あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

シューティング千夜一夜 ~第348夜~ ツインイーグルII

ツインイーグルII タイトル

遅ればせながら、今年も千夜一夜よろしくお願い致します。
というわけで、栄えある新年第一号!

第348夜。今回は「ツインイーグルII」を紹介します。
言わずと知れたツインイーグルの続編ですね。


****************************

ツインイーグルII ゲーム画面その1

ツインイーグルII ゲーム画面その2

救助ヘリが数々のミッションをこなしながら、ステージを踏破するタイプのシューティングゲームになります。

1レバー3ボタンで自機のヘリコプターを操作。レバーで8方向に移動、ボタンは空中ショット・地上ショット・ボンバーの3種類があります。

文字通り、空中ショットで空中物を、地上ショットで地上物を撃破可能。空中ショットと地上ショットは同時発射が可能です。また、一つのショットを連打し続けると、攻撃範囲が上がります。

ボンバーは回数制限ありのボンバーを投下。
威力は非常に高いですが、無敵時間があるわけではありません。


ツインイーグルII ゲーム画面その3

ツインイーグルII ゲーム画面その4

本作ではコマンドを入力してボタンを押すことで、トリックショット(特殊攻撃)を放つことができます。トリックショットを放つと、画面上方にあるゲージを一定量消費します。ゲージが少なくなると、トリックショットを放つことができません。

トリックショットのコマンドは以下の通り。
(Aは空中ショット、Bは地上ショット)

・ホーミングミサイル(↓↑A or B)
敵機を追尾するホーミングミサイルを2発発射する。
Aで空中物を、Bで地上物を追尾する。

・チャフ(↓↓↑A)
自機周辺にチャフを撒く。チャフは一定時間で画面下に落ちていく。
撒かれたチャフは敵機を破壊する効果あり。

・ナパーム(↓↓↑B)
地上にドラム缶状のナパーム弾を投下する。
広範囲の地上敵にダメージを与える効果あり。

・扇状連射(→→← or ←←→ を入力後 A or B)
自機が扇状に機体を振りながら攻撃。機体を振っている間は無敵。
Aボタンで空中物を、Bボタンで地上物を攻撃する。
長い時間無敵になれるので、かなり重要なコマンド。

・回転連射(↑から右下 or 左下まで回転後 A or B)
自機が大回転しながら攻撃。回転中は無敵。
Aボタンで空中物を、Bボタンで地上物を攻撃する。
扇状連射と似たような性能。割と暴発しやすい。

・旋回(↑↓↓A or B or C)
自機がその場で旋回を行う。
旋回中は無敵。

・ヘルファイアー
(右、右、右下、下、左下、左 入力後 A or B or C ※コマンドは逆方向でも可)

5方向に広範囲に炎を噴き出す。
非常に強力だが、ゲージを大幅に消費する。


※コメント欄の名無しのデルタトライさん、隠しコマンド「ヘルファイアー」の情報ありがとうございます。


ツインイーグルII ゲーム画面その5

ツインイーグルII ゲーム画面その6

本作では、地上物やアイテム機を破壊することで、アイテムを取得することができます。
気球にぶら下がっており、時間で変化するタイプです。

アイテムの種類は以下の通り。

赤アイテム
一定時間対空ショットが強化される。
炎をまとうようになり、威力が大幅に強化される。

青アイテム
一定時間対地ショットが強化される。
緑色に変色し、爆発範囲が大幅に増す。

Sアイテム
ストックメーターが1マス埋まる。
10個溜めることで、残機が1機補充される。

ボムアイテム
銀色の気球。ボムが1発補充される。

得点アイテム
4000点ボーナス。

ゲージ増加アイテム
トリックショットのゲージが少なくなると必ず出現。
取得することでゲージの量を増やすことができる。


ツインイーグルII ゲーム画面その7

ツインイーグルII ゲーム画面その8

本作は、1ステージが3つのエリアで構成されています。ゲーム開始前に3つのルートから選択可能で、ルート別に通るエリアが変化。難易度に影響してきます。

また、ステージ開始前にはボムも選択可能。1面は1つしか持てませんが、2面は2つのボムから選択可能、3面は3つのボムから選択可能です。

全3ステージ×3エリア=9面構成。
本作はループゲームではありません。


****************************

ツインイーグルII ゲーム画面その9

ツインイーグルII ゲーム画面その10

ツインイーグルII ゲーム画面その11

本作の特徴としては、バキバキの画像取り込みを使用したグラフィックが挙げられます。

セタといえば「スーパーリアル麻雀」シリーズに代表される麻雀ゲームメインのイメージがあり、それに伴いアニメーションはお手の物という感がありそうですが、セタ開発シューティングの大半は画像取り込みによるものが主流であり、ドット絵・アニメーションとはまた違った、独特の世界観を演出しています。

