。
少しばかり文章のニュアンスを訂正した方がいいかもしれませんね。

「過渡期の彩京」

2010年12月07日(火)20:19 missio #- URL 編集
はじめまして。いつも楽しく読ませていただいております。
1945IIは自分がアーケードSTGをはじめるきっかけになったゲームで、その恩返しをしたいという様な思いもあり、去年やり込んで疾風にて1コイン2周ALLを果たしました。
初期彩京のクセが消え、後期彩京のような高密度かつ複雑な構造の弾幕もそれ程ないという、彩京STGの中では最もユーザーフレンドリーな、「過渡期の彩京」というべきゲームなのではないかと思っています。
2周目には他社のSTGにはない独特の切羽詰った緊張感があり、病みつきになる危険な魅力があります。
2周目に関しては、ボス戦中に雑魚が出てこない2-7、2-8ボス(ラスボス)が2周目ボス戦の中ではかなり楽な部類に入る(2周目ボス戦はどちらかといえばボス自体の弾より、雑魚の撃ち返しが難しいという感じなので)というふうに難易度曲線が結構アンバランスで、そこも面白いところです。

フライングパンケーキの型式はXF5Uです

2010年12月07日(火)21:02 5150 #Zp5gm5qQ URL 編集
シューティングゲームの極みに達した良作だと思う。
全機体2周クリアするほどハマっていたが、メインで遊んでいたフォッケウルフのゲージバランスは正に「もはや神を超越!」レベルで、開発者がバランスを練り込んだ後が垣間見える。
個人的にはランダム面であまり泣かなかったのも好印象でした(ガンバードは2週目列車面で何度捨てゲーしたか・・・)

出来は悪いけど、たまに家庭用がしたくなって引っ張り出してきて遊ぶが、アーケードで攻撃してこない的が攻撃してくるのを忘れてて良く死にます(笑)

因みに「シューティング苦手だけどとりあえず1周したい」という人は、疾風を使ってショットレベル2で進むと簡単にクリア出来るかもしれません。

怒首領蜂=こってり味噌 1945II=生姜醤油 のイメージ

2010年12月08日(水)00:52 nox #- URL 編集
題名は1997年のSTG、という括りで(^ ^;)

自分も彩京作品の集大成だと思います。
ムダな贅肉を削ぎ落とし、シンプルに面白さのエッセンスをギュッと詰め込んだ"巧"の業。
初心者から上級者まで誰もが楽しめる作品ですよね。
とりえずBOSSはロボに変形させときゃええだろという、ちょっと頭の悪い部分もご愛嬌でw

PLUSは家庭用NEOGEOで発売されていないのが残念・・・と思いきや、
2001年辺りにNEOGEO.comで正式ライセンスを所得した家庭用版がシリアルNo.付で
50本だけ生産されました。(自作のMVSコンバージョンではないものです)
つたないインフォシーク通訳を駆使してオランダ人に頼み込んで輸入して
もらったのを思い出します。
容量は682M、デバックネオジオならCボタンでオート連射も可能とのことでした。

PSP版は最低の出来でしたね~。
基本的な部分はおろかBOSS戦のBGMまで流れないという仕様。
特典サントラで聴けということでしょうかw

2010年12月08日(水)01:30 名無しデルタトライ #- URL 編集
このゲームは前作よりも遊びやすかったのが評価出来ますね
ヘタレシューターの自分でもラス面手前までいつも行けましたし・・・
でも脱がないけどw

PLUSの方も意外と遊べる作品で好きでした
零戦(だっけ?)の溜め撃ちを一発ブチ込むだけで、後半ボスに大ダメージの漢らしさとか・・・
でも脱がないけど(2度目

1945?キター

2010年12月08日(水)13:36 ハートキャッチ闇夢 #- URL 編集
うちの横須賀ダイエーのアトランティックシティにもありますが、これは毎回やってますけど頑張っても5面が限界ですね、機体は疾風とライトニングですが、確かに疾風は扱いやすい機体ですし、街ステージ(イギリスステージ)の対空砲地帯では鬼に金棒…。(3面と4面はかなり鬼門ですけど。)


PLUSもやってますが、フライングパンケーキ一択ですね。
最近はPLUSばかり遊んでますが、操作説明画面を見ると英文表記だが…恐らく海外向けに作られた作品っぽいです。

2010年12月09日(木)14:52 ヘブンズゲート #- URL 編集
この作品を取り上げてくれるのを待ってました。初めてやったのは、幼稚園の時に親が連れて行ってくれたゲーセンでやったのが最初です。
その後スーパーライト1500版を買って震電に惚れ惚れして、マリオもドラクエも知るかという位やりこんだ作品です。
スーパーライト版はOPが超かっこいいので、一度見て見ては?
どこのゲーセンにもあるので、たまにやってみたり。このサイトみて又やりたくなりました。
ストライカーズ最高!!

