あたっく系

シューティング 兵どもが夢の跡

Profile

K-HEX
今年もよろしくでゲソ

ツイッターはじめました。
http://twitter.com/#!/khex7495


K-HEX

★pixiv直行便
pixiv行き



★finetune

K-HEXのオススメ
Born Slippy (underworld)



★なかのひと
なかのひと

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | Comments(-) | Trackback(-) |

ここ最近Xbox360でリリースされたシューティングをがっつりレビューしてみる

いやー、ここ最近の箱界隈は熱いですねー。
ほんの1ヶ月で多くのシューティングタイトルがリリースされてるわけで。


ソフトいっぱい


今までの鬱屈を晴らすべく、リリースされたシューティングを全部買ってしまいましたよ。ここまでのタイトルの充実ぶりには驚かされますよね。どれもが特徴的なので、がっつり遊び倒すのも大変。

これまでのシューティング作品において、ケイブ以外からパッケージが一月の間に3作品もリリースされることって滅多に無いことですし、ダウンロードコンテンツも、ストラニア・トラブルウィッチーズなどの骨のある作品が揃っていて、シューターにとってはウハウハ状態。

まさに「シューティング春の陣」と言うべきでしょうか。
GWで結構やり込んだ方も多そうですね。


そんな訳で、今回はここ1ヶ月の間に購入したシューティングを、所感レベルでレビューしていこうかと思っています。あくまで個人的な感想に留めてはいますが、購入する際の参考にしていただければ幸いでございます。

対象作品は
「エスカトス」 「バレットソウル」 「オトメディウスX」
「星霜鋼機ストラニア」 「トラブル☆ウィッチーズ ねお!」

の5作品。

1作品につき、平均大体10~12時間プレイした上でのレベルなので、まだまだやり込み次第で面白くなりそうなものですが、とりあえず所感レベルなので一つの指針として見るのが良いかと思われます。


****************************


では早速開始~


★エスカトス

シンプルさが味「エスカトス」

まずはこれ。エスカトス。
リリース前は貧相なグラフィックでフルプライス?などと散々ネット上で叩かれていた作品になりますが、シューティングとしての素質はなかなかのもので侮れません。

正面のフロントショット・広範囲に広がるワイドショット・バリアの3つを使いこなして全ステージを踏破するオーソドックスなシューティング。特に媚びたところがなく、シューティングにじっくりとのめり込めるように出来ているのがいい感じです。

傾向としては、従来の弾幕というよりは速い弾、少ない数の弾で殺しにかかる場面が多く、また、体当たりを行う敵も多い印象。後半ステージに進むと弾幕ゲー並みに弾密度の高くなる場所もあります。

ゲージがある限りは何度でも張れるバリアの存在が、本作に適度な攻略性を与えてくれてますね。加えて、フロントショットとワイドショットの使い分けも使う頻度が高いため、案外技巧派に好まれそうなシステムです。ワイドが真正面に放たれないのが、実は微妙に嫌らしかったり。

モードはオリジナル・アドバンスド・タイムアタックの3種類があり、オリジナルとアドバンスドには、それぞれ最大4種類の難易度設定ができるようになってます(最高のHARDESTはレベルを上げることで解禁)。アドバンスドはパワーアップと得点アイテムが加わったモードで、通常のオリジナルよりも計画的な動き方が求められます。

さらに本作には、エスカトスの原型であるワンダーウィッチ製の「ジャッジメントシルバーソード」、それをシューティング検定みたいにアレンジした「カーディナルシンズ」の2作品が追加。家庭用のハードにして、難易度はかなり骨のあるレベルになっているため、意外と遊び甲斐のある作品に仕上がってます。


現在はオリジナルをメインに遊んでいますが、シンプルなシューティングにしてはしっかりと計画を立てて行動しないと難しい印象を受けました。イージーは文字通りぬるい設定であるものの、ノーマル以上のレベルは、アーケードを遊び慣らしたゲーマーでも一筋縄ではいかないでしょう。

前半戦はまだいいのですが、先に進むに従って敵の動きが複雑になり、かつ放たれる弾数も多くなってくるため、先手で攻めていくことが重要です。バリアの使いこなしもまた重要で、バリアばかり張ってると敵が攻撃できずに逆にピンチになったりするので、この辺り実に上手くできてるよなー、と思いました。場所によってはバリアで敵の体当たりを防ぐ場所もあったりとか。

ただ、度々起こる視点変更でミスになることがあるのがちょっとした欠点かな、と感じます。何故か角度変更した瞬間に残ってる弾幕に突っ込む確率が多かったり。角度変更の時はせめて無敵になれたら良かったかなー、と。エスカトスは残機が結構増えるのですが、後半、特にラスボス付近はノーマルといえどかなり難しいレベルなので、1ミスがかなり響いてきます。

それさえ気にならなければ、ボム無しシューティングにしてはかなり頑張ってるレベルではないかと。シンプルさ故にすっきりしたゲームを遊びたい時にはオススメの作品です。個人的にはHARDESTの絶望的なレベルを是非見てもらいたいもので(笑)