代表作としては「ツインイーグル」「ウルトラ警備隊」が挙げられ、どちらも実写取り込みの良さを存分に発揮した作品です。特にバンプレスト発売の「ウルトラ警備隊」は、実写の特質を上手く活かした出来になっており、数少ない版権作品の中では屈指の出来栄えとして目に映った作品になります。

「ツインイーグル」の続編としてリリースされた本作になりますが、ツインイーグルが取り込み作品なだけに、続編もまた取り込みメイン。初代に比べても、基板性能が高くなった分、取り込み具合は益々スケールアップ。

ジオラマで作られたような都会や工場の中で、同じく実写から取り込んだようなヘリコプターや戦車がそこかしこに動き回っています。ドット絵とはまた違ったような、妙な味わいがたまりません。


ツインイーグルII ゲーム画面その12

ツインイーグルII ゲーム画面その13

ただ、本作は取り込みの魅力よりは、全体から漂うカオス具合が前面に押し出されている出来のような気がしています。取り込みジオラマの背景が余計にカオス成分を振りまいているかのようで。

何と行っても、このゲームは背景の大半が壊せる物でできているのがすごいところ。工場の建造物から超高層ビルまで、ほぼ全部壊せるのです。シューティングは破壊の爽快感がウリなのですが、何か間違った方向で破壊の爽快感を追求したような出来です。

背景を破壊しまくれるシューティングは数あれど、ビルやら建造物やらも何でも壊せるゲームというのはあまり例を見ないでしょう。


↓俺が法律だ! ヒャッハァー!!

なんという鬼畜ヘリ


街を破壊し尽くす・・・ってこれ救助??


ミッション遂行のためには、街を破壊する事も厭わない鬼畜ヘリ!
ってか、これレスキューミッションじゃなかったっけ?

やたらと逃げてるアイテムキャリアのトラックが実にリアル・・・
ウルトラ怪獣もびっくりの破壊っぷりに、みんな脱帽せざるを得ないッ


このゲームをプレイすると、敵機そっちのけで、ついついビル群を破壊するのが常。どっしり構えた高層ビルを気軽に破壊できたりするので、逆にそちらの方に気が向いてしまうという。

鉄橋を破壊すると、知らずに渡ってる戦車がみんな落ちていく姿がまた芸コマで。「前見えてないんか?」みたいなツッコミは無しの方向で。とにかく理屈なんて抜きで破壊したい人向けのゲームですね。もうこれは間違いない。


ツインイーグルII ゲーム画面その14

ツインイーグルII ゲーム画面その15

さらに破壊のカオス感を後押ししているのが、ブレイクビーツを主体とした音楽。前作ツインイーグルもやたら音楽に定評のあるゲームであり、ゲーム中に本作のイメージソングが流れるといった、変わった仕様が特徴的に映りました。

続編である本作は、さすがに歌こそ流れてはきませんが、ベースやディストーションギターがやたらと効いた音楽が、意外にゲーム中の背景とマッチしているのです。ステージによってはサンプリング音が入ってたりと、妙に気合の乗った出来。音楽は前作譲りの傾向があるようです。

それに加えて、本作ではオブジェを破壊しまくってる間は掛け声が放たれているため、余計ノリノリになってしまうのが心憎いところ。


「Yeah!!」「BINGOOO!!」「Yahoooooo!!!」とか常に叫んでたりするので、破壊を心から楽しませようとする演出が実に心憎いのデス!!!




彼は鬼畜・・・いや、ヒーローだ!!!?



彼は鬼畜・・・いや、ヒーローだ!!!
決して、緊急事態警報じゃないですよ。決して!!