彩京伝説

2010年12月11日(土)18:09 市民ジョー #- URL 編集
遂に出ましたねこのシリーズ。
でもなー、彩京作品はあんまりやった事ないんですよ。(ゴメンナサイ・・・)
ビデオシステム作品は「ターボフォース」とか「ソニウイ」とか「ラビオレプス」とか結構好きだったんですけどね。そう言えば、カプコンもこの頃「19XX」を出してましたよね。僕は弾幕が苦手だったんで、19XXで楽しんでました。(仙台はStrikers置いてなかったんですよ・・・・)
そんな僕ですが、STG史に残る名作だと思いますよ。
で、PSP版買おうかと思ってたら酷評だったんで止めとく。(笑)

>Flying pancake(XF5U)
この機体ね、プラモ作りましたよ。黄色塗装で作ったんですが、もう一つ探してストライカーズカラーにするのもいいかも知れません。

2010年12月11日(土)19:00 XDR #- URL 編集
近年でもわりと多くの店舗で見かけました。
自機も敵も普通の実在戦闘機なので
アケSTGに疎い一般人にもトッツキヤスイのでしょう。謎の超人や破天荒メカなどメインのゲームに比べると。

(自分に馴染み無いジャンルのゲームをやってみる場合、
 【奇天烈な物体ばかり】【普通の人間or乗物がメイン】
 前者に近寄り難さを感じ後者を選ぶ人が多いでしょうから
 ライト層の場合は、なおさらに)

入り込みやすさが半端ない

2010年12月12日(日)02:00 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>missioさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
2周クリアですか!素晴らしい快挙です!
疾風でもそうそう簡単にはできないだけに(というか2周目はザコを勝手に潰すから疾風は結構辛いらしいですが)、必死のやり込みが報われた形ですね。

>過渡期の彩京
自分もそう感じています。新たに弾幕系の豪快なバラマキを取り入れようとせずに、彩京弾の形式を忠実に守りつつも、ゲーム性をしっかり保ててたのが素晴らしいです。弾密度が増えだした「ガンバード2」とは対称的にも思えるんですね。

彩京の歴史を並べてストライカーズ1945IIというゲームを見てみると、このゲームの頃の彩京が一番バランスの取れていたゲームだと思いますね。


>5150さん
確かにXF5Uの表記もありますね。
とりあえず今回はゲーム内の表記に従ってますのでご容赦下さい。

フォッケウルフのゲージ管理の重要性はかなりのものがありますね。きちんとゲージを残せれば、難易度が大幅に下がるポイントがあるので、どこでマインを使うかが重要になりそうな。


>noxさん
これは確かに彩京作品の集大成ですね。他の彩京作品と比べても、遊びやすさやスマートなデザインが桁違いに良いと思います。怒首領蜂と比べるとなると、ごってりとした濃味の蜂、すっきりした薄味の1945IIといったところでしょうか。

>PLUS
50本だけ生産というのがまたすごい。MVSでは需要がなかなか取れそうにないようなゲーム故に、NEOGEOで出したくなかったのかもなぁ、とは思いました。それでもここまでこぎつけられるのは、ある意味海外勢の強みなのかも。

>PSP版
アケ版のボス戦は音楽で妙に盛り上がるんですよね。特に戦艦ボスの盛り上がりっぷりは異常。それだけに、なんで音楽を省いてしまうかが、本当に酷いと思います。サントラで聞け!という意思表示なのやもしれませんが、商品としてはブーイングレベルになってしまいますね。


>名無しのデルタトライさん
前作よりも難易度の低さがあったために、一見さんには非常に強いゲームだという印象もありますね。脱がないのは確かに残念?!

>零戦
サムライソードとは違う一撃必殺ぶりがすさまじかったです。
外すと非常に悲しい思いをするのはご愛嬌。


>ハートキャッチ闇夢さん
横須賀にもありましたか。残っているうちに、是非とも1周クリア目指して頑張ってもらいたいところでありますよ。横須賀だったら、ヨコビルのゲーセンの1945IIはまだ残ってるかなぁ…

>PLUS
パンケーキも強めの位置付けになるでしょうか。何気に機動力が威力を発揮しやすいのが素晴らしいです。レーザーはちょっと硬い敵に不向きではありますが。


>ヘブンズゲートさん
ゲームとしては遊びやすかったので、入り込みやすいゲームですね。故に非常に人気が高いのもうなづける話です。ゲーセン人気も割と高かったのではないかと思います。