あとジャッジメントシルバーソードとカーディナルシンズもなかなかの出来具合。初めてプレイすると、あまりの難しさにビックリするかも。



★バレットソウル

「攻める事こそ王道」バレットソウル

前々からプロモーションの展開が大きかったバレットソウル。
開幕、オープニングのアニメみたいな演出にビックリさせられるのではなかろうかと。

ゲームは単純で、広範囲に出るワイドショットと前方攻撃がメインのクロスショットを使い分け、敵をガンガン破壊していくというスタイル。敵を破壊すると、その敵の放った弾幕が全部消えるため(抜け殻みたいになる)、圧倒的な弾幕があっても一気に体勢を立て直すことができます。

キャラクターはゼンイチ、ユン、サダハールの3人。威力面が実は充実しているゼンイチ、攻撃範囲の高さでザコ処理に有利なユン、接近戦のクロスショットの攻撃力が抜群のサダハールと、それぞれの強さを生かした攻略ができるのが面白い点です。

モードは通常モードと番長モードの2種類があり、通常モードは1面から通しでプレイするモード、番長モードはステージ別に遊べるモード。通常モードについては、特定条件下(星7つゲットして全5面クリア)で、2周目に突入できるようになっています。2周目はまさに地獄絵図。ついでに真ボスも用意されてます。

ステージには隠しポイントが大量に仕込まれており、特定の敵を破壊する、または特定の条件下で敵を破壊することによってボーナスをゲットできるようになってます。とにかく開発のテーマ通りに、いかなる時も「攻める」事が重要なゲームなのです。


今回紹介しているゲームの中では、最もケイブシューティングのような弾幕を味わえる作品。ただし、このゲームの弾幕は「避ける」事よりも「消す」事に重点が置かれてるため、絶望的な状況を作らないためのお膳立てが何よりも重要なゲームに見えます。

まともに避けられないことはないものの、本作の弾幕は正面きって避けられないような激しい密度のため、弾を減らすためにもガンガン攻めないといけない、とにかく生き残るには目の前の敵を速やかに処分する!というタイムアタック的な要素もあるように思えました。色濃い特徴を持ったシステムに、自分は好感が持てます。

ともあれ、ボス・中ボス戦は弾消しができるまで弾を避けて粘らないといけない局面があるため、ある程度の弾幕に対する耐性は必要。弾幕が苦手だとちょっと辛く映ってしまうかもしれません。後半の弾幕も、簡単に敵弾を消せないポイントがあるため、処理次第で弾幕の海に投げ出されてしまいます。ケイブシューティングをやり込めるだけの地力を持ってないと辛いかも。

それでも、救済措置としてオートボム(キャラセレクト時にYボタン)を搭載できるのが良い点。スコアは落ちますが、まずはこれを利用して全5面クリアできるようにするのが攻略の第一歩でしょうか。クリアできるようになったら、今度はオートボムを外して、スコア稼ぎの道を踏み出す、とステップアップを計ることができます。

先程タイムアタックという言葉を出しましたが、隠しキャラの仕込み方が往年の「スターソルジャー」に代表されるキャラバンシューティングを彷彿されるのがミソ。デライラ同時破壊みたいなギミックがあるあたり、絶対意識していたに違いないでしょう(笑)


あと、ゼンイチと聞くと、8年ぐらい前の同人ゲーム「Zen-ichi」を思い出してしまうのは自分だけ?初期キャラ3種類というのもそっくりだし・・・

参考



★オトメディウスX

期待された続編「オトメディウスX」

個人的には問題児です。オトメディウスX。

文字通り、アーケードで登場した「オトメディウス」の続編。箱でリリースされた「オトメディウスG」の続編ということにもなるでしょうか。キャラクターは全員オトメになって登場(エモン5ェ・・・)。パワーアップのシステムやダウンロードのシステムなどは、ほとんどGを継承しています。

キャラクターは初期メンバーは全部で7人。覚醒亜乃亜、エスメラルダ、ポイニー・クーンの3人が追加で使用可能。さらに、ココロ・ベルモンド、ストラーフの2人がダウンロードコンテンツで追加予定。これで12人。賑やかさなら引けを取らんぜ!!