****************************

ツインイーグルII ゲーム画面その16

ツインイーグルII ゲーム画面その17

ツインイーグルII ゲーム画面その18

肝心のゲーム性なのですが、基本はゼビウスタイプの空中・地上攻撃の使い分けが必要なシューティング。どちらも連発できる上、両方のショットを思いのままに連射可能なので、撃ち分けの戦略性は実質低めです。

その中において、最大のポイントは独特の操作である「トリックショット」。
いわゆる対戦格闘ゲームに見られるコマンド技にあたる操作です。

トリックショットはどれも強力な攻撃になっており、一部無敵になれるコマンドがあることから、かなり重要な動作になってます。特に無敵になれる上にコマンドが比較的簡単な「扇状攻撃」は強く、嫌らしいポイントではその効果を大いに発揮してくれます。

ゲージ管理が大変そうに見えますが、ゲージアイテムが足りなくなってもすぐに補充されるため、コマンドの使い方さえ誤らなければ、頼りがいのある操作になっています。後半はほぼコマンド前提で動くような場面が見受けられますので、コマンドを多いに使いこなせれば遊べるゲームにしたかったのかな、と思ったりはします。


ツインイーグルII ゲーム画面その19

ツインイーグルII ゲーム画面その20

ただ、シューティングゲームとして見ると荒削りな部分が非常に目立つ出来になっていて、思ったように楽しめない向きが見られそうなゲームにも思えます。ある意味大味と言いますか。

このゲーム、いつの間にかミスするような場面が多く、遊び立ての頃は、知らない間にミスになってることが多々あります。そこら中にあるビル群を破壊しまくってたら、「なぜか知らないけど、自機が減ってた」とか。

破壊を楽しむだけ楽しんでる間に残機を失って、フタを開けてみると早いうちにゲームオーバーになるケースが多いのです。背景の破壊物がが激しく散乱するゲームであるためか、何が原因でミスになったかが分からなく感じられるかもしれません。


ツインイーグルII ゲーム画面その21

ツインイーグルII ゲーム画面その22

ミスの原因の大半は地上物の攻撃、あるいは空中物の体当たりによるものなのですが、ノーミスを目指すとなると、どちらも2面あたりから嫌らしさを実感する攻撃であり、後半面は激しさを増すこともあって、まともに交わすこともままならないという。

中でも地上攻撃は非常に陰険極まりなく、レイフォースのような敵弾が徐々に大きくなっていくといった演出を端折っているためか、いきなり空間から弾が飛び出しているようにも見えます。敵機を破壊しようと近づくと、自機の真上に直接放ってくるせいで、何故か自分がミスってた事になりがち。

また、空中物についても、スクロールで画面外に出て行ったものにぶつかったり、ものすごい飛び方をする敵に知らないうちに体当たりされたりと、これもミスの頻度が非常に高いです。ザコ敵でもサクッと倒せるものではないため、通常のシューティングの感覚で撃ち切ろうとすると、実は非常に危険。

敵を撃ち込むとショットが貫通するために、敵に当たり判定が無いように見える錯覚も原因の一つになるかもしれません。しかし空中を飛んでる敵にはしっかり当たり判定があるために、嫌らしい事この上ないという。

加えて前述のように背景の破壊物が散乱している事もあり、ごちゃ付いてて画面が見にくくなってしまっているのも、それに輪をかけて難しくしている一因になっていると思います。


ツインイーグルII ゲーム画面その23

ツインイーグルII ゲーム画面その24

他にも、ボス戦で自機が自動的にボスの方向を向く時の挙動が何かおかしい、コマンド入力が負担になる部分もある、ステージ選択やボム選択の概要が分かりにくいなど、シューティングとして見てみれば、どちらかと言えば欠点が目立っているようにも思えます。

そういうこともあり、自分の評価としては、破壊衝動を引き立てる演出は素晴らしいと思うのですが、シューティングとしての作りはかなり残念な出来になってるな、といった具合です。細かい部分がまるで煮詰め切れていないせいか、多少消化不良な出来になっていると感じます。

シューティングとしての細かな調整ができていないようにも見受けられ、実は調整不足のままにリリースしたのではないかとも思えるのです。同じ取り込み画像を利用した同社のウルトラ警備隊の方が、まだシューティングとしての体を成しているようにも感じられます。


ツインイーグルII ゲーム画面その25

ツインイーグルII ゲーム画面その26

中盤・後半戦はまともに交わすにはやや無茶な攻撃が多いこともあり、安定して先へ進むとなるとトリックショット(特に扇状連射)の使いこなしが大切です。しかしこれに関しても、コマンド技が苦手だったりすると、非常に難易度の高いものに映るかもしれません。

あまつさえ動き回るのがウリのシューティングゲームの特質上、とっさの判断でのコマンド入力が難しかったりします。出すメリットの少ないコマンドもあるためか(ホーミングミサイルなど)、これに関してもやや調整が必要だと感じた次第…