プレイ意欲を高める記事を書けた事は、こちらとしても光栄です。
スーパーライト版もこの目で見なくては。


>市民ジョーさん
なかなかすっきりとしたゲームなので、ゲーセンで見掛けたら疾風でも使って、その強さを実感してくださいませ。ゲーセンで良く見かけるのは今のうちだと思いつつ。

>19XX
この作品も遊び易さとしては屈指のものを持っていましたね。ボタン1発でボム2発というシステムが功を奏したのかもしれません。

>XF5U
フォルムが素晴らしいんですよね。斜めに構えた姿が、他の戦闘機とは違う趣を見せていて、まさに「幻」らしさを持ってる感じがします。ビッグワンガムの玩具として出ないかなぁと思ったり。


>XDRさん
昔からシューティングに使われてきた実在戦闘機が主役なだけあって、入り込みやすさとしては屈指のものがあったと思います。何も考えずにプレイするには、設定なんて小難しい事は無い方がいいでしょうし。

最近のシューティングでも、斬新さを狙いすぎてる節がありますので、逆にすっきりしたシューティングもあればいいかなぁ、とも思ったりはしますね。売上的には辛そうではありますが。

1コイン1周クリア全機体達成ゲーム

2010年12月13日(月)07:17 墨田 #- URL 編集
シューティングゲームはぬるく遊ぶ程度でしたが唯一1コイン1周クリアを全機体で達成したゲームでした。
そして二人プレイ1コイン1周クリアをはじめて達成したゲームだったかも。クリアしたときは感動したなあ。自機を狙う弾が死ぬと生き残ったほうに変更されるのでパターンが変わるのを嫌ってわざと死んで戻したりもしました。

どのキャラでも満遍なく遊べる

2010年12月14日(火)00:51 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>墨田さん
コメントありがとうございます。
シューティングが苦手でも、頑張れば何とかなる難易度だったので、本作は多くの人にとても愛された作品になるでしょうか。

キャラクター毎の極端な弱点が無いおかげで、全キャラで頑張ろうという気にさせてくれるんですよね。そのあたりのゲーム作りは見事だと感じました。

誰にでも遊べるSTG

2011年03月16日(水)12:00 ACLR  #- URL 編集
 このゲーム難易度は高いと言われてはいるけど安置が比較的多いことや打つタイミングがパターン化しているから知っていれば以外に避けやすいため、結構1週クリアは達成しやすいので、逆に言えば知らないと避けるのが難しいとも言えると思うが。一応腕があればアドリブでも避けられる場面もあるけどかなりキツイのが現状。
 後、彩京STGの中でも比較的2週目が比較的やりやすかったような、前作はため撃ち時間が長すぎ(今作確か0.5秒で使用可能)て使用場所を考えないとすぐミスに直結するほどでしたので。
P-38ライトニングの援護ボムをはじめて見て絶句したのは私以外にもいると思う…多分。

Gダライアスへのコメント少し言いすぎましたすみませんでした、どうもこのゲームにはいい思い出がなかったのでつい。

彩京の中では良心的ですね

2011年03月17日(木)01:00 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>ACLRさん
1周目に限れば、安全地帯の多さやパターン性の強さでカバーできる部分が多いのがいいですね。後半面はさすがに覚えゲー的な部分が多いのも事実ですが、乗り越えた時の喜びがそれだけ増そうというものです。

>2週目が比較的やりやすかったような
初代に比べたらまだマシみたいですね。自分にはナンノコッチャ状態ですがw

>Gダライアス
まぁ、好みは誰にでもあるということで…

2012年01月21日(土)14:20 MKMKM #- URL 編集
初代が最初から異様に弾のスピードが速かった為、敬遠していたのですが
友人がプレイしてくれと言ったのでやってみたら、1面と2面の弾のスピードが
押さえられていたのが好印象でした
でも後半面は弾のスピードが速い→何の攻撃でやられたのかが分からなかったので
結局一周クリアは出来ませんでしたね

彩京作品の特徴ですね

2012年01月22日(日)04:05 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>MKMKMさん
彩京作品は入り込みが易しいので、後半面とのギャップに驚かれるかもしれませんね。後半面に行けば行くほど、動き方を決めて挑まないとミス必至な部分が多いですので。

ただ、1945IIに関してはかなりのバランスが保たれている作品ですので、パターンゲームとしての性質を知る上でも、やり込んで損のない作品だと思っています。機会があれば、1周クリアを目指すのをオススメしますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/949-b3e5a8b2

| HOME |

Calender

<< 2017年03月 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。