とまぁ張り切ってはみたものの、個人的な感想としては「うーん・・・どういうことなの・・・」と言わざるを得ないという・・・。実際に多くの人がガッカリしたのではなかろうかと。グラディウスに深い思い入れがある人ほど、落胆ぶりが半端なく見える・・・というのは前もどこかで言った気がするな(笑)

とにかく武器のバランスが著しく偏っているのが難点でして。前作のGから武器の強さの偏りはあったのですが、今回はそれがさらに酷くなっている印象。特にグラビティバレット、ウェーブ、ラウンドレーザーといった面々は本気のバランスブレイカー。持ってみてその強さに驚愕した人は数知れず。ウェーブは見つけにくいのが救い・・・ってこれ言ったらあかんかな。

正直、これらの装備を持ってしまえば、腕が半端なゲーマーでもスイスイ進めちゃうという禁断の果実。ジオ姐さんのオプ固定グラビティバレットでボスが瞬殺される様は、何か乾いた笑いが溢れんばかりでしたもの。エスメラルダに至ってはプラトニックバーストも含めて全身凶器としか言い様が無い有様。ヒィィ

低難易度だけならまだ良くて、むしろ、インターフェースや設計の部分で多くの部分が消化しきれていない印象を受けてしまいます。自分はこの辺りがマイナス評価の原因になってるんじゃないか、と感じますね。

例えばキーコンフィグにしても、ショットと連射ショットがあるものの、ショットボタン押しっぱなしで連射ができてしまうため、連射ショットが実質意味無いとか。連射ショットをメインで割り当てると、レーザー系の武器がカスのようにしか出ないので、お前は何のためにいるんだって話で。

他にも武装のバランスはもちろんのこと、細かい部分での変な仕様を見てると、十分デバッグし切れてないような所がポロポロと見て取れます。ボスの遮蔽板が装備によって全然撃ち切れないようになっていたりとか。亜乃亜のホーミングレーザーが何故かザコ一体に向かって全部飛んでったりとか。さらに、前作にあった階級に至っても、リザルト画面でしか確認できないっていうのは、手落ちの度が過ぎるような・・・

あと、前作のDバーストにあたるプラトニックバーストが、実は無限使用できるんですよね、これ。取扱説明書に詳しい説明が何も書いてないから、てっきりクイックバーストと共用かと思い込み、買って数週間経った後に、ようやく気がつくという始末。この仕様っていいのだろうか・・・

言いたいことは山ほどありますが、とにかく不具合なのか仕様なのかよくわからない部分が多数見受けられるせいで、グラディウスシリーズの中では、あまり良い評価を得られてないような気がします。まだGの方が楽しめるという。音楽や演出に光る場面が多いため、すごく勿体無い印象を受けるんですね。

本気でシリーズを楽しもう!とする気概が無いと、絶対に楽しめません。
これは断言しておきます。

逆に低難易度ということもあり、シューティングが苦手な人にとっては良い入門用ソフトになりそうです。一番難易度の高いエキスパートモードでも難易度は総じて低め(というか設定自体意味なさげ)なため、入りたてのきっかけになるゲームには丁度良い・・・のかもしれません。

ダウンロードコンテンツの出来次第では、バランス面で大きく化ける可能性も無きにしもあらずではありますが、現時点では何ともいえないのが口惜しいところです。

っていうかココロさん早く使いたいよママン



★星霜鋼機ストラニア

多数の武器を使いこなせ「星霜鋼機ストラニア」

一度感想は書いているのですが、改めてもう一度。
前回の所感についてはこちら。

ショットボタンと武器切り替えボタンを使い、適切に武器を切り替えながら難局を乗り切るシューティング。武器の数が非常に多く、全部で9種類+α。最近のアイテムが2~3種類ぐらいしかないゲームに比べると、明らかにこの数は多め。アイテムの特性をしっかりと見切る必要があります。

武器にしても、それぞれがはっきりとした特性を持っているため、これらの特性を知ること、そして、その特性にあった場所で相性の良い武器をしっかりと使えるようにすることが本作の攻略。横にしか出ない武器など、クセの高さが際立つ武器が多めなので、ただ撃って避けるだけの生半可な攻略はできないようになっています。


本作に見られるのはその「クセの高さ」。武器切り替えからして非常にクセの高さを感じられるもので、しかも武器の量がかなり多く、最初は何が何やらって具合に陥りやすいのです。プレイ感覚を掴む時点で頭が混乱するようでは、本作にはついて行けないかもしれません。

難易度調整はできるのですが、ノーマルレベルからして難易度がかなり高めになっているので、一見さんには確実に辛いゲームに映るはず。さらに1ランク低いイージーランクを作っても良さそうな気が。現に、ノーマルとハードでは真ラスボス以外は違いが無いようにも感じられますし。

本作で見られるのは、最近の弾幕シューティングに代表される「惰性でも何とかなりそう」なゲームとは違い、昔ながらのパターン作りが重要視されるゲームの側面になるでしょうか。地力が足りなくてもできるゲームでは無いため、本作はある意味玄人向けですね。

4面ボスや6面ボスに代表される、攻撃パターンを知っていても難しいボスの存在が、本作を楽しむ上での境界線になるやもしれません。パターン全部把握していても、本当に喰らう確率が多いんですよ。エフェクトを伴った攻撃が見辛いの何のって。

最近になってアップデートされており(2011/5/3更新)、当たり判定の色変更、ミサイルやボムの性能変更、その他バグ修正などが行われていますが、根本的な難易度の変更はありません。トレーニングでライフが9に出来るのがある意味救いかも。今後のDLCで予定されているバウワーサイドがどのような出来になるか、期待が持てます。



★トラブル☆ウィッチーズ ねぉ!