というか、自分自身がコマンド技が苦手なタイプなため(逆昇竜拳コマンドなどができないレベル)、この辺りがネックになって当時は思うように遊べなかったという経緯があったりします。複雑な操作はニガテナンデス・・・


そんな訳で、レバーコマンドとシューティングの相性の良さについて調べると何か面白い事が発見できるかもしれませんね。と軽くお茶にごし。


****************************

ツインイーグルII ゲーム画面その27

ツインイーグルII ゲーム画面その28

ツインイーグルIIは、シューティングにコマンド入力を導入したり、並み居るビル群を叩き壊しまくれる爽快感が得られるなど、見所もある一方で、ゲーム的には調整不足の感も否めない出来になっているためか、遊びにくさも目立つような造りです。

もう少し調整したら良い出来になる素質があるだけに、やや残念な出来ではあります。コンセプトや音楽はかなり良かったために、その辺りは勿体無かったかな、と。でも前半面からビル群を思いのままに破壊できるため、理屈抜きで遊ぶ分には良いのかもしれません。

出回りはどうかわかりませんが、ゲーメストで結構大々的に取り上げていたゲームであるにもかかわらず、知名度はあまり高くないようです。ネットで検索しても本当に引っ掛からず、どちらかと言えば前作の方がメインで引っかかっているという始末。


おかげで隠しコマンドが全然わからなかったぜ、ヒャッハー


ツインイーグルII ゲーム画面その29

ツインイーグルII ゲーム画面その30

なお、本作は家庭用には全く移植されていません。ゲーセンでもなかなか見掛けないゲームなので、実機でプレイする機会もそこまで多くないかもしれませんね。



<動画>

★ツインイーグルII 全面クリア動画




テキストリンク
その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7


KRTさん(三十路)による、ノーコンティニュークリア動画。

コマンド入力による回避ができないと、結構難しいゲームです。
ステージ3が使い回しっぽいのがちょっと残念。



★ツインイーグルII 音楽集



テキストリンク

実は音楽が良く出来てるツインイーグルII。
ネーミングの時のイカした音楽は大音量で聞くとスゴいんですよ。

| シューティング千夜一夜 | Comments(8) | Trackback(0) |

コメント

こりゃ、ウルトラ怪獣や宇宙人もクモの子散らすように逃げ出しちゃいますね。(笑)

2011年01月16日(日)13:41 ハートキャッチ闇夢 #- URL 編集
前作のツインイーグルとウルトラ警備隊は上大岡のジアス?のエミュ機でプレイしたことがありますけど、ツインイーグル?はうちの近所のゲーセンでは見ませんでしたが、アスキーのログインという雑誌でも紹介されてました。

しかし、前作は敵討ちの為に戦って、今回は破壊の為に戦う…まさにカオスですね。
STGにコマンド入力という斬新的だけど、コマンド入力が苦手な人だと苦行だったり…。
(自分もコマンド入力苦手な人の一人。)

ストレス解消に最適(爆)

2011年01月16日(日)21:03 わで~ん #txc726Mk URL 編集
画像取り込みのグラフィックもさることながら、とにかく破壊行為というものが、これだけ快感になるゲームというのも珍しいですね(笑)。
自機の攻撃で、あっけなく派手に崩れさっていく建築物…ミッションの事を忘れて破壊行為に精を出すのも止むなしでしょう(笑)。

>トリックショット
ちなみに、ゲーム遊で新作情報の第一報として本作を取り上げた時(ゲーセンに出回る前のバージョン)は、メーカーから最初に送っていただいた資料を使ってコマンドを掲載したのですが、一部の攻撃で発売バージョンとは若干コマンドが違っていましたね(ex.回転連射がレバー1回転+ボタンとか、旋回がレバー下3回+ボタンとか…)。
恐らく発売までに変更されたと思うのですが、いずれにせよ縦シューでの咄嗟のコマンド入力というのは、ちょっと現実的ではなかったのではないかと…。

>逆昇竜拳コマンド
今でこそ正逆どちらでもイケますが、私の場合、最初は逆昇竜拳から出せるようになってましたね(でもダッシュ以降はザンギ使いですが…笑)。

救助が目的だったとは(汗)

2011年01月16日(日)22:19 通天 閣男 #C9/gA75Q URL 編集
一応リアルタイムでプレイしてましたが、自機が攻撃ヘリ(アパッチそっくり)で、かつ何でも破壊できるので、気づきませんでした(^_^;)。
今見てもレベルの高いグラフィックだなぁ。
「怒首領蜂大往生」のグラフィックって案外これ参考にしていたり(それはないない)。