コインジャラジャラの爽快感「トラブル☆ウィッチーズ ねお!」

元々は同人シューティングであり、そこからアーケードに派生、めでたく箱移植の経緯を経ています。ゲーセンでの出回りが芳しくなかったため、アーケードでの知名度は非常に低いものですが、箱移植によって、ようやく気軽にプレイできる環境が整ったということで、今後の躍進が期待されるタイトルでしょう。

ショット、魔方陣、カードの3種類の武器を使いこなして、全6ステージ+αを踏破する、弾幕基調のシューティング。弾幕を魔方陣で止めて、敵を倒して弾を消していくという、弾消しタイプのシューティングに属するため、ゲーム性としてはバレットソウルにもやや似ているかもしれません。

弾をコインに変えながら、ボムに相当するカードを買い、難しいポイントでカードを使って難局を乗り切るという、なかなか骨のある内容。後半ステージほど一見して難しいパターンがてんこもりなので、やり込む価値は十分あると思います。

本作は360モードがメインで、ベースとなったアーケード版も収録されているという太っ腹ぶり。360モードのアーケード版との違いは、新キャラ追加(サクラコ、DLCでリュッカ追加予定)、新カードの追加、キャラ性能の微妙な変更など。敵の行動パターンはアーケード版ベースで、ほぼ変わりがありません。


アーケードそのまま+αの内容で800MSPとリーズナブル。コストパフォーマンスの点では非常に好まれるのではないでしょうか。ラウンドセレクトができないのが口惜しいところではあるものの、それを差し引いての遊びやすさは賞賛されて然るべきでしょう。

何よりも、アーケードではまるでプレイできなかったので(今は亡き川崎シルクハットで3回プレイした程度・・・)、こうして家庭用でガンガン遊び倒せるのがいいですね。いい時代になったものだ(北斗のシン口調)

360モードの新キャラ「サクラコ」は、全キャラクターを使った上で語ると、ものすごく使いやすいレベル。魔方陣の展開時間が長い点と、ショットの強力さがあるため、まずプレイに慣れるという意味では、彼女の存在はかなり重要だと言えるでしょう。サクラコの追加は、非常に意義のある追加だと思います。

そして追加カードの「デコイ」と「ロール」。これらも割と強力なカードになっており、使いどころさえ誤らなければ相当強力な武器になるでしょうか。特に弾幕をほぼ無効化するロールの使い勝手が異常。スターコイン稼ぎにも有効で、スコア稼ぎにも一役買ってます。

欠点は画面の見難さになるでしょうか。何でもない様な弾幕に当たったり、黄色くなって浮遊している単独の弾に当たったりすることが多いので、いつの間にかミスになっていることが頻繁に起こりますね。背景も割とごちゃっとしている印象もありますから。

とは言え、弾幕をコインに変えていく爽快感に取りつかれたら病み付きになること間違いなし。魔方陣がしっかり使いこなせれば、弾幕を必ずしも交わす必要が無いようにできているのが上手いと思います。各種モードについても、初心者にやさしいラクラクモードから、上級者御用達のゲロゲロモード(1度でもALLクリアで出現)まで、モードも充実していますよ!

個人的にはかなりオススメのタイトル。値段の安さにして、ここまでのクオリティのゲームができるというのが、何よりも感動ですね。ドキドキモードでも5~6面がかなり難しいですが、非常に骨のあるシューティングに出会えた気がしたので、時間のある限り徹底的にやり込んでみたいと思います。



****************************


とまぁ、所感レベルのレビューになりますが、参考になりましたでしょうか。上記で挙げた5作品はいずれも特徴のあるものばかりなので、ここ最近は見られないほどのバリエーションの深さに驚かされるばかりです。

弾幕系ならバレットソウルかトラブルウィッチーズ、速弾系ならエスカトス、技巧派な貴方はストラニア、オトメXは・・・あまりシューティングを触らない人向けになるでしょうか。

オトメXは本当に残念なレベルですが、他の作品はどれも一長一短あって特徴があるのがいいんですよね。通常の難易度でアーケードレベルの難易度を持つシューティングが多いため、ゲーセンでシューティングやってた人間に取っては、これだけのシューティングをガッツリ遊べるのが素直にうれしい事だと思っています。


自分の現状は、トラブルウィッチーズの攻略に心血注いでる最中でして。ここまで遊び勝手が良いゲームって他には見られないものでして。いずれは全キャラドキドキモードクリアができるようになればいいかなー、と(現在シンフィで真ボスが最高)。

今回は紹介していませんが、トレジャーの名作バンガイオーのアレンジ「バンガイオーHD ミサイルフューリー」もリリースされてるので、こちらも是非ダウンロードしてみることをオススメします(というか、自分もこれからやりますw)