それはさておき、個人的な意見としてこれといい「スカルファング」といい、シューティングゲームにコマンド入力というのは、致命的に食い合わせが悪いと思うのです。
僕もコマンド入力がダメな部類のプレイヤーだということもあるのでしょうが、四方から飛んでくる敵や攻撃に対してボムみたく緊急回避に使えないんですよね。
当時は対戦格闘全盛期でしたから、そこからプレイヤーを引き込みたいという狙いがあったのでしょうけど、シューターには難しく、格闘ゲーマーには見向きもされずのどっちつかずになってしまった感があります。
これらコマンド入力が必要なシューティングゲームがヒットしなかったことからも、あながち的はずれではないと思うのですが、いかがでしょう?

末尾になりましたが、今年もシューターのツボを押すレビューを期待しております。

セタSTGは漢のゲーム

2011年01月16日(日)22:40 市民ジョー #- URL 編集
うーん、ツインイーグルは1しかやった事ないんだよね・・・・
2も有るとは知ってたんですが、こんな作品だったんですね。
セタお得意の実写取り込みが一段と昇華された泥臭い雰囲気が大好物ですよ。今度見かけたらやってみよーっと。
にしても「特殊部隊U.A.G」といい、「CAL.50」といい、セタの戦場モノへの拘りはそれこそ往年のデコやコナミ以上のものが感じられますね。画面からもうアツクテシニソウ(笑)。

>何でも壊せる
当時としては斬新かつ大迫力な表現ですよね。
今では主に洋ゲーのオープンワールド系の作品がこんな感じですね。有名なものではEA(エレクトリニック・アーツ)社の「マーセナリーズ」シリーズとか「レッドファクション」なんてものが有ります。

>自機
うん、まんまアパッチじゃないか。
1ではエアーウルフ系だったのに、今作ではそのまんまってのが潔いですね。
そういえば、かの辰巳電子も「アパッチ3」なんていう"黄金アパッチのアフターバーナー"を出してましたね。1989年辺りか?

また知らない・・・

2011年01月17日(月)10:55 kuma #- URL 編集
 タイトル来ちゃったよ・・・と、思ったらトリックショット!?
 知ってるよ!やったよ、ワンコインだけ。
 2枚目も画面も見覚えあるし!
「格闘ゲームが流行りだからって、これはないよなぁ」
 と、思った記憶が。
 でも、コマンド入れたら特殊攻撃って、ダライアス外伝のキャプチャー中ボスでもやってたし、気にすることはなかったのか。
 実は、撃てばバッカバッカぶっ壊れて楽しかったのですが、レビューにありますように「あり?死んでる」が、1面に3回(つまり、ゲームオーバー)あって「修行するには、他にやるゲームあるしなぁ」
 と、1回こっきりだったのです。
 タイトルすら忘れていたという、まさに一期一会。
 ゲーセンの雰囲気はおぼろに覚えているのですが、10年ぐらい前のゲームでしたか?

テロゲー

2011年01月18日(火)04:20 名無しデルタトライ #- URL 編集
そしてバカゲーw
そもそも、このゲームは何のレスキューなのかと言う・・・

無駄にあれこれ破壊出来るのは良かったですが、ゲーム性はお粗末と言わざるを得ない出来でしたね・・・
もっとも、これくらい極端なら外人ウケはよさそうなも気もしますね。
過去取り上げたニンジャコンバットも、外国でヒットしてたらしく・・・

コマンド、一つハッキリと記憶してるのが・・・
ヘルファイアーって名前で、右、右、右下、下、左下、左(逆も可)でボタン3つ押しってのがあったはずです。
14枚目のスクリーンショットの奴がそれでしょうか。
ただ、これ強いけどゲージのほとんどを使い切るダメな子だったような・・・

2011年01月20日(木)23:25 XDR #3/2tU3w2 URL 編集
昔 1,2度だけプレイした事がありますが
良く言えば豪快で大迫力なSTG
悪く言えばオオザッパで大味なSTG ですね

それも含めて、画面質感やら様々な要素で
アメリカでウケそうなSTGですね(笑)日本でよりも。

救助とは・・・

2011年01月22日(土)02:52 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>ハートキャッチ闇夢さん
前作は割とメジャーっぽいですので、あらゆる場面で見掛けることが多いでしょう。IIはゲーメストなどでは見たのですが、意外と知られないところなんでしょうか…