私信:よこしま君、メッセージ見たよ!
でも、僕はゴールドじゃないから返信できないの・・・

| ゲーム与太話 | Comments(22) | Trackback(0) |

コメント

自分はPS3ですがFPS、TPSしかやらん

2011年05月08日(日)22:25 市民ジョー #- URL 編集
上に挙がっている全部見たこと「だけ」ならありますね。
エスカトスのタイトルロゴがまんまゼビってるのが面白かったです。
うーん、でも最近のハードで2Dはやりませんねー、渋い洋ゲーばっかり集めてるんですよ・・・
最近はもっぱら「Fallout3」っていう世紀末FPSをプレイ中です。
そういや、トラブル☆ウィッチーズってクエストの「マジカルチェイス」の影響を受けているそうですね。
ってSNKが販売担当してんのかい!(知らなかった)ついこの間「Arcade crassics ゼロ」を買ったばかりなんですよ。PSPで遂に「ASO」や「怒」三部作ができるんです。「原始島」とか「ゲバラ」とか「脱獄」まで収録されてます(笑)

興味があったら是非触ってみてください

2011年05月08日(日)22:53 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>市民ジョーさん
今現在のハードは3D系のFPSやTPSが流行ってるから、こうした意見も致し方無しといったところでしょうか。箱も割とTPSで株を稼いでいるようで、周囲の箱持ちも割とL4DとかFalloutとかにハマってたりはしますね。

>SNKが販売担当
プレイモアが関わっているんですよね。
最初のロゴで少し驚いたものですが、アーケード向きにアレンジできている点では賞賛して然るべきと感じました。

>Arcade crassics ゼロ
シューター的にはASO超オススメなんですが、個人的にはハル21が好きですね。

熱いぜ箱○!

2011年05月08日(日)23:08 黄魔術士 #RFphBmaY URL 編集
オトメは発売日に買いましたー。
エキスパート10周目設定にしてもぬるすぎて大丈夫なんだろうかこれって感じでしたが、COOPでゆるゆるやる分にはそこそこ楽しいです。ボス登場時とかのテンポが悪いのはマイナスポイントですけどね。

ストラニアとバレットソウルは買った/DLしたけど積みっぱなしですねー。ストラニアはやりこみたいのですが。ソードが楽しいです。ずばしゅずばしゅ。

あのぬるさがポイント

2011年05月08日(日)23:39 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>黄魔術士さん
STGやり込んだ身だと、オトメのぬるさは確かに異常ですね。10周目でもそれなりに渡り歩けるというレベルというか。自分も延々とボスラッシュでループ回してましたし。でも、COOPでの評価は確かに高いみたいですね。

>ストラニア
これソードの強さはかなりのものですよ。ほとんどのボス戦で役に立つので、段位が上がりまくるのも良くあることだったり。

正に「箱○春のSTG祭り」

2011年05月09日(月)16:49 みなもりゅうぞう #- URL 編集
自分はエスカトス、トラブルウィッチーズ、バンガイオーを購入してローテーション組んでやってます。その前にスペースインベーダーIG買っちゃったのでそれも含めてになりますがw

>エスカトス
ジャッジメントシルバーソードとカーディナルシンズに釣られて買ったら大当たりというか。まだオリジナルのイージーでヒィヒィいってますがw;
「視点が変わったり敵が大きく傾いたりしたときの当たり判定のわかりにくさ」は自分も気になった点ですね。特に5面のUFOでの「バリアで突っ込む→傾いたとたんUFOの当たり判定にぶつかってた→ポカーン」の流れを何度食らったことかorz そこを除けばやり応えのある出来なので何とかイージークリア目指してがんばってますw;

>トラブルウィッチーズ
発表時から気になってたタイトルだったんですが、自分の勘は間違ってませんでしたw
魔法陣展開とカードの使い方が肝ですね。たまにMP切れ→魔法陣キャンセル→油断してて被弾→ショボーンとなってますがorz
でも魔法陣展開に慣れてくると非常に楽しいですね。あとロールのカードの使い勝手のよさは異常。コンパイルSTGのバリアを髣髴とさせてくれますw

>バンガイオー
やり始めたばかりなんですが、相変わらずの「プレイヤーを瞬殺ゲー」っぷりに笑っていいのか泣いていいのかw;
N64・DC版に比べて若干勝手は違うものの、バンガイオーの醍醐味の「1000倍全方位カウンター」の爽快感とそれを狙うためのギリギリ感は変わってなくてほっとしてます。でも油断してるとあっさり落とされますがw;

バレットソウルとストラニアは体験版で触ってみて良さ気に感じましたが、流石にこれ以上やるゲームを増やしても余裕がないので、余裕が出来たときに購入しようかと思ってます。

余談ですがインディーズゲームの方も面白いタイトルが増えてきてますね。
「REVORVER360」はなかなか斬新で面白い横スクロールSTGのでオススメです。視点をぐりぐり動かして弾幕をかいくぐる快感は病み付きになります。
「INFINITY DANGER」もフリーウェアの「WARNING FOREVER」が好きだという方にオススメです。貧弱だったボスがいつの間にやら大変なことにッ!w