>破壊の為に戦う
でもこれ、飽くまでも「救助」ですからwww
そんな救助活動があるか、って具合の破壊行為ですが、救助と言うからには、これは仕方がないことなのでしょう・・・・・


>わで~んさん
ツインイーグルIIは、ビルが妙にリアリティありますからねー。マルキューのようなものを片っ端から薙ぎ倒すのは、ウルトラ怪獣の如くの所業というか。

>トリックショット
ゲーム遊ですか!そういえば編集に携わっていましたねー。自分は確かアンディボガードが表紙のものを持っていたような(今は残念ながら無いですが…)。

トリックショットのコマンドは、何となく見た覚えがあります。下3回入力は確かにありましたね。格ゲーのコマンド系入力苦手な自分にとっては、うへーって感じでしたがw

常に動き回るシューティングの特性上、コマンド入力というのはちょっと合わないものかなー、と感じる次第です。旋光の輪舞のような対戦ゲーならまだわかるのですが、普通の縦スクロールシューティングになると、コマンド技はちょっと厳しいかもしれません。

>ダッシュ以降はザンギ使い
高校生当時、ザンギスペシャリストの友人にボコボコにされましたねー。
こっちはブランカ使ってるのにwww


>通天 閣男さん
実はタイトル画面にしっかりと「The Rescue Mission」って書かれてたり。どこが救助やねん!って突っ込みたくなる気持ちは山々なのですが、救助なので仕方ないのです。

>スカルファング
これもコマンド技入力がキモになってたゲームになりますね。コマンドどころか、ゲーム自体も癖が有り有りで(主にチェイスモードとか)、簡単に取っ付けない印象のあるゲームに見えます。

それにしても、普通のシューティングにコマンドっていうのは、イマイチ食い合わせが悪く見られがちですね。簡単すぎると暴発するし(現にツインイーグルIIでもよく暴発する)、逆に入力がシビアになると、コマンドの旨みが活きてこないというか。


>市民ジョーさん
前作が結構知名度が高い分、IIは妙に振るってない感が否めないですね。
とにかく泥臭さのセタ作品とくれば、この作品は個人的には外してはいけないゲームだと思っているので、見掛けたら是非プレイしてみてくださいませ。

>何でも壊せる
最近の◯箱ゲームのFPS/TPS作品(特に海外作品)などはガッツリ壊してナンボのゲームが多いですからねー。フルブレイク系はゲーム性云々を問わず、壊してスッキリ!といった狙いがあるのかもしれません。

>辰巳電子
アパッチ3ありましたねー!その後(前だったかな?)には、チェイスHQに激似の「ラウンドアップ5」とか出したりして。出荷数も相当少なくて、今や誰も知らないゲームっぽい扱いみたいですが。


>kumaさん
おお、このゲームはプレイしてましたか。良かったです。
そういえば、ダライアス外伝やGダライアスの中ボスもコマンドで特殊技出せますね(ハイスコア狙うとなると、使用頻度が高いという)

>あり?死んでる
ツインイーグルIIではよくあること・・・

本当に何故ミスになったのかがわからないゲームですねー。空中から突然現れた敵機とか敵弾とかに触れるものだから、理不尽さもひとしお、といった具合でしょう。


>名無しのデルタトライさん
ゲームの中のアパッチ?さんは何かをレスキューしているつもりなのでしょうけど、それにしては、どこにもレスキューのレの字も見られないほどの救助?活動ですよね。むしろ、逆に街を火の海にして回ってるという。

>外人ウケ
あぁ~、これは確かにニンジャコンバットとの共通点が見られますねー。外国ではバリバリコインを入れまくるのが基本スタイルらしいですから、ツインイーグルIIも海外ではウケた作品になるかもしれません。

>ヘルファイアー
コマンド入力の情報ありがとうございます。早速記事に反映させてみました。
ヘルファイアーのコマンドは、仰ってるとおりのレバー入力に加え、ボタンは空中・地上・ボムのどのボタンでも発動するようです。

ちなみに、スクショのものは2面から使える火炎ボムですね。


>XDRさん
豪快さはウリなのですが、逆にゲーム性が整っていないせいで大雑把にも見えかねないゲームでしたね。もっと細かいところまでシューティングの作りが行き届いていれば・・・

案外割り切って、海外向けを目指したゲーム、ということならばこういったゲーム性でも説明はできそうですね。まさに、こまけぇことは(ryのノリで。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/958-561ecd35

| HOME |

Calender

<< 2017年07月 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。