賑わってますね

2011年05月09日(月)17:29 愚牙 #- URL 編集
エスカトス&弾魂やりたいけど金欠・・・orz。

というわけで今現在ストラニア&ウィッチーズやっています。DLCは手軽&安いのが嬉しいです。

ストラニアはついこの間hardノーコンティニューしたのですが(最終ミッションをあの状態で戦わされるのはキツかった・・)組み立てたパターンがカチッとはまった時はなかなかの快感でした。(ランダム(?)で変わる中型機には手こずらされましたがw)今現在、実績会得とハイスコアを目指しています。

トラブルウィッチーズは今現在ノーコン目指し奮闘中です。敵弾をコインに変えジャラジャラ回収するのがとても気持ちいいです。エスプガルーダしかり敵弾利用系のSTGはパターン化が重要かな、と思ったり。(ゲーム全般がパターンが重要、と言われればそれまでですが・・)

2011年05月10日(火)00:59 なめ #- URL 編集
最近トラブルウィッチーズを落としてずっとプレイしてます。錬金が気持ちぃですね~。
今から予約して個人的にワクテカが止まらない赤い刀!銀銃は今秋配信と予想してみる(根拠はないです)。
最近箱を購入したのでフレ登録をお願いします!

2011年05月10日(火)09:02 あせろら #- URL 編集
横STGが苦手な自分には、オトメXがトラウマクリーナーに。
多分錯覚なので調子に乗って他のに突撃したら、また再発しそうです(苦笑)
そういう意味でもホントに入門者向けの難度でした。
意図的にそうしたのかどうかが、ちょっとうかがいしれないんですケド。

管理人のみ閲覧できます

2011年05月10日(火)11:01  #  編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年05月10日(火)18:49 大澄遥 #PYKbKHHg URL 編集
STG枠で「オトメ」買っちまったのは完全に失敗だった・・・(涙)
難易度はともかく、何で同じシリーズでシステム周りがココまで劣化してしまうんだと。

同時期に買った「第2次スパロボZ」と「エルシャダイ(PS3版)」が普通に(後者は意外にか?)面白いから速攻でクリアして放置状態・・・
出落ち系世界観ゲームと思いきや、サクっと遊べるゲームらしいゲームだった事にビックリ。

フルプライスは金銭的に厳しいが、ウィッチーズは是非とも落としたくなりました・・・ちゅうか今から落す。

見た目>
コレは昔から問題なんだけど、STGと言うジャンルで女の子を一番表に出す売り方をするのは購買ユーザー層を逆に狭めているだけでは・・・まあ、箱は洋ゲー以外はほぼ全部そうなんだけど。

ヘヴンズゲートとメタルスレイブに心ときめいたのに弱すぎ

2011年05月10日(火)22:36 つくね #- URL 編集
はじめましていつも楽しく拝見しております
オトメXの出来は本当に残念でなりません
そんな悲しみに暮れている時、とあるサイトにあるPCのフリーでプレイできる
「デコディウス」というのを最近知りました
製作者のグラディウス好きとゴーファー姉妹愛が伝わってくるほど出来が良いです
パワーアップは一切無く自機がやられた時の復活の面白さと
演出がパロディウスっぽくてオトメXより10倍以上は楽しめました
デコディウスで検索すれば見つかると思います。管理人さんがすでにご存知だったらすみません
それではこれからも応援しています失礼しました

本当に最近の箱○熱いですね

2011年05月11日(水)21:21 のほほん #- URL 編集
長い事ここのサイトを楽しみに閲覧させて頂いている者です。大昔に1度書き込みした記憶があるのですが、初めまして。
私はオトメXとトラブルウィッチーズを購入しました。
オトメX仰せの通りの残念な出来でしたがトラブルウィッチーズはかなりの良ゲーですね。
一緒に収録されてるアーケード版に比べると大分難易度は抑えられてて遊び易くなってますし、敵の配置やボスの攻撃などのどれを取っても非常に練り込まれてて、何度も挑戦してみたくなるゲームです。
自分は最難関の実績の20周目のボスアタックに挑戦しています。自分の技量では厳しいのですが、動画サイトの攻略映像を参考に頑張ってる所です。
あとtwitterでフォローさせていただきました。
今後も楽しみに閲覧させていただきますね。

2011年05月11日(水)23:25 orumen #cRy4jAvc URL 編集
こんにちは。

今回はまさにシューティング春の陣。
微妙になじみの薄いメーカーのゲームばかりなところも、新鮮味があってなかなか楽しいですね~。
…いや、別にケイブをdisってるわけでは無いです。念のため。

個人的にはエスカトスがツボりました。
テンポの良さと、直球でノリノリなBGMがたまりません。
マニアックなSTGに慣れてるとやや物足りなく感じそうですが、プレイ中の「俺、シューティングやってる!」感は随一ですね。

ただ、オトメXだけはなんとな~くスルーしていたんですが、あまりの評判の悪さに少々戸惑っております…
なかなかファンサービスは多いみたいで楽しそうなんですけども。


STG豊作ですよね

2011年05月13日(金)21:51 michise #YHInhhNk URL 編集
GWずっと仕事で、やっとストラニアをプレイしようとしたら、自分と管理人さんのあまりのスコア差に吹いたw
ノーマルの5面ボスまでしかいけてない・・・4面の道中+ボスでダメージ受けすぎなんですよね。
ストラニアはソードだけは常備ですよね、ボス戦でソードが楽しいです。
バンガイオーとトラブルウィッチは体験版落としてるのですがまた遊んでないですよ。
バレットソウルとエスカトスを遊ぶ余裕はないな(まだ大復活も遊んでるし・・・)
下手でなかなかクリアーできない私にはこの量は捌き切れないですよ。

ストラニアアップデート

2011年05月14日(土)10:56 おっぱい星人 #- URL 編集
なんかアップデートのおかげで4ボスが柔軟剤使ったかのように柔らかくなってる!今までタイムアウトまで粘ってクリアしてたんですけどね。
オトメXは実績全解除したらもう放置ですね。今回ウェーブ強すぎ・・・。
バレットソウルはなんとかオートボムで1週クリア。2週目は自分には無理。
今日はストラニアの5面でもひたすら練習するか。

史上稀に見る盛り上がりぶり

2011年05月15日(日)14:50 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>みなもりゅうぞうさん
エスカトスの判定は結構判りづらい箇所があるのが、ちょっと惜しいところなんですよね。覚えてしまえば何て事はないと思いきや、レーザー乱射地帯が視点変更で見辛かったりとひやひや。

>トラブルウィッチーズ
360モードはロールの使いどころがポイントでしょうか。
後半のボスの段階を丸々飛ばせるほどなので、その強さは本物としか。

>バンガイオー
テクニックも何も知らない上で挑むと、瞬殺上等な出来ですねー。それでも、1000倍カウンターの気持良さはガチ。ステージ進むとそれどころじゃないパズルぶりですけどねw

>REVOLVER360
画面を回して弾幕をまとめる発想が面白いですよね。
ジャラジャラ感が意外とクセになりそうな。


>愚牙さん
パッケージものは6000円台を平気で上回るので、手を出しにくそうではありますね。周囲でももっと安くなってから手を出そう、と言ってる方が多いですし。

>ストラニア
難しいゲームですが、攻略の糸口が見つかると割とあっさりイケるのがストラニアの強みになるでしょうか。ノーマルからガチというのは結構厳しいものがありますけど、今はこういうゲームが少ないため、希少ではあります。


>SHIGEさん
バレットソウルって、婆裟羅作ってた人の会社だったのですか。知らなかったですよ。弾幕は何となくケツイを彷彿させるものがありましたけど、同じ開発なら似ていても納得がいきます。

>オトメX
惰性でクリアできるゲームって、どのくらいぶりでしょうか。自分は何となくファミコンのシューティング時代を思わせるゲームかな、と思ったりしました。

>エスカトス
つかみの1面の曲が無駄に格好いいのがいいんですよね。


>なめさん
トラブルウィッチーズの良さは、あの驚異的な弾幕をコインに大量に錬金できるところになりますね。巨大なスターコインだったら、その爽快感も倍増。赤い刀といい、今後のシューティング界隈はまだまだ賑わいを見せそうな勢いでありますよ。


>あせろらさん
横スクロールシューティングが苦手な方にとっては、オトメXは最良のゲーム・・・ではあるのですが、逆に簡単すぎるかも?エキスパートでもあの難易度はちょっとアレなんですけどね(周回すれば難易度上がりますが・・・)

意図的にヌルい難易度にしてたのなら、それはそれですごい事ですよ。


>2011年05月10日(火)11:01書き込みの御方
はじめましてー。
というか、まだSD残ってましたか!人数も少なくなっちゃって・・・
Mさん向けのネタも近いうちに投稿したいっすね(放浪記ネタ)

ちなみに、オトメXは素人にはおすすめできませぬぞw


>大澄遥さん
個人的にも、Gよりもシステム周りが大幅に劣化している印象を受けてしまうんですよね。使用だかバグだかわからないような部分も幾らか見受けられますし・・・

>エルシャダイ
そんなゲームで大丈夫か?
意外と面白いという声は結構聞きますね。体験版の横スクロールギミックは、今だからこそできる表現で好感が持てました。

>ウィッチーズ
XBLA枠なので、懐に優しいのがウリですね。
値段以上に楽しめる出来なので、超オススメです。

>見た目
かなり昔から萌えとかの要素はSTGには不要!という流れはありましたが、今は露骨にキャラゲーが多く、引いてしまう向きもありそうですね。こういった流れは、購買層の多さが原因かもしれません。割と否定している人でも、今のキャラシューを手にとってる方も多いんじゃないかと思ったり。嫌よ嫌よも好きのうちと言いますし。


>つくねさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
オトメXの出来には、結構落胆してる方も多そうですね。

>デコディウス
初めて聞きましたよ。
最初データイースト関係かと思いましたがw

ガッチガチな覚えゲータイプのゲームですね。こういうタイプのゲームって、フリーだからこそできる味ですが、書き込みやボイスが相当気合入ってるのが好感持てます。


>のほほんさん
どうも。書き込みありがとうございます。
ツイッターのフォローの方も、ありがとうございます。

>ウィッチーズ
360版になって、自機の調整やマップの微調整などで随分とやりやすく感じますね。初期キャラクターのサクラコの強さなども後押ししてて、360版こそが本番、という気もしていますよ。ボスアタックも骨のある内容で、やり込み具合も半端無いです。


>orumenさん
これまでケイブの作品が目立っていたという意味で見ると、春の陣のシューティング達はどれも個性的で素晴らしいですね。こういった盛り上がりこそが大事だと思いますよ。

>エスカトス
シンプルなところが強みで、今回紹介した中では一番クセが少ないのが逆に強みというか。五月蝿いところが少ないので、今の派手派手なタイプのゲームにちょっと敬遠しがちな方には非常にオススメでしょう。


>michiseさん
ストラニアは割とやり込んでますが、それでもノーマルクリア止まりだったりw
凡ミスを抑えないと、クリアは結構厳しそうです。

>ソード
どのボスに対しても大ダメージを与えられるのが強さの秘訣ですね。4ボス退治には欠かせない武器です。

>この量
仕事や勉強で忙しかったりすると、流石に量が多くてやり込む暇もないほどで。やり込みすぎると時間を忘れるのが困り物ですw


>おっぱい星人さん
4ボスは柔らかくなって楽になったかと思いきや、攻撃は相変わらずのエゲツなさ。未だに怖いダメージポイントの一つですね。6ボスまでにしっかり体力残さないといかんです。

2011年05月18日(水)00:15 K@ #- URL 編集
自分のハンドルネームを忘れたぞw

GW付近は本当に多くのSTGは出ましたね。
とはいってもバレットソウルを買っただけで後は赤い刀待ちですが。

センコロDUOもGODで買いましたが、前作以上に腕前に左右されないでストーリーを楽しめる点はストーリーも商材のひとつって意気込みは伝わりました。

・・・話は繋がっていない書き込みですが、オトメディウスXは内容は百歩譲っても、エモンがいないのは五十歩譲っても、少なくてもケロロのムツミ(アニメではサブロー)みたいな系統は欲しかったなぁ・・・。

金欠なので・・・。

2011年05月21日(土)16:43 げーむにん #- URL 編集
 バイオ5のマーセばかりやっております。
なかなかカンストムズイですね。

HDDがあったらライデンファイターズ
落としてるところですね。
久しぶりにやってみたいし。
勲章の育て方がガレッガスタイルで厳しいですが。

お金に困るこの頃

2011年05月22日(日)14:10 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>K@さん
お金があったら、是非ともDLCのゲームを購入することをオススメしますよ。安いですし。
まずはトラブルウィッチーズがオススメ。

>オトメディウスX
個人的にエモンいないのはアレですが(アーンヴァルさんの中にいるんだよ、きっと・・・)、魅力的な新キャラをDLCに割り当てるのは何だか・・・とは思ったりします。

何でココロ最初から使えないのさ・・・
延命策だったら許さないよ!


>げーむにんさん
ライデンファイターズもDLCになってますよね。当時ハマってたタイトルなので、意外とハマれます。
勲章をきっちり育てるには隠しキャラを知っておく必要があるのが大変かもしれませぬ。やり方さえちゃんとすれば、必ず決まったポイントで10万勲章に育てることができるんですけどねー。

耳より?な情報.

2011年06月06日(月)21:28 げーむにん #- URL 編集
 システムアップデートを最新にする事で、
USBメモリにDLCを保存する事ができるようになったらしいです。
 ただし最大16GBまでとの事。
XOBX360がわで512KBをキャッシュとして使用するのでその辺はご注意。
 あとメーカーによって認識しないフラッシュメモリタイプもあり。
 この辺は試してみないとなんとも・・・という感じですね。

明確なメリットがあれば使うかも

2011年06月07日(火)01:43 K-HEX #MItfUjoc URL 編集
>げーむにんさん
DLCが別の媒体に保存できるようになるのは素直にうれしいのですが、現状でも特に困っていることはないので、明確にメリットが提示されているようであれば使うのも一考、ということになるでしょうか。

HDDが予算的に無理な俺としては・・・。

2011年06月07日(火)19:13 げーむにん #- URL 編集
 USBメモリに保存可能になった事は、嬉しい限りです。

 早速、システムアップデートしました。
メモリーは8Gタイプを購入予定です。
 とりあえずライデンファイターズの体験版
でテストしてみようかと思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://khex.blog42.fc2.com/tb.php/975-2deae399

| HOME |

Calender

<< 2017年08月 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories

Archives

Links

身長 cm
体重 kg



FC2Ad

Powered By FC2. Designed By Seedleaf.